仕事に行くのが怖い 無理するとうつ病になって精神が病む理由

「会社に行くのが怖い」と感じている人がいます。そういう悩みはとても多いです。

上司のパワハラが怖い。

毎日怒鳴られるもうイヤだ死んじゃうよ。

同僚に嫌な奴がいる。

お客さんの対応に悩まされている。

仕事量が多すぎてもう限界だ。

とにかくブラック企業だしもう体にガタが来ているこれってもう俺死ぬのかもう死ぬのかイヤ死ぬか?(^O^)/

こういった仕事の悩みやストレスが最高潮に達してくると「会社に行くのが怖い」という思考が出てきます。こういった状態で会社に生き続けるとどうなると思いますか??

高確率で「うつ病」になります。私は経験者なので断言できます。会社が怖いけど「がんばって」会社に行こう。体が苦しいけどまだまだ大丈夫・・・・・ と精神的に限界を超えた状態で会社に生き続けると、ある日、朝布団から起き上がれないほど体が重くなることがあります。

本当に起き上がれないんですよ。金縛り??と思うくらいです。

なんとか起き上がっても、食欲もない、歯を磨くのもしんどい。シャワーを浴びるのもしんどい。すべての動作に体が鉛を背負ったような感覚・・・うつ病になってしまいます。

日本人はまじめな体質なので、自分の精神的ストレスの限界を感じていても、会社に行って仕事をしようとします。

あのですね・・・それはもうやめてください。

うつ病になって体が重くラルレベルの重度のうつになってしまうと、半年から2年くらいまともに仕事ができなくなります。

まだそれだけならマシです。場合によっては自殺を図ってしまう人もいます。私から言えることは、会社が怖いと感じたらもうその会社に行く必要はないんですよ。

ここでは、病気の時の会社んの対応とその怖い会社を辞めて転職する方法をご案内します。

 

関連記事

どのくらい長時間労働で人は壊れてうつ病(体調不良)になるのか?実体験をもとに検証してみた そんな会社は転職しようぜ
残業とかしまくって長時間残業をしてると、実際どのくらいやると「うつ病」になったりするのでしょうか?うつ病は怖い精神疾患です。実際私が体験した状況からそれをご紹介します。結論を言うとそこまで我慢するのは絶対にやめたほうがイイです。体を壊す前にサクッと転職したほうがイイにきまってますからね。それはホントに辞めたほうがイイです。

 

健康を害しても会社はなにも対応してくれません というかその時点でポンコツ認定で廃棄されますからね

うつ病になって、会社を休んでも会社側はなにもサポートしてくれません。

なぜだかわかりますか?

あなたの替わりの人間はいくらでもいるからです。人がひとりいなくなっても会社は存続します。あたりまえですよね。そして、あなたのことを一切サポートはしてくれません。

うつ病などの病気で休んでいる間は「傷病手当金」が出ますが、それは公的なところから出るお金です。

たとえば会社を休職している間には会社からのサポートは無く当然無給です。

※診断書をもらって会社を休職すれば「傷病手当金」をもらうことができます。

心療内科の診断書を利用して休職する方法 実際にうつ病で休職して傷病手当金をもらいつつ転職活動するのがベター
仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

そして、うつ病から会社に復帰したとしても、もうその会社出の出世は100%ありません。そりゃそうですよね。うつ病経験者をわざわざ引き上げる人はいません。 何が言いたいかというと、

会社が怖いと思いながら会社に生き続けると高確率でうつ病になります。

そして、うつ病になる前に転職したほうが本当に人生にとっては前向きです。それだけ自分の体、健康というのは本当に本当に大事です。これは体が丈夫だったり、自分がタフだと思っている人はあまりピンとこないんですよね。私もそんな感じでした。 メンタルが弱いとは一ミリも思っていなかったです。

ただ、体への精神的ストレスっていうのは、「だんだんと蓄積」しています。これがとても自分ではわかりにくいです。 そして気づいたときには、心身もボロボロになっている・・・・ということが多いです。

会社って従業員のことを考えてくれている会社もありますが、ブラック企業的な会社は従業員は使い捨てのコマとした思っていません。

けっこうこれってガチな話でなんか、うつ病になるとなか暗黙の形で会社自主退職してくれ見たいな空気が流れます。こき使われるだけこき使われて結局捨てられるっていうのがなんというか、悲しい現実です。リアルって怖いですよマジで。

転職は海外では常識ですしあなたが病気になっても会社は助けてくれません

アメリカや中国では、転職することはキャリアをアップするためもありますが、たとえば会社で人間関係や仕事内容があまりに理不尽だったりするとサッサと辞めて転職するのは常識です。 日本でも割とブラジル人とか外人は自分に不都合があると辞めてしまいますね。

これは、日本人は子供のころから「ものごとを途中でやめたりすることは恥ずかしい」と学校や親からさんざん洗脳されているからなんですね。

みんなと一緒に行動して、会社で辞めることはとても迷惑だという思考がはたらいてしまうのも当然です。 文化の違いと言えばそれまでですが、海外では転職することが一般的なのでいい意味で逃げ道があるわけです。

逆に日本は、ネガティブなことがあっても一つの会社でずっと耐え続けるといことが一般的ですね。

ただ、本当に今の会社に居続けて未来はありますか?

