飲み会を強制されてうざい時のマインドと断り方【具体的事例アリ】

飲み会を強制されてうざい時のマインドと断り方【具体的事例アリ】

会社で飲み会を強制されてかなりうざい

営業やってると毎週のように飲みに行く。お客さんと飲んで同僚と飲んで上司と飲んで・・・・・

飲み会きらいなのに生き地獄だよホント

なんとか会社の飲み会に出ないようにするにはいい方法はないのかな?

こういった悩みありますよね・・・・

 

あなたも営業とかやってると、飲み会はさせられないかもしれません。

それでも、私はある時期から飲み会に一切参加しなくなりました。

 

ある時期というのは、営業のストレスでメンタルを病んでしまってから・・・・です。

メンタルを病んだ→社畜洗脳が完全になくなった

こうなってから飲み会には参加しなくなりました。

 

この記事では

飲み会を強制されてうざい時のマインドと断り方

具体的にどうやって断っていくか

といったことをご紹介しています。

 

飲み会を強制されてうざい時のマインドと断り方

飲み会を強制されてうざい時のマインドと断り方

飲み会を強制された時のマインド(気持ち)の持ち方

結論を言うと飲み会を断っても

飲み会に行っても、飲み会を断っても職場での状況はたいして変わらない

っていうのが実際のところです。

 

マインドも

「飲み会に出なくても仕事にはそんなに影響はない」

というマインド(気持ち)を持ってると飲み会をかなり断りやすいです。

 

「飲み会に出ないと会社での立場が悪くなるんじゃいのか?」

というと、そうでもありません。

もちろん、陰で

パワハラ上司
パワハラ上司

「あいつ付き合い悪いな」

とか言われるかもしれません。

 

とはいえ、それは飲み会を誘ってくる「上司だけ」です。

今の時代は、特に若い世代は「飲み会なんて嫌だ」と9割の人が思っています。

なので、飲み会を断って出ない人は若い人からは

私

「あいつ、自分の意志をつらぬいていてスゲーな」

と思われます。

飲み会を強制してくる上司は飲み会に出てもどのみちパワハラなどしてくるタイプ

飲み会を強制してくる上司は

飲み会に出ても出なくてもパワハラとかしてくるタイプです。

 

あなたが飲み会に出ようが出まいが、めんどくさいタイプで、ヘタするとあなたをイジメてくる感じの上司です。

 

そういった上司は、

飲み会とかに出てヘタに、あなたに親近感を持たれたり、距離感が近くなるとロクなことがありません。

今まで以上に仕事を押し付けられたり、あなたのプライベートなところまで干渉してくる可能性が高いです。

あなたに対して、妙な親近感を持った上司は、あなたにとってウザいこの上ない存在になってきます。

 

飲み会を強制してくるような上司は、さびしがり屋で人望もなく家族からも相手にされてないことが多いです。

そういった上司は部下を強制的に飲み会に誘ってくるようになるわけです。

 

こういったたぐいの上司をいちいち相手にしてイヤイヤ飲み会に出る必要はないです。

割り切って、飲み会に出ても出なくても状況は変わらない(というか飲み会に出るとさらにメンドクサイことになる)ということを知っておきましょう。

 

飲み会を断るのは基本はウソになるので、別にウソついてもいいというマインド

飲み会を断る時はどんな言い方をしてもウソつくわけです。※飲み会を断るためのフレーズは下に書いてあります。参照にしてください

なので、飲み会を断るためにウソをつくのは「いいことだ」くらいのマインドを持つのがちょうどいいです。

 

このあたりに罪悪感をもつくらいに「いい人」だと、そもそも飲み会を断るとそれも罪悪感になるでしょう。

そんな「いい人」だと、飲み会を強制してくるウザい上司がいるような職場でだと、たぶんメンタルをやられてしまいます。

できれば、飲み会を断るためのウソをついても「まったく1ミリも罪悪感がない」くらいのマインドをモテるようになったほうがいいんあじゃないか・・・・と感じます。

職場であんまりイイ人だと、仕事を押し付けられたり、上司からイジメられたりと、飲み会を強制れるだけじゃなく、いいことは1つもありませんから。

実際の飲み会の断り方

実際の飲み会の断り方

ここでは、

最終的にはすべての飲み会に出なくていいようになること

を目指していきます。

そのためまずは最初の数回は理由を付けて、飲み会を断ってみます。

飲み会を断り始める最初の数回は理由を付けて断る

飲み会を断る最初の数回は(3~4回くらい)、絶対に飲み会を断れるような理由を付けて断ります。

 

これは「飲み会に出ない奴だな」っていうことを職場で印象付けるための準備の作業です

ガチ系の断り方は

「親の体の調子が悪くて実家に帰るので」

「親が止まりに来るので」

「友達がその日は泊りに来るので」

このあたりを使います。

 

これを言って、「それでも飲み会出ろや」っていう人はさすがにいないでしょう。

とはいえこういった理由は、何度も使えるわけではありません。

 

