年収300万で一人暮らしの貯金方法 年収底上げ転職も考えるべき理由

年収が低い

よく、年収300万円で貯金したいとかっていう記事とかって散々ありますけど、それ眺めてるとちょっと

「これって金ってホントに溜まるの?」

って思いまからね。年収300万円で一人暮らしだと、貯金てどのくらいやるかによりますけど、まず家賃なんてよく「5万円以内」とか抱えてること多いですけど

「いや、それって東京を基準にしているの?っていうか東京でも年収300万円で家賃5万円じゃだめでしょ」

って思います。

東京でもちょっと離れれば家賃4万円とかありますし、地方都市だったら家賃3万円くらいで充分暮らせます。というか、一人暮らしで、みんな家賃にお金をかけすぎです。

年収300万円ならそれに合わせた生活水準にしないととてもお金貯まりませんからね。それが嫌ならもっと年収の高い職場に転職するのがベターです。というかその方が
早いような気がしますけどね。

ほんとに家賃をもって低くするべきですし、なんか外食とかなんて一切しないほうがいいです。というか外食してる時点でお金貯まりませんしね。

個人的になんか、若い女性とかがけっこう高級バックとか服とかに金かけるのってまあ、なんというか滑稽だなとは思います。たいして稼いでないのにいいバック持ったり服にお金をかけたりするのってちょっとある意味滑稽です。男性でもそうですよね。収入が少ないのに高級車とか乗ってる人とかいますからね、ベルファイアとか乗ってますからね。

そいうのって、別にお金かけてもモテるようにならないですし、ただの自己満足でお金使ってるだけです。それって今後、致命的なことになりますからね。

ファッションとかも、同じGUなんかのファストファッションでもかっこよく着こなす人はいますし、そもそもスタイルがイイ人なら何でも似合います。服買う前に体を引き締めたほうが簡単に服が似合うようになりますからね。高いバックを買っても、キャリアウーマンが持ってるとけっこうにあますけど、若い人とかが持ってると逆に似合ってないので違和感しかありません。「無理してるんだなあ」って思いますからね。

平たく言うと収入が少ないのに金使いすぎなんですよ。そのあたりに認識が悪いというか、ちょっとユルイわけですね。年収300万円で一人暮らしでお金貯めたいならお金使うことはぶっちゃけほとんどできません。

でも、ちょっと考えると今の世の中って、けっこう安くていいものが手に入りますしね。普通にGUとかでも最新のトレンドのファッションとかが安価で手に入りますし、

バックとかもかなり低価格でいいものが手に入ります。動画とかも無料で視れるし、定額制の動画視聴とかも充実していて、月額1000円以下でけっこう映画とか見れます。

ネットもありますしね。何が言いたいかと言うと、お金かけないでも娯楽がある時代になったんですよね。そこを言いたいわけです。

関連記事:手取りが少ない場合には転職すべき理由

20代後半の正社員で手取り14万円で年収300万いかないならすぐに転職活動をすべき理由
20代後半くらいで手取り14万円くらいしか給料が無い。年収もヘタすると300万円以下ない・・・と言った状況なら完全にブラック企業の利用されているだけなので、すぐにでも転職をしないとまずいです。30代になると未経験でも転職できる会社も無くなってきますし、なにより、そういった低賃金の会社は高確率で経営が傾きます。従業員を大事にしない会社は傾いていきいますからね。

年収300万円で家賃6万円とか450万円で家賃9万円?とか頭おかしい情報ばっかりで、そんなんじゃお金貯まるわけないじゃないですか 何考えてるんでしょうかね

まず、年収300万円代なら家賃は3万円台じゃないときついですよ。東京とかなら4万円くらいが上限ですね。

そのくらい家賃はシビアに考えないと、年収300万円でお金なんてたまらないんですよね。それが嫌なら年収を上げるしかないです。転職ですね。

家賃をシビアに設定すべきなんですけど、なんかネット見てたら

「年収450万円くらいなら家賃9万円が上限」

とかあたんですけど、頭おかしいんじゃね?って思いますね。いや、年収450万円で家賃9万円とか言ってたら金なんて貯まらないですよ。というか年収600万円でも普通に家賃3~4万円で暮らしてる人ってけっこういますしね。そういった人はけっこうな資産を築いています。

根本的に間違ってるんですよ。年収1000万円になったとしても別に家賃3~4万円でもいいわけです。私の知人とかでけっこうそいう人いますけどね。個人事業やってて月収で100万円くらいあって、年収にすると1500万円くらいある人でも家賃5万円とかのマンションに住んでましたよ。普通に自炊してましたし、いわゆる独身貴族的な暮らしですけど、車も普通にコンパクトカー(アクア)に乗ってましたしかなりお金貯まってるみたいな感じでした。

こういう人がお金が貯まるわけです。そう、お金貯まる人って仮に収入が上がってもそんなに生活レベルを上げない人なんですね。っていうか、金持ちになってもベンツとか乗りたくないですけど、そいうのってなんか意味あるんですかね?

