女性が仕事のストレスの解消方とストレスの少ない仕事を選ぶのがベターな理由

人生楽しくない女性

女性が社会進出、男女平等がうたわれてだいぶ長い年月が経ちますが、働く女性が増えてくるのは社会が活性化されていいことですよね。

でもその分女性にも、家庭以外でのストレス「職場」でのものが多くたまるようになってきました。女性の社会進出が増えればそれだけストレスの度合いも高まっていきます。特に「人間関係」のストレスは大きな影響を与えますからね。

女性でも今ではある程度自分で稼げるというのが主流になってきています。男性一人の稼ぎではとうていやっていけない社会構造になってきたからですね。

女性にとっては厳しいかもしれませんが、仕事をもって働いていくというのがスタンダードな世の中になっています。

ただ、まだまだ会社というのは女性にとっては厳しいもの、どうしても男性中心で会社の組織は回っていきます。 異動もそうですけど、セクハラなどの問題があったり、そもそも出世して管理職についている女性はまだまだ少ないです。

そんな状況で頑張っている女性は「ストレス」が膨大なものになってきますよね。下手な男性社員よりも大きなストレスを抱えて頑張っているのが現代の女性です。

ここでは働く女性がストレスがたまる理由と発散方法とストレスが少ないであろう仕事を見てみましょうか。

働く女性は意外と職場で標的にされる ストレスはたまる一方 ほんとに辞めてほしですよねストレス要員を盛ってくるのはね

苦悩するOL

働く女性って会社では標的にされますよね。セクハラだったり、お局様からのいじめだったりと、特に美人だったりするとそれを妬まれてイジメられたりします。

女性は職場にいるとなにかと人間関係がめんどくさいです。それに耐えて、しかも仕事は最近では男性並みにやらされてしかも出世するのは男ばかりといったなかなか厳しい状況で働いています。

これではストレスはたまる一方です。ストレスがたまると、仕事の能率も悪くなりますし、なにより体調が悪くなってきますし美容に悪いです。ストレスって一つもいいことがありません。わかりきったことですけどね。

それは自分がいる職場に労働環境、ひいては人間関係が悪いからです。人間関係が良い職場はストレスはそれほどたまりません。

これもわかりきったことです。ストレスに対する耐性は女性のほうが強いと言いますが、美容の大敵なので結局ストレスがたまると肌が荒れたり吹き出物が出たりしてさらにストレスがたまるという負のエンドレスループにハマっていきます。

これって現実だからしょうがないですけど、今の日本の会社ってなんだかんだ言ってまだまだ男性が主役です。だから女性はぶっちゃけ仕事上で軽く扱われたり、理不尽な扱われ方をするのはある意味しょうがない部分があります。

それでも正社員として働いている女性。正社員でなくても頑張って働いている女性じは本当に頭が下がります。

ストレスが深刻な状態になると体にも影響が出てきます

こうしてストレスが溜まってくると、だんだんと過食になったりして太ってきたりします。よくあるパターンですね。

過食になったり、浪費癖が付いたり、酒を飲みすぎたりといったパターンが出てきます。こうなると本当に負のループになってきてしまいますよね。 会社でのストレスはどんどん増して、体の調子も悪くなってきます。美容もおろそかになってもう「女を捨てた」みたいな状態になっていきます。

いやこれってここまで行かないよ・・・と思いますけど、実際こういうパターンの女性は何気に多いですよね。 職番のストレスによって、体調も悪くなり、実生活にも影響が及んでくる。夜だんだんと眠れなくなり、自信が無くなってきて急に涙が出て結局うつ病になってしまうケースもあります。

職場がストレスフルな場所だといいことが一つもありません。もし職場でのストレスが多いい場合はなるべく健康的なストレス発散方法を実践していく必要があります。

女性は男性よりもうつ病になりやすいですからね。なというか正社員で働いている女性はマジメな性格の人が多いですからね。

ストレスを発散するというか、まずうつ病だったら心療内科に行って診断書もらって休職したほうがイイですよ。

そこまで重症でなければ、ストレスを発散する生活をここを心がけていくことで幾分ストレスの影響を軽くしていくことができます。

職場でのストレス発散はなるべく健康的なもので放出すべき

まず、あんまり我慢はしないほうが良いです。職場で言いたいことを言えずに我慢してるなら、多少は言ったほうが良いです。 それでさらに状況が悪くなるならさっさと転職しちゃった方がいいですよそんな職場は。

