28歳で仕事を辞めたら1年くらい休んで30歳までには再就職したほうがいい理由

休む子犬

28歳で仕事辞めたら、とりあえずダラダラ過ごしたいし自分の好きかってしたいですうよね。

私も31歳で一年会社辞めてニートしてましたけど、マンガ喫茶に通ったり、おカネのかからない国内旅行行ったりしてましたからね。あとは本を読んだり筋トレしたりしてました。

そう、やっぱり人間って「充電期間」って必要なんですよね。ずっと走りっぱなしだと、たいてい過労で倒れたりうつ病になったりしますからそうなるよりはじっくりと休んだほうが200倍マシですからね。

ぶっちゃけ休んだほうがイイですよ。休んでいるうちに気づくことも多いですしね。休むことで社畜洗脳からも脱出できる可能性が高いです。

そう、安い賃金でこき使わて働くこともないんですよね。みんなしかたなくそういう状況を受け入れているってことに気づけば社畜洗脳から脱出していくこともできますからね。

「働くことはイイことだ」

「我慢して働くことはかっこいい」

「仕事で頑張って過労で死ぬのはかっこいい」

みたいな社畜洗脳から脱出できることができれば、会社辞めて1年くらい休むのってかなり大きな意味があります。

ただ、やっぱり働かないと生活できないわけなのでまた再就職をするわけですけど、できればユルい仕事とかで再就職したいですからね。そのあたりもじっくりと転職活動してなるべく次の仕事は長期で働ける仕事を選んでいくことがとても大事になってきます。

関連記事:社畜洗脳が解けると人生充実しますよ

仕事辞めてゆっくりしたいですよね。できればニートになりたいです。1~2年くらいだったらニートやるのもいいもんですよ。ニートやると社畜精神の洗脳が解けて視野が広がって、仕事に対する価値観が変化してきます。クールにブラック企業を見極めてホワイト企業に入る思考も身に付きますしね。人生ブルパワーでずっと生きてるのも疲れますしね。

とにかくあなたは働きすぎなんですよ 1年くらい休むつもりでダラダラするのもイイですし どうせそれに飽きれば働きたくなります ほとんどの人が日本人て働くのが自然になってますからね

とにかくあなたは今まで働きすぎなんですよね。28歳で会社辞めるってのはたいてい「仕事がキッツいから辞める」ってことがほとんどです。

よく巷にあるような「キャリアアップのため」とかで会社を辞める人なんて現実はほとんどいません。そういうの表向きだけでスカラらね。現実は97%の人は

「会社の仕事がキツイ、激務で長時間労働だから、パラハラ上司が嫌だから」

とかいう理由で辞める人がほとんどです。だって、会社って我慢できるレベルだったら辞めないですからね。転職とかめんどくさいですし、それに自分のやりたい仕事をやってる

自分で納得してる仕事やってる人なんてほんの一握りです。生活のためにお金のために働いていいるのがほとんどってのが現実ですよ。私だって金さえあれば普通に働きたくないですからね。

日本員で働き過ぎなんですよ。もっと人生をゆっくりした視点で見る必要があるんですよね。ヨーロッパとかでは5時間労働が普通の国とかもありますし、仕事中のランチでワイン飲んだりしてますからね(;´Д`)

それでも、GDPとか普通に高いですし、これって日本が「効率の悪い仕事」をしているから万ですね。

たとえばサービス業とかでは完全にサービス過剰になってますしね。人海戦術で労働力を長時間にして利益を上げているっていうビジネスモデルばっかりですからね。

それでもって、介護業界とか保育士の業界とかもっと賃金を上げて人員を増やしたほうがイイ業界とか低賃金のままで放置ですあから、このままいくとけっこう日本て悲惨なことになりまるからね。

話が逸れましたけど、結局、日本人て「働き者」なんですよ。そういった「働くことは素晴らしい」っていった価値観を洗脳されてるので、1年とかやすめばたいてい労働意欲ってのは出てくるようになってきます。

32歳の頃、仕事のストレスで心身共に絶不調になり、思い切って会社を辞めました。

時間ができたらやろうと思っていたこと(とにかく寝る、旅行、スポーツ、料理、映画鑑賞などなど…)を片っ端から全部やり、とにかく好きなペースで暮らしていたら、半年くらい経ったある日、突如勤労意欲がムクムクと湧いてきました。「あー、充電完了したんだな」って分かりました。

辞めた当初は「この疲労感が消えるのには何年かかることか…」と思っていたので思ったより随分早かったです。

再就職はそれなりに時間がかかりましたが、今はまた正社員で働いています。
多少ストレスがあっても思う存分休んだおかげか、辞めたいとか休みたいとか思わなくなりました。

辞めなくても休職って手段も使えるかもしれませんから、調べてみてはいかがですか?

