仕事が泣くほど嫌で辞めたい 過剰なストレスでうつ病になる前に行動すべき理由

悩む20代後半

「あまりに仕事が激務すぎてガチで泣いてしまった」

「仕事でイジメられて泣いた」

「上司のパラハラがきつ過ぎて泣いた」

仕事を長年なってると、大人なのに、普通に仕事で泣く人いますよね。っていうか私も泣いたことがあります。しかも人前で(;´Д`)

これってまあ、かなり屈辱的なのもありますけど、なんというか自然に涙が出てくるっていうか、あまりに仕事がきつい上に終わりが見えてこないので、恐怖に思って泣いたことがあります。上司のパラハラもひどかったですけど、その点では泣いたことは無かったですね。ぶっ殺してやろうとかは思ったことは何度もありますけどね。

仕事で泣くってことはまあ、あるとは思いますけど、たとえば一年に1回くらいとかなら許容範囲だと思います。

これが、仕事が嫌で毎日泣いてるとか、けっこう週に何回もトイレで泣いてるとかだったらかなりの問題ですからね。毎日泣いてるとかってそれは、労働環境が最悪ってことですからね。

そのあたり気づいてほしいですね。それでもってよくあるパターンが

「毎日泣いていてもひたすら我慢する」

「我慢していれば状況は改善していくだろう」

「泣いてても我慢すれがなんとかなる」

とか思って、毎日泣いてるとか、ひたすら耐えてる人とか多いです。

いやいや・・・ひたすら耐えいても仕事量は減りませんし、イジメる上司や先輩とかはいなくならないですよ。そりゃあ3年とか5年耐えればイジメ上司とかもいなくなるかもしれませんけど、3年とか耐えてたら高確率で精神に破綻をきたしますからね・・・・そうなってからでは遅いってのはあります。下手すると、重度のうつ病とかになって社会復帰できなくなる可能性もありますからね。

よく言われるのは

「泣くとストレスが発散されてスッキリする」

とか言われてますけど、それって感動して泣けたとか、面白すぎて涙が出たとかポジティブな感情の場合ですからね。あとは失恋したとかで泣けば吹っ切れていきますけど、それってし
失恋とかならもう失恋相手とかい会わないから吹っ切れるだけで、仕事で泣いてる原因の仕事があまりに激務とか、イジメ上司や先輩とかはいなくならないですからね。

そりゃあ一生いなくならないってことじゃないですけど、下手すると何年もそういった「仕事で泣ける状況」が続くわけです。それって平たく言うと

「生き地獄」

ってやつですからね。

個人的には仕事は生きていくためには必要ですけど、そこまでしてやるもんじゃないな・・・・と思います。仕事はほかにもありますし、泣くような状況ってかなり

「異常な職場」

ですよ。酷い職場もありあすけど、わたしのサラリーマン経験の後半はけっこうみんな楽しそうに仕事してる職場でしたからね。そりゃイジメとか全くないわけじゃあないですけど、

仕事で泣いてる人とか見たことありません。製造メーカーですけどね。金融に勤めていた時は、女性とかも普通に泣いてましたし、大の男が泣いてるのも見たことあります。

まあ、何が言いたいかと言うと、職場が変われば状況も大きく変わっていくということです。

仕事が泣くほど嫌とかヤフー知恵袋とかで相談しても、まあ無意味ですからね 「がんばって」か「転職したほうがイイ」っていう回答にきまってますからね

仕事が泣くほど嫌とかってよく、ヤフー知恵袋とかに相談?してる人いますけど、そんなことやってる暇あったらその労働環境から「自分で」脱出することを考えたほうがいいと思いますよ。

仕事が泣くほど嫌っていうか、実際泣いてるくらいなら、まあたしかに相談とかすると思いますけど、これって仮に家族とか親とか親しい友人に相談したところで、その親とか友人がその、泣けてくる仕事の状況をなと化してくれるわけじゃありませんからね。

よく、過労自殺とかあるじゃないですか。そんなの、家族とかそいうのが

「この人の疲れ方ヤバいからなんとかしなきゃ」

って動いてくれなかったってことですよね。というか心配はするけど実際に具体的に具体的に行動して助けてくれる人は本当に極小数です。

私も、うつ病とかになりましたけど、結局口では「大丈夫?」とか言ってくれますけど、実際に

「本当に仕事がきつくて もうダメだ。休ませてくれ・・・」

とか言ってもまあ、その答えは「一日休んだから大丈夫ですよね?」

とかで、相談溶かしてもまあ無駄です。別に悪気はないとは思いますけど、他人をボランティアで助けてくれる人なんて、ブッダやキリストじゃないんですからそんな人今までの人生で見たことがありません。まあ世の中にはそういう人もいるでしょうけど、めぐりあいが悪いと、一生そんな人に会わずに死んでいくってのも、よくあることです。

そう、結局そういいった、

「毎日泣いてるような嫌な仕事」

とかって、自分でどの状況を脱出するしかないんですよね。それか、毎日泣きながら耐え続けるかの二択です。わたしならソッコーでそこから離脱しますけどね。

そんな簡単にその状況から脱出できないってのもわかります。家族とかがいて転職のリスクが怖いとか、ほかに行くところってないんじゃないの?って風にも思いますからね。

それも間違いではないですけど、ぶっちゃけ仕事でガチでけっこう頻繁に泣くような状況よりはマシなんですよね・・・・仕事で泣くっていうか、大人が泣くって相当な状況なんですよね。だから、そんな労働環境ってのは冷静に考えてみれがブラックな労働環境です。ブラック企業ってことですね。