行くのが怖いと思っているって、冷静に考えてみるとかなり異常な事態ですよ?

このまま、会社に生き続けてうつ病で社会生活ができなくなっても誰も助けてくれませんし、会社も一切助けてくれません。自分の身は自分で守るのしかないんです。これが現実です。

まあ、仕事に行くのが怖いっていうのはもう相当なレベルで精神的に追い詰められている証拠です。

辞めたいけど、辞めるのに踏ん切りがつかない言い出すのが怖い なんか上司から言われそうでとか考えますからね

辞めると言ったら上司に何と言われるだろうか?怖い

会社を辞めるなんて言った本当に迷惑をかける

会社を辞めたら路頭に迷うんじゃないだろうか?

こうやっって、会社を辞めたいと思いながらズルズルと何年も務めてしまう人がいます。

辞めたいけどなかなか退職を言い出せない人はこういった理由で転職をしようと思っも踏ん切りがつきません。

ただ、このままの状態で仕事をしていていも状況が良くなるとはとても思えません。

もしうつ病になってそのまま休んでしまったら会社どころか家族にも迷惑をかけることになります。

あなたの中では答えは出ていると思います。

会社が怖いなら辞める。

もう、大人になって自分のイイで動けないということほど辛いことはありません。

この判断力が無いと、いまの厳し世の中を生き抜いていくことはむつかしいです。自分の身は自分で守らないとどんどん会社に利用されるだけで、自分の人生を消耗していきます

考えてもみてください、恋愛でも強気で女性にアピールする男がいい目を見ます。調子のいい上司に気に入られる人間だけがいい目をみます。

現実は残酷です。自分で行動しなければどんどん付け込まれて、最後には体を壊してしまう‥‥本当にそれだけは避けたいです。上司に何を言われようと愚痴を言われようと、同僚に白い目でみられようどうせ辞めるならもう付き合いは一瞬で終わります。

自分の健康と体を守るためにはそんなことを気にしている余裕は無いはずです。まあ、本当に追い詰められていたら、辞めるってことを言いだすことなんて躊躇ないです。私の場合は全く躊躇が無かったですからね。

だって、下手すると自分の命っていうか、うつ病とかで自殺するかもしれない状況で、会社辞めるかって言いだせないとか、そんなのどうでもいいレベルの悩みでしたからね。ハッキリ言っていいようにこき使われてもうすぐにでも辞めたかったですからね。

自分の身体というか下手すると死ぬかもしれないっていう状況までは追い詰められてはいないってことですね。会社なんてあなたにまったく何もしてくれないですから、そんなことで悩むなんててナンセンスですよ。

 

会社を辞めるのは人生の選択の一つで悪いことではない

「会社を辞めると本当に路頭に迷うんじゃないか??」

「一回会社を辞めたら一生派遣社員じゃないか?」

といった思いから会社を辞めるのをつい先送りしてしまうんですね。

ただ、もう退職したいのは決まっているので、先送りしても何も解決しません。

会社を辞めるのはそんなに怖いことですか?

命をとられますか?逆にこのまま会社にいるとうつ病で命をとられるかもしれませんよ?

仮に会社を辞めても命をとられることはありませんし、今の日本で餓死することはあり得ません。子供や80歳を超えた高齢の方ならともかく、普通に働いていた人でそういう人を見たことがありません。

もう一度言います、うつ病になるくらいなら会社を辞めたほうがいいです。会社はやえられるものです。

もともと、新卒ではいった会社は大学生の社会経験の無いときに選んだ会社です。 自分に合うかどうかや、どれだけブラックなのか、上司がのめぐりあわせとかは運の要素がほとんどです。

怖いと思われる会社にあまり未来はありません。 人生の選択の時期なんですね。ただ選択をするということは痛みを伴います。

その選択が間違っていても自分の責任なので怖いのはしょうがないです。人生は選択の連続なのでこれはいたしかたないことなのです。

どのみちこのまま選択を先送りしても、会社に行くのが怖いのではあまりに仕事に対する負荷が高いですしなにより高確率でうつ病になります。

うつ病になって休職した挙句そのまま退職する・・・そういう状況にならたいためにも、自分で選択して自分で未来を切り開くことが必要です。 転職まで怖いと考えていたら、もう選択肢も何もなくなってしまいます。 でもいざ転職をするといっても、なかなかどうやってやるかどうかはわかりにくいですよね。

そこでその転職の方法を具体的に進めるころができるのが転職エージェントを利用することです。 転職ノウハウのプロ集団である転職エージェントを使うことで、自分にどんな適性があるかを面談して判断してもらうことができます。

会社に行くのが「怖い」くらいに追い詰められていたら転職エージェントをうまく利用して労働環境を見直してみよう

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)