そりゃあ、年収が億の単位に行くならベンツ乗ってもイイですけど、ちょっと小金持ちになっても高級車とか別に乗りたいとは思いません。っていうか人生ってお金を貯めれるときにためたほうがいいんですよ。

だって、もし務めてる会社でリストラに合うこともありますし、それで年収も下がることもけっこうありますしね。個人でやっていてもいつ収入がガクッと下がるかわかりません。

そういった人生リスクとかを考えない人がまあ多いですね。というか、人生はチャレンジしていったほうがいいと思いますけど、収入が少ないのに、高級車乗るとか論外ですからね。

お金貯めたいなら、

「お金を使わない方法」

ってのはもう自然に身につけないといけません。これってそんなに難しくないんですよね。

「なるべく外食しない」

「お金のかからない趣味」

「図書館などの公共施設を利用する」

「ファッションなどはファストファッションにする」

「意味不明な高級な車とかバックとか服を買わない」

ってこれくらいです。特に、外食とかを頻繁にしていると永遠にお金はたまりませんしね。かけそばとか外で食べれば300円くらいしますけど、家で耐えべれば50円以下で

食べれますしね。そのコストの違いを

「意識」

できるかどうかで、お金が貯まるかどうかが違ってきます。あと年収300万円とかでローン組んで車を買うとか論外ですからね。車が必要だったら軽自動車の中古でいいんですよ。

普通に50万円以下でいい中古車がいくらでもあります。

趣味とかでも、筋トレするにしてもジムに通う必要はないですし、普通にホームジムとかを作ればいいんですよね。バイクいじるにしてもスーパーカブとかならカスタムとかメチャクチャ安いですし、ジョギングとかを趣味にすればお金ってほとんどかかりません。

何が言いたいかと言うと、お金かけないでも楽しめるってことですね。だって年収が300万円なんですから、お金をかける趣味とかも論外です。生活が破たんしますからね。

それが嫌なら何度も言いますけど年収と上げるしかないです。転職とかするしかないんですね。

そもそも年収300万円でお金を貯めるなら、家賃抑えて自炊して外食をなるべく避けて、衣服などもなるべくシンプルなものと着る軽自動車に乗るとかしないとお金なんて貯まりません 当たり前すぎてちょっとね

そもそも、年収300万円って大学生の初年度のねんしゅうよりもすくないわけですから、そこで一人暮らしでお金を貯めるらそれ相応の生活をするしかないんですよ。

といっても、別に、ひもじい生活をしろって言ってるわけじゃなくて、

「家賃の安いアパート」

「外食をしない」

「衣服はシンプルなものでファストファッションを利用」

「お金のかからない趣味(ゴルフとかは論外)」

「車は無しか中古の軽自動車」

当たりをやってれば、普通にお金はたまっていきます。月に5万円ためて年間60万円くらいは貯めていきたいところですね。

できれば、そのお金おをインデックス投資あたりに投資して、さらに増やしていきたいところですけど、このあたりは個人の選択によりますからね。インデックス投資で検索すればいくらでも情報が出てくるので、そのあたりは自己判断でお願いします。

年収300万円くらいでもいいと思いますけどね。少しずつお金貯めていけばそこそこ貯まります。その仕事で仕事がけっこう楽ならその年収でもありだと思いますけどね。

最悪なのは、年収300万円とかで仕事内容が激務でキッツい場合ですね。

そういう場合だと、仕事のストレスとかで暴飲暴食とか、酒飲んだりしますから結局金使っちゃうんですよね。年収が低くて仕事が激務ってののは1ミリもメリットないですし、しかもお金もたまりにくいです。

そういう仕事をしていると仕事がきついので、自炊とかもきついですし、給料が安いのに外食が多くなってしまって最悪の状況ですね。

年齢が高くてそこしか勤めるところがが無いとかならしょうがないですけど20~30代くらいで年収が300万円台でしかも仕事がきついってのは、ハッキリ言って労働環境としては最低です。