自分の職場が「異常」だってことがわかるのは、転職した後に割と普通の会社にはいったりするとものすごく実感します。そう、自分の今いる環境ってのは、やばいくらいに悪い意味で「異常だ」ってことがわかりにくいんですよね。特に新卒で入った会社だと比較対象もないので、ほんとにわかりにくいです。でもまあ、仕事で泣くって状況がずっと続くようなら薄々気付いてほしいところですけどね。

個人的には大人が泣くって相当ですからね ぶっちゃけ、仕事で泣くのが続くとネガティブ系のうつ病になります ストレスは蓄積されるので人間無理はそうそう効きません

個人的には、大人が「泣く」ってのは、相当ヤバい状況ですからね。

普通に大人が泣きます?まあ映画とかで感動したら泣くかもしれませんけど、仕事でキッツくて泣くって相当ですからね。そういった職場でのストレスは

ハンパないので、ストレスがガンガン溜まっていきます。これって、その職場にいる限りストレスは溜まっていくので、そのまま半年~2年くらいやってくと、けっこう高い確率で

うつ病になったりします。いわゆる、精神的なストレスがきつくてそれがたまって、そのうち限界が来ると、普通に

「疲れてるのに夜眠れない」

「仕事に行くとき、吐き気やずつがする」

「本当に、いきなり涙が出てくる」

「感情のコントロールが効かなくなる」

「高いところに行くと飛び降りたくなる」

「もういやだ、死にたいと思うようになる」

とまあ、こういった症状が出て来たら、かなり、うつ病も重症になってきています。こうなってきたら、もうすぐにでも心療内科に行って診断書もらって休職したほうがいいです。

とりあえず会社とか休んだほうがイイですからね。

そもそも、会社で仕事で泣くってのは、そうとう追い詰められた時ですからね。それが連続で続くとなると、普通じゃありえないくらいのストレスが溜まっています。これって経験した人じゃないとそのキツさってのがわからないんですよね。

仕事でけっこう頻繁に泣くようなら、その職場ってガチでやばいですからね。そこに我慢しているってこと時代がナンセンスですけど、仕事ってそこまでしてやるもんじゃないですからね。

そこまで泣くような職場だったら、普通にホワイト工場とかで現場作業やってたほうが145倍マシです。無理に人間関係が複雑だったり、なんか毎日サービス残業やらされて意味不明な

くらい激務な職場とかだったら、ぶっちゃけ餓死したほうがマシだと私は思ってますからね。

仕事って選べないとか言われますけど、それって待遇のいい仕事ってのは少ないですけど、ブラック企業じゃなくて、普通くらいの待遇の会社とかだったら割と普通に入れますからね。

そのあたりを勘違いしてると、ずっと仕事で泣きっぱなしみたいな人生になってしまうわけなんですよね。

関連記事:心療内科で診断書をもらって休職する方法

心療内科の診断書を利用して休職する方法 実際にうつ病で休職して傷病手当金をもらいつつ転職活動するのがベター
仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

仕事で泣きたいほどキッツい状況なら、仕事が激務か人間関係が悪いかの二択ですからね それを避ける方法を行動していかないと一生そのままです ぶっちゃけ誰もあなたを助けてくれる

人なんていませんよ 世の中そんなもんです

仕事で泣きたい、というか泣いているみたいな状況なら、

「仕事が激務で泣きたい」

「人間関係が悪くて泣きたい」

っていうのが主な原因です。これ以外にはないですからね。これが両方原因だってことはよくありますけどね。

そういう状況でそのまま働くってのは選択肢としてはあまりおススメできませんね。20代とかだったら迷わずそんな職場からは即離脱ですし、よく

「仕事はとにかく我慢しろ」

とか言いますけど、泣くくらいのレベルの重圧があるのに我慢するのってのは、あまりに危険回避能力が無いってことです。危険管理、危機管理というか自分にとってかなりの危険がある状況ってのが認識できないってことなんですよね。

危険な状況でガマンするのって結構きついものがります。だって、けっこう頻繁に泣くような仕事ですからね。それって極度のストレスが毎日溜まってるに決まってます。

その状況でガマンとかメチャクチャ、ナンセンスな選択ですからね。

ちょっと冷静に考えてみればわかりますけど、今、泣いてる状況とかでそのまま泣きながら我慢すれば状況は良くなるかというと答えはNOです。泣いていて助けてくれるのは子供のころの親だけですからね。大人になると誰も助けてくれません。特に会社なんて利害関係のある場所ですから、ぶっちゃけていうと他人のことなんてどうでもいいんですよ。

転職活動で一人で求人を探すのはけっこうきついものがありますし、めんどくさいですし効率が悪いです 一人でやると視野も狭くなってブラック企業に捕まる可能性もあるので転職ツールは使ったほうがベターです

転職活動って一人で求人を探したりするのって、やってみるとわかるんですけどかなり面倒です。効率も悪いですしね。自分に合った求人を探してもらったほうが

いいですしね。また一人で転職活動やってると、アドバイスとかも受けれないので視野が狭くなってブラック企業とかにひっかかる可能性も高くなってきます。結局、転職ツールは使ったほうがベターなんですね。

転職エージェントでは基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいイメージもありますし、初めての場合って何からやっていいかわからないってのもありますしね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を書いて面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですよね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)