出世したくないから転職とかの理由はもう当たり前レベル 上司に媚びる無理ゲーをやるのはバカ

ビジネスマン

「出世したくない」

って人は特に今の30代以下ならかなり多いんじゃないでしょうかね?というか、出世してもぶっちゃけオイシイ面があまりに少なくなりましたからね。

「出世したところで年収が100~200万円あがるだけで、責任は15倍くらいになる」

「出世するためには上司に媚びを売って会社の犬になって20年以上やらなきゃいけない」

「サービス残業とかやりまくって、出世したら部下にサービス残業を強制する」

「部下をこき使って利益を上げる人間が出世する、人間性は悪いくらいのほうが出世する」

「パワハラ上司のほうがなぜか出世する」

「部下をこき使う上司のほうが会社にとって都合がいいから出世する」

とまあ、あげるとキリがないので、このくらいにしておきますけど、特に

「出世するのに会社のいいなりになって上司に媚びを売って時間んが20年以上かかるのに、対して給料の恩恵が無い」

ってのがあります。まあ出世すると、「会社の中だけ」は部下が言うことを聞いてくれるので、人間的に魅力が全くない人でもいう子をと聞いてくれる特典もありますけどね。

ただ、そういう人は出世すると部下が言うことを聞くので

「人間的にも偉いんだ」

とか勘違いする人も結構見てきました。たぶん会社から一歩外に出ると誰からも相手にされないっていう人がけっこう多かったですね。そういう人でも会社や上司に媚びを売れば出世できるので、たしかに出世には給料以上の魅力もありますし、出世に失着する人がいるのもうなずけます。だって、部下が言うことを聞くんですからね。

でもまあ、責任が重くなるとか言っても部下に席にのしつけたりする上司もいるので、責任の部分は微妙な感じもします。

まあそれでも、出世するのって現代ではほとんど魅力のないものになってますからね。これって

「費用対効果が悪すぎる」

ってのにつきます。しかも、出世しようと思ってもできない可能性もかなり高いので、そこに時間を費やすだけのメリットがほとんどないんですよね。そんなこと

やってるなら、自分の時間を大事にいして、交友関係、恋愛などに時間を割いたほうがいいわけです。今は情報がいくらでも入るので、それがわかってしまったんですね。

出世するって、経験上50にに一人くらいが課長、150人に一人くらいが部長って感じでしたね 組織の大きさによっても違いがありますけどこの確率だと東大受験よりも難しいような気がしますしね 受験なら1~2年がんばればいいですけど、出世は20~30年がんばらないといけないわけです

出世するのって、昔はポストがけっこうあったので、意味不明にな「次長」とか「推進役」とか訳の分からないポストがたくさなんありましたね。それって20年くらい前はかなりありました。

でも、今は人件費削減で意味不明なポストも無くなって、実際普通に係長、課長、部長、役員といったポストしかないですしね。しかも課長職から上の管理職ってのはかなりポストが減ってます。

余談ですけど、課長は二つの課を兼任なんてしてましたしね。まあ、言ってしまうと別に課長がいなくても回るんですよね。なんかトラブルとかあったら偉い人が出なきゃいけない時があるので、別に課長なんて2~3課兼任でもいいくらいです。

とまあ、こんな感じなんで、ポストが無ければ出世もしない・・・・そりゃあ人件費削減と、余分な給料も払いたくないので管理職も減らしますからね。ぶっちゃけ会社には奴隷がいればいいだけなので、そうなってきます。

何が言いたいかと言うと、出世できるのって体感的には課長だと50人に一人くらい、部長だと150人に一人くらいなんですよね。これって普通に東大はいるより難しくね?

