35歳からのアラフォー女性が事務職か工場の正社員に転職する方法

悩む牛

35歳以上の女性が「転職」というとヤフー知恵袋とかでさんざん叩かれますよね。

「そりゃ無理だろだってアラフォーだぜ」
「転職は35歳までで限界です」
「そうとうなキャリアを持ってないと難しいですね」
「転職でとってくれると個なんてないですよ」

とか、言いたい放題ですよね。これってまあ、ネットの情報とか見てるとそういう風になってしまいます。

現実は、そりゃあ20代での転職よりは厳しいですよ。当たり前じゃないですか。でも、普通に転職活動をすればそれまで普通に働いてきた経歴があればそれほど転職はむつかしくないです。

実際、私の会社とかにもアラフォーの女性とか普通に入ってきますよ。事務の仕事もそうですけど、現場の仕事(製造業)にも入ってきます。

このあたりの年代は子育てがひと段落ついて、いきなりやめる心配とかも少ないですしね。そのあたりの安定感もあるのでしょう。

もう一度言いますけど、たしかに20代の転職よりはキツイデスよ。でも37歳で事務職だったとしても、転職するのはそれほどネットで叩かれるほどむつかしくはないです。

転職できない人って、「全く行動しない人」とか「ずっと無職でフリーターだった人」とかわけありの人ですよ。あなたみたいに

普通にいままで働いてきた女性なら普通に転職できます。「正しい方法」で転職活動すればですけどね。

35歳以上アラフォーだと転職無理みたいな情報が多すぎます 現実はけっこう転職してますよ 私のもと居た会社にもけっこう入ってきましたしね

だいたい、転職35歳以上での転職が無理だったら、悲惨ですからね。

だって、会社がつぶれたり旦那の転勤で会社を辞めなければいけないケースだってあるわけですからね。

そういう女性が転職が絶対無理とか言われたらまあちょっといままで、まじめに生きてきたの切なすぎるじゃあないですか。 そうきちんと転職活動を正しくやれば、37歳の事務職からの転職はできます。同じ事務職のほうがイイですけどね。今までの経験を生かしたほうがイイですからね。

そういう経験はいままで、働いてきたおという前提でのお話ですけど、結局、転職って「イイ求人を見つける宝探し」的な要素が高いです。

いつも求人誌に出てるような求人や、ハローワークにある求人てどう思います?これってまあいつも求人出してるくらいだから、簡単に人が辞めてしまうわけですね。それだけブラック企業な職場っていうのが簡単にわかります。

そう、求人誌やハローワークを使っている時点で、すでに選択肢が間違っています。絶対にまともなところ、いわゆる「給料がそこそこもらえて、労働環境がイイ」という職場は求人誌とハロワにはありません。悲しいですよね。

特にハローワークは経験した人ならわかりますが、まともな求人なんて無いですよ。地獄絵図を見ているようです。

そりゃそうですよね。無料で掲載ができて、しかも求人内容にウソをかけるハローワークでまともな求人があるわけがありません。

ハローワークで求人票詐欺がある理由 ブラック詐欺企業はすぐに転職しよう
ブラック企業の常套手段「求人詐欺」という手口があります。平気で求人でウソツキまくりの求人詐欺で労働する奴隷を捕まえて死ぬまでこき使うのがブラック企業お普通のやり口です。そこにひっかからないためには自分で自分の身を守るしかないんですよね。ハローワークでもこういった求人詐欺の求人はいくらでもあるので、ハロワは使わないほうがイイですよ。

ダメですよこういうところで転職活動しちゃあね。 ちゃんと転職エージェントで求人を探さないととんでもないことになります。

今時ハロワで転職活動をする人もいないと思いますけど、ハロワは掲載企業を審査していませんからね。ちまたにある求人誌も掲載企業を審査していません。そのためブラック企業が求人を掲載し放題という怖い状況になっていあmす。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどないわけです。

女性の就活って結婚して子供を産んでから復帰が多いですけど、その場合は事務職とかは確かに厳しい ブルーワークなどが穴場で美味しい仕事ですよ

35歳くらいの女性っていうと、結婚して出産を終えたから再就職したいっていうケースもかなり多いです。

その場合、やっぱり女性って事務職とかなにかとホワイトカラーの仕事を最優先で選びますからね。

ハッキリ言って35歳からの就活では事務職って苦しいですよ。事務的な仕事はたとえば会計事務所で専門的な経理の仕事とかをしていたとかでないと、普通の結婚後の女性が最初から事務職で再就職するのは至難の業です。