その労働環境に居なければいけない理由がある(夢を追っている、職人などで修業中である)とかならしょうがないですけど、そうでないなら、そういった労働環境は変えていかなければ一生貧乏のままですからね。

個人的には、けっこう貧乏とかでもイイと思ってますけど、やっぱ結婚とかしたいなら女性ならまだいいですけど男性で年収300万円とかってきついですからね。

いや、結婚自体はできると思うんですけど、子供とかできたら年収300万円だいだと現実的にかなり厳しい生活になるでしょうね。パートナーが年収500万円くらいならいいんですけどね。どっちにしろ年収300万円だとけっこうきついものがあります。

お金があればいいってわけじゃないですけど、やっぱり収入の基盤が少ないってのは、精神的に不安にもなりますし、いくら貯金しても限界があるってのはしょうがない現実なんですよね。

そういう生活が嫌だったら、転職して給料を上げるしかないです 年収300万円を400万円以上にするのはそれほど難しくないですからね なぜなら入った会社で給料が決まってしまいますからね今の世の中って、

そういった、貧しい生活が嫌だったらやっぱり収入の基盤を上げるしかないですよね。

たとえば、年収500万円の人が年収700万円になるのってけっこう難しいんですよね。出世するしかないわけです。なかなか年収700万円の仕事ってないですからね。

でも、年収300万円の人が年収400万円以上になるって、ぶっちゃけけっこう簡単です。というか年収400万円以上の会社って普通にたくさんあるので、転職しただけで

年収が上がるってのが年収300万円から400万円ってのはほんと転職するだけで上がります。

っていうか年収300万円っていうしごとってちょっと異常です。いくら最近給料が上がりにくい時代だと言っても年収が300万円とかってぶちゃけショボイ会社ですよ。

そんな会社に定年まで務めていても、出世して管理職になっても年収500万円とかってちょっときついですからね。

私のいた会社って工場の現場の作業員でも40代くらいなら年収600万円くらい行きましたからね。でも別に仕事ができる人が集まってるわけじゃなくて普通に高卒とか中卒もいましたし仕事全くでいない人とかもけっこういました。それでも、末端の作業員でも年収600万円とかになります。

これって会社が儲かってるとか、そういう違いだけで年収って変わってくるわけです。一言で言うと年収って、300万円から400~500万円にあげるにはそういう給料ベースが高い会社に転職するだけです。そりゃ、さっき言いいましたけど年収500万円を700~800万円は難しいですけど、300万円を400~500万円はぶっちゃけむつかしくないです。

特に20~30代くらいなら、そこまで難しくはないですね。私も30代で転職しましたけど、給料若干上がりましたからね。

一つの会社にずっと勤めるのがイイことみたいな風潮がめっちゃありますけど、年収300万円の会社で一人暮らしなんてしてたら、貯金はできないことは無いですけど、節制生活は避けられないですからね。

私なんか節制する生活というよりも、べつに生活レベルが低くても普通に生活できるので、いいんですけど、それでも年収300万円だとさすがに少し厳しいかな?とか思います。

単純に年収300万円で貯金ができる人ならそれが年収400万円になれば年間100万円余分に貯金できますしね。5年で500万円「余分に」貯金できます。

現実はこうやって計算通りに行かないかもしれませんけど、そのくらい余裕があるってことですね。

ほんと、お金貯めといたほうがいいですよ。お金に関する悩みと異性に関する悩みは、一番最初に解決したほうがいいとよく言われますしね。そこを解決しておけば精神的にも安定して、自分のやりたいことができますからね。特にお金がある程度あるってのは精神的な安定を生みます。お金が無いってのは本当にそれだけで悩みが出てくるので人生の幸福度が低くなってしまうんですね。

転職するしても一人でやるのって求人探すのもしんどいですし、なにより効率が悪いですしブラック企業に捕まる可能性もあります 転職ツール使ったほうが無難です

転職活動するにしても、自分ひとりで求人を探したりするのって結構きついですし、効率も悪いです。ブラック企業に捕まる可能性もありますしね。そういうのを避けるためにも転職ツールを使ったほうが無難です。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たナイスなアドバイスをしてくれます。

転職ってけっこう難しいイメージもありますし、やったことがなかったりすると、場合何からやっていいのかわかりにくいってのもあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は順調に取れるものです。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがベターなんですね。

ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、これからやっていく仕事を選んでいくためのいい判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから