ブラック企業一覧

警備員を辞めたい 交通誘導員・施設警備員の厳しい現状と転職方法

警備員の仕事は主に交通誘導か施設警備です。とにかく長時間拘束されて24時間シフトも多いですし、なにより給料も安い。現場とのトラブルがあると休みでも現場に飛んでいかなければいけないですしね。バイトが休めば正社員が穴埋めするので48時間勤務とかもあります。こういった現状に限界を感じているなら労働環境を変えていく必要があります。

栄養士を辞めたい 保育園や病院などの栄養管理の仕事がきつい現実と転職方法

栄養士の仕事は保育園や老人ホーム、会社から病院などの食事の栄養を管理した献立を作る仕事です。その内容は仕事量も多く女性ばかりの職場で人間関係も複雑な割には給料も安くて労働と対価がミスマッチしている仕事です。この仕事を続けていくには相当なボランティア精神が必要ですね。もう栄養士の仕事が限界だと思うなら労働環境を変える必要があります。

消費者金融を辞めたい 限度額追加と回収ノルマがきつい業界の闇と転職方法

消費者金融に勤めていた先輩が辞めたいと言っていました。回収業務と限度額を上げるノルマがハンパでないですしなにより仕事に意味を見いだせなくなっているようです。この業界人を追い詰めますからね。お金の貸し借りの仕事はストレスがたまりますし、嫌になるものです。

損保の営業を辞めたい きつくてストレスが溜まる損保業界の実態と転職方法

損害保険会社の営業は長時間労働で事故対応で人間の嫌な部分を見るストレスフルな仕事です。あまりのストレスでうつ病にある人も多く、上司に媚びないと出世できない古い体質の業界です。損保営業の仕事を限界で辞めたいと思うなら労働環境を変えていく必要があります。

ビルメンを辞めたい きつくて楽じゃない激務現場の現状と転職方法

ビルメンテナンスの仕事は仕事が無い人が行く職場とか言われていましたけど、今では資格も必要でハードな仕事になってきています。病院や介護施設のビルは超悲惨な仕事ですし、社会的地位もなぜか低く地味に危険なビルメンの仕事。もし辞めたい場合は労働環境を変える必要があります。

飲食店の店長を辞めたい 超ブラックな業界の奴隷の代表である店長の実態と転職方法

ファミレスなどのチェーン店での飲食店で店長になったらほぼ人生詰みます。責任、長時間労働、バイト管理、仕入れ管理などで時間無視で働かされて、最後は精神を病んで辞めてしまうケースがほとんどです。奴隷としての駒としか扱われていないのが飲食店の店長です。病んで辞める前に労働環境を変える必要があるわけです。

ホームセンターを辞めたい 長時間できつい肉体&接客労働の激務の現状と転職方法

ホームセンターはブラックな仕事です。長時間労働、低賃金、接客をしつつ肉体労働で過労で離職率は8割以上です。そんな状況で働き続けているとたいていはうつ病になって退職する羽目になります。もうホームセンターの仕事が限界で耐えられないという場合には労働環境を変える必要があります。

溶接工が肉体的にきついから辞めたい理由 体質的に向いてない場合があるケースと転職する方法

溶接工は物つくりが好きな人にとって楽しい仕事です。ただ肉体的に視力が落ちたり紫外線を浴び続ける、腰痛や腱鞘炎が起こりやすいといった厳しい職業でもあります。そういった肉体的に厳しい状況が続いて溶接工の仕事に限界を感じる場合には労働環境を変えていく必要があります。

歯科技工士を辞めたい 低賃金で長時間労働な実態と技工士がいなくなる可能性がある業界からの転職方法

歯科技工士の仕事は歯科医からマージンを多く取られて、すごく低賃金な仕事です。技術が高い仕事のわりに長時間働いて年収300万ていどという悲惨な状況です。また、CAD技術が高まりセレックなどの歯科医だけでかぶれ者ができる技術もできてきました。こういった歯科技工士の苦しい状況がもう限界で耐えられないという場合は労働条件を変えていく必要があります。

作業療法士を辞めたい やりがい搾取的なきつい長時間労働の仕事の現状と転職する方法

作業療法士の仕事は肉体的にハードな仕事で「白衣の土方」と言われています。長時間労働で低賃金とお約束の待遇ですけど、ボランティア精神から始めた仕事でも続けているうちに、それだけでは人生がまともに回っていかないということに気づきます。作業療法士の仕事が向いていない、きついから辞めたいと思う場合は労働環境を変えていく必要があります。

error: Content is protected !!