仕事で休憩に行けない会社や辞めたほうがイイ 労働環境がブラック企業確定な理由

大企業

労働基準法34条で

1.使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

2.前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。

3.使用者は、第1項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

労働基準法 34条 ウィキブックスより

 

ってなってます。まあこれってお約束の労働基準法ですけど、サービス残業同様ろくに法律が守られてるとは思えません。

というか、正確に言うと守られてる会社もあれば、休憩時間なんてロクに取れない会社とかもあります。これ特に営業とか販売・飲食など顧客を直接相手にする仕事をやったことがある人はたいてい経験してるんじゃないでしょうかね。けっこう休憩が取れないってのはたまにならいいんですけど、毎日のように続くとそれだけでけっこう体に負担がたまってきます。

というか、そもそも労働基準法とかで45分とか書いてありますけどそれって最低限の休憩時間ですからね。日本人は本当に働き者だと思います。こんな短い休憩時間で働く・・・・というかこういった短い休憩時間も無しで働いていて、しかも残業とかして休出してしごとしかしてないいめーじですからね。ほんとこんな人生でいいんでしょうかね?・・・・

休憩時間を取れないってのは、その会社に入ってまあ一週間もすればわかりまからね。それが永遠に続くわけですよ。その会社にいる限りはね。

そういった休憩時間が取れないとか、サービス残業とかをやらされても、それを普通に受け入れてしまっている人がほとんどだというのが個人的には本当い怖いです。

というか、そいう会社が「普通」だと思ってずっとそこに勤めてるってのはこれだけ情報が入る世の中で情弱と言わざるを得ないですからね。まあ、労働基準法を守ってる会社ってのも普通にあります。体感的にはそういった労働基準法を守ってる会社、休憩もまともに取れる会社ってのは半分くらいはありますからね。

あと、そういう休憩も取れない環境とかで働くのって長期で働いていると、たいてい体に無理が生じてきますからね。そういう労働環境に入ったら、年齢が上がってしまう前に自分の働く場所をどうするのかはマジメに考えたほうがイイですよ。

普通に営業とかやってるとマジで休憩とか取れませんよ 昼飯とか食えないのが日常茶飯事です まあこういうのって世の中には多いんでしょうね

普通に営業の仕事とかやってると、休憩なんてマジで取れませんでした。ええこれって私の体験です。

まあぞくにいう金融機関で働いていたんですけど、法人個人を回るドサ周り営業をやっていました。といっても男性の7割以上はこの営業をやってるわけですね。営業は会社に利益をもたらす最前線な役割です。

でも、実際は人件費を削減するためか営業の人数も減っていって、一人頭で訪問する件数とかもどんどん沢山になってきつくなっていきましたね。当然と言っていいんですけど、営業ってけっこう昼とかって自分の裁量で休憩取れるようなイメージありますよね?実際は全然そんなことなくて、回る件数が多いため、昼休みに昼めし食えないこととかけっこうザラでした。昼は一度支店にもどってくるんですけど、午前中の事務処理をしなければいけないんですよね。それやってるともう昼飯とか食べれない時とかホントザラでしたね。

飯食わずに午後も回って店に帰ってきて、けっこう夜遅くまで事務処理をするわけです。もちろん、事務処理だけアじゃなくてなんか意味不明な会議とか上司からのパワハラとか受けて余分な時間も取られるわけです。昼めし食ってないのに、しかもまあなんかサービス残業とかでけっこう夜10時くらいまで仕事するとかザラだったんで、そんな生活してればそりゃあ体もおかしくなってきますよね。ストレスで肌はボロボロですし、胃腸の調子も絶えず悪くて、それが重なって普通にうつ病にもなりましたしなんかろくなことがありません。

まだ、若かったので耐えてやっていいましたけど、今やれっていったら3日持たないかもしれません。というかやる気も無いですけどね。そこまで働くくらいならその辺の工場とかで期間工とかで働いたほうが全然マシですからね。そりゃあ給料は安いかもしれませんけど、意外と工場とかって休憩もきちんと取れるし時間でピッタリ終わるので、全然働きやすいです。

まあ工場は一例ですけど、普通に休憩を取れる会社もあります。というか休憩が取れない会社ってのは、だいていがサービス残業とかも普通に強要してくるパータンが多いので、平たく言うとブラック企業ってパターンがほとんどですからね。その職場で定年まで働けますか?ってイメージしてみるといいです。

これ若い時ににやっておかないと転職って40代50代になってからだとかなりきっついですからね。私の金融機関時代の先輩はいまだに営業をやっています。もう50歳に近いはずですけど、まだ例の休憩も取れないくらいの昼飯も取れないような営業をやってうわけですよ。ほんと悪い意味で頭が下がります。

私はそういうの絶対無理ですけどね。やりたい人はどうぞ頑張って休憩なしの仕事を永遠にやっていただいて大丈夫ですよ。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

休憩が取れないって確実に精神的、肉体的にもう病んできます しかも休憩も取れずに遅くまでサービス残業とかやらさせるのってだいたいセットメニューですからね

休憩が取れない仕事をしてると、確実と言っていいくらいに精神的にも肉体的にも病んできます。

当たり前なんですけど、休憩が取れないってことは仕事が忙しくて

「休憩時間を削っててでも、仕事しなければいけないほど仕事量が多い」

ってことですからね。しかもたいていこういう仕事はサービス残業で長時間労働な上に、給料もサービス残業で無給で搾取されるというダブルパンチで悲惨です。

そや、病みますがな。こんな仕事やってればね。そのまま休憩も取れないような仕事をしてると、まずは肉体的にきつくなってきます。夜も遅くなったりして

食生活もテキトーになって運動する時間もありません。睡眠時間も減るので、体にとっていいことは1ミリも無いことになりますからね。そんな生活を続けていくとだんだんと疲れがたまっていって、寝ても疲れが全く問てない状態になってきますしね。休みの日とかも疲れて寝るだけになってしまうことも多々あります。

