サービス残業は違法 会社見切りつけるか労働基準監督署に訴えるべき

座って悩む男

今日の素朴な疑問なんですけどね。万引きすると少しのものでも捕まりますよね普通。あたりまえです。万引きはいけないことです。人のものを盗んではいけません。それが1000円のものであってもね。

でも、これって会社でサービス残業をさせてるのって、時間の万引きなんじゃないですかね?

残業って通常時間より50%増の賃金だから、正社員ならどんなに安くても時給2000円は超えます。

これを二時間くらい楽勝で毎日サービス残業させている会社ってけっこうありますよね。

金融業界とかこれが普通ですけど、私が実体験したのはこの業界だけなので、他はわかりませんが、死人が出た電通なんか残業代をまともに払っているとはとても思えません。憶測です。あくまでもね。角が立ってもなんですし。

ただ、実際サービス残業をさせてるところってほんと多いです。社員が納得してやってるならいいんですけどね。

実際納得しているドMな社員なんてどんだけ社畜なんだとくことですけど。一切そういう人は100人に1人くらいでしょう。みんな、わかっていてやっているけです。

これって、万引きとかでは捕まるのに、労働法は罰則がないので捕まらないんですよね。

法律が違えばいくら人から時間を盗んでも罰せられないんですよ。これやりますよね。罰が無いんですからね。

 

労働基準法第37条

1.使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

2.前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。

3.使用者が、午後十時から午前五時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の二割五分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

4.第1項及び前項の割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない。

こうやって法律に定めれていても「会社」って組織がサービス残業やらせるわけですから、ちょっと考えるとメチャクチャ怖いことですよ。

逆に普通に残業代がしっかりと出る会社も多いです。というかそういった残業代が出る会社が「普通」というか「当たり前」なんですね。

人を殴れば捕まりますけど、サービス残業をやらせても捕まらないですからそりゃあいくらでもやりますよね。

しかし、そういう会社はどのみち傾いていきます。なぜなら、平気でサービス残業をやらせてそれが前提ん経営をやっていたら、仕事ができる人はその会社を去っていきますし、人材も不足してどのみち会社の経営は傾いていきます。

 

関連記事:サービス残業を強要する会社は転職したほうがイイ 当たり前ですけどね

サービス残業・時間外勤務を強要する会社の不満への対応方法と転職したほうがイイよと言う理由
サービス残業での時間外金んむを、当たり前、仕方ないとかおもってる時点で社畜度98%です。そいう会社でサービス残業を改善する方法もありますけど、そんな労力を使うよりもそんなブラック企業からはさっさと転職したほうが人生の時間の効率がイイです。改善したところでその会社はだんだんと経営が破たんしてきますよ。なぜなら効率の悪い仕事をやっているからなんですね。。

政府も対応しないんでしょうね 経済自体がブラック企業とサービス残業があるのが前提で動いていますからね

まあ、サービス残業が亡くなったら、日本経済なんて成り立たなくなるんでしょうし。それが政府も分かっているから規制をするようなことをいって、実際は黙認してるわけですし。

たぶんあと50年たってもなくならないと思います。このサービス残業をいう名の搾取はですね。

日本くらいなんじゃないですか?奴隷でもないのにサービスで働く時間があるっていうのは。

最初に新卒で入った金融はサービス残業は当たり前でした。友人もほかの地銀に入りましたけど

サービス残業どころか土日もお客さんのところに行ってましたしね。もちろん手当なんて出ません。

実質、休みが無いようなものですよね。そうなると。私は転職しましたけど、その友人はまだ地銀に勤めています。

数年前に合った時は、まだアラフォーなのに白髪が猛烈に増えていました。顔も同年代とは思えないくらいに老けて疲れていましたね。出世コースから外れているので、もう兵隊として毎日使われています。

