ボーナスなしで貯金ができないのは当たり前 貯金方法と転職方法を同時に考えるべき理由

20歳以上

ボーナスのない会社・・・・って私の知人とか友人ではさすがに「ボーナス無し」って会社はあまり聞いたことがありません。派遣はバイトじゃないんだからそれっじゃあ派遣で働いていたほうがマシ・・・みたいな感じになってしまいますからね。 

ボーナスが6か月以上とか出るほどは望ま課くても2か月以上くらいは普通に出る会社がほとんでですからね。そう、ボーナスのない会社は「異常」だってことを認識したほうがイイです。

一応ここでも貯金に関しても触れますけど、まずボーナスのない会社ってのは「異常」だってのを認識したほうがイイです。日本の会社ってボーナスありきで給料が大体計算されていま すからね。ボーナスとか無ければ月に20~30万円の給料をもらってたとしても年収240~360万円ってことになりますからね・・・・

いや、それじゃあ生きていけないというか、一人でも生きていけないくらいですからね。年収240万円だったらそりゃあ生きていけないですよマジで。

そこから貯金してもどんなに切り詰めても年間数十万ってところですからね。

当たり前なんですけど、

「年収が多くて質素な生活をしている人」

が一番お金が貯まります。たとえば、普段切り詰めた生活をしていても、海外旅行とかによく言っていたらお金と溜まらないでしょ?そりゃ人生一回きりなんで海外旅行とかいい車に乗っていいもの食べて、いい服着てってなりたいですけど、まあ個人的にはそんなのにあんまり興味ないです。

質素な生活ができる人ってのは、自分でお金をかけない他の死を見つけることが着る人なんですね。ファッションとかメッチャ高いブランドの服着ててもダサい人とかけっこういるでしょ?

逆にGUとかでもかっこいい人とかかなりいますからね。そういう生活スタイルをしていて、かつある程度ボーナスが出るような会社にいけばお金はたまります。

家計簿つけて必死にやりくりしてお金貯めてくってのはけっこう無理がありますからね。もちろん、家計簿つけたりするのは大事ですけど、そんなことしなくても ある程度ボーナスの出る会社に入って、質素な生活をしていればお金ってめっちゃ貯まっていきますからね。

ボーナス無し会社で貯金をするには、「家賃」「外食」「車」「家庭があれば子供にかけるお金」を減らすしかない 公共施設などを利用して趣味的な出費も避ける

一応ボーナス無しの会社で貯金をするポイントみたいなのは書きますけど、わかり切ったことなので読むのメンドクサイ人は飛ばしてください。ほんと当たり前のことです。

お金貯めるにはもう、収入が少ないと(ボーナスが無い)とわかってるなら支出を減らすしかないわけです。

よく、電気代とか普段の食費とかを減らそうとしてる人いますけど、それって減らしても月に数千円レベルですよね。それを重視してもしょうがないですぶっちゃけ。

そんなのより、たとえば今住んでる賃貸が家賃6万円だったら4万円のところに引っ越す。外食は辞める(この辞めるっていう思考が大事です)外食なんて どんなに安い牛丼の店とかで食べても家で食べるほうが安いですし、ぶっちゃけ料理が上手くなれば自分で作ったほうがうまいですしね。

よく、外食に行く家族とかいますけど、貯金したいなら外食とか一切しないほうがいいですよ。家で食べたほうがおいしいっていうことに気づいてないだけです。

わざわざ、安い回転ずしとかにいってまずい寿司とか食べても金かかりますからね。スーパーで買った寿司のほうが、安い回転ずしよりもうまいような気がするんですけどね・・・・

あと、車とかは当然軽自動車ですね。貧乏なのにアルファードとかベルファイヤとか乗ってるご家庭があありますけど、さらに貧乏になっていくでしょう。

っていうか、家賃(家)と車と外食がこの世で一番お金がかかるものなので、そこを押さえられないと永遠にお金はたまりません。もちろん今、「ボーナスが無い」っていう ような低収入な場合の話をしています。と言っても年収1000万円とかあってもバカ高い家賃の家に住んで高級車を乗り回していれば意外とお金が貯まりません。

