転職で幸せをつかむ 今の労働環境にいても不幸で地獄なだけの理由

選択肢

転職で幸せをつかむってのはまあ大げさと言ってもイイでしょうけど、あながち間違いじゃあないです。なんか私の体験ばっかりで申し訳ないですけど、ぶっちゃけ私は転職してからのほうが幸せですからね。

もともと金融機関に勤めていたんですけど、20代の時期の一番若い、いい時期を「仕事だけやってた」みたいな感じでしたからね。

まあ、仕事が営業でノルマ地獄でパラハラ上司に当たってしまったってのもありますけど、仕事で長時間拘束されて、休みの日もお客さんのところに行ったりして、ノルマのことが頭を離れなかったりしてまあ、「仕事だけ」の日々だったんですね。そんな状態で趣味とか恋愛とかまあ器用な人はできるんでしょうけど、私はダメでしたね。貴重な20代の時期を棒に振ってしまった感じです。

そして31歳で製造メーカーに転職したんですけど、給料はほとんど変わらないのに、定時で帰れて、残業代もしっかりとついて(金融時代はサービス残業がほとんど)ノルマもないし上司も比較的「まとも」な人が多くてまあ、状況は一変しました。運もよかったのかもしれませんけどね。その製造メーカーが中途採用をしているときだったんですよね。

でも、求人チェックは3年間くらいずっとやってました。だからそういった会社の求人があればソッコーで応募してたってのもよかったのかもしれません。

転職してからは「幸せ」っていうか人生の幸福度は上がりましたね確実に。

給料がほとんど変わらないのに拘束時間は激減しましたし、残業代がしっかりつくのでむしろ残業の多い時は給料が上がりましたしね。余談ですけどサービス残業をやってる会社は給料はどうしても拘束時間でしっかりと時給換算するとかなり低くなりますからね。

ノルマも無いし、パラハラ上司もいなくなってストレスも激減しました。休日にしっかり休めるので、趣味も恋愛もできるようになって人生の充実度は一気に跳ね上がりましたからね。

私に例ですけど、転職して労働環境が「良く」なれが人生の幸福度はたしかに上がります。もちろんこれは現実なので言っておきますけど、労働環境が「良くなった」場合には幸福度は上がります。それはたぶん間違いないでしょうね。

まあ、転職するのに今よりキッツい労働環境に行きたい人なんて誰もいないわけですからね。でもまあ、転職しないことには今のブラック極まりない労働環境にずっといるよりは487倍マシだと思いますけどね。だって、どうせ今のままでは人生ので不幸なままなんでしょ?

関連記事:金融う業界はけっこうキッツい仕事ですよ

地方銀行に就職で後悔する前の行動方法【就職して後悔の体験談あり】
地方銀行に就職はやめとけ後悔するぞと言われてませんか?本記事では銀行に入って公開する前にする行動・地方銀行に就職して後悔した体験談をご紹介しています。銀行にはいるのをためらってる人・入って後悔してる人は必見です。

20歳前後から60歳以上まで働くってことは、人生で一番時間を費やすのが仕事なんで、その労働環境を良くするために行動するってのは人生の最優先事項なんですよねこの認識が甘いというかなぜかあまり考えない人がほとんどでビックリします

20歳前後から60歳以上になるまで働く・・・・いや長いですよね。っていうか金があれば働きませんけどね(´▽`*)

仕事って人生で一番時間をかけるイベント?なんですよね。たぶん悲しいけどそうなってしまうわけです。人生で「一番時間を拘束される」ものなんでよね。寝てる時間とか考えるとヘタすると家族とかと接する時間よりも長いのかもしれません。そう考えるとちょっとウンザリしますけどね。

まあ、そういう事を感がると当たり前なんですけど

「労働環境が良好なほうが人生の幸せを感じる」

事に近づくってことですね。平たく言うとブラック企業で激務でサービス残業、ノルマ最悪、パラハラ上司とかのオンパレードだったら人生が不幸になるに決まってます。

不幸って一概に言えませんけど確実に「幸福度」は下がりますよね。よほどの真正の社畜じゃない限り幸福度は増します。まあ完全社畜洗脳されて

「仕事やってる俺ってかっこいい、サービス残業毎日で今月300時間残業やったぜ、睡眠時間4時間死なないぜ、ドヤ」

みたいな人ならブラック企業でも幸せかもしれませんよね。まあ、そういった頭がおかしい人は抜きにして、普通の人間だったら、まあそりゃあ労働環境がいい方が幸せの度数があがります。激務が好きな人ってたぶんいないですからね。

それを考えると、

「自分の労働環境を良くしていく」

ってことは、けっこう人生での最優先事項なんですよね。労働環境が良いのがベースにあって、そこから始めて自分の人生の計画がモテるわけです。趣味、恋愛、結婚などなど・・・・

まあ、結婚しないにしてもどのみちブラック企業とかに勤めていたたら毎日楽しくないですし、っていうか労働環境が悪い仕事をしてる友人、知人で人生が楽しそう幸そうな人を見たことがありません。独身でもそうですけど、そういったブラックな労働環境で家庭持ってしまって、そこから転職もできないてなんか毎日死にそうになって生きてる人はけっこう見ます(;´Д`)

そうなってくるとまあ、何というか本中華というか丸で死人のような表情で生きてる人って多いですよね。これ・・・・人生の幸福度ってかなり低いんじゃないですかね?

