サラリーマンの自己啓発

本を読むのが苦痛ならストレス溜めてまで無理に読む必要はない 社会人は暇じゃないですしね

本を読むのに苦痛とかストレスがたまるなら、そこまでして読む必要はありません。朗読する本を聞けるサービスもありますし、映像から知識を得ればいいですし、ググったりツイッターから情報を得ることができます。本を読めば頭が良くなるってのは幻想ですし(バカにはなりませんけど笑)苦痛になることはやらないほうが無難です。
サラリーマンの自己啓発

活字が読めないケース別の解決方法 ストレスをためずに本を読んでいこう

活字が読めない解決方法ってのは、ケース別に違います。ただ本が嫌いとかのレベルから、本当に病気というケースもあるんで、それぞれ対応方法が違います。活字を読むことで知識を得てストレスが発散されるべきなのに、活字を読んで苦しい思いをするのはナンセンスなので、状況別に解決していったほうがいいわけです。
サラリーマンの自己啓発

本を読むのがめんどくさい原因と段階的に本を読むのが好きになる方法

本を読むのって、普段読んでない人にとってはめんどくさいです。活字を追う、眠くなる、集中力がなくなる・・・といったことがあります。それって最初から難しい本を読もうとしてるからなんですよね。段階的に簡単な本から始めていけば割と短期間で本を読むのが好きになっていきます。
女性のための仕事情報

女性が月20万円稼ぐ考えよりもバイト派遣をしながら正社員の就活をすべき理由

女性が月に20万円稼ぐなら工場系の仕事とかチャットレディの仕事をすれば簡単です。ただ、それだと年収240万円といったただの貧乏人になってしまうので、バイトとかをしながら正社員になるための就活は淡々とやっていったほうがいいです。正社員になってwワークで仕事すればいいですしね。
女性のための仕事情報

女性が月30万稼ぐ仕事 正社員をしながら高時給バイトをするのが最強な理由

女性が月に30万円を稼ぐとなると夜の仕事とかイメージしますけど、キャバクラとかガールズバーとかより普通の会社の正社員になったほうが結局月30万くらいは稼げます。ボーナスありますしね。チャットレディとかのバイトをしながら正社員になる就活を淡々とやっていったほうがベターですからね。
女性のための仕事情報

イベントコンパニオンを辞めたい 低賃金で接客業でストレスフルな仕事からの脱出方法

イベントコンパニオンって派手な仕事で承認欲求も満たされますけど、仕事内容は低賃金で不的期な仕事で、接客をしたりストレスフルな仕事ですね。それでいてたいしてスキルとかも身につかないですし、人生のスパンで考えるとデメリットが多すぎます。そういった仕事から脱出するのは女性の人生で大事なことなんですね。
女性のための仕事情報

水商売に向いてないから辞めたい 夜の仕事で体の不調も多い職業からの離脱方法

水商売って基本、接客業ですし昼夜逆転するし酒飲んだりするのでストレスもたまり体調も崩しがちですね。それに人生の視点で見ると長期的にやるにはママとか経営者になるならいいんですけど、従業員でホステスとかやってるのってあまり未来がありません。できればお金を貯めつつ昼の仕事の正社員への就活をやったほうが無難です。
女性のための仕事情報

ガールズバーを辞めたいならチャットレディやりながら就活すべき理由

ガールズバーの仕事を辞めたいならチャットレディとかをやりながら就活すればいいわけです。どのみち夜の仕事って人生で長期でやれないですからね。30代40代のほうが長いわけです。普通の会社の正社員のほうが残念ながら長期的視点で見ると仕事が楽ってことです。仕事内容、精神的な安定を考えるとをれは間違いないんですね。
女性のための仕事情報

女性でお金がなくてほしい、困ってる場合は時給のイイバイトをしながら就活すべき理由

女性でお金が無いとかお金が欲しいとかって低賃金か出費が多いかどちらかですよね。女性の時給のイイバイトとかは、夜の仕事でキャバクラ、ガールズバーなどとネットを使ったチャットレディなどの仕事ですね。こういった仕事でお金をためつつ正社員の仕事とかをしていくのがベターなんでしょうね。
女性のための仕事情報

夜の仕事に行きたくないから辞めたい 昼の仕事の正社員の仕事を淡々と就活すべき理由

夜の仕事っていうとキャバクラ、ガールズバー、スナックなどがありますけどこれって長く続けるのってけっこうきついものがありますからね。チャットレディとかのバイトをしながら普通に昼の仕事への就活を淡々とやっていくのって人生においてけっこう大事です。ずっと夜の生活をするとやは体にとっては寿命を縮めることになりますからね。