あと、余談的になりますけど、子供にお金かける必要なんてないですからね。塾とか行かせてお金かけるのってバカバカしいですし、頭のイイ子供は自分で勉強して 勝手に東大とか行きますしね。

そんなことよりも、子供とかには図書館で本を借りて読書させるとかそのほうが全然将来的な受験対策とかになります。塾とかは高校三年の夏季講習くらいからで十分です。

こどのもころの塾とかってまったく役に立ってないですからね。どうせならスポーツクラブとかのほうがイイです。塾生かせる金があるならスポーツクラブに行かせた方が4755倍いいですよ。

何が言いたいかって言うと、「教育にかねかけてもあまり意味ない」ってことですね。そんなことよりも小さいうちから読書の習慣をつけさせる方が子供の頭はよくなります。

図書館とかの公共施設を使えばいいんですよ。そういう選択ができるならボーナスの無い会社でもある程度のお金を貯めることができますからね。

といっても、わたしならボーナス無しの会社とかにはいませんけどね。だってそんな会社あきらかに「異常」です。仕事が超絶ユルくて毎日定時で帰れて、休日出勤も無い ってならまだいいですけど、得てしてそういう会社って仕事がきついくてそのうえにボーナスが無いってパターンがけっこう多いんですよね。と言うかそいう会社のほうが多いです。

ボーナス無しでしかも仕事がけっこうキツイ状況だったら、その会社にいる意味って1ミクロンもないですからね。労働環境変えたほうがいいですよ。

関連記事:年収が安いままだと人生が破たんする理由

20代後半くらいで年収が300万円ぜんごだったりすると、その会社で今後務まていても人生が行き詰まってきます。出世してもせいぜい年収400~500万円では人生をかけて会社に奉仕してそのくらいだとかなり悲惨な人生になることは間違いありません。結婚どころか貯金もろくにできないでずっと貧困生活を送りたくなければ転職をするという選択肢を持つべきです。

ボーナス無しの会社では貯金はそりゃできにくい ボーナスある会社にいけばいいだけ選択肢は一択です

ボーナスの無しの会社って

「異常」

ですからね。地銀時代にけっこうな会社を営業で訪問しましたけど、ボーナスが「無い」って会社は無かったような・・・気がします。最低でも夏に1ヶ月冬に1ヶ月と二か月くらいのボーナスがある会社が最低ラインでしたね。もしかしたらボーナス無しの会社もあったのかもしれませんが、そういう会社をあまり見たことがありません。

ボーナス無しの会社って悪い意味で

「めったにない会社」

なんですよね。そういう会社にいるってことは、もう人生で高収入を得ることができないっていうことを意味します。とうか高収入というと語弊があるかもしれませんが

「普通くらいの収入」を得るのも無理ってことになりますからね。

仕事ができるとかできないとかってあんまりサラリーマンに限定すると収入の上下に関係ないんですよ。私がいた地銀とか製造メーカーでも、まったく仕事ができない人でも そこそこの給料がもらえるわけですからね。実際、仕事とか全然できなくても、開き直って会社に居座っている人とかっけっこういましたしね。仕事ができる人の3分の1も仕事量的にもやっていない感じです。でも給料は同じと言う・・・・・

何が言いたいかって言うと、給料ってある程度までですけど入った会社で決まってしまうということです。

そりゃあ、そういう仕事ができない人は出世はしにくいですけどね。いや、仕事できなくても上司に媚び売って飲み会付き合ってゴルフとか言って、ちゃんと上司にお歳暮とかを送っていれば、仕事ができない人でも出世はできます。

