ブラック企業は入社5年以内で転職すべき理由 転職時期を失敗すると悲惨ですよ

杜に迷い込む人

ブラック企業に入って入社5年目くらいって、自分の会社での立ち位置がだ以外わかってくる時期です。

上司を眺めていると、このくらいの出世してもこれくらいの賃金しかもらえないとか、だいたい今時はポストが無くて出世自体もできるの?という疑問も出てくる時です。

入社したばかりはガムシャラに働いていた人でも5年くらい経つと、「会社の中での自分の未来予想図」がたいたいイメージできるものです。

そういうイメージがあるときに、このまま30代40代になっても年収が上がる見込みがない、というか会社自体が存続されているの?ということもイメージできてしまうこともあります。

特に「年収」と「ポスト」はサラリーマンにとっては人生に直結しますよね。年収が300万円とかでそのまま上がらなかったら30代で350万円くらいの収入って。考えてみると地獄です。でも実際今時はそういう会社多いんですよね。そんな上がらない年収が見えてきてしまう入社5年めです。

しかも、上にあがるにしても空いているポストが無い。課長とかになれるとしても50人に1人くらいの割合。倍率50倍??

しかもフルに働いて上司にこびへつらって頑張って課長になってもせいぜい年収が400万とかだったらやる意味はないです。

逆にいうとそういうことを客観的に入社5年目になったら自分の行く末を考えてみるのって大事ですよね。そこで未来が無かったら転職するのは当たり前の行動です。そうしないと将来が暗いんですからね。行動したほうがいいです。

ここでは入社5年目で注意するポイントと転職すべき理由をご紹介します。

入社5年目って会社での自分の将来がはっきり見えてくる時期なんですよね 給料とポストをしっかりとチェックしましょう ブラック企業だったらなおさらです

入社5年目になると自分の給料がこれからどれくらい上がっていくかどうかが具体的にわかってきますよね。ポストもどのくらい仕事をして上司に媚びを売ればどれくらい上がれるかっていうのもわかります。特にブラック企業だと「媚びを売る」ことができないと絶対に上にはいけません。

それが年収が300万円台だったら悲惨ですよ。30代になって400万円台弱とかだったら、まともに家庭を持つことは難しいかもしれません。よほどできた嫁さんが共働きとかしてくれないときついですよね。

給料を上げるためには出世するのが一番の早道ですけど30代後半くらいの課長で課長になっても年収400~500万円弱という会社もあります。まだマシなのかもしれません。

課長になるってさっきも言いましたけど50人に一人くくらいでしかも、仕事ができるだけじゃあ出世できません。上司に気に入られてゴルフとか言って媚び売りまくらないとなかなか出世できません。そこまでして400~500万円弱の賃金・・・

一方では平社員でも30代くらいで年収500万円いく会社ザラにあります。そこに勤めている人が特別有能というわけではなく、たまたま選んだ会社がよかったというだけです。

そうです会社の選択で年収が100~200万円くらいの差があるんですよね。

今の会社で死ぬ気で出世するより、サラッと会社を変えたほうが全然労力も低く年収を上げることができます。

これって、どうしてみんな気づいていないのか?というか気づいているけど行動していないだけなのか?といつも思います。

「会社を変えるだけで年収が上がる」ということは真実なので、そこは無視しないほうが良いです。

その時に入社5年目というのは大事な時期なんですね。まだ20代後半ですし、職歴も5年あるわけです。まさに転職するにはベストのタイミングです。30代前半でもまだいけるんですけど、20代後半がやっぱり未経験の職業にも転職が容易なので

タイミング的には入社5年目がベストです。タイミングを計るのはかなり重要です。

「この会社にいて未来はないな」と思ったら即転職です なぜならあと数年で30代になってしまうからです

「年収」「ポスト」の将来的な見込みを見るのも大事ですけど、もっと大事なのはもしかしてあなたが「この会社にいて未来はないな」と思っていらた即転職です。

その感覚ってかなり大事ですよ。そもそも、あなたは「この会社未来はないな」と思っている会社で今後働いていたいですか?

多分イヤイヤずっと働くことになります。10年後かなり後悔している可能性が高いです。

仕事ってイヤイヤやる部分もありますが、会社自体に「大丈夫か?」という不信感を持った時点でかなりキツイです。

その感覚ってあとあとものすごく増大してきます。そして結婚して家庭をもったりする。もしくは住宅ローンを組んだするとハイもうその会社から逃げることはできません。そうなったときにとてつもなく後悔するパターンがかなり多いです。

私の知人もそうい後悔をしてる人がけっこういますね。特に住宅ローンは鬼門です。組んだらもう会社から逃げられませんしね。

まだ入社5年めならそういったまら自分自身で行動できるでしょう。その時期に転職するというのはかなり大事な行動になります。

家庭を持ったり住宅ローンくんじゃったりすると、自分の意志とは関係なしに身動きがとれなくなってきます。これって怖いですよ。そういう意味でも入社5年目の「この会社未来はないな」という感覚があったらヤバイです。

転職って5年のキャリアがあって20代ならそれほどリスクは無いです そこを勘違いしないようにしましょう

転職するってリスクが高いと思われていますけど、そのリスクも年代やキャリアによって大きく変わります。

キャリアが5年あって、まだ若いっての逆に転職に有利です。リスクというより、メリットの方が多いですね。

40代でキャリアが少いっていうのならリスクはあります。転職はそういう人のとりまく状況によってリスクはかなり個人差があります。

そう、逆に入社5年目は自分のイメージしいる年収や仕事内容を実願するためのチャンスの時期なんですよね。

これを認識していない人が多すぎる。だから、入社5年目という時期をスルーしてしまって30代後半とかになってものすごく公開する人が後を絶たないんですよね。

もし、今自分の年収があまりに低い、そもそもこの会社では未来が無いと思っているなら行動しないと30代後半あたりでものすごい後悔の念が出てくるでしょう。

ただ、一人で転職活動をすると求人情報を集めたり面接対策がかなり面倒です。転職エージェントを利用することで

質のイイ求人情報を得ることができたり、面接対策のアドバイスをもらうことができます。

転職エージェントを利用して入社5年目での転職を効率的に進めよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正に合わせてピックアップしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!