面接のあがり症対策方法 緊張受入・マインド・模擬面接で克服する

悩む牛

まず、面接で緊張い人なんていません。面接してるときに、家でくつろいでいるくらいリラックスしてる人なんていないでしょ?あがり症の人ならなおさら緊張しますよね。

なので、緊張するってことをそれほど恐れることはないんですよね。 ただ、緊張のあまり「何にもしゃべれない」とか「とんちんかんなことを言ってしまう」というくらい緊張してると確かにヤバいです。

緊張するって、適度に緊張するのはいいことなんですよ。緊張することで頭は冴えるし、口調もきびきびしてきますからね。 その度合いが高すぎると、体がこわばったりして話せなくなったり、頓珍漢なことを言ってしまうんですね。

面接で緊張しないようにするってのは「緊張しすぎ」を少しほぐして「適度な緊張」にするってことです。あがり症の場合はこの「過度な緊張」になってしまうんですよね。適度な緊張はイイことなんですけど過度な緊張は身体を硬直させて言葉が出てこない場合もあります。

この「適度な緊張」をどうやって面接時にどうやってもってくるかがキモになってきますね。

あがり症って言っても、緊張しまくりで死ぬわけじゃないですからね。面接で緊張すると言っても死ぬわけじゃあありません。

逆に面接がうまくいななくて、焦ってテキトーに選んだ会社がブラック企業だったらどうします?けっこう過労死とかでなくなってる人が現実にいるわけです。そう、会社選びを間違うと大げさではなく命に係わるわけです。

実際私も新卒で入った会社でうつ病なって転職したクチですけど、ほんと自殺寸前でしたからね。その時に会社選びを間違うと命に係わるってことを学んだわけです。

だから、あがり症対策はやったほうがイイってことですね。対策しないと解決しないわけですからね。

関連記事:面接対策をしっかりやっていく方法

面接は「緊張」するのは当たり前 自分が緊張している状態でも話す訓練が手っ取り早い

「適度な緊張」をもってくるには、まず大前提のマインドで、「面接は緊張するのは当たり前」ということを受け入れましょう。 そして、緊張している状態でも、うまくしゃべれるようにするように行動します。前もって準備するわけですね。

「私は緊張してるけど楽しいなー」とか意味不明ですけど、緊張しているのを楽しむくらいの気分がちょうどいいです。

そう、最悪なのは

「緊張しないようにリラックスしよう、リラックスしよう」

と念仏のように思い込んだりすると、これがまた絶対リラックスしません。というか面接のときの緊張をほぐそうとしたって無理ですよ。無駄なあがきになります。

そんなことをするより「緊張している自分」を思い切り受け入れましょう。緊張している状態でもなんとかしゃべれるようにする対策をしたほうが、まったくもって解決は早いです。

面接で緊張して、言葉がどもったり、頓珍漢なことを言ってしまうという人は、たいていが

「緊張しちゃダメだ」

と思い、緊張をほぐそうとしています。でもそれは永遠にできないことです。人間、あがり症の人とかってそれ一種の体質なので、体質改善となるとメンタルケアや専門家のコンサルディングが必要ですからね。

体質をどうこうするより、緊張する体質を受け入れて、その精神状態でもなんとかしゃべれる。面接での受け答えもやっていくという対策を取れば一番早く解決してきます。

緊張してもイイじゃないですか、そういう自分を受け入れましょうよ。

そう人間て多かれ少なかれ緊張するんですよ。でもその緊張がし過ぎるのが「あがり症」なんですよね。まあ、緊張してる状態を受け入れるっていうことをしたほうがいいですよ。

結論言うと、どんなにあがり症を克服しようと思っても緊張します。これはしょうがないですし、わたしだってかなりのあがり症です。

それでも、その緊張した状態を受け入れて、

「まあ、緊張してるけどやってみるか」

位のスタンスでやっていくことです。いきなりいい結果は出ませんけど、緊張するのは当たり前くらいのマインドで面接とかをやってくと人間だんだん慣れてきます。慣れてくればまあ、あがり症もけっこういい感じで回復してきます。

面接は「緊張するもの」と割り切れば、徐々にリラックスしてきます。どうせ緊張するんなら緊張まくってみようかくらいのマインドがちょうどいいっすよ

というわけで「面接は緊張するもの」と割り切りましょう

実際緊張するものです。緊張した状態で、そのうえで面接官の受け答えをしていく状態をイメージしながら面接のシュミレーションをやっていくのがベターな対策です。

だから模擬面接とかである程度自分がこれくらい緊張すだろうなと覆って模擬面接しないと、あまり意味はありません。

面接訓練はガチでやる必要があるんですよね。テキトーにリラックスして模擬面接していても時間の無駄なんですね。

特に緊張体質のある人はなおさら、模擬面接はガチでやって緊張する感じで自分をあえて追い込んだほうがイイです。 転職に真剣で内定が欲しいなら、模擬面接はここまでちゃんとシュミレーションできれば、かなりうまくいきますよ。そこまでやってる人ってあまりいないですもんね。

