パワハラ上司の末路は悲惨 会社から捨てられ誰からも無視される人生

ガッツだぜ

パワハラ上司ってのはどんな会社にもいますし、営業とかの仕事だったり体育会系の雰囲気の会社だと半分以上がパワハラ上司だったりなんて会社もあります。

パラハラとかってかなり問題になってますけど、昔はそういうのが当たり前だった・・・・・なーんて言われていますよね。

昔は、それなりに会社に居れば給料も上がっていった時代ですし、パラハラされてもみんな我慢してただけなんですよね。

だけど今の時代なんて、給料もろくに上がらないで低賃金で激務でこき使われて、しかもパワハラなんてやられて日にはそりゃあ、我慢しないですからね。

それと、ネットでもういくらでも情報が入りますし、普通にパラハラでも軽く処理すればパラハラ上司とかなんて潰すことができるってことが、情報でわかるようになってきました。

そう、パラハラ上司とかってパワハラやってると高確率で潰される時代になってきたんですよね。

そこまで人間てバカじゃないですからね。パラハラを絶対に反抗しない部下一人にやってるならまだしも、複数人にパラハラやってればその中の一人が普通に労働基準監督署 とかに相談しますからね。ちなみに後述しますけど、労働基準監督署にちょっと相談すればパラハラ上司って高確率で左遷されたりします。

そう、もうパラハラ上司が思う存分パラハラできる時代でもなくなってきたんですね。もちろん、パラハラ上司ってのはけっこう仕事は有能だったりