ブラックバイトを辞めれない人はバックレればいい 塾講師・ワンオペ・飲食のブラックバイトから脱出して正社員を目指そう

ブラック上司

今、「ブラックバイト」にハマっているのでしょうか?あなたはすぐに辞めれてますか?

ブラックバイトは結論から言うとすぐに辞めて、別の進路を探したほうがいいです。

一瞬でもそういう理不尽な雇用をされているというのは人生で無駄になってしまいます。

ただ、学校とか両親などから「すぐにやめるのは我慢が足りなくていけないことだ」と教えられてきたわけです。マジメな人ほどこういうことを真に受けて、理不尽な状況でも甘んじて受けて今うわけですね。

こういう風に教えられるのは、都合よく言うことを聞いて、労働力になってくれる人を量産するための罠なのでそこはしっかりと考えたほうが良いですよ。

そう子供のころから

「我慢する人はカッコイイ」

「目上の人の言うことは聞くもんだ」

「どんな仕事でもやることはカッコイイ」

とか社畜洗脳されてるわけです。いや・・・・バイトなんてブラックだったらすぐに辞めたほうがイイんですけどね。

関連記事:社畜洗脳が解ければ転職しますからね実際にはね 社畜はやめましょう

転職を決意する瞬間(タイミング)は社畜洗脳が解けた時である理由
転職を決意する瞬間て、ふと自分が社畜洗脳をされていたというのに気づいてしまうんですよね。そのきっかけは自分がうつ病になったり、あまりに理不尽な仕事を要求されたり大きなショックを受けたりすると社畜洗脳が解けることがあります。労働環境が以上だと気づいてしまったら転職するしかないんですよね。

ではどうしてこういうブラックバイトがここまで増えてしまったんでしょうか?

バイトを使い人件費を極限まで下げて利益を得るビジネススタイルが蔓延している

のぞき見する女性

「ブラックバイト」という言葉が使われてからかなり立ちましたね。ブラック企業のバイト版です。もうホント、ブラックやめてほしいです。

ブラックバイトは、バイトという弱い立場を利用されて、バイトなのに正社員顔負けの仕事や責任を押し付けられた理、無茶な夜勤をやらされたり、18時間連続勤務を強要されたりと、雇用者のやりたい放題が話題になっています。

日本って、労働法に罰則が無いから、いくらでもやりたい放題です。電通みたいに死人が出てやっと重い腰を上げるといった程度です。

ということで「バイト」に対しては当然「道具」「奴隷」くらいの認識しかもっていないのがリアルです。

フリーターなどにとってはバイトは「時間に縛られない」「責任を押し付けられない」というメリットがありますが、そんなメリットあったっけ?というくらいに仕事を強要されるのがブラックバイトです。

どうしてこんなブラックバイトが出てきてしまったのでしょうか?バイトって昔はそれほどキツクなくて楽しそうにやっているイメージだったんですけどね。

近年では、企業の経営の方法が、「少ない人件費で人を使いまくって利益を上げる」というシンプルなものになってきたからです。実はこれが、いちばん堅い利益の上げ方なんですよね。

ユニクロやワタミ、ゼンショーのすき屋など上場企業がそういう体制なのですから、末端の会社なんてバイトを酷使して正社員をなるべく少なくして利益を上げるっていう方法を取るに決まっています。

そうなると、当然いままで正社員がやっていた仕事をバイトがこなしていくわけです。

最近では、普通に出かけるドラッグストアや飲食店はほとんどこういう方法をとっていますね。ちょっと眺めているだけで

 

「この仕事はやりたくねえなあ・・・・・」

 

と思うレベルの仕事をバイトがこなしています。

でもどうして、こういったやり方は変わっていかないのでしょうか?

 

関連記事:飲食の仕事は正社員もバイトもキツイ

飲食店の店長を辞めたい 超ブラックな業界の奴隷の代表である店長の実態と転職方法
ファミレスなどのチェーン店での飲食店で店長になったらほぼ人生詰みます。責任、長時間労働、バイト管理、仕入れ管理などで時間無視で働かされて、最後は精神を病んで辞めてしまうケースがほとんどです。奴隷としての駒としか扱われていないのが飲食店の店長です。病んで辞める前に労働環境を変える必要があるわけです。