だから、模擬面接をしっかり作り込んでいる人は内定がものすごく近くなってきますよ。

そう、転職活動であがり症の人がいきなり本番の面接を受けるってのは自殺行為ですからね。模擬面接を何度かやってもらって、面接慣れするのは必須です。

いきなり本番の面接受けても効率が悪いですからね。というか機会損失してしまいますからね。

何度か面接をそういうマインドで受けていると慣れてきます 結局「慣れ」もかなり重要な要素です 転職の面接は「練習気分」で臨んでいきましょう

というわけで、模擬面接のほうを本番の面接とおもって練習して、逆に本番の面接は「テキトー」にやるくらいのマインドでやるのがちょうどいいです。

面接で緊張してしまう人は、実際に本番では「この会社別に落ちてもイイな、会社っていくらでもあるしなあ」っていう感じでテキトーに受けるくらいのほうがいいです。

これスポーツでも、試験でもなんでもそうんですけど、やっぱり「練習=模擬面接」は必要ですからね。やってないとやってるとでは天地くらいの差があります。 受験の時を思い出してください。あなたも模試とか何回も受けたでしょ?いきなり本番受ける奴なんていないですからね。

そう、面接も一緒なんですよね。

受験の時ってあんなに模試をうけるのに、転職とかだと模擬面接あんまりやんないのって何でですかね?

人生の重要度で考えると、受験なんかよりも全然「転職のほうが人生の重要度が高い」と思います。本当に。

だって、どんなにいい大学出てもブラック企業につかまったら終わりです。ほんと終わりですよブラック企業につかまると。 でも、学歴低くても定時で帰れて仕事も楽しく、給料もなかなかもらえる会社に入ったほうが全然いいじゃないですか?

私は転職のほうが受験なんかよりも、もって模擬面接とか対策をして面接受けたほうがイイと思います。 それだけ人生を左右するんですよ。職業ってのは。だからここは力を入れてもいい部分だと思います。

そう、仕事って60歳までやるんですよ。下手すると65歳までやるってことですね。いや・・・そんなに働きたくねーな見たいの思うのは私だけでしょうかね?キレイ事いうのはこりごりなので、働くのが好きとかいう人は頑張て80歳くらいまで仕事してください。私は嫌ですけどね。

そう何が言いたいかって言うと、長く働く会社がブラック企業だったら悲惨ですからね。だからまあ、あがり症があるとか無いとかもありますけど、どのみちブラック企業とかに捕まったらジ・エンドです。人生がけっこう傾いて悲惨なものになります。実際そういう人を何人も見てますし、最悪、過労死してる人もいます。

だからまあ、あがり症ってのもわかりますけど、それは対応していくしかないわけですよ。あがり症が理由でブラック企業とかに捕まりたくないでしょ?そうなったら人生けっこう終わりですからね。

だったら、緊張を受け入れて、模擬面接とかやって、あがり症対策したほうがいいでしょ?ブラック企業につかまるよりは782倍いいですからね。

緊張する人は「緊張受け入れ」「落ちてもイイやというマインド」「模擬面接」で対策しましょう

面接対策をするには、こういった対策をしていくことで緊張しながらでもなんとか結果を出せる方向を見出すことができます。 ただ模擬面接って一人じゃできないですよね。面接対策は転職サイトを利用するのが必須です。

専任のエージェントについてもらって、アドバイスと受けながら面接対策をしていくのが一番近道です。 こういうその道のプロの手を借りるというのが、転職という人生であんまりない活動をするときには、ものすごく重要なんですよね。 使えるものは使って行きましょうよ。転職サイトを利用すると転職活動がすこぶる効率よくなりますよ。

私もどっちかと言うと緊張するタイプですけど、やっぱり、試験でも面接でもなんでもそうですけど「シュミレーション」をやればやるほどやっぱり緊張で失敗することは少なくなってきます。

よくあるのが受験の「模擬試験」とかが解かりやすいですよね。模擬試験も何度も何度も受けるじゃないですか。これって学力を上げるためと「場慣れ」するためにやるわけです。

模擬試験は何度もやるのに、模擬面接とかはあんまりやらない人が多いんですよね。これも本当は何度も何度もやったほうがイイに決まってます。極論言うと模擬面接100回やれば緊張とかも感じなくなるくらいですよ。人間て精神的な構造で慣れてるときには緊張しなくなりますからね。

学校とかでも初日は緊張するけど、そのうち何にも緊張しなくなるでしょ?それは毎日通ってるからなんですね。まああまりに当たり前のことを言って申し訳ないんですけど、模擬面接の回数は多ければ多いほどいいです。あがり症の人は、転職活動のメインをそういったシュミレーションに置いたほうがいいわけなんですね。