転職コラム一覧

ブラック企業からの転職での面接で自信の自信の持ち方 他の人も自己暗示かけてハッタリかましてるだけですよ

面接で自信を持つには「自己暗示」いわゆるハッタリが必要です。ハッタリって軽く見られがちですけど、社長とか地位のある人はハッタリのスキルがものすごく高いんですよね。自信に満ち溢れているためハッタリが効くわけです。そしてその自信のっ持ち方は自己暗示をかけることなんですよ。

ブラック企業からの転職で中途採用の面接の心得と対策 

ブラック企業を脱出して転職するときの関門は「面接」ですよね。その面接ではどういったことがポイントかどうかを「きれいごと抜き」でご紹介しています。大きな声を出せとか服装をしっかりするとかいうのは当たり前なんでそんなことはクリアーして当然です。面接では「面接官に気に入られるキャラを演じられるか」で内定が取れるかどうかが違ってきます。

ブラック企業を脱出して別の業界・業種への転職で志望動機で面接官にアピールする方法

ブラック企業を脱出すると、もうそのブラックな業界は嫌だ・・・ということで違う業界・業種に転職への転職が多くなります。そのときにしっかりと「志望動機」を面接で言えるかどうかで内定するかしないかが大きく違います。実際に違う業界に転職するときにはどういう風に志望動機を組み立てていけばいいかをご紹介しています。

24歳で無職の場合ブラック企業を避けて正社員になるべし 長期の派遣やバイトは後悔する

24歳で無職ならそのまま派遣やバイトを長期でやっていくのは危険すぎます。その理由をご紹介しています。結論を言うと20代で正社員の職歴なしで30代になると、そこから正社員になるのは限りなくむつかしいということです。現実は厳しいものですよ。

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

コンビニやドラッグストアにある求人誌(フリーペーパー)はブラック企業ばかりですハロワといい勝負wその特徴と実際

コンビニとかドラッグストアとかファミレスにおいてある求人誌(フリーペーパー)は普通にブラック企業が95%です。悲惨ですよ。ぷりーペーパー使うと確実にブラック企業の奴隷として確保されるので注意が必要です。もっと別の方法で求人を探すツールがあるのでそちらを使いましょう。

ブラック企業脱出のために難関資格取っても実務ができないと意味がない理由

ブラック企業を脱出するために「資格を取ろう」と思っても実際あんまり役に立ちません。それよりブラック企業を脱出することを考えたほうが早いです。いわゆる転職ですよね。転職を強く進めているサイトですけど、実際ブラック企業から脱出するには「転職」しかないじゃないですか。それをわかってほしいのです。

転職エージェントを複数掛け持ちはするのは2~3社 アドバイザーが優秀なところを使ってました

転職エージェントを実際に使って転職しましたけど最終的には3つ掛け持ちで使っていました。その3つを使っていた理由は「アドバイザーがしっかりしていた」という理由につきます。転職はアドバイスがないと正直効率がものすごく悪くなります。自分で考えるよりもプロのアドバイスともらったほうが全然時間的に効率がいいからです。