仕事が精神的に辛いならすぐに労働環境を変えるべき理由 体を壊してからでは遅すぎる

限界で倒れる女性

「仕事が精神的に辛い」

ってのはなんとも切ないことですよね。仕事が精神手につらいってのは肉体的に辛い以上に厳しい状況であるパターンが多いです。

「仕事でパラハラ上司にイジメられる」

「職場の先輩にイジメられる」

「同僚にハブられる」

「仕事量が多すぎて回らないので精神的に病みそうだ」

「普通に上司に仕事辞めろとか言われる」

「お客さんからのクレーム処理でもういやだ」

「ノルマが無茶過ぎて毎日精神的重圧がハンパなくキツイ」

とまあ、こういったことで精神的に病んできて、だんだんと仕事をするのもキツイ状況になってきます。

精神と肉体は連動しているので、精神的にきっついと肉体的にもかなりしんどくなってきます。実際私も仕事が精神的にきつ過ぎて「うつ病」になったんですけど、うつ病になるとガチで体が重くなって、頭痛とか吐き気、腹痛から体に異常が無くてもそういった症状が出てきます。普通に内科で診断してもらっても体には異常が無いので、心療内科を勧められてうつ病が発覚したパターンです。

本当にきつかったですね。精神的に病むってぶっちゃけ経験した人じゃないとその辛さってわからないものがあります。というかまじめな人とかのほうが精神的に病むんでマジメに仕事やってる人のほうが精神的に辛いってパターンたほとんどなんですね。まあ今では個人的に思いますけど、マジメに仕事するとかってホント辞めたほうがいいですよ。

仕事をまじめにやらないほうがイイっていうと誤解を受けそうですけど、「バカ正直にマジメにやる」のは辞めたほうがいいってことです。仕事はちゃんとやったほうがいいのは当たり前なんですけど、体を壊してまでやるもんじゃないってことですね。

それとかブラック企業みたいにサービス残業を強制されたり(違法行為)、無茶なノルマでどう考えても無理な数字をやれとか言われるのって、そりゃあそんな仕事は屋ないほうがいいですしなるべく早くそういった労働環境からは離脱したほうが位わけです。

そういういわゆる

「どう考えても無茶なことをやらせる会社」

「そう考えても、理不尽でゴミな上司がいる会社」

「どう考えても人間関係に異常がある会社」

ってのはどのみち長期間勤めることって無理ですからね。仕事って定年までとか考えるとかなりの長期戦です。それを考えると職場変えることなんていたって普通ですし、そんな精神的に苦痛でどうしようもない会社は早めに離脱するのって、人生の最優先事項と言ってもいいわけですね。

仕事って肉体的な辛さだったらまあ耐えられるんですけど、精神的な辛さってのぶっちゃけガチで命にかかわります 私もほんとに死のうと思ったこと時がかなりあましたからね

仕事って肉体的な辛さだけだったらけっこう耐えられるものです。特に20代30代くらいなら肉体的に辛いだけなら、職場の雰囲気が良ければそこまで問題じゃないでしょう。

でもね・・・・・仕事が「精神的に辛い」ってのは本当にきついですよ。上述した通りに精神が病むと肉体的に不調になるので、とにかく「精神は健康である」ってのが人生においての最優先課題と言ってもイイでしょうからね。精神的に楽なら病気にもなりにくいですし精神的な負担を軽くするってことがどれだけ大事かってのなぶっちゃけ解ってない人が多すぎます。

仕事>精神的な安定

ってことですよ。仕事して給料をもらっていれば精神的に安定するとかって安直すぎますからね。仕事してれば安定するってわけじゃなくて

「まともな会社いてある程度人間関係が悪くなければ」

精神的に安定します。

特にまあ、人間関係というか人を追い詰める会社ってホント多いですよね。というか、人を追い詰めるることを何とも思わない人間が上司・・・とか同僚とかだとほんときついです。