まずは、こういった理由を使って3~4回くらい飲み会に出ないようにしましょう。

飲み会に出ないでいると、

「こいつ飲み会に出ないタイプだよな」

「こいつ飲み会きらいなヤツだな」

「何かと理由を付けて飲み会を断るヤツだな」

こういった印象を職場でもたれるようになります。

こういった「飲み会に出ないやつだな」っていうのを職場で印象付けるのが準備段階です。

 

だんだんと「飲み会には出ないので」ということを言っていく

上に書いたように3~4回飲み会を断って、「飲み会に出ないやつ」っていうことを印象付けたら・・・・

実際に「私飲み会には出ないので」という感じで、特に理由を付けづに飲み会を断ってみます。

 

具体的な言い方は

私

「私、飲み会には出ないので、仕事での飲み会はちょっと苦手で・・・・」

私

「その飲み会は欠席します(特に欠席の理由は言わない)」

こんな感じで言ってみます。

こうやって行ってみると、ああだこうだと言って飲み会を強制させられそうになることもあります。

その場合も

私

「イヤ、職場の飲み会とか出たくないんで」

と自分の意思をハッキリといったほうがいいです。

これが言えるか言えないかで、勝負が決まってしまいます。

 

ハッキリとこれが言える人は、ほぼ間違いなく

「ずっと飲み会に出なくてよくなる」

ことになります。

 

「でもさあ・・・そんなの実際むつかしいよ。そんなの言えないよ」

って場合は、次に書く

「飲み会に出ないスタンスの取れない人の断りフレーズ」を使ってみてください。

飲み会に出ないスタンスをとれない人の断りフレーズ

・その日は親が泊りに来るので

・すいません、その日は遠方からくる友人を会う予定がありまして

・その日は京都に夜行バスで行く予定があって(金曜日などの飲み会・場所はどこでもいい)

・その日は習い事の講習会があって

・その日はどうしても外せない用事がありまして

こういった言葉をテキトーに使い分けてランダムに使っていきましょう。

そして、たまに

「親の体調が悪くて様子を見に行くので」

「妹の体調が悪くて実家に様子を見に行くので」

「祖父(祖母)・おば・おじが体調が悪くて病院に行くので」

年に2回くらいは「身内の体調が悪いから」といった理由を使えば

「外せない理由があるから飲み会を断る」

といった信頼性が高くなります。

 

このあたりのウソは別に罪悪感とか持つ必要はありません。

飲み会を強制してくる会社(上司)のほうが、こんなウソよりも悪いことをしています。

なぜなら、人がイヤだと思ってることを強制するわけですから、他人に大迷惑をかけてるわけですからね。

 

逆にあなたが飲み会に参加しなくても、迷惑をかけるわけではないですし、誰も傷つくことはません。

人が傷つくことが無いウソはうまく使っていくことがとても大事です。

 

飲み会に参加しないことで仕事での不利益が出たら

飲み会に参加しないことで仕事での不利益が出たら

飲み会に参加しないことで不利益が出る

たとえば

給料を下げられる/降格される/左遷させられる/イジメられる

こういったことは違法です。

 

そもそも飲み会に強制させられること自体が違法です。

飲み会への参加の強制についてですが,業務時間外であれば飲み会への参加を強制させることはできません。

業務時間中の業務命令,または残業命令として強制されたとしても不当な業務命令といえますので、それに従う義務はありません。

仮にこの命令に基づいて参加するとした場合は、当然にその時間に応じた賃金が発生します。

いずれにせよ、法律上は,飲み会に参加する義務はありませんし、これを強制することもできません。

また,飲み会への不参加だけを理由にして給与切り下げや不当な扱いをすることは違法または認められません

弁護士ドットコム

 

飲み会の強制は仕事と同じです。だから時間外手当(残業代)を付けなければいけないんですよ。本来なら。

参照 労働時間について 労働基準法 32条 労働時間

参照 労働時間外の割増賃金について 労働基準法 37条

 

飲み会はボランティアで参加するものなので、

どうしても参加したくない人を参加させるのはさすがにまずい・・・というのが普通の見解です。

飲み会を断ってる人をムリに参加を強制するのは、「不当な業務命令」ってことになります。

飲み会は「無給で働かされてるのと同じ」という事です。

参照記事:休日出勤で無給の会社にいる場合の行動方法【法定休日の定義】

 

飲み会の強制がうざすぎる上司などには、

私

「飲み会を断ってる人をムリに参加させるのは労働基準法に違反していますよ」

と言っておくのがいいでしょう。

 

とはいえ、飲み会を断ってる人に不利益を与え量な会社で無理に仕事を続けるのもうんざりしますよね・・・・

もし、あなたが今の仕事が好きでこだわりを持ってやってるんだったら、飲み会強制されてもその会社にいるのもアリかもしれません。

 

ただ、仕事はお金のためと割り切って生活のためにやっている(といった人がほとんどだと思いますが)のであれば、

飲み会を強制されるのうざすぎて、それで仕事に支障が出たり、メンタル面でいやなことがあるのであれば・・・・

ムリしてその会社にいる必要はないんです。

 

「でも仕事変えるとかって怖いしとてもできない」

と思うかもしれません。

 