とか思います。しかも、受験とかなら勉強して努力すれば高確率で合格しますけど、出世とかってなんか、運悪くミスをしてしまったり、反りの合わない上司にあたって

仕事ができても評価下げられるとかなんてことは日常茶飯事です。上司に媚びても嫌われてしまうこともありますし、上司に嫌われる評価を下げられるので、出世がかなり厳しくなります。あと、会社がどう考えてもおかしい(最悪法律違反してる場合)とかでも会社に意見を言えば出世はできません。実際、部下をかばって会社に意見した知人で左遷食らって降格させられた人を数人診てきました。

まあ、平たく言うと会社の犬になって、20年以上は絶えないと出世できないです。その間もちろん、サービス残業は全部引き受けて、やり切らないといけないですしね。

そこまでしても出世できるのがけっこう無理ゲーで、費用対効果が悪すぎるってことですね。

個人的には、20年以上かけて会社の言いなりにになったうえに、かなり確率の悪いゲームをするのってのはちょっと厳しものがります。

それにまあ、言ってしまうと会社で出世競争してる男とかって、意外とショボい奥さんと見合いで結婚したりしてなんかこれマジで?っていう感じですよ。

よく、仕事ができる人はモテるとかいいますけど、これは正しいことなんですけど、「仕事ができる人」と「出世する人」ってのは違います。

特に日本的にな会社だと出世するのは

「ただ我慢して会社の言うことを聞いて上司に媚びを売って、部下を理不尽にこき使ってミスを押し付けるくらいの人間」

です。まあ当たり前ですけど、こんなのがモテるわけないですからね・・・・だからなんか不細工な奥さんとかもらってるんですよね。

そういう現状を見てしまっているので、そりゃ今の若い人とか出世したいとか微塵も思わないでしょう。当たり前のことなんですよね。

関連記事:嫌いな上司を潰す方法

嫌いな上司を潰す方法 ゴミなパワハラ上司復讐するには社外に訴えたほうがイイ理由
クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。

出世したくないなら、人間関係が薄い仕事で定時で帰れて残業代が出る仕事とかがベターですからね 工場系の仕事なんか結構おいしいです

出世したくないなら、普通に人間関係の薄い仕事で、定時で帰れて残業だいがしっかり出る会社(仕事)がイイですからね。工場系の仕事とかけっこう美味しいですからね。

関連記事:ホワイト工場は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

というか、会社で出世しても、なんか楽しそうな人がほとんどいなかったですね。特にまあ、出世が決まると同時になんか海外転勤したり遠隔地に転勤したりとか

「出世したらもう会社から何を言われても辞めないだろう」

とか思われて、いいように利用されますしね。まあそれは平社員でも同じですけど、たしかにせっかく頑張って出世したんですから、会社辞めるとかまずありえないです。

そうなると、会社に利用され続けるんですよね。課長くらいだと出世しても辛いだけですしねこき使われて。せめて出世するなら役員クラスにならないと美味しい思いってできないですからね。

ホントやっぱり出世とかする意味が無いってのは、肌で感じますしそういう時代でもなくなってきています。これだけIT化が進んでネットで完結できることが増えてきたので、別に普通に個人で開業してネット使ってビジネスすればよくね?とか今の若者は仕事ができる人間ほどそういう風に考えますからね。

そこまで人間関係で嫌な思いをしてまでして出世するとかってあんまりないですからね。

そう、とにかく会社とかで何が嫌かって言うと「人間関係がめんどくさい」につきます。出世するとなると、ゴミみたいな上司にも話を合わせて飲みに行ったり、ゴルフに行ったり

お歳暮送ったりとか媚びを売らなければいけません。それが毎日つづくわけですね・・・・これってどうですかね?そういうことが苦にならない人もいますけど、私はけっこうきついですからね。そういうのってホント時間の浪費とかと思ってしまいます。でもまあ出世には大事な要素なので外せないところですね。出世したい人は、上司に毎日媚びを売って評価を上げてもらってくださいね。

個人的には、出世している人とか見ても全くうらやましくないですね なんか利害関係だけの取り巻きがいて、うつっぺらい人間関係で誰からも意見を言われず裸の王様な人ばかりで見ていて悲しい感じがします 出世するとかよりも、個人で事業開いたほうがよくね?って思いますしね

個人的には、出世してる人とかみても全くうらやましくないですからね。なんか、役員とかになるといつも取り巻きがいて、その取り巻きとかが役員に媚びを売ってるんですよね。