ストレスを発散するにしても、酒や過食や浪費などはあまりおススメできません。身を滅ぼしますからね。

できることならベタな話になりますが、運動をしたり趣味に走ったり、映画を見たり本を読んだり、旅行に行ったり、友達と遊んだり・・・

ストレス発散はなるべくこういったもので発散するようにするのが良いですね。けっこうキレイごとですけど、こういう方法しか見当たりません。

でも、運動したり趣味をしたりというのは実際かなり強力なストレス発散方法です。仕事ができる人はうまいストレス発散の方法を自分なりに編み出しています。

休日にストレス発散ができれば、かなり仕事を前向きに行って行くことができます。ただ、ストレス発散をしてもそれはあくまで、「普通レベルのストレス」なら解消できますけど、限界を超えたストレスは仕事の環境を変えるしか手はありません。

職場でのストレスが深刻なら転職も検討すべきです 低ストレスな会社ってのはありますからね

結局ストレスを発散するにしても、休日がろくに取れないような会社だったらどうしようもないですし、そもそも女性を軽視しているような会社だったら、永遠にストレスが減ることはありません。

ストレスを感じているケースでその理由が理不尽な職場によるもの。特に女性に対してのデメリットによるストレスの場合は労働環境を変えていくのがストレス軽減の近道です。

セクハラ、パワハラ、女性は男性より下だ、女性は頑張って仕事をしても出世できない、お局様からのイジメ、女性の派閥でのイジメなど、女性特有のストレス環境は改善されていく見込みってほとんど無いですよ。

そんな改善の見込みのないストレスフルな労働環境にいて、肌が荒れたり、体調を壊したりしたらそれこそ本末転倒です。転職を検討するのが妥当な選択ですね。

でもどうやって転職活動をすればいいかわからない・・・という場合は転職サイトを利用して、ストレスの少ない会社の求人があるかどうかを担当のエージェントに相談してみるのがおススメです。

女性にとって低ストレスな仕事ってどんなのだろうか?やっぱり妊げ関係が薄い仕事ですよ

なんか女性の低ストレスの仕事って「医師」「会社役員」「コンサルタント」

とかになってます・・・・・

いやこれって女性で会社役員とか医師の人とかってどれだけいるの?とか思いますしね。コンサルの女性なんて激務でめっちゃストレスがたまりそうで、なんかあんまり現実味がありません。

実際ストレスの少ない仕事ってのは男女共通ですよ。

キレイ事言わないでストレスの少ない仕事ってのは

「仕事がユルクて人間関係が薄い仕事」

ですからね。介護とか飲食、保育士とか販売の仕事がストレスが高いってのは仕事がきつくて人間関係がめちゃくちゃメンドクサイからです。

仕事がユルクて人間関係が薄いのは

経理、総務などの事務職、工場の現場の仕事などですかね。

経理とか総務の仕事だじゃなくて事務職ってのはたしかにストレスは少ないです。ただ、けっこう女性には人気があるので競争率は高いのでそれなりに転職活動をがんばる必要があります。

関連記事:女性が事務職に転職するには

35歳からのアラフォー女性が事務職か工場の正社員に転職する方法
アラフォーくらいの事務職の女性が転職するというのは一見むつかしそうですけど、いままでの職歴が正社員ならそれほど無理な話ではありません。普通に転職活動すれば正社員の求人はあります。同業種への転職なら経験を生かせることができるので事務職への転職は可能です。

あとは意外と女性でもブルーワークとかがストレスが少ないです。女性はブルーワークと聞くだけで避ける傾向がありますけど、これってものすごくもったいないです。

ブルーワークとかいっても工場とかで現場作業とかって女性は軽作業なのでそれほどきつくないんですよね。それに人間関係も薄いので、それほどストレスもたまりません。なによりブルーワーク系は定時で帰れるしけっこう有休も完全消化できるし給料もそこそこいいので、美味しい仕事です。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

製造業の工場勤務がホワイトな理由【定時帰宅当たり前】
製造業の工場勤務をしてみたいと思ってせんか?本記事では工場勤務がホワイトな理由・ブラックな工場に入らない方法・ホワイト工場に入る方法を説明しています。工場勤務したい方は必見です。