バイトはとにかく「骨の髄まで低賃金で利用してやろう」というのが「普通」の考え方 こんなバイトはバックレたほうがまだマシですよマジで

フラットに考えると、企業はバイトだけで仕事が回せるなら、バイトだけでまわしたいわです。

そうなってくると当然バイトに対しても「正社員並み」の苦労を「時給800円とかで」やさせてしまうという目も当てられないような状況が出てくるわけです。

骨の髄までね、低賃金でね、やってねという感覚ですね。

塾講師の場合

塾講師など、最近ではブラックバイトになったといわれていますが、人にものを教える仕事が「バイト」がほとんどというのみにも驚きです。

時給が1000円くらいで、授業をして生徒の指導レポートを書きます。当然その時間はバイト代は発生しません。

生徒のプリントなどを用意するのに授業の前の時間を使いますが、この時間もバイト代は出ません。ちなみに塾講師は「授業をしている時間しか賃金が出ないコマ給のバイト」です。なので、実際の時給に換算するとホント700円とかそれくらいにしかなってないでしょう。

こうやってみると塾講師がいかにブラックであるかがわかります。塾講師がブラック業界だってのはかなり有名な話ですからね。

 

関連記事:塾講師ガチでブラック

塾講師の正社員が激務で辞めたい 塾業界はブラックで低賃金な世界
塾業界はブラック企業ですよね。総合職や塾講師といった職種の違いはあっても、保護者からのクレーム、長時間の労総時間、サービス残業、子供のお守り夏休み冬休みの地獄の塾スケジュールといったとにかく激務です。生徒の成長を見たいといったやりがいだけではとてもやっていけない仕事量ですね。その実態をご紹介しています。

飲食の場合

飲食はほとんどばブラックですけど、バイトはまた悲惨です。

飲食の店長は、「その店に住んでるの??」というくらいの激務で、完全に「普通に働く」という感覚がマヒしている人が多いです。

そいうい人がバイトを使うので、自分と同じレベルの仕事を強要します。バイトなのにね。

当然、シフトも週5とか入ってくれとか無茶言いますし、連続え12時間働けというのも出てきます。

しかも、バイトが辞めたいと言うと、必ず引き留め工作をしてきます。

「バイトを簡単に辞めるなんて無責任じゃないか?」
「そんなことじゃ世の中わたっていけないぞ」
「あと少しだけいいじゃん、辞められると困るんだよ」

とか言って引き止めます。こうやって気の弱い人はズルズルとバイトをしていいようにこき使われてしまいます。

どうですか?こういうバイトは昔は少なかったですが、最近は当たり前になってきています。

なぜなら、何度も言いますが企業側が人件費を圧縮して正社員をなるべく少なくしてバイトや期間社員で仕事を回していくことで利益を上げようとしるからです。

先を見失ってるんですね。その商品や質のいいサービスでという考え方が無くなってきています。質のいいサービスをするためには、従業員に対してもっと待遇を良くしなければ、やる気が出ないですから質のいいサービスなどはできるとは思えないんですけどね。

こういった状況があるので、バイトをするということ自体が企業から一方的に搾取されているという形になってしまいます。ちょっと悲しい現実ですよね。

バイトは一年以内とか短期間やるのはいいのですが、何年にもわたってやり続けるのはお勧めできません。長くやればやるほど、労働力をほとんどタダ同然で提供しているからです。

 

関連記事:ブラックバイトなんてさっさと辞めて正社員になりましょうよ

20代前半のフリーターがブラックバイトやるなら正社員になるべき理由
20代前半でフリーターをやってるのって楽しいんですよね。ついついそのままぶっとフリーターで20代を終えてしまう人もいます。でもそうなると人生が詰んでしまいます。フリーターの職歴だけでは30代では正社員になるのは限りなく難しいからです。20代前半でブラックバイトとかやってる場合じゃないですよ。正社員になるべき理由をご紹介しています。

バイトと正社員では30代では年収に100~300万円の開きがあります 福利厚生もまったく違う

バイトは学生や20代の人が、短期間やるのにはいいのですが、そのままバイトで続けていればブラックバイトに高確率で当たる可能性があります。

しかも、フリーターのまま30代になってしまうと、正社員との収入差が年収で100万円~300万円以上の差が出てきてしまいます。

どうですか?バイトって昔は責任が無く、時間も自由で楽なイメージでしたが、最近ではバイトでもハードワークが多く正社員並みの仕事をやらされてしまうという、悲惨な運命が待ち構えています。

こんな状況になった日本も悲しいですけど、自分の身は自分で守っていく必要もあります。

私の知人でも40代とかで派遣とかバイトでやってる人がいますけど、これって30代の後半とかになると正社員になれないんですよマジで。特に私の住んでるところは田舎なんで年齢言っちゃうともう仕事なんて派遣とかしかないわけです。

