既卒で人生終わり詰んだ そう思う前にできる就活方法

暑いなあ

既卒になって正社員の内定をもらっていないっていうのは人生詰んだとかいう情報がよく流れていますよね。

まあよくそこまで人生を短絡的に考えることができるなあと思います。別に餓死するわけじゃあないですし、人生が詰むっていうのは、食うものが無くて餓死しそうなことをだと思いますけどね。

ただ、そういう内定がもらえなくても自殺してしまう人もいるくらいだから、あなたも「人生詰んだ」とかおもっているのでしょう。

余談ですけど、そういう風に「サラリーマンになれないと人生オワタ」みたいなのって洗脳されてますよ。ブラック企業でもなんでもいいから正社員になろう、とかいう思考になりがちです。そうやってブラック企業に入っていく人がほとんどですからね、いやブラック企業は美味しい奴隷を雇えるわけです。

そうならないためにも、就活で内定をもらえなくて既卒になったら淡々とできることをやっていくのがキモです。

ポイント抑えればそんなに若い世代の既卒の就活はむつかしくないです。変な大企業しか行きたくないとかいうわけのわからない

プライドとかがあるのがちょっとヤバいですけどね。

私なんか、大企業でブラック企業より、中小企業で労働環境がよくて休みが多くて定時で帰れる仕事のほうが10000000倍イイと思いますけどね。大企業とか行きたい人は勝手に「人生詰んだまま」でいてください。

人生詰んだというのは世間の情報祖操作されたブラック企業が美味しい思い尾をするためのウソですから安心してください。今からやっていくことをご紹介しますね。

基本既卒になると名前のしれた大企業に入るのはむつかしい でも普通に一部上場企業とか入れますよ

既卒になると、いわゆる「大企業」にはいるのはまず無理です。大企業は新卒での採用と中途採用では「キャリア組」の採用しかしていません。

そう大企業に入るには、新卒で入り込むか、相当な仕事でのキャリアと実績を積んだキャリア人間しか入れません。

既卒になってしまうと、大企業は選択肢から外れます。ここで「大企業しか嫌だ」とかいう人は一生フリーターでいてください(^O^)/

これはしょうがないんですよ。日本の大企業のシステムがキャリアの無い人は新卒採用しかやってないんですからね。

といっても大企業といっても、本当に名の知れた大企業っていう意味です。

私の入った製造業も一部上場企業でしたが、30歳超えていても未経験でも入れましたよ。

でも、その場合でも「正社員であった職歴」というのは必要でした。なので転職する場合にも職歴は大事になってきます。

そう、そう考えると既卒になって一番危険な行動っていうのは「既卒になってそのままフリーターで何年も過ごしてしまう」というガチで一番まずいです。

まずガチで一番危険なのがフリーターでバイトでズルズルと過ごしてしまうのが危険すぎる理由

そう、既卒になって凄いありがちな行動ってのが

「バイトとかやってフリーターでいいやもう 就活とかめんどくさいし」

といってフリーターとかになるともう終わりの始まりです。

こうなるととてつもない地獄の連鎖が始まります。そうフリーターでいる期間が長ければ長いほど、普通に就職できる可能性はどんどん減っていきます。

年を取ればとるほど、正社員への就職が厳しくなるのは当然ですけど、しかも職歴がフリーターのままだとぶっちゃけキャリア的にかなり最底辺のものになってしまいます。

バイトとかで仕事ができる人でも面接側はそういう風には見てくれません。「こいつずっとバイトだよ・・・何やってんだ?」という風に見られます。

そうなると負の連鎖が始まって、30歳を超えるともう正社員への就職が完全にシャットダウンして今うわけですね。

そう30代のフリーターってなるとたしかに「人生詰みます」そういう人をたくさん見ています。

仮に仕事ができる人でもバイトや派遣で過ごしていてお金もないし、自分の生活も苦しくてずっと実家にいるいるみたいなちょっと世間的には引いてしまう感じのパターンになってきます。

それだけ「ちょっとした行動の間違い」で悲惨なことになるので、とにかくフリーターでズルズルと過ごすのだけは辞めましょう。というかやめてくださいお願いします。だって本当の意味で人生が詰んでしまう可能誌があるんですからね。

既卒になったら最優先で「第二新卒」の枠を使った就活をしましょう バイトはあくまでもつなぎです 

とにかく既卒になったら、その時点で「第二新卒」の枠をつかった就活を始めましょう。

第二新卒は既卒で25~26歳くらいまでの人材のことをいいます。こういう人材を狙っている会社もたくさんあります。

そういう会社でもブラック企業もありますけど、たいていは、ネームバリューが無くて新卒採用だと人が集まらないけど、会社が成長過程になるので若い人材が欲しいという会社もかなりあります。成長中の中小企業が多いですね。

そう、会社を選ぶポイントはとにかく「成長中の会社」を選ぶのが大事です。どんなに大企業でも衰退期の会社は東芝はシャープみたいなことになってしまうので、入っても悲惨ですからね。

既卒で転職活動をして何とかホワイト工場に潜り込むことができました。ブラック企業に間違ってはいてしまってすぐに辞めてしまい、今度は失敗することができませんでした。第二新卒専用の転職エージェントを使ったおかげで無事成長臭の製造メーカーに内定が決まりました。

そして、第二新卒の求人を専門で扱っているのが「第二新卒専門の転職エージェント」」です。ここは転職のプロであるエージェントが第二新卒の求人を審査して集めています。そのためブラック企業はありません。

あなたとエージェントが面談をして、どういう会社に入りたいか希望を聞いてくれます。そのうえであなたに合った企業求人を紹介していくれます。

まず、既卒になってしまったら、やることは転職エージェントを使った就職活動です。間違ってもバイトでズルズルとフリーターになってしまわないようにしましょう。

バイトをするのは悪いことではないですが、あくまで優先するのは就職活動でバイトは生活するための手段にとどめておきましょう。

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!