仕事を持ち帰りが辛いから辞めたい これって究極のサービス残業ですよ

一人暮らし

仕事を家に持ち帰ってやる・・・・これって私もけっこう経験しています。

私はこういうのが本当に嫌でしょうがなかったのですけど、物理的に仕事が終わらないすし家に持ち帰ってやるしかないんですよね。これ経験してる人ならわかると思うんですけどサービス残業よりもいやなもんです。っていうか自宅でやるサービス残業みたいなもんなんですけどね。これってちょっと考えるとメチャクチャ異常性があるってことですよねえ・・・

まあ、百歩譲って仕事のために知識を得るために勉強とか資格を取るのはまだいいです。それでも、役に立たない名前だけの資格を取らされるってのも時間の無駄だと思いますけどね。

余談ですけど、金融の銀行業務検定とかってホント実務1ミリも役に立たないですからね。この資格ってけっこう取るのメンドクサイ割りに役に立たないっていう典型的な意味のない資格ですからね。

話を戻すと、そういう仕事のための勉強とかでも余分な時間を取られるのに、しかも会社の仕事を家でやるってのは・・・・けっこう考えてみると恐怖を覚えるレベルです。

それで、家で仕事をやったとしても給料が上がるわけではなく、それでいて評価が上がるわけでもなく、人間にとって一番貴重な「時間」が無駄に奪われていくわけですからね。

こういった持ち帰りの仕事が嫌で嫌でしょうがないっってならあたなは正常ですけど、なんか仕事持ち帰って違和感なくやっているってならちょっとかなりやばい状況になっていると自覚したほうがいいです。完全に社畜洗脳が仕上がっていますからね。

家で仕事するって、まあぶっちゃけて言うと仕事ができない人っていうことですからね。私もまあそうだったんですけどね。しかも無給で仕事して会社に貢献するって・・・・

どれだけいいように会社に利用されているんだってちょっと恐怖さえ感じます。いや、外資系企業みたいに年収が軽く1000~2000万とかだったらまだいいですけど、

年収400~500万円とかでそれをやっているんだったら、本当に会社の奴隷として利用されつくされている恐怖さえ感じます。どうなっているんだ?ってくらい違和感を感じないとちょっと怖いですよマジで。

関連記事:サービス残業が当たり前と思ってのは「異常」ですよ

サービス残業が当たり前。そういう会社をブラック企業と言います。サービス残業は無くなることは無いですよ。サービス残業前提の経済が成り立っているからです。それがいやならサービス残業がない会社に転職するしか方法はありません。団塊の世代の価値観の支配されている会社に居続けるよりも、効率的に仕事をする会社に転職しましょう。

持ち帰り残業をやってるって普通に「異常」ですし違法ですよ コンプライアンス的にヤバいですしサービス残業の究極で最悪の形ですからね

持ち帰り残業をやっているってのはまず

「異常だ」

っていう認識は持ってい置いたほうがいいです。普通にサービス残業と一緒で違法行為ですしね。まあ、違法と言ってもサービス残業はちゃんと記録を取っていれば労基に訴えることも

できますけど、持ち帰って仕事をやるってのはちょっと証明するのも難しいですし、けっこうヤバい行為だってことだけは認識しておいたほうがいいです。

もし、あなたが持ち帰って仕事をするのが好きで、会社にいいように利用されてるのも納得してやってるんだったらいいですけど、そういう人はまあ完全に社畜洗脳されていますし少数派でしょうからね。

これって会社がよく言う

「コンプライアンスを守れ」

とか言ってる会社が、サービス残業や持ち帰り仕事を黙認している・・・・ってパターンよくありますからね。まあ、コンプライアンスとか言ってる会社で持ち帰り仕事黙認とかって本末転倒なパターンがよくあります。

まあ、世の中こんなもんなんですよね。こんな感じで法律を完全に順守してる会社ってのはめったにないです。特に労働基準法関係ってのはザルな法律で守ってる会社なんてあるの?ってくらいですからね。

だから、何が言いたいかと言うと自分で自分の身は守らないといけないってわけです。

そりゃあ、年に数回、持ち帰り仕事があるとかなら別にいいですよ。それが、毎日のように仕事を家に持ち帰ってやってるとかだったら完全に頭がおかしい会社ってことですからね。