そんな状態だと、将来に希望が持てなくなって精神的にも病んできますしね。仕事がブラックだと

「一生こんな生活なのか?」

みたいな絶望感が出てきます。こうなると精神的にもかなりキツイ状況になってきます。肉体的に疲れて、精神的にもかなり絶望感が出てくるわけですね。そりゃまあ休憩も取れないような仕事を長期間続けていると、精神的に強い人でもストレスが蓄積されて行ってそのうち限界がきます。過労で倒れるとかうつ病になるとかですね。

そうなると、仕事どころか普通に生活もきつい状態になってくるので、そういうふうに一度ポンコツになると会社も「用済み」と判断して遠回しに自主退職を勧めてきたりします。

休憩なしで働いて体壊したあげくに、ポンコツになったら会社から辞めてくれとか言われるわけです。まあそんなもですからね。だから、仕事で休憩も取れないような職場で働くってホント1ミリもメリットが無いです。

給料がかなり高いとかなら話は分かりまあすけど、たいていそういう会社ってのは低賃金でこき使うってのた鉄板なのでそういう職場から脱出してまともな会社に入るってこととを、軽視してる人が多すぎるんでよね。

「まともな労働環境」に入るってのはホント、人生で最優先事項なんですよね。

でもたいてい新卒で入った会社とかがひどい状況でもそこで我慢して働くみたいな意味不明な行動をとってしまいまいます。新卒での就職で一発勝負ってホント思考停止としか思えないですからね。

第一、休憩がろくに取れない職場なんてブラックにきまってるのに、そこを見なかったことにしてるとあとあとの人生がけっこう悲惨なことになってしまいますからね。

関連記事:仕事で限界を超えるとけっこう簡単にうつ病になったりします

どのくらいの労働時間でうつ病になるの?長時間労働・仕事量・ストレスがこれくらいでなる実際のケーススタディ
長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

まあ、休憩が無いってのは普通に違法ですし、それをナアナアにしてる会社にいても定年まで勤めるのはほぼ不可能なので早めに見切りをつけたほうがいいに決まっています

ちょっと冷静に考えてみると、休憩が無いのって普通に違法ですし、それを見て見ぬふりをしてるわけですから意図的にやってるってわけですね。

まあ、労働基準監督署とかが監査とかに来ても

「従業員が自主的にやっているだけだ」

とか言って言い逃れするに決まってます。いやいや・・・・休憩なしで自主的にやってるわけねえだろってところですからね。何度も言いますけどそいうところから脱出するってのは人生の最優先事項になるんですよね。

ちょっと冷静に考えればわかることですからね。その会社で休憩が取れない、激務で長時間労働とかで定年までやっていけるかってちょっとイメージしてみれば、それが完全に無理だ・・・・ってことが簡単にわかります。そこに長期間いるってことは、年齢が上がれば上がるほど転職なども不利になるので、なるべく早い段階でその労働環境を離脱することが人世での最優先事項です。

そこまでわかっていても、ずっとその会社にいるってのは思考停止で自分の首を自分で絞めている状況ですかららね。なんで労働環境を変えないの?っていうと

「なんか我慢して仕事してれば状況は改善するかもしれない」

「我慢して仕事してればいいことあるかも」

「我慢して仕事をすることはイイことだ」

「ずっと一つの会社でやるってのが一番大事なことなんだ」

とか意味不明な刷り込み洗脳をされているんでうしょうね。このまま永遠に休憩時間も取れない環境で生きていくってのはあまりいい選択肢では無ような気がします。

そんな環境で働くっていっても3~5年が限界でしょうね。普通の人なら。それが明確にわかってるのになんというかそのままそこで働く意味はほとんどないです。

普通に休憩が取れる会社もありますし、相当な高い給料とかを望まなければそういった会社に入るのってのはそれほど難しくはありません。特に30代前半くらいまでなら普通に転職活動すれば普通にそういった会社に入ることはたいていの人は可能ですからね。

それを考えずにずっと休憩なしの労働環境を受け入れるってのはちょっと厳しものがりますからね。自分の人生は自分で作っていかないと誰も助けてくれないってのはそういった、キッツい労働環境では足りている人ならわかっているはずなんですけどね。

転職するにしても一人で求人探すのは、めんどくさいですし効率も悪いです しかもブラック企業に捕まる可能性もあるので転職ツール使ったほうがベターですね

転職するにも一人で求人を探すのってめんどくさいうえに効率もかなり悪いです。自分の希望の求人を「探してもらう」のが時間的にも効率がイイですし、一人でやってるとアドバイスも受けられなくて視野が狭くなってブラック企業とかにも捕まりやすくなりますからね。転職ツールは使ったほうがベターです。

転職エージェントでは掲載企業を厳しい基準で審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいっていうイメージもありますし、初めての場合だとかなり何からやっていいかわからないものです。

しかし、転職は優良なな求人を紹介してもらってアドバイスをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

憂慮な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認もできますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶ上での判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)