33女性で共働きで小さい子供がいる場合 定時で帰れる会社に転職が必須な理由

33歳のあなたはまだ子供が小さくて、仕事もなかなか目いっぱいできない状況でしょう。

会社の空気もありますけど、できれば早く帰って子供を早めに寝かしつけたい状況ですよね。保育所の時間もありますし会社が「仕事は残業してナンボだ」みたいな今時無いようなモーレツ社員ばっかりの空気の会社だとあなたにとっては最悪ですよね。

でも、そこそこの給料をもらえるから辞めることもできないというのが現状でしょう。

でもねえ、実際定時でルンルンで帰れる会社もいっぱいあります。私の勤めていた製造業とか女性はたいてい定時(17時)に帰っていきます。

そう、子育てがキツイ時なんですよね33歳って。子供ももう一人ほしいと思っている人もいるでしょう。

そんなときに、帰りの時間がいつも遅い会社だとかなりきついですよね。そういう会社は子育てとかそういうものにあまり理解はありません。

会社なんていくらでもあるので、そういった状況ならサクッと労働環境を変えていくのがベターです。これから仕事をつづけていきたいならなおさらそういう行動が大事になってきますよ。

結局会社の子育てへのが無いと仕事を続けていくのが厳しくなってくる 仕事は続けていきたいですからね

結局、会社によって「子育て」に理解があるかないかってのはその経営方針とかトップによって全く違いますからね。

一般的に大企業と言われている会社でも、そういう女性の子育てとかにはまったく関心が無い会社とかありますし、中小企業でも女性にとっての子育てに対してかなり理解の深い会社とかあります。

私の基居た製造業とかはそういう「子育て」には理解がありました。まあ会社の仕事内容は嫌いでしたけど、実際そういう「女性に対してはかなりやさしい会社」でした。

子供が病気になれば早退している女性も普通にいましたし、子供の熱で突発で休みを取っている女性もたくさにましたしね。

そう、女性の子育てに理解があるかどうかってホント「会社の空気・会社の方針」なんですよね。ぶっちゃけ会社で女性の子育て対応が楽になるかきつくなるかってのは決まってきます。

33歳の女性に小さい子供がいようがなんだろうが、普通の男性社員と同じように扱う会社もありますからね。

そのあたりの会社の選択が間違っていると女性の子育ては悲惨な状況になってきます。そういう時は会社の労働環境が

おかしい???と思うほうがイイです。今時、女性の子育てに理解のない会社ってのは遅かれ早かれひずみが生じていきます。

時代の流れに乗り遅れているわけですね。第一そんな経営してる会社ってイヤですよね。

結局子育ては旦那と会社の理解が無いと悲惨な状況になってきますよ

子育てはあなたが頑張ってるかどうかよりも、そういう「外部の要因」がモロに影響してきます。あなた自身の身の回りだけのことじゃあないので、どうしても外部の要因が協力的じゃないと、とても回っていは行きません。

そりゃそうですよね。子供のことなんて共働きとかで旦那が子育てに協力的じゃなかったら、とても働きながら女性はやってられません。といいうか無理ですよね。

それに会社の理解というか、理解までは行かなくても毎日帰りが遅いような会社だと子育てはアウトですからね。物理的に無理です。

旦那は変えることができませんから、子育てに協力してもらえる体制にもっていくとして、今務めている会社は簡単に変えることができますからね。

というか今後のためですからね、会社を変えるのって。子育てに理解のないような会社だったら、そのまま長く勤めていようってのもちょっと厳しいです。それだけ労働環境があまりよろしくないわけですすからね。

今はまだ33歳くらいで体力もあるのでいいですけど、30代後半になると体力的にもガクっと落ちてきますし、なかなかそのまま長く勤めていくのにはかなり不安があります。そろそろ会社の選択を感がる時期に来ているのではないでしょうか?

定時で帰れる仕事はたくさんあります そういった労働環境を速めてに作っておきましょう

いつやるの?今でしょ
定時で帰れる仕事って公務員だけだと思ってませんか?いやけっこうありますよ。

製造業とかの事務とか現場なら定時で帰れますし、女性ならなおさらみんな定時でかってますよ。

普通の会計事務所とかの女性も定時で帰ってますし、けっこう事務系の仕事は定時が多いです。もちろん月末とかは多少残業がありますけどね。普段はキッチリ定時です。

逆にダメなのは営業とかですね。生命保険営業とか最悪です。飲食業とかそういうののマネージャーとか現場も最悪ですよね。

とにかく、普通に定時で帰れる仕事ってのも世の中多いです。単に今いるあなたの職場がそうでないだけで、探せば定時あがりの職場ってたくさんありますよ?

でもそういう職場の求人てハローワークとか求人誌では乗ってません。このあたりにのってるのはブラック企業大賞に出るような会社が多いですからね。

33歳の子育てをしている女性が定時で帰れるような仕事を探すなら、転職エージェント一択です。

転職エージェントには非公開求人があるので、そういう求人を多く抱えています。あたなと転職のプロであるエージェントが面談をして、「定時で帰れる職場」という希望を出しておけばそれに合わせた求人をせんたくしてくれます。

求人はエージェントが審査をしているのでブラック企業がないのがポイントですね。これは大きなメリットです。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!