とにかく毎日顔を合わせる人間とかがヤバいとかなり精神的に辛いです。そりゃそうですよね。毎日上司にパワハラ受けてイジメられるのって、意味不明ですからね。だいたい大人になって会社に仕事市に行ってるのに、イジメられるとかわかりません。

そういう労働環境はすぐに離脱したほうがいいんですよ。なんか世の中の風潮が、そういうのを「我慢する」とか「我慢してれば状況は良くなる」とか言う考えで丸く収まってますけど環境って自分で変えていかければ悪くなる一方ですからね。

「我慢すれば何とかなる」

とかかなりやばい風に思ってる人が多いので、とにかく仕事で精神的に辛くても我慢して、結局状況は悪化してふつうに「うつ病」とかになってドロップアウトする・・・みたいなパターンばっかりです。ちなみにうつ病になったりすると、会社からポンコツ認定されて、遠回しに自主退職を勧められたり、仕事干されたりしますけどね。

まあ仕事干されたら仕事少なくなるんでラッキーなんですけど、その仕事が少ない余裕のあるときに転職活動とかしてさっさとその会社からは離脱したほうが無難です。

そういう会社って、そういうイジメ系の上司とか多いですし、またいつそういった上ぢとか同僚とかにあたるかわからないですし、その可能性が普通の会社よりもかなり高いですしね。

どのみち精神的に辛くて苦痛で、うつ病とかになる会社は長期で働くのはむつかしいってことです。

関連記事:どれくらい仕事しすぎると、うつ病になるのか?

どのくらいの労働時間でうつ病になるの?長時間労働・仕事量・ストレスがこれくらいでなる実際のケーススタディ
長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

仕事での精神的な辛さが限界に近い、もしくは限界を超えてるなら、すぐにでも心療内科に行って診断書もらって休職したほうがいいです これ経験上マジでそうしないと後々後悔することになります

仕事で精神的に辛さが限界とかだったら、さらに限界を超えているようだったら、すぐにでも心療内科とかに行って診断書もらって休職したほうがイイですよ。

そのまま仕事やってると、ほんとに、重度のうつ病になっていくわけです。というか私もそうでしたし、そういうふうにうつ病とか適応障害とかが発症してしまった人をかなり多く見てきました。

そりゃそうですよね。精神的に辛い限界だとか思って仕事を続けるってことが

「ものすごいレベルの精神的ストレス」

を精神に毎日与えいるってことです。これって単純に寿命を縮めていますし、人間の精神てそんに強くないですよ。

人間の精神て、たとえば自分の好きなこととか目標とかをもって我慢することになめっぽう強いですけど、ただ自分の嫌いな仕事でしかも上司とかにイジメられてるとかそういう状況とかだと、

「未来が無い」

わけです。未来があって自分のための目標のために我慢するのと、ただ、嫌な仕事でクソみたいな労働環境でガマンするのってまったくストレスの度合いが違います。ただイヤイヤがまんすのって極大ナスレスがたまいすからね。いわゆる

「絶望感を感じながらの我慢」

ってのはもう精神的に辛いという次元を超えているので、簡単にうつ病になたったりします。当たり前なんですけどね。

人間で、ほんとにただきついだけとか、その先に目標とか未来が無いと絶望します。これってブラック企業荷は行ったりすると

「俺ってこんな会社でずっと働くのか?もう生きていてもしょうがない」

とかいう思いになります。その状態で精神的に辛い状態がずっと続くと、真の絶望感が加速していきます。そうなってくると普段の激務とかもあってだんだんと精神に負荷がかかって

最終的には普通に「うつ病」になります。これが最もよくあるパターンですね。

まあ、今ではこれだけ情報もありますし、ブラックな会社も多いですけど、それと同じくらいまともな会社もあるので、入った会社で人生が決まってしまうと言っても大げさじゃあない

