中途採用の面接で前の会社でやってきたことをアピールする方法 転職の時に必ず必要なポイントです

面接でよく聞かれるのが「前の会社でやってきたこと」とかですよね。もう転職での中途採用の面接なら鉄板の質問です。

実際、これで頭を悩ます人も多いと思います。

「だってさあ実際、前の会社で実績なんてないよな・・・」

「前の会社っていってもただ仕事してただけだしなあ・・・」

と思いますよね。というか安心してもらうつもりもないんですけど、実際、仕事に対してそんなに前向きに取り組んでいる人なんて全体の1割くらいですよ。

現実はお金と生活のために、イヤイヤやりたくもない仕事をしている人が9割以上です。

ただそれだとかっこ悪いし、会社からの評価もあるので「こういうことをがんばっている」みたいなことをめんどくさくてもアピールしているわけです。人間そんなもんです。実際、そんな仕事をガチで前向きにやってる人いますか?

とまあ何が良い対価と言うと、そんなにみんなたいした実績とか経験なんてないので安心してくだい。

それよりも、自分がやってきた仕事をいかに面接で「うまく」アピールするかで勝負は決まってきます。

そのためにはいかに自分のやってきたことを「具体性」をもってアピールするかにかかっています。

では実際にその方法を見ていきましょう。

前の会社でやってきたこととか経験は「具体性」が大事 どんなにすごいことをやったかより具体性を重視しましょう

とにかく、面接で最初に聞かれるのは

「前の会社で何やってたの??」

とか聞かれます。というか違う場合もありまるけどおおよそ転職の面接ではこういう入りになってきます。

実際にはバイトだった人もいいるでしょうし、輝かしい仕事をしていた人なんてほとんどいません。

そこで、大事なのはどれだけ「具体的に自分のやってきたことをアピールするか」です。

具体的というとどんあふうか??ということですけどたとえば

A・・・「私は前の会社では、いつもノルマ達成の努力をしてきました。お客様がもとめる商品を常に考えて提案し、お客様が満足するような商品を厳選して提供してきました。毎日お客様に訪問してノルマを達成して、会社の利益に貢献してきました。」

B・・・「私は前の会社では、ノルマ達成のために見込み客を100名にするまでテレアポを行い、そのうえで実際に訪問してより商品を購入してほしい30名まで絞っていくことで効率のイイ営業を行ってきました。

商品のメリットを80%デメリットを20%お客様に伝えることで、メリットだけを伝えるよりもより高い信頼感を得ることでその30名のうち25人を実際に制約することができました。これにより売り上げノルマも90%達成できることができて、表彰をいただいたこともあります。」

とAとBではどちらが具体的かというと「B」ですよね。似たようなことを言ってるんですけど、実際に「数字」をつかって

いるので、リアリティが全く違います。

実際に前の会社でどれくらいの仕事をしたなんて、調べようがありませんし、わざわざ前の会社に電話して聞くこともできないはずです。

ある程度数字は盛ってもイイですよ。といっても完全にウソだときついですけどね。

あまり嘘ついてかりに中途採用されたとしても、そのあとの会社で期待されていてしごとでなかったらアレですしね・・

とまあそんなことはさておき、とにかく「前の会社の実績や経験」はなるべく「具体的に数字などを使ってアピールする」ということです。

こういう具体的に数字をつかってアピールすることができる人は「仕事ができる」と思われます。

そう面接官も、そんなに輝かしい実績なんて持ってる人なんて1000人に一人くらいってのはわかっています。

そう実際には「どれだけ具体的に自分をアピールできるかどうか」を見ているわけですね。いわゆる「プレゼンテーション能力」ってのを見ています。

実際には、すごい実績があるかではなく「自分をうまくアピールできるか」を面接では視ています

そう、実際に転職の面接で「前職の実績や経験がすごいかどうか」っていうのはあんまり見てないです。

もちろん、そういう実績とかあったほうがイイにきまってますけど、実際話は盛ることはできますし、

いくら実績があったからと言っても、仕事って実際にやらせてみないとわからないことがほとんどです。

前の仕事はできたけど、転職した仕事では力を発揮できないなんてことは、ガチでよくあるパターンです。

前職の経歴なんかよりも、それをどうやってうまくアピールするかどうかを見てわけですよ。そういう力って仕事にはメチャメチャ大事ですからね。

悪く言えば「ハッタリ」の力、よく言えば「プレゼンテーション能力」です悪くても良くても仕事では自社の商品をアピールしたり、営業でもそういったアピールの力はものすごく大事ですからね。

そして、そういうことができる人は、実際に会社に入ってもうまくコミュニケーションもとれて細かく気配りもできるために職場内でうまくやっていく可能性も高いです。

いくら仕事ができても、性格的にとがりすぎていて職場に順応できないような人材もいらないわけです。

平たく言うと「仕事がそれなりにできて、会社に順応してうまくやっていけるであろう人材」が欲しいわけです。

別に仕事が抜群にできるスーパーマンがほしいわけじゃあなんですね。

そいいうわけで話は戻りますけど、「自分の実績や経験」はなるべく具体的にアピールして表現していきましょう。

これって、面接前の準備も必要ですから、そういう事前準備をしている人が勝ちます。転職の面接は事前準備が9割ですからね。しっかりと準備して面接に臨むようにしていきましょう。。

実際にうまく前職の実績と経験をアピールする自信がない時は転職エージェントに相談してみよう


こういう風に「自分の実績や経験」をアピールするんですけろ、実際自分ひとりで考えようとしても転職が初めての場合とかはなかなかむつかしいものがあります。

自分で考えるのにちょっと自信がない時は、転職エージェントを利用して、転職のプロであるエージェントのアドバイスをもらうのがおススメです。

実際に面接の対策って自分ひとりでやるより、やっぱり第三者からの目線があったほうがいいんですよね。

模擬面接もできますし、実際に自分アピールが独りよがりになっていないかどうかもチェックしてもらうことができます。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!