こうなると人生が詰むのでブラックバイトとかしてる時間て全く持って無駄ですよ。学生ならまだいいですけど、社会人でブラックバイトやってるなんて人生の無駄でしかありません。1ミリもメリットが無いですからね。

ブラックバイトにつかまっている人はすぐにでも正社員への転職活動をしていったほうが無難です。

ブラックバイトとか言っても所詮「バイト」です 辞められないと言っても最悪バックレればいいです

バイトはバイトです。所詮時間給で働いているだけなので、辞められないように圧力をかけれれている場合でも、最悪「バックレてしまえば」大丈夫です。

正社員の場合は離職票もらったり、辞めた後も会社となにかとやり取りがありますけど、バイトの場合は基本、辞めればそれで終わり。

 

メールかなんかでもう辞めます。もしくは、何か紙に書いたもので、「辞めさせてもらいます」とか書いたものをバイト先に置いてきてバックレればいいです。

バイト先の電話番号とかメールとかも全部直進拒否にすればそれで終わりです。

たかだかバイトが辞めたくらいで、さすがに家まで来ることはありませんし、バックレたからと言ってあなたが捕まったり訴えられることなどありません。バイトですからね。

あなた真面目で責任感が強いんですよ。それを利用されてるだけです。バイトなんてバックレればいいんですよほんとにね。

 

参考記事:ブラック企業をバックレる方法

ブラック企業をバックレて辞める方法 強引な引き止めや脅して辞められない時の対処 
ブラック企業を退職したいけど、強引な引き止めや理不尽な仕事強要、辞めたら殺すぞ的な違法な教養とかするキチガイなブラック企業もあります。普通に退職するのがイイにきまってますが、それができない会社ならバックレるしかないということもあらいます。会社をバックレるときに知っておいたほうがイイことをご紹介しています。

ブラックバイトで辛い仕事で悲惨な思いをするくらいならブラックバイトから正社員に転職しよう

 

取引先との会合

ブラックバイトに捕まって、先のない仕事をしているより、とっとと辞めて希望のある正社員への
転職をしていったほうが前向きです。

「でも、正社員へ転職っていってもどうやっていいかわからない」という場合もあります。

その場合は「転職エージェント」を利用するのをおススメします。

転職エージェントは転職のプロのエージェントが、あなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

「ブラックバイトだったんだからブラック企業は絶体嫌だ」という場合でも大丈夫です。

ブラックな職場やブラックな人間関係にハマってしまうと、そういった職場にいるだけで精神的にまいってしまいます。

結局、体を壊したりうつ病になったりして退職してしまう・・・最悪、過労死するということも考えられます。

そこまで我慢するよりも労働環境を変えていく行動を取ったほうが前向きです。

ただ転職となるとどうやっていいかわからないのが普通です。そのとき転職エージェントのアドバイザーに相談すると、ケースバイケースであなたの状況を考えてアドバイスをしてくれます。

また、転職エージェントの扱っている求人はアドバイザーが審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークや求人誌はこういった求人掲載に審査が無いので、ブラック企業がたくさんあるのが現状です。悲しいですよね。

「従業員にやさしい会社」・・・いわゆる普通の会社っていうのは世の中にはたくさんあります。そういう会社の求人を見るだけでも視野が広がって転職がそれほど世間で言われているよりむつかしくないことが分かるでしょう。

転職エージェントは登録から利用まで無料になっています。求人開催企業から報酬をもらって運営しているので登録者にはお金はかかりません。

あなたに合った求人をアドバイザーが面談をして選んでくれるので、人生の選択肢が大きく広がっていきますよ。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.就職Shop

3.若者正社員チャレンジ

 

JAIC(ジェイック)の特徴は登録者の就職への希望を最大限に尊重した求人紹介が特徴です。

アドバイザーが第二新卒での就活について、あなたの立場に沿って転職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれて、優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)の登録は公式ページの無料登録フォームに名前、住所、アドレス、TEL番号が必須項目になってりるので入力して登録します。登録は1分ほどで完了します。

登録完了後にエージェントから確認のTELが入りますからTELは出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいですから大丈夫ですよ笑。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにも、アドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

(公式サイトに移動します)

 

 

JAIC(ジェイック)だけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「就職shop」や「若者正社員チャレンジ」を選択しましょう。

就職shopも若者正社員チャレンジも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

就職Shop (公式サイト)

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)