なんか、ネット見てると、持ち帰り仕事して、睡眠三時間くらいで英語の教材とかを作ってる先生とかいて自殺したみたいなのを見ましたけど、いや・・・睡眠三時間で家で仕事しててそのうえ普通に出勤とかって、中世の奴隷よりもきついんじゃね?ってくらいの労働量ですからね。そりゃあまあ命を絶つ人もいるかもしれません。

何が言いたいかと言うと、持ち帰りの仕事とかってエスカレートすると

「命に係わる」

ってことです。まあ、持ち帰り仕事でも、サービス残業でもたまにならまだゆすれますけど、睡眠時間が削られるほどやらされるって・・・・しかもそういう会社とかに限って低賃金だったり締まるからね。はい、一言で言うとブラック企業ってことです。

そういう会社にいるってことは人生の機会損失になるんで、持ち帰り仕事が続くようだったら、自分の会社の状態、労働環境とかをちゃんと客観的に見てみたほうがイイですよ。

そうしないと、ずっといいように持ち帰り仕事やらされて、無給で働く奴隷ってことになります。会社にとっては何も言わずに無給で働いてくれる最高の奴隷ってことになりますからね。

持ち帰り仕事をやってるってそういう会社に定年まで勤められるかどうかをいぢと考えてみましょう 一生その状態が続くのって高確率で体にツケが回ってきますよ

持ち帰り仕事をやっているってことは、まずは

「そんな持ち帰り仕事とかが常態化してる会社で定年までやっていけるか?」

ってことを強烈にイメージしてみてください。それで

「こりゃ絶対に無理だな・・・」

って思ったら、そりゃ労働環境を変えたほうがイイにきまってます。あながた40代後半とかならそのまま定年まで我慢する野守かもしれませんが20~30代だったら、まだ働く時間が倍以上あるってことですよね。その状態で耐えられると思ったらけっこう甘いですよ(;´Д`)

人間ってけっこうストレスに弱いです。というかストレスに弱いですし、睡眠不足とかにも弱いですしね。睡眠不足はそのまま寿命を削っていますし、ストレスって我慢して

ると経験上3~8年くらいの間に高確率で過労で倒れたり、うつ病になったりします。

そりゃそうですよね・・・・会社で激務で働いていいて、サービス残業やってそのうえ家でも仕事とかやってるって、今私が書いてるだけでも吐き気が出てきそうな感じです。

ハッキリ言うと、持ち帰ってまで仕事するってほんとうに「究極のサービス残業」ですからね。

会社にサービス残業をやってるっていう痕跡は残らないですし、会社にとってはいくらでも家に持ち帰って仕事してほしいところでしょうからね。まあ、そこまでの

仕事量をやってもそういう会社ってだいたい低賃金だったりします。

日本人って

「我慢するのがカッコイイ」

「我慢していれば状況は良くなる」

的な思考停止な感じの教育を受けているので、ほんとこういった持ち帰り仕事とか、サービス残業とかに疑問を持たないというか、ものすごく悪い意味ですんなり受け入れてしまうんですよね。

持ち帰り仕事をたまにやるのはまだいいでしょうけど、ずっとその状態が半年以上とか続くんなら、そろそろあなたのいる労働環境が「ブラック」だってことに気づいたほうがいいですしね。

気付いたらまあやることは、そこから脱出するってことですけど、

「我慢するのがカッコイイ」

とか思ってるんだったら、一生その状況でがんばってください。高確率で体壊すかもっとひどいことになりますからね。これってまあ私の経験でもあるんですけど、どのみちその状態でガマンしていても、何年か経つと体壊したり精神を病んで人生に支障が出てくるんですよね。人間の身体ってそんなに強くないですからね。

体の弱い人のほうが体をいたわったりするので、長生きだったりします。体力があって胃腸が強かったりする人は、まあけっこう早死にしますからね。

自分の健康>仕事

っていう価値観になったほうがいいですよ。まあ仕事がすきならずっと持ち帰り仕事とかやって頑張ってください。

関連記事:ブラック企業の典型的な社畜洗脳

ブラック企業の会社ってかなりの確率で社畜洗脳された人ばかりになります。効率のいい仕事とかをしようとすると逆に妨害される始末。サービス残業で働かされて仕事を邪魔されるという悲惨な末路が待っています。社畜になると効率的な仕事が出いなくなるんですよね。怖いです。

