人生を自分のペースでいきられるのがうれしいという話

人生を自分のペースでいきられるのがうれしいという話

 

今の僕は、自分のペースで生きれてます。
人生をあるていど楽しんでるとおもう。

朝目が覚めても気分がイイことが多い。
いいかんじの気分のことが多い。

仕事するにしても
あそぶにしても
ある程度楽しい。

ブラックにいるときは
楽しいとか一度も感じたことはない。

なんというか
脅迫されて生きているような
毎日が生きていても意味長いというか。

会社に行けば
パワハラ上司になんか言われて
毎日ノルマで詰められて
帰もおそい。

 

仕事で疲れ切ってて
休んでも疲れがとれない
だんだんとつかれもたまり
メンタルも病んでいく。

まいにち脅迫されてるというか
かるく監禁さてれるような。

なんか「監獄」にいるような
感覚があった。

そんな状態だから
メンタルが壊れる。

んで辞めた。

もっと早く辞めればよかったが
流されっぱなしでダメダメだったんだよね。
だからメンタル病むまでがまんしちゃった。

なんつーか
臆病だったんだよね。
人一倍世間体みたいのも気にしてたし。

でもメンタル病んだおかげ?
よくわからんけど

なんか自分の身は自分で守る
自分で考えて生きる
そうしないと人生ダメになるわ

こんな考えが根付いた。

自分で考えて
就職先見つけて
それからだよ。

 

人生が自分のペースで生きられるようになったのは

それまでなんか
流されまくって
自分で考えて物事を決めてない。

テキトーだった。

つか人生を自分で作るみたいな
事を考えてなかったのか。

 

メンタル病んでからはそれは
まずいと思うようになる。

で、自分で考えて選択して
製造業に入った。

 

これって製造業の友人がいて
定時で帰れてて
なんか生活が楽しそうだったから。

友達から口コミ聞いて
就活してた。

 

これがあたって
定時で帰れるようになって
ノルマもないし、上司もうるさくない

 

今まですーっと自分のペースとか
全くなして生きてきたから。

そういう、時間に余裕のある生活が
本当にうれしかった。

いままでずーっと余裕のある生活
なかったんだよね。

子供ころから
柔道とかやってて
いそがしくて、
気付いたら受験してて

大学入ってもバイトで忙しくて
ゼミでつまらない勉強してて
なんかずーっと切羽った生活。

そして就職でブラック地銀。

地銀にいた8年間は
なんつーか
仕事だけしかしてないっつーか

 

遊びも
趣味も
恋愛も
何もしてない
ただ仕事

営業でノルマ詰められて
ただただ働いてた。

 

なんだこれ?
オレの生活って
いい加減にしろよ
もういいだろマジで。

だから仕事変わって
自分のペースで生活できるのが
うれしすぎた。

だから、なにをしても楽しい。

つか景色見ても違う景色に見える。

それまでは、なんか
楽しそうに生活してる奴らが
うらやましかった。

毎日仕事しかしてないオレなのに
なんてこいつらは楽しそうに生活してるんだ?

つか、そんなに余裕のある仕事してんのか?
とかマジで気が狂いそうだった。

でも、仕事変えたら
そりゃ楽しくなるわなあ・・・

だって心に余裕ができるもん

心に余裕がると
女に声をかけようとかそういった
いい意味での雑念とかがわいてくる笑。

スポーツジムで筋トレしまくりたいとか
どっか旅行行きたいとか
そのへん散歩しようとか

ブラックにいたときには
そういったことを全く思わなかった。

自分のペースで生きられてる今は
それができる。

 

なんだろう。

 

こんなに生きてる環境で
かわってくるんだ。

 

性格まで変わるくらいの
影響力がる。

 

自分のペースを保てないって
そりゃあ、なにもやる気が起きない。

それまでホント楽しそうなやつがうらやましかった。

学校でもなんか陽キャなやつとか
やりたいほうだいやってるDQNとか
言いたいことばかり言う奴とか

そいう自分のペースで生きてる奴
がうらやましい。

 

こいつらとのちがいって
環境だったんだよね。

というか、オレって
かってに自分からブラックとかにはいって
しかもそこで、辞めないでしごちゃっちゃって。

流される性格ってよくないよな。

 

自分で考えて選択して生き始めて
あきらかに生活が楽しくなった。

 

ブラックを辞める選択
製造業を選んだ選択
イヤなことはイヤという風に言うようになった
ガチでできないことはできないというようになった
友達も自分で考えて選ぶようになった
世間体とか気にせず自分で考えてから選ぶようになった

 

自分で考えて選択するって
やってみるとそんなにむつかしいことじゃないし

この感覚で生きてるほうが
生活が楽しい
楽しく感じる

人生って、自分の考えで
生きてるかどうかなんだよね。

マンガの主人公って
自分で考えて選択する

スラムダンクの桜木花道も
とにかく自分のペースというか

ワンピースのルフィも
自分のポリシーで生きてる。
絶対に曲げないと言うか。

人の意見を聞くことも大事。
ただ、意見を聞いてみて
それを自分の考えとくらべてみて
考えてから選択するってこと。
人の意見そのままはヤバい。

 

現実も自分で考えて選択するほうが
楽しく生きられる。

 

どうせ死ぬんだから、そういう生き方のほうが
後悔もないんじゃないかと。

 

こんなことしてたら
自分のペースで生きられる環境ができた。

生活に余裕がある
↓↓
生活が何となく楽しい

生活に余裕がない
↓↓
好きなことをやっても楽しめない

 

自分のペースで生活できるっていう
ベースが無いと
なにやっても楽しくないんだよね。

 

自分のペースで生きていくことができるようになって
やっぱり楽しいことが増えた。

それは「楽しいと感じるよゆうができた」
とおなじなのかもしれない。

 

今日はこんなことを思ったので
記事と書いてみました。

 

----------------------

追記

僕は新卒でブラックに入り

ノルマ・パワハラ・長時間労働・モンスタークレーマー・・・・

一通り経験してしまってから
メンタルを病んでブラックを辞めました。

そこから、定時で帰れる仕事について
生活が楽しくなってきました。

ぶっちゃけ環境が変われば
生活が楽しくなる。

ブラックにいたから楽しくなかった
とくことを経験しました。

結局、自分のいる環境で
生活は変わってしまうものだと
ということを実感しましたわけです。

なので、ブラックにいる時間は
人生のトップのイヤな時間でした。

だからブラックにかかわらないってことが
大事なんじゃないかと思ってます。

そうすると人生も楽しくなるし。

 

この記事では
僕が生い立ち、ブラックで経験したこと
今にいたるまでがわかります。

 

マサのプロフィール ブラックから抜け出してほしい思い

--------------------------

メルマガもやってます。

ブラック企業を辞めたい、関わりたくないといった方に
情報を配信しています。

→メルマガの詳細はコチラから

 

ブラック脱出
e-blackをフォローする
ブラ脱