あんまり、かっこつけて

「人生こんなもんだよ」

とかいって行動停止、思考停止してるのってちょっとどうかと思いますけどね・・・・

いや、思うんですけど、ブラックな労働環境でずっと働いていくよりも、普通に転職活動してそこよりはマシな会社とかに入るほうが楽なような気がしますけ違いますかね?

よくまあ、ずっとブラックな労働環境で働いていける思いますよ。それが40年とか続くんですよね。そりゃあ寿命も縮みますし、よく人生100年時代とか言われてますけど、現実そんなに長生きできないと思いますよ。そこまでストレス溜めて仕事やってれば寿命も縮みますからね。命削ってまで仕事とかやりたくないですからね。

だって単純に楽な仕事だったら定時で帰れて給料もそこそこよくてストレスも少なく、プライベートの時間も確保できて趣味、恋愛にも時間をたっぷりかけることができる・・・ってことですね 仕事がブラック企業だったらこれ全部無理でしょ?

単純に楽な仕事だったらやっぱり幸福度上がりますからね。人間て

「ある程度のお金と健康」

があれば幸福を感じる生き物みたいです。。

ブラックな労働環境だと、けっこう賃金も安くてしかも激務のストレスから暴飲暴食、酒タバコ、運動不足とかで不健康になるに決まってますしね。まあただでさえ不幸になっていくのに、そのうえ金も健康もひどいとかになったら目も当てられないですからね。

でも、そこで甘んじて仕事やってる人とかけっこう多いんですよね。まあ、すでに家庭があって40代とかだったら、転職とか躊躇するかもしれないですけど、けっこう20~30代くらいの独身とかでもなんかブラックなひどい労働環境でずっと働いています。それで帰りの電車でスマホゲームやってるですよね・・・・

いや、まずは労働環境を変えていくってのが、その時点での最優先行動ですからね。だってそのまま仕事やっていても毎日ストレスがたまって、給料安くて、不健康になってって、「なんだこの人生?」とか思いませんかね?

私は少なくともそうでしたからね。本当にガチで人生楽しくなくて、死んだほうがマシかもな・・・とか思っていましたからね。20代ですでに死んだほうがマシとか

思ってしまうってホントにブラックな労働環境ってのはそれだけ人の人生を不幸のどん底に落とし入れますからね。

特に若いうちはそういう酷い労働環境に入ったら、即座に脱出することを考えましょう。そうしないと、けっこう悲惨なことになりますからね。そこでずっと仕事をやっていくというか

まずは

「定年まで仕事をやっていけそうかどうかイメージがわかない」

ってのなら、その会社辞めたほうがいいですよ。中途半端な40代とかで本当に嫌になったり激務で体を壊したら転職すら難しくなりますからね。そうなってからでは人生の方向修正が厳しい状況になりますからね。

人生における仕事選びに影響力の高さを本当に重要視してほしいですね 幸せをつかむというか仕事選びができてないと幸せどころか地獄絵図になるわけです

まあ転職して幸せをつかむってのは、けっこう大事なことだってことはガチなことですからね。

逆にいううと、労働環境がイイってことは、

「時間」

「ストレス軽減」

「賃金の上昇(サービス残業が無いと自動的に時間給が上がる)」

「健康になる」

「余裕が出る」

「余裕が出るからプライベートも充実する」

「プライベートの人間関係も良くなる」

まあ、イイことだらけです。そう、何度も言いますけど、労働環境を良くするために動くってのは人生の最優先の行動ってことの一つになります。

あれですよ。婚活とかやるのにも、デブだったら、デブのまま婚活やっても金と時間が無駄になるだけですけど、数か月かけて体を絞って清潔感を出してからのほうが

金も時間もかけないでうまくいくと一緒ですね。ちょっとたとえがわかりにくいかもしれませんけどね笑。

そう、まずは自分の労働環境がイイってことが、人生の幸福度を上げる最短ルートなんですね。それって気づいている人もいますけど、なんかアンタッチャブル的な感じで

やらない人が多いです。っていうか、なんか

「我慢するのはかっこいいからね」

「一つの職場でガマンして働くのって当たり前じゃん」

とかいう世の中の空気になっていますからね。まあ、その方が会社にとって奴隷を確保するのに都合がいいので、そういう風潮は永遠に続くんでしょうね。

それでよイケればいいですけど、実際問題が今の状況が悲惨なんですから、まあそりゃあ嫌でも、転職とかしたほうがいいんじゃないですかね?

そもそも、今のブラックな労働環境でずとやっていくってのもちょっと無理でしょ?そのまま我慢してやっていく気力があるならがんばってほしいですけど、現実的にたぶん無理ですからね。

もう一度言いますけど、ブラックな労働環境でずっとやっていくよりも、普通に転職したほうが長期的に見て楽です。特に年齢が20~30代くらいならその確率はさらに高いですしね。

そのあたりの自分の生き方を間違うと、転職で幸福をつかむ前に地獄に叩き落されることになってしまいますからね。