事務職ってもともとのパイというか事務職の仕事自体がもう最近のパソコンの普及で人数が減ってますし、なにより新卒採用の女性が事務の仕事をやってるので正直空きがないんですよね。

それを無理に見つけようとしても時間の無駄ですし、結局就職できなかったみたいな結果になりかねません。

それよりも35歳以上の女性はけっこうブルーワークとかが美味しいですよ。

工場の仕事とかの現場とかですね。これって定時で帰れるし有給休暇も取得できるし、けっこう給料もイイです。それに女性は男性と違って軽作業がメインなのでそこまで体力的に疲れることも無いですしね。

ぶっちゃけ正社員のほうがいいんですけど、工場の派遣とかのほうが普通に事務職やってる女性よりも給料が良いケースも多いです。工場って給料がそこそこもらえて時間でピシッと終われる数少ない業界ですからね。しかも人間関係が薄くてストレスがたまりにくい仕事ですからね。

このあたりを考えるとけっこうブルーワークがねらい目ってのが解かります。

ハッキリ言うと35再声た女性が事務職狙うのはちょっと無理ゲーです。無理ゲーに参戦してみたいならやってみるものいいですけど、こじんてきにははまりおすすめしません。

あと、余談ですけど工場勤務とかいってもずっと現場やってるわけじゃなくて女性はけっこ事務所とかの仕事をやらされるケースも多いです。そうすれば、事務所の仕事は結局男性社員のフォローの事務仕事がほとんどです。結果的に向上に入っても事務仕事をやる可能性は高いので、長期的に考えてみるとブルーワークを狙うのも一つの手だと思いますよ。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

経歴とかもたしかにポイントですけど、一番大事なのは求人をマメにチェックしてタイミングのイイ求人を見つけることです

35歳以上アラフォーの事務職の女性が転職するとなると、どうしても「経歴」や「キャリア」がモノをいうみたいに言われます。

たしかに、間違いではないのですが、実際の転職してくる人をみてるとこういた「経験」や「キャリア」というよりも「タイミングのイイ求人を探し当てた」人という人たちなんですよね。転職でうまくいく人って。

そう、労働環境のいい会社って辞める人が少ないので、なかなか求人てでにくいんですよ。当たり前ですよね。

それを見つけることができる人が転職活動での勝利者になります。これって、やれ「経歴」だやれ「キャリア」だやれ「若い方が転職に有利だ」とか騒ぐ前に淡々とこういった求人を探している人が勝つんですよ。

そういう求人てハローワークとか求人誌に堕ちてると思います?まあ確率ゼロじゃあないですけど、ほとんど無いですよね。

じゃあ、どこにそいういう労働環境のいい会社の求人てあるの??というと転職エージェント一択です。

いわゆる「非公開求人」というやつです。労働環境のいい会社が転職エージェントに申し込んで求人を絶てるわけですね。 新聞とか求人誌には出ません。非公開求人なので競争率も低いので、結局転職エージェントに頼んだほうが、楽ですしわけのわからない求人に応募してしまう心配もありません。

タイミングのイイ旬の求人を探すには転職エージェントが必須ですね

そういう理由で35歳以上アラフォーの事務職の女性が転職するには転職エージェントの利用が必須になってきます。

転職のプロであるエージェントが求人の会社を審査しているので、ブラック企業はありません。あなたとエージェントが面談して希望の条件をキチンと伝えておけばそれに応じた求人を選んでくれます。

自分で求人探すのって地獄ですからね。そのあたりをやってくれるのって本当に助かります。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

上述したように結局、工場とかの勤務でも入ってから事務職になるケースが多いので、そういうルートを模索する方が結果的に早いかもしれません。

最初から事務職を狙うのがはたしかに35歳を超えてからはけっこうきついので、最初は現場でもいいので、ブルーワークから入っていくのも一つの方法なんですよね。

就活ってのはそういったちょっとした発想の転換をすれば無理なくやっていくことができるので工夫してやってみてくださいね。