「ああ、これは・・・」とその友人をみて本当に切なくなりました。

「ここまでして働かなければいけないって、どうしてなんだろう?」となんだか哲学的に考えていまいましたよ。

これだけネットが発達して、仕事の効率も上がっているのに仕事がどんどん増えていくっていうのはちょっとナンセンスですね。

便利な世の中になっても、仕事の内容がどんどん重くなるってどうなってるの?と疑問に思わないのは変ですよね。

そう、「必要のない過剰なサービス」が増えすぎていますね。

便利になるとそれだけ過剰なサービスが出てきます。どうしても人間の手じゃないとまだでいない部分はありますしね。

アマゾンなんか200円やそこらのものも届けてくれるので、ありがたいですけどこれ仕事とはいて持ってくる宅配便の運ちゃんは切ないでしょうね。

サービス残業をさせる会社はその時点で見切りをつけたほうが良いですよ 違法行為をしているということにいい加減気づいてください

サービス残業をさせる会社は見切りをつけたほうが良いです。なるべく早めに。

そうしないと人生の時間をたくさん食われてしまいます。一日2時間サービス残業をすれば

一年の出勤日数が240日くらいだとしても、480時間になります。

年間20日もタダ働きの計算になりますね。これどうですか?40年勤めたら800日もタダ働きですよ。

800日ていったら2年以上タダ働きの計算になります。さすがに具体的に計算するときついですね。

でも実際のブラック企業はサービス残業なんて、一日2時間じゃ収まりませんよね。もっと多いはずです。

もしあなたが思考停止して、毎日サービス残業をしているならかなりやばい状態です。

どれだけ搾取されれば気が済むんですかということですよ。自分の意見を言わないにもほどがあります。

というか、働く場所って変えることができるんですよね。学校とか親に転職はしないほうが良いとか

3年は絶対に耐えろとか意味不明なことを言われせんのうされています。

私が一度衝撃的だったのは、うつ病で会社を辞めようとした時です。

私の親はうつ病の私に対して「バイトでもなんでもすぐに働け」と言い放ちました。

このときから親とは距離を置いています。これは親が悪いというより完全に「組織にいない人間は悪」みたいに洗脳されているわけですね。

うつ病のあとにうまく転職できて今は気持ちよく働いています。でも確かにうつ病にならなければ転職しなかったかもしれません。

それだけ洗脳が強いんですよね。サービス残業をとことんやらされて体を壊さなければ洗脳が解けなかったわけですからね。

ただ、転職して違う環境があるということを考えれないほど思考停止していたのは確かです。

意外とあるんですよ。働きやすい職場って。ブラック企業があればホワイトに近い企業もあります。それは探せば普通にあります。そこが盲点なんですよね。

ブラック企業がネットで取り上げられるので、そういう会社ばっかりというイメージが先行してしまいます。

でも、さすがに世の中そんな会社ばっかりだったらみんな死んでしまいますよ笑。

だから、普通に転職エージェントなどで転職先をしっかり吟味すればいい会社は見つかります。

サービス残業を毎日やらせる会社よりだったら、そこは底辺にいると思えばそれより「マシ」な会社はいくらでもあります。

表現がちょっとイヤですが、底辺の会社にいるのはいくら能力があっても永遠に奴隷のままですよね。

逆に仕事がたいしてできなくてもたまたまユルい会社に入れば人生ハッピーをいうことも多いです。

仕事が緩い会社に入った友人は人生楽しそうです。それだけプライベートに余裕が出ますしね。

新卒で入る会社ってほほんとバクチ感覚ですからね。当たり外れが大きすぎます。

でも今では、昔と違って第二新卒とかで新卒で会社選びに失敗しても再就職がそれほど難しくなくなっています。

そこを利用してサービス残業を強制する会社はホントに抜け出すこをと検討しましょう。

ただ、転職をいっても自分ひとりで求人を集めたりするのはなかなかしんどいです。

その場合は「転職エージェント」を利用しましょう。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

サービス残業やって

「俺って今月残業250時間やったぜ」

「睡眠時間3時間で仕事してるよ」

とか言ってうれしそうにしてる人いますよね。社畜ですけど、本当にもうこういう人は近づかないでほしいですからね。

しかもこういった人が上司になったりすると、サービス残業を当然のように強要しますし、自分の価値観を押し付けて、仕事は残業を無償でやって体が壊れるまでやるもんだ。そういう人間のほうが偉いんだ・・・・みたいなスタンスを押し付けてきます。

関連記事:社畜洗脳はしっかりと解いたほうがイイですよ今後の人生のために

会社辞めたら負けとか終わりとか考え時点で社畜洗脳されている事実
会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。

個人的にはサービス残業って絶対に無くなることは無いですからね。サービス残業ありきで成り立っている日本経済だからです。だから本気で取り締まるつもりはないですからね。本気で取り締まったら経済もさらに悪化するのが分かっているからです。

だからサービス残業は無くならないので、自分で行動してちゃんとした労働時間を守る会社を選ぶ行動が必要です。

もっと自分のことを大事に感が和えたほうがイイですよ。自分の権利と、イイ人ぶるのはどちらがイイかと言えば自分の権利は主張しないと一生搾取される側で生きていくことになりますからね。