んですよね。だからどれだけ自分で早めの行動をとっていけるかってのがカギです。だから労働環境を選ぶための行動ってのは、人生の最優先課題の一つなんですね。

個人的には、恋愛とか自分のやりたいことよりも優先事項が上だと思います。仕事が安定していれば、恋愛も自分のやりたいこととかもできますからね。仕事自体を自分のやりたいことをもとめるってのはナンセンスです。それはごくごく一部の能力値が高い人間ができることですからね。普通の人は仕事でやりたいことをやるってのはかなりむつかしいです。

これ普通に働いてる人ならわかり切ったことだと思うんですけどね。

関連記事:心療内科で診断書もらって休職する方法

心療内科の診断書を利用して休職する方法 実際にうつ病で休職して傷病手当金をもらいつつ転職活動するのがベター
仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

仕事が精神的にツラくて、毎日家で苦悩の臥せっるくらいならそんな仕事はすぐにでも離脱したほうがいいです 特に20代30代くらいならその職場にいる意味は全くないと

言ってもいいくらいですからね

仕事が精神的に辛くてマジで苦悩で臥せっているなら、普通にその会社離脱すればいいんですよね。

とまあ私も偉そうなこと言ってますけど、精神的苦痛でうつ病で休職してそのまま退職したっクチです。でも結果論ですけど、それでよかった今では思っています。だって地銀にいたんですけど、まああの状況でパワハラ上司とか毎日のノルマとかに追われて人生やってくなんて、今考えるとチャンチャラおかしいくらいバカみたいです。

そのあと製造メーカーに転職したんですけど、ノルマもないしパワハラ上司もいないし(セロではないですけど地銀に比べれがかなり少ない)ので、かなり人生が楽なりました。

精神的な余裕も生まれて、それこそ恋愛や趣味などもできるようになりましたしね。

そう、別に私の仕事の能力とか上がったわけじゃなくて、入る会社で人生大きく左右されるわけですよ。しかも転職とかって20~30代くらいが一番活発なんで、その間にまともに働ける労働環境をゲットしておかないとけっこう後半の人生がきつくなります。

そう、なんか精神的に仕事が辛くても我慢してれば何とかなるさ的な人が多すぎるんですよね。まあ我慢するのはイイですけど、それが長期間・・・・定年まで続くとか想定してないわけなんですよね。

それに、40代以降とかになると転職とかもきついですし、そのころになると精神的なだけじゃなくて体力的にもきつくなってきてもうダブルパンチなわけです。その時別の会社に移りたいと言っても高年齢の人間を採用する会社とかは無いですからね。

早期退職制度もたいてい40歳以上とかが対象ですから、そのあたりの年齢の人間はもういらないってこを当回しに会社は言ってるわけです。そういう現実を知ってか知らないかなぜかずっと我慢して、あとで精神崩壊する人がめっちゃ多いんですよね。

ヘタするとガチでカミーユくらい精神崩壊するかもしれないですからね。そのくらい、精神的な負担をかけ続けるってことを甘く見てる人が多すぎます。

仕事なんてここまでしてやるもんじゃないですよ。お金稼がないと生きていけないのはわかりますけど、なるべくちゃんとした会社選んで精神的に辛いのを少なくする方向性を模索していったほうがいいと思いますけどね。違いますかね?

転職するにしても、一人で求人を探すのとかってかなりメンドクサイですし効率も悪いですしね ブラック企業に捕まるのも嫌ですし転職ツールは使ったほうがベターです

転職するにしても一人で求人を探すって、メッチャメンドクサイですし効率も悪いです。それに、一人でやってるとアドバイスとか設けられないですし視野も狭くなるのでブラック企業に捕まってしまう可能性も高いです。それを防ぐためにも転職ツールを使ったほうがベターなんですね。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

たしかに転職って不安ですし、なかなか行動を起こしにくいものです。

しかし、転職って優良な求人を消化しいてもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですんよ。

優良な求人を消化しいてもらって、自分の目でみてみるとブラック企業じゃない求人があるという確認にもなりますし、これからやる仕事を選ぶうえでの参考にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)