仕事が楽しい人は一握り 楽しくない仕事を協力してやるのが仕事の醍醐味

社内恋愛

よく「仕事が楽しいと人生が楽しい」といいます。仕事は人生の時間の多くを費やすので、それが楽しいとたしかに人生も充実しますよね。

仕事が楽しいというのは人によって全く違うと思います。仕事の楽しみ方は人によって違いますからね。

ただ、仕事って職人みたいな一人でやる作業はまた別として、基本、組織でやっていくわけなので「一人ではできないこと」を「協力して」やっていくことに意義があるんですよね。

別に一人でできることなら会社にでやる必要なありません。

何かものつくりでも、金融商品を作って売っていくのにも、協力し合ってプロジェクトを進めていきます。

そういったところに「仕事の楽しさがある」のではないのでしょうか?

仕事じゃなくても他人の協力を得ることができるようにしたいですよね

特に仕事では自分の仕事をうまく配分して、協力してもらうというスタンスでやっていく人が
組織のなかで上に昇り詰めていきます。

ようは「人をうまく使える人」なんですよね。

こういう人は、変にプライドが高くてもダメですし、ただ仕事ができるだけでもだめです。

ものすごく仕事ができても、他の人を見下したりしていると人はついてきませんよね。

たとえ自分が仕事ができるとしても、相手のレベルまで視点を下げて仕事を「チーム」としてやっていく。

こういうスタンスを持ってる人は組織にとって一番必要とされます。こういう力が特に高い人は「カリスマ」とかいわれたりします。

ちなみにこういう人種は「仕事を楽しんで」います。人と協力してチームを盛り上げることを楽しんでいるんですよね。

そうすると人が周りに増えてきますし、相乗効果で人生も当然楽しくなってきます。

こういう人は人生たのしいですし、会社にも必要とされていきます。

逆に仕事が楽しくない人

仕事が楽しくないというのは、それこそ理由はたくさんあります。

仕事が忙しすぎてキツイ
サービス残業ばかりだ
上司がパワハラしてくる
会社の激務で自殺者が出た
仕事を持ち帰っている
そのそもこの仕事をやる気が無かった
お客さんからのクレーム処理ばかりだ
自分の案が採用されない

といった現実は仕事が楽しくないほうが多いです。というか9割くらいの人が楽しくないですね。

「仕事が楽しいと人生が楽しい」とはいいますけど、仕事が楽しい人が1割しかいないんですから人生が楽しい人が少ないのも当たり前ですね。

特に今の日本で「私は今の仕事がたのしくてしょうがない」と言いきれる人はいないんじゃないですかね?

現実は厳しいです。それでも仕事はなるべく楽しくやっていきたいのはだれもが思っていることです。

ですが、ブラック企業で仕事を楽しくやるとか絶対無理ですホントに。

仕事が好きと仕事に酔っているは違いますよ

よく仕事中毒で「きつい仕事をしている自分はすごい」みたいに「仕事に酔っている」のは「仕事を楽しんでいる」とはまた違います。

仕事に酔っている人は、自分の価値観を他人に強制してくるので、周りは本当に迷惑です。仕事に酔っている人はただ、がむしゃらに仕事をやっているだけなので、「仕事を楽しんでいる」とはまた違います。

本人は仕事を楽しんでいるつもりなんですが、こういう人が上司になったりすると、自分のまわりにも自分と同じ仕事のやり方を強制してくるので、かなりたちが悪いです。

平たく言うと「協力して仕事をしていない」んですよね。独りよがりで仕事をしても楽しくないですし、人生も充実していきません。

よく、仕事で定年したら友達がだれもいなかった・・・という仕事のやり方をしている人はこの機会に考えたほうがいいかもしれません。

仕事=人生の充実とまでは言いませんが、おおまか仕事は人生に大きな影響を与えます。

やはり仕事は一人でできない大きなことを「組織」で「協力」してやるのが根本的な「楽しさ」を生んでいくはずです。

大人数で協力し合えることこそ仕事の醍醐味

仕事の楽しさは大人数で協力してやっていくことにあると思います。

これ、賛否両論あるかもしれませんが、協力し合って仕事をしたとき、その仕事をやり遂げたときの達成感と満足感はものすごいですよね。

一人で仕事をその日終えても達成感はあっても小さいですし、楽しさはほとんどありません。

本当に楽しさを感じるらためには、人と協調して仕事の楽しみを共有していくのがもっとも充実感と楽しさ、満足感を得られる方法です。

人によっては違うという人もいると思いますが、この共有できる達成感は本当にかけがえのないものになります。

ただ、職場が協力し合える環境にない場合は環境を変えないと難しです

チームが協力して仕事をしていく環境にある会社ならいいのですが、閉鎖的な昔ながらの出世競争がある会社だとなかなか、そういう「チーム」で仕事をしていくのはむつかしいです。

勢いのあるベンチャー企業などは、チームで働き連帯して大きなプロジェクトを作っていく傾向にあります。

逆に日本的な体質が残った会社は、保守的な組織なので変化を恐れるあまり、変化を嫌うので「チーム」で働くより

「縦割り組織」簡単にいうと部活の先輩後輩、上司と部下といった上の指示をやっていればいいという空気が強いのがほとんどです。

そういう組織ではとても「仕事を楽しく」というのは難しいでしょう。

もともと、仕事が楽しくないのはある意味普通ですから、割り切ってずっとその会社に勤めるのもアリですが、環境を変えていきたい。仕事を楽しくして人生も楽しくして期待というなら転職して環境を変える必要があります。

転職をするなら転職エージェントを利用するのをおススメします

ただ、転職するといても一人での転職活動はかなり効率が悪いです。

一人で求人を集めて、履歴書を書き面接対策をするのは大変です。

そういうケースでは「転職エージェント」を利用するのをおススメします。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!