それをなんか嬉しそうに受け入れてる役員とかって、いいとしこいたオッサンが周りが役員だから媚びてるのに、そんなのわからないのか?とか思ってしまいますしね。まさに利害関係だけの人間関係で悲しくなってきます。これって会社出ると誰も相手にしないんじゃね?っておもうくらい薄っぺらい人格の人とかけっこう役員にいましたしね。

というか、役員とかの変な指示のために逆に仕事が遅れたりすることも多くて、ただ仕事を邪魔してるんじゃね?とかっていう時もけっこうありました。いや、これ役員の指示とかをうまくさばいて業務を回している末端の従業員とかがまともなだけで、そりゃあ、上司に媚び売ってるだけで出世した人だから仕事の管理とかできないのも当たり前です。ゴルフとかはできるんですどね。

そりゃあ、出世すれば多少は給料は上がりますし部下が言うことを聞くので承認欲求みたいなのも満たされますからね。きっと出世するために仕事やってる人とかけっこういるんじゃないですかね?

まあでも何というかそれってかなり切ない光景に見えてきます。なんというか、出世しても周りにいる輩はなんか、薄っぺらい感じの取り巻きがいっぱいいて、それに喜んでいる裸の王様的な人がほとんどでした。

もう一度言いますけど、なんか会社で出世するのを狙うよりも、個人で開業して事業やったほうが成功する確率高くね?って思いますね。今ではネットで稼ぐこともできますし、出世のために会社でサービス残業を完全に受け入れたりして無給で働くとか時間の無駄ですし、その時間副業とかやったほうがいいですしね。

それとか、上司に媚び売らないと評価が悪くなるので、とにかく出世するためには上司に媚びを売らないといけません。

仕事ができる人って逆に上司から嫉妬されたりするので、けっこう仕事できる人に対して自分に媚びない部下とかを評価を低くつける人が多いですしね。そりゃあ人間ですし、自分に媚びてくる奴のほうを評価を高くします。その程度なんですよ特に日本的な会社ってね。

だから、上司に媚び売るってことは、毎日ヨイショして、飲み会で上司のクソつまらない武勇伝を聞いたりして時間を浪費して、ゴルフとかにいって更に休日とかの時間を浪費します。

ものすごい時間を浪費してがんばって上司からの評価を上げないといけないわけですね。そこまでやっても、課長とかになれるのは50人に一人くらいですから、かなり時間効率の悪いゲームです。これだったら、私だったら個人でなんか事業やっていきますけどね。

というか、さすがにこれからの時代ってこういった出世のシステムがヤバいんじゃね?ってことでだんだん無くなっていくかもしれません。だってこんな媚び売る人間が出世していくわけですから、上層部の人材レベルがそりゃあひといものになってきますしね。だから簡単に大企業が海外資本の会社に乗っ取られてしまうこととかけっこうあるでしょ?

海外資本の会社の上層部は生え抜きのレベルの高い人間なので、そんな日本の会社の無能な上層部を出し抜くのは簡単ですからね。

まあ、こういった媚び人事がわかるような会社ってのは、さっさと見切りをつけて去ったほうがいいかもしれません。

転職活動するなら一人で求人探したりするのはけっこうめんどくさいですし効率が悪いです ブラック企業に捕まる可能性もあるので転職ツールは使ったほうがベターですね

転職活動するなら一人で求人探したりするのはけっこうめんどくさいですし、時間もかかるので効率が悪いです。あと、一人でやってるとアドバイスとかも受けられないですし、視野が

狭くなるので、ブラック企業とかにも捕まる可能性も出てきます。だから転職ツールは使ったほうが無難なんですね。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってけっこう難易度高いっていうイメージもありますし不安もありますからね。特に初めての人にとっては不安感が大きいものです。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます、準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

一度、優良な求人を紹介してもらって実際に自分の目で見てみるのがイイですよ。ブラック企業以外の求人もあるっていう確認にもなりますし何より視野が広がります。

自分がやってみたい仕事を選択するときの道しるべにもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)