【無料プレゼント企画】ブラック地銀からホワイト製造業に転職した方法・レポート配布

32歳でブラックな地銀からホワイトな製造業に転職したマサが実際の体験を踏まえたホワイト企業を選ぶ「本質」の方法を無料レポートでご紹介しています。

無料レポートダウンロードはコチラ

ブラックな職業別脱出・転職

ブラックな職業別脱出・転職

旅行会社(代理店)の仕事がきついから辞めたくなる理由【別業界情報あり】

旅行会社の仕事ってなんでこんなにきついの?辞めたい・・・と思ってませんか?本記事では旅行会社の仕事がきつい理由・仕事がきつくない業界の選び方をご紹介しています。旅行会社の仕事ってきつくていやだ・・どうしてきついのか?と思ってる人はぜひごらんください。
ブラックな職業別脱出・転職

人材派遣の営業が辛いから辞めたい ノルマがキツクてクレーム対応ばかりの現状 

人材派遣の営業の仕事内容は派遣社員を企業に送り込むことです。ノルマも厳しく派遣先の会社からのクレーム、自分の扱う派遣社員からのクレームと二重のクレームでストレスがマックスになります。休みの日もトラブル対応をすることも多く全く気が休まるときがありません。長時間労働で結局体を壊して辞めてしまうケースが多いです。一度自分の置かれている労働環境について冷静に見てみることが必要です。
ブラックな職業別脱出・転職

ホテルマンの仕事を辞めたい 離職率の高いフロント・ベルボーイの激務の現実と労働環境を変えていく必要性

ホテルマンの仕事はガチできついですよね。フロント、ベルボーイ、ドアマンなどの仕事がありますが、どの係でも長時間労働でサービス残業、離職率が高く給料が安い業界です。上司や先輩からのパワハラ、セクハラ当たり前の体育会系の業界で、社内の飲み会強制でお客さんの理不尽なことにも笑顔で対応するストレスフルな仕事。もう限界で辞めたいなら労働環境を変える必要があります。
ブラックな職業別脱出・転職

家電量販店の仕事がきついしつらいので辞めたい時の対応 ブラックな仕事内容と仕事を変えるときのポイント

家電量販店の仕事はイメージ通りのブラックです。給料は安く長時間労働でサービス残業。ノルマも高くていつもインカム越しに説教されます。そんな仕事に限界を感じているなら、労働環境を早めに帰るのがベターです。体調を崩してうつ病になる前に自分の環境を良くしていく行動をとっていきましょう。
ブラックな職業別脱出・転職

編集者の仕事がつらいから辞めたい 低賃金と長時間労働の業界の闇と呪縛から逃れる方法

最近では「編プロ」と言われている編集者の仕事はきついです。給料が安くて年収300蔓延以下で終電までの長時間労働。占めk利を守らない作家のお守り。時代遅れになる雑誌媒体。こういった呪縛から逃げるためには自分の労働環境を変えていく必要があります。
ブラックな職業別脱出・転職

バーテンダーの仕事がきついから辞めたい転職したい 職人的な人間関係と低賃金の仕事

バーテンダーの仕事は職業柄、夜の人間関係が複雑にからみあった仕事です。職人的な板前的な指導方法で体育会系の縦社会でもあります。また雇われ店長をやらされると激務薄給でクタクタになるまでこき使われて、肉体的にも精神的にも病んでしまうということが多いです。バーテンダーの仕事に限界を感じたら労働環境を変えていく必要があります。
ブラックな職業別脱出・転職

パティシエを辞めたい時の行動方法 厳しい世界で離職率も高いパティシエ業界の闇

パティシエの仕事は激務で厳しい世界です。普通の飲食業と変わらない長時間労働と低賃金でうつ病になった退職するひとも後を絶ちません。離職率も7割と超えて生き残れるのが200人に1人と言われるハードな世界です。もしパティシエの仕事がもう限界で辞めたいと思っているなら労働環境を見直してみることが必要です。
ブラックな職業別脱出・転職

土木作業員の仕事がきついから辞めたい 有利な転職先と転職が不安という場合の対応方法

土木作業員の仕事は体力的にはしんどいですし、人間関係も体育会系なことが多くて辞めたくなるケースもあります。もう仕事的に限界にきていたら新しい職場を探すのも選択肢の一つです。ブラックな土木事務所に見切りをつけて待遇のいい職場にいったり、異業種で製造業のホワイト工場に転職したりとおススメの選択肢をご紹介しています。
ブラックな職業別脱出・転職

ツアーコンダクター以外の旅行系の仕事とツアコンがきつくて激務な理由

ツアーコンダクター(添乗員)の仕事きつくて激務だとおもってすか??ツアコンの仕事以外の仕事とツアコンがきつくて激務な理由を説明しています。ツアコンの仕事につくかどうかを迷ってる方はごらんください。
ブラックな職業別脱出・転職

新聞記者を辞めたい時の心情と仕事に限界がきたら労働環境を見直す方法

新聞という媒体はネットの普及でこれから無くなっていくものです。そういう業界でも仕事の量は人件費削減で逆に増えていきます。そういう時代に激務でプライベートの時間のない新聞記者の仕事を続けていくためには、並大抵の精神力では続けていくことができません。もし限界がきているなら自分の労働環境を一度見直す必要があると思います。
スポンサーリンク