ここも何が言いたいかって言うと

「別に仕事ができるかとか関係ないです。入った会社である程度の給料は決まってしまいます」

ってことです。特に私のいた製造メーカーは会社が儲かっていたので、本当に仕事ができないというか悪い言い方をすれば発達障害とかで意思疎通とかができない(会話を

するのがむつかしい)人間でも年収600万円もらってましたからね。誰でも40代くらいになればそのくらいの年収になるわけです。

逆に、めっちゃ有能で激務をこなしていても、ボーナス無しなんて会社もあるわけです。これって、入った会社で決まってしまうので、どれほど会社選びが重要かってことが世間の認識が甘いんですよね。

大卒の新卒就活でもイメージとか、大企業だからいいだろうとかテキトーに会社選んでるのが現状ですからね。会社選びに命を懸けるくらいの勢いでもいいわけです。

特に、地元での地味な優良企業とかそういうのって、普通に給料もよくて仕事もある程度ユルクて、当然ボーナスもしっかり出るみたいなそういう会社ってけっこうあります。

なんか無理して大企業に入って、無理に激務の仕事をしないでもそこそこいい給料をもらえる方法ってあるんですよね。

会社ってものすごく数が多いので、けっこう選択肢は多いです。それに意外と地味な会社のほうがボーナスが良かったり、仕事がユルかったりとそういうパターンが多いもんなんですね。

だから、ボーナスのない会社を選ぶのってかなり会社選びが失敗してるというか運が悪いというか、平たく言うと「最悪の状態」ですね。だってボーナス出ない会社とかって どっかの個人商店に丁稚奉公してる少年みたいじゃないですか。昭和初期みたいな感じですよね。そんな会社を選んでしまって、しかもずっと働いているってのが ぶっちゃけ恐怖でしかありません。

だって、そんな環境でずっと働いていてばこの先給料が永遠に悪いわけで、人生が豊かになる可能性が極めて低くなってしまいますからね。

金があればいいってもんじゃないですけど、最低限の金が無いと人生けっこうハードモードです。

人生は「お金」と「健康」である程度の幸福感を出せるみたいです。お金と言ってもある程度余裕のある生活ができる程度でよくて、健康ってのは普通に動けるくらいの

事で十分ですからね。最低限のお金を生み出さない会社ってのは、会社としても価値はほとんどありません。従業員に利益を還元してないか、本当に儲かってないかのどちらかです。

そんな会社に今後もずっと勤めていたいですかね?私だったら絶対にイヤですけどね。

だって、ボーナスないんですよ?その時点で年収どうあがいても300万円台ですし、へたすると200万円台になりますからね。いくらなんでもちょっとえぐすぎますよ。

そこから貯金するにしてもけっこうきっついものがあるってことですからね。超絶な節制生活して貯金してショボい金額を貯めても人生がキツイだけでけっこう悲惨なことになりますからね。

関連記事:ボーナスのない会社はブラック企業と同じ

ボーナスが無い会社・・・いはこんなブラック企業は論外です。早めに脱出しないと人生が損ばかりになりますよ。損得勘定はかっこ悪いとかいう次元の話ではありません。そういう会社にいる事態がもうかっこわるいですからね。まともな会社に脱出すべきなんですよね。

転職するにしても自分ひとりでやったり求人探すのは効率が悪いですからね ブラック企業に捕まる可能性もあるので転職ツールをつかったほうがベターですからね

転職するにしても自分ひとりで求人探したりするのって結構きついですしね。それに求人を探すのってけっこう独りよがりでやってると、ブラック企業の求人を

つかんじゃったりするので、けっこうきついものがありますしね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。 また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たいいアドバイスをしてくれます。

転職ってやっかいな感じもありますし、初めてだったりすると、場合何からやっていいのかわかりにくいってのもあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は順調に取れるものです。。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがベターなんですね。

ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、なによりこれからやるであろう仕事を選択していくうえでの判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!