参照 読売オンラインより抜粋

こういう風に、休んでいてもけっこう早い段階で働きたくなってくるもんなんですよね。だから休んでみても大丈夫ですよ。たまーに働くのが大嫌いでそのまま一生ニートになってしまう人もいますけど、そういう人は例外ですからね。

とりあえず「食っていければいいや」くらいの楽天的な考えの方がいいですうよ。あんまり思い詰めて生きていても楽しくないですし、人生のうちで1年くらい休んでみるのってけっこう大事なんですよね。ホント会社辞めて休んでると視野が広がってきますしね。今までの価値観とかが変わってくることも多いですし、人生長いですから休養もやっぱり必要なんですうよね。

できれば30歳までには再就職したほうがイイです 30代でも転職はできるんですけど20代に比べるとけっこうきつくなりますからね 年齢のメリットは生かしたほうがイイですよ

ただ、休むと言っても28歳で会社辞めて1年くらい休むとしても、自分で開業して個人事業主とかになるのではなく、いわゆる勤め人・・・・サラリーマンとしてやっていくなら

30歳になるまでに再就職したほうがいいです。これってたぶん言われないでもわかってるともいますけど、30歳とか35歳とかの節目の年齢で応募できる正社員の求人がガクッと減るのは現実なんですすね。

30代でも転職はできますけど、確実に転職できる会社の選択の幅は狭くなってくるので、やっぱり20代という年齢のうちの再就職はしたほうが無難です。

28歳29歳くらいって再就職するというか、転職するには一番いい時期なんですよね。

正社員としての職歴も何年かあって社会人経験もあって、それでいて20代という転職での年齢の利益を受けることができるいわゆる「転職ゴールデンタイム」ってことです。

このあたりの年齢で、できれば長期で定年まで勤めることができる会社に入ることがきれば一番いいんですけどね。そのためには、1年くらいじっくり休みつつ転職活動もぼちぼちとやっていくのがいいわけです。

そこまで焦る必要はありませんけど、会社選びって時間をかけたほうがいいわけですからね。そこをじっくりやってる人とやってない人ではかなり今後の人生に差がついてきます。

関連記事:30代でバイトのままだと人生が詰みます

26歳でフリーターのままで30歳まで行ってしまうと人生が詰みます。その現実の様子と正社員になる方法をご紹介しています。26歳なら普通に就活して求人を見つけてブラック企業を避けて履歴書をつくり面接対策をすれば十分正社員になれるので、あまり不安になる必要が無いですよ。

出来れば今度はやめることのない定時で帰れるようなユルい仕事のほうがイイですからね そうじゃないとなかなか仕事って長期でやるのはむつかしいですよ

出来れば次に再就職するところは、長期で務めれることができる会社がいいですからね。

そういう会社の条件て一つだけなんですよ。

「仕事が激務じゃない」

ってことだけです。平たく言うと仕事が割と「ユルい」会社です。

そもそも、激務の会社なんて10年20年とか勤めているとどのみち過労死したり、うつ病になったりして社会復帰できなくなるリスクがメチャクチャ高いですし、そもそもそういう激務って寿命を縮めますしね。激務の仕事でストレスが溜まって暴飲暴食とか酒とたばこやりまくって40代後半以降になると、心筋梗塞や脳梗塞で倒れる・・・・みたいな

パターンも多いです。実際そういう人を何人も見てきましたからね。そうやって倒れたりすると後遺症とか残って仕事どころじゃアなくなりますよ?そもそも一気に寿命が縮まりますしね。

仕事って人生を豊かにするためにやってると思うんですうよね。それが激務の結果で寿命を縮めたりへたすると過労死するとかってまったく本末転倒です。

というか、ほんとマジで日本の会社って低賃金で激務の会社が多すぎます。いや・・・そこまで働かせなくてもイイだろうって思いますよね。

よく、飲食店とか行くとほんときつそうに働いてますしね。あれでバイトの人とか時給850円とかで働いているわけですよね。

そりゃあ企業は儲かりますよ。それだけ低賃金であれだけ働かせてるんですからね。ほんとに人海戦術と労働力を増やして利益を上げるっていうビジネスモデルが大好きなのが日本の会社です。

もっと効率よくやればいいとも運ですけどね。

実際、そういった効率の良い仕事をやってる会社は毛工仕事はユルイです。

仕事がユルイっていうか、激務じゃないのは製造メーカーとかですね。製造メーカとかはいわゆる「BtoB」企業で、取引先が企業間です。仕事して選ぶなら絶対に「BtoB」の仕事ですうよ。それだけで個人を相手にする飲食業とか販売業とかに比べれば全く持って仕事が楽というかストレスが激減しますからね。

製造メーカーなどは、鉄板で仕事がユルイ業界ですからね。楽な仕事は以下の記事を参照にしてください。

関連記事:製造メーカーの仕事は美味しいですよ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

関連記事:仕事を選ぶなら「BtoB」の仕事一択です

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

関連記事:楽な仕事を選んだほうが人世豊かになるのは当たり前です

人生で楽な仕事を選ぶってことは本当に大事なことです。激務な仕事で40年とか働けないでしょ?過労死するかうつ病になってしまますからね。30代で楽な仕事に転職は十分できますけど、そういった仕事を選ぶときの考え方と実際どういう仕事が楽なのかを見ていきましょう。

仕事なんて、楽なほうがイイにきまってます。仕事が好きで激務でやってて完全に社畜精神で乗り越えていたとしても、それって結局ストレスをため込んで寿命を縮めてりいるだけなんですね。

激務な仕事は長続きしません。30代から60代まで働くとするとメチャクチャ長い期間を働くことになります。そう、今後の人生のほうが全然まだ長いわけなんですよね。

だから、仕事選びはきれいごと言ってないで、仕事がユルイ会社を狙って行くのがいいですよ本当にね。

転職活動するならブラック企業を避けるってのは大前提ですからね 焦らず転職活動をやっていきましょう

しっかり休んでいるうちにボチボチ転職活動をするとしても、転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいイメージがありますし、初めての場合は何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがいいですよ。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認もできますし、これからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!