ブラック企業一覧

バーテンダーの仕事がきついから辞めたい 職人的な人間関係と低賃金での激務が多いバーテンの仕事

バーテンダーの仕事は職業柄、夜の人間関係が複雑にからみあった仕事です。職人的な板前的な指導方法で体育会系の縦社会でもあります。また雇われ店長をやらされると激務薄給でクタクタになるまでこき使われて、肉体的にも精神的にも病んでしまうということが多いです。バーテンダーの仕事に限界を感じたら労働環境を変えていく必要があります。

パティシエを辞めたい時の行動方法 厳しい世界で離職率も高いパティシエ業界の闇

パティシエの仕事は激務で厳しい世界です。普通の飲食業と変わらない長時間労働と低賃金でうつ病になった退職するひとも後を絶ちません。離職率も7割と超えて生き残れるのが200人に1人と言われるハードな世界です。もしパティシエの仕事がもう限界で辞めたいと思っているなら労働環境を見直してみることが必要です。

土木作業員の仕事がきついから辞めたい 有利な転職先と転職が不安という場合の対応方法

土木作業員の仕事は体力的にはしんどいですし、人間関係も体育会系なことが多くて辞めたくなるケースもあります。もう仕事的に限界にきていたら新しい職場を探すのも選択肢の一つです。ブラックな土木事務所に見切りをつけて待遇のいい職場にいったり、異業種で製造業のホワイト工場に転職したりとおススメの選択肢をご紹介しています。

旅行添乗員(ツアーコンダクター)辞めたい 激務薄給で拘束時間が長いツアコンから退職すべき理由

ツアコンの仕事が忙しすぎてやめたい。客からのクレームで精神的にストレスがたまり、低賃金で手取り10万円前後の給料。拘束時間が長くて休みも月に2回くらいかない超ブラックな仕事が旅行添乗員です。同期入社はみんな辞めてしまい大量離職、大量雇用があたりまえの業界。もうこの仕事に限界を感じているなら労働環境を変えることを検討したほうが無難です。

新聞記者を辞めたい時の心情と仕事に限界がきたら労働環境を見直す方法

新聞という媒体はネットの普及でこれから無くなっていくものです。そういう業界でも仕事の量は人件費削減で逆に増えていきます。そういう時代に激務でプライベートの時間のない新聞記者の仕事を続けていくためには、並大抵の精神力では続けていくことができません。もし限界がきているなら自分の労働環境を一度見直す必要があると思います。

トリマーの仕事が向いていないから辞めたい リスクが高く給料も低い仕事から労働環境を変える方法

トリマーは動物が好きな人がなりたい職業と言ったイメージがありますが、その内容は介護職などと同じレベルのブラックな職業です。給料は安く、動物相手でリスクも高く飼い主からのクレームも多い人間関係もヘビーな仕事です。離職率も高く動物がすきという感情だけでは続けていくのはむつかしい職業です。もし精神的にトリマーの仕事が限界だったら労働環境を変えていく行動が必要です。

小学校教師(教員)を辞めたい ブラック仕事の小学生のお守り・モンスターペアレント・無限のサービス残業から脱出する

小学校の教師はブラックで有名な職業ですよね。サービス残業で部活を見たり、言うことを聞かないこども。ちょっと暴言を吐くと問題になる世の中。理不尽なクレームをつける保護者。いわゆる教師は接客業になったんですね。だからクレームを無視もできませんし、理不尽な要求も聞いたりしなければいけません。そういった状況で仕事を続けるよりも、民間のホワイト企業に勤めたほうが人生がプラスになりますよ。

ブラック仕事の設備屋がきついから辞めたい時の次の就職先 ホワイト工場など労働条件のイイ職場を選ぼう

設備屋というと空調やダクト、配管工の仕事です。これがかなりきつくてブラックな仕事をいうのはよく知られています。残業もあって当然サービス残業。人間関係も超体育会系の縦社会です。なにより激務のわりに給料があまりよくありません。その仕事が限界になって辞めたくなるのがしょうがないことです。次の仕事はホワイト工場などの定時で帰れて休みの多い仕事を選ぶべきでしょう。その理由と方法をご紹介しています。

ネイルサロンがイヤでネイリストを辞めたい ブラックな労働環境を変えていく方法

ネイルサロンは意外と知られていないブラックな職場です。低賃金で拘束時間が長くて女性ばかりの職場で人間関係もドロドロしがちなかなりきつい場所んですね。華やかな雰囲気のイメージがあるので人気の職種ですけど勤めている人はかなりの精神的、肉体的にストレスを追って辞めたいと思っている人が多いです。その状況から労働環境を変えていく方法をご紹介しています。

ブラック企業顔負けの警察官の仕事を辞めたい 激務の実態とどうやって次に仕事を見つけるかの対策方法

警察官の仕事は組織が縦社会で、ブラック企業顔負けの拘束時間と激務や休日も呼び出しが合ったりとなかなかのきつい仕事です。当然、体育会系の組織でパワハラも多く、離職率がはなり高い仕事です。警察官を続けたいならいいですけど、辞めたいなら今からでも今後の人生での仕事を探していく行動をとっていったほうがいいです。その理由をご紹介しています。

error: Content is protected !!