サラリーマンの自己啓発

読書しても頭に残らない時の本の読み方 作者の言いたい事をイメージしながら読んでいこう

読書しても本の内容が頭に残らない、記憶できない。そいう場合は「作者がこの本で何を言いたいのか」を考えながら読んでいくと本の無いように深みが出て記憶が定着していきやすいです。本の内容を覚えるには何度も読むしかないんですけど、作者の意図を考えながら読むことで読む回数を減らすことができますからね。
サラリーマンの自己啓発

社会人になって小説が読めなくなった経験談 自分の生活環境を見直すいい機会

社会人になると「時間が無い」「疲れてる」といった理由で小説を読めなくなる、というよりも読む気力がなくなるというおとがほとんどです。ビジネス書とかをギリギリ読めるくらいの生活を送るのはかなり虚しいものがありますから。それよりも時間に余裕のある仕事を探したほうがいいんじゃないか・・・・ということですよ。
サラリーマンの自己啓発

興味のない本を読むしかない時の対処法と本を読むなら「簡単」な本から始めるべき理由

仕事や勉強では自分の興味のない本っての読まなければいけません。嫌ですよね。こういうのはササっと集中力のある時間帯に読んでしまうとか、本を「読んで聞かせてくれるサービス」などを利用するのが効率がイイです。そして空いた時間は自分の好きな本を読んでいく・・・・・ってのが人生を楽しくする秘訣です。
サラリーマンの自己啓発

読書で集中力が続かなくて読めないなら「無理して読む必要ない」理由

読書で集中直が続かないから、本を読めない・・・これって無理して本を読む必要も無いですよね。動画で知識を得ればいいですし、本を朗読してくれるサービスもあります。どうしても読まなければいけない状況ならしょうがないですけど、そうでなければ本を読むことを無理してやるのは逆にストレスた溜まってナンセンスなんですよね。」
サラリーマンの自己啓発

本を読むのが苦痛ならストレス溜めてまで無理に読む必要はない 社会人は暇じゃないですしね

本を読むのに苦痛とかストレスがたまるなら、そこまでして読む必要はありません。朗読する本を聞けるサービスもありますし、映像から知識を得ればいいですし、ググったりツイッターから情報を得ることができます。本を読めば頭が良くなるってのは幻想ですし(バカにはなりませんけど笑)苦痛になることはやらないほうが無難です。
サラリーマンの自己啓発

活字が読めないケース別の解決方法 ストレスをためずに本を読んでいこう

活字が読めない解決方法ってのは、ケース別に違います。ただ本が嫌いとかのレベルから、本当に病気というケースもあるんで、それぞれ対応方法が違います。活字を読むことで知識を得てストレスが発散されるべきなのに、活字を読んで苦しい思いをするのはナンセンスなので、状況別に解決していったほうがいいわけです。
サラリーマンの自己啓発

本を読むのがめんどくさい原因と段階的に本を読むのが好きになる方法

本を読むのって、普段読んでない人にとってはめんどくさいです。活字を追う、眠くなる、集中力がなくなる・・・といったことがあります。それって最初から難しい本を読もうとしてるからなんですよね。段階的に簡単な本から始めていけば割と短期間で本を読むのが好きになっていきます。
女性のための仕事情報

女性が月20万円稼ぐ考えよりもバイト派遣をしながら正社員の就活をすべき理由

女性が月に20万円稼ぐなら工場系の仕事とかチャットレディの仕事をすれば簡単です。ただ、それだと年収240万円といったただの貧乏人になってしまうので、バイトとかをしながら正社員になるための就活は淡々とやっていったほうがいいです。正社員になってwワークで仕事すればいいですしね。
女性のための仕事情報

女性が月30万稼ぐ仕事 正社員をしながら高時給バイトをするのが最強な理由

女性が月に30万円を稼ぐとなると夜の仕事とかイメージしますけど、キャバクラとかガールズバーとかより普通の会社の正社員になったほうが結局月30万くらいは稼げます。ボーナスありますしね。チャットレディとかのバイトをしながら正社員になる就活を淡々とやっていったほうがベターですからね。
女性のための仕事情報

イベントコンパニオンを辞めたい 低賃金で接客業でストレスフルな仕事からの脱出方法

イベントコンパニオンって派手な仕事で承認欲求も満たされますけど、仕事内容は低賃金で不的期な仕事で、接客をしたりストレスフルな仕事ですね。それでいてたいしてスキルとかも身につかないですし、人生のスパンで考えるとデメリットが多すぎます。そういった仕事から脱出するのは女性の人生で大事なことなんですね。