ブラック企業対策

ブラック企業対策

週休1日の会社がきついから辞めたい 週休2日の会社に転職する方法

週休1日の会社って無理がありますよね。しかも仕事が激務でブラックだったら一日休んでも全く疲れが取れません。ただ働くだけの人生です。それでいいんですか?その場合はブラック企業を避けて週休2日の会社に転職すればいいんですよ。思っているほどむつかしくはありません。
ブラック企業対策

給料が安すぎて生活できない 低賃金長時間労働ブラック企業からの脱出方法

ブラック企業に勤めていると正社員とはいえ基本給は安くて、サービス残業で手当ても出ないのでまったく給料は増えていきません。仕事だけきついのに給料は全く上がっていかないというのは正直きついです。一度給料を時給で換算して自分が時給でいくら稼いでいるのかを知れば、その会社にいるのが無駄だということがわかると思います。
ブラック企業対策

会社が倒産しそうな時の兆候と転職活動をスグにすべき理由

会社が倒産しそうな兆候があるときにはわかりやすい特徴が出ます。最終的には給料が出るのが遅くなって支払われなくなり倒産します。その兆候が出てきたら転職活動をしたほうが無難です。泥船に乗ったまま一緒に沈没するよりもあたら強い強い船に乗り換えたほうがイイのは当然ですよね。
ブラック企業対策

製造業の工場で残業がきつい気が狂いそうなら転職したほうが良い理由

製造業で忙しいところは工場の残業が毎日4時間とかあって、だんだんと体力的精神的に限界がきます。その場合は無理にその工場にこだわるよりも、べつの工場に転職するもの一つの選択です。そこまで限界に達するまでやったとしても結局体を壊してき辞めることになってしまいます。
ブラック企業対策

社員を奴隷扱いする会社を辞めたい 社畜をこき使う社長からの脱出 

社員は奴隷、バイトは奴隷以下と口に出していってしまうワンマン社長とかいました。なんかブラック企業の社長の典型的な人格ですけど、その会社に長くいることは無理ですよね。その時点で労働環境を変えていく方向で考えたほうがイイです。どのみち仕事は激務になって言って、給料は上がらない、サービス残業オンリーな会社なんですからね。
ブラック企業対策

社員を使い捨てが当たり前のワンマン社長の会社から転職すべき理由

ブラック企業のワンマン社長って中小企業とかが多いですよね。社会保険に入って無かったりサービス残業は当然で同族経営で役員は身内ばかりで、利益は全部自分の懐です。ベタなブラック企業ですけど、こういうところに入る意味と理由が全く分かりません。ちょっと転職活動すればいい会社はいくらでもあるので、思考停止はやめて転職活動しましょう。
ブラック企業対策

塾講師の正社員が激務で辞めたい 塾業界はブラックで低賃金な世界

塾業界はブラック企業ですよね。総合職や塾講師といった職種の違いはあっても、保護者からのクレーム、長時間の労総時間、サービス残業、子供のお守り夏休み冬休みの地獄の塾スケジュールといったとにかく激務です。生徒の成長を見たいといったやりがいだけではとてもやっていけない仕事量ですね。その実態をご紹介しています。
ブラック企業対策

毎日終電の仕事を辞めたい 激務でろくに家に帰れない仕事は転職すべき理由

ブラック企業にいると毎日終電まで働かされて、帰れないのはアリがちです。長時間労働でサービス残業とかあたりまえ・・・もう仕事辞めたいですよね。そのままその職場で仕事をするのはただのドMです。そして体を壊してうつ病になるのが目に見えているんので、とにかく労働環境を変えていくために行動しましょう。
ブラック企業対策

ゼネコン(建設業)を辞めたい ブラック企業な実情と衰退産業からは自分から脱出すべきです

いわゆるゼネコンはやめとけ激務だからといわれてますけど、建設業は言わずと知れたブラック企業で残念ながら衰退していく業界です。ゼネコンに勤める人から現場監督、末端の職人までとにかく工事単価が低く人件費を削りまくってるので、納期もぎりぎりで長時間労働、サービス残業、休日はない人間関係も悪いという悲惨な状況です。こういった労働環境からはいち早く脱出すべきなのです。
ブラック企業対策

仕事を入社3年目で辞めたい ブラック企業から転職するタイミング

ブラック企業で入社3年くらいたつともう限界が見えてきます。よく耐えました。本当に偉いです。ただ、自分で労働環境を変えていく行動力とういうのが無いような気がします。このままヘタに出世して、なんちゃって管理職になって長時間労働をさせられる可能性が高いです。早めの退職、転職をおススメします。
スポンサーリンク