持ち帰り仕事とかをやっていて全く違和感を感じないなら完全に「社畜洗脳」されているのである意味病気みたいな状態と言ってもイイですからね

持ち帰り仕事とかをやっていて、まったく違和感を感じない・・・・それって当たり前じゃないの?とか思ってるなら

「完全社畜洗脳」

になっています。これってある意味、病気みたいなもんです。自覚症状が出にくい病気ってイメージですね。

こういう人は

「持ち帰り仕事をやってる俺って仕事一生懸命やっていてかっこいいぜ」

みたいな思考になっています。

これって、まああまり激務なしごとをやっていて、しかもサービス残業をやった挙句に持ち帰り仕事をしているっていう人・・・そりゃあまあもう

「どうしようもない状態」

ってことです。完全奴隷状態ってわけですね。

だから、もうその状態ではまともな精神状態ではやっていけないので、妄想状態にになって

「仕事をやっている俺ってかっこいい」

みたいに強烈に自己暗示的に思い込んで、現実逃避してるわけです。そうしないと、現実を見てしまうとそりゃあただの奴隷状態ですからね。それを無視するために

自分で自己暗示的に「仕事やってる俺ってかっこいい」みたい勝手に妄想するわけです。こうなると社畜がかんせいするってことですね。

世の中にはこういった社畜が多いですけど、まあ勝手にやってくれって感じです。頑張って仕事やってサービス残業とか持ち帰り仕事を喜んでやってくれるんですから会社にとっては本当に使い勝手の良い奴隷ですアからね。

しかし、覚えておいてほしいのは、こういった仕事をやっていて、うつ病とかになったりしてポンコツになったら会社はたすけてくれませんよ?そんな風になっても

「体調管理がなってない」

とかの一言で終わりです。奴隷として使えなくなった人は遠回しに自主退職とか勧められますしね。ポンコツになった奴隷はもういらないってことです。

これって経験しないと社畜洗脳って解けないかもしれませんけどね。私は30歳当たりで体がポンコツになって退職したわけですけど、年齢的にまだ「マシ」だったですからね。

30歳なったばっかりだったのでそれなりに転職の求人はまだありましたからね。もっと早めに転職して20代後半くらいに社畜洗脳が解けていれば・・・・と後悔していました。

でもまあ、これが40代とかで体壊して退職とかになったら、転職先とかってぶっちゃけきついですからね。派遣とかをやっていく可能性も高くなります。

持ち帰り仕事とかが常態化している仕事なんて、長期にできるわけないんですよ。どっちにしても体に無理がたたって潰れます。

まあ、一生社畜洗脳のままで定年まで行ける人もいますけど、そういう人は定年後何の趣味もなく生きていくケースもありますし、たいていストレスが溜まって暴飲暴食酒タバコ、運動を全くしてないのトリプルコンボで寿命が短いパターンです。

そうなってもイイなら一生社畜洗脳されたまま、持ち帰り仕事を「喜んで」やっていく人生もイイかと思います。私は絶対にいやですけどね(;´Д`)

もう一度念を押しますけど、持ち帰り仕事が続く会社なんてロクなもんじゃないですよ。こんなの私がここで書かなくてもあなたが一番よくわかってると思いますけどね。

転職活動するなら一人でやるのは求人探すのめんどくさいですし、ヘタするとブラック企業に捕まるので転職ツールは使ったほうがベターですしね

転職活動するなら一人で求人さがしたりするのって、メンドクサイ上に効率が悪いですしね。しかも、下手するとブラック企業の求人をつかんでしまうかもしれないんで転職ツールは使ったほうがベターです。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査いているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について正確でピンポイントなアドバイスをしてくれます。

転職って、たしかに始める前は難しいイメージもありますし、初めてだと不安だったりします。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスなどをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。

準備と対策をすれば内定は取れるんですね。一度、優良な求人を紹介してもらって実際に自分の目でみてみると視野も広がりますし、転職活動のイメージもわいてくるのでおススメですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.CONNECT(コネクト)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かリクルートエージェントを選択しましょう。

CONNECTもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!