その場合は、求人情報とかを見てみると、仕事は思っている以上に種類があってタ草なるものだというのがわかります。

まずは求人をながめてみることから始めてみるのがいいでしょう。

転職サイトに登録して求人を見てみると、今の会社より、どう考えても働きやすそうな仕事はたくさんあります。

 

ムリして、飲み会を強制されて嫌な思い、うざい思いをするくらいなら仕事を変えることを考えてみるのもいいかもしれません。

一つの仕事をずっとやる・・・・・みたいに思いつめてガマンする必要はないんですよ。

 

仕事はあなたの生活を豊かにするためのものです。本当にイヤな飲み会をガマンして、イヤな思いをするために働いてんじゃないですから。

 

実際に私が飲み会の強制を断り続けた結果

実際に私が飲み会の強制を断り続けた結果

実際に私が飲み会に参加しないようになったんですが、

その理由は、

「仕事でメンタルをやらて、心療内科に行くようになった」

「仕事でメンタルをやられるまで追いつめられるのがバカバカしくなり、会社の言いなりになるのがあまりにもアホらしくなった」

結果です。

 

マジメに仕事して、営業でのノルマを必死に頑張って、上肢のパワハラとかに耐えて・・・・

挙句にメンタルをやられて心療内科に通って。

 

でも、そうなっても会社は別に助けてくれませんし、メンタルをやられていても、上司はパワハラ足てきますし、人間のやることとは思えないような仕打ちを受けたわけです。

 

メンタルをやられると、少し人格(性格)が変わります。

私

「マジメに仕事をすることがかっこいい→仕事は金のため」

私

「上司から怒られてもガマンする→言い返せばいい」

私

「飲み会はガマンして参加するもの→ドMじゃないんだから、そんなの出るわけねえだろ」

こういった心境になります。

 

社畜洗脳が完全になくなる・・・・といった感じになったんですね。

 

そこから、飲み会にはいっさい出なくなりました。

もちろん、パワハラ上司は飲み会を強制してきます。

 

ただ、意外と飲み会を去勢してくるのって、ごく一部の上司だけなんですよね。

私の場合、支店長とそのパワハラ上司の2人です。後の人はイヤイヤ飲み会に出てるだけです。

 

もともと、その支店長とパワハラ上司は、誰に対しても粗暴な態度をとっていて、

職場でやりたい放題をやっていました。

 

そこで飲み会に参加しても、その上司たちの武勇伝とかを聞くだけみたない拷問的な飲み会です。

思い切って、飲み会を全部出ないようにしてみたら・・・・・

 

結果、

職場での仕事内容が変わるわけでもない

支店長やパワハラ上司の態度がかわるわけでもない(というかもともとひどい上司だったのでこれ以上わるくなりようがなかった)

逆に飲み会に出ないと、上司がよそよそしくせっするようになったので、仕事での辛みが多少少なくなって、仕事がやりやすくなった

 

社畜洗脳がなくなっていたので、上司に文句を言うようになって、上司も私と絡むのはめんどくさくなってきた・・・

こんな感じになりました。

 

飲み会に出ても出なくてもたいして状況は変わりません。

 

これは私の場合なので、飲み会を断ると、イジメられるっていう例もあるかもしれません。

ただ、今まで働いてきて、飲み会に一切出ないって人、会社にいるとけっこういますよ。

その人を観察してみると

・仕事とは完全にお金を稼ぐため、生活のためと割り切っている
・定時で帰る
・職場で余分なことは話さない
・仕事を増やさないようにうまく、仕事を断っている
・わざと仕事ができないようなフリをしてる

特に「仕事をできないよなフリ」をしてる人が多いですね。

 

仕事ができると、仕事をどんどん増やされていいようにこき使われてしまいます。

こういった人は飲み会を断らない人が多いです。会社に尽くすみたいな価値観を持ってる人ですね。

仕事のスタンスは人にほって違いますが、

飲み会を断るためには「仕事はお金を稼ぐためのモノ」と割り切っていないとむつかしいかもしれません。

----------------------

追記

僕は新卒でブラックに入り

ノルマ・パワハラ・長時間労働・モンスタークレーマー・・・・

一通り経験してしまってから
メンタルを病んでブラックを辞めました。

そこから、定時で帰れる仕事について
生活が楽しくなってきました。

ぶっちゃけ環境が変われば
生活が楽しくなる。

ブラックにいたから楽しくなかった
とくことを経験しました。

結局、自分のいる環境で
生活は変わってしまうものだと
ということを実感しましたわけです。

なので、ブラックにいる時間は
人生のトップのイヤな時間でした。

だからブラックにかかわらないってことが
大事なんじゃないかと思ってます。

そうすると人生も楽しくなるし。

 

この記事では
僕が生い立ち、ブラックで経験したこと
今にいたるまでがわかります。

 

マサのプロフィール ブラックから抜け出してほしい思い

--------------------------

メルマガもやってます。

ブラック企業を辞めたい、関わりたくないといった方に
情報を配信しています。

→メルマガの詳細はコチラから

 

営業の仕事は苦行
e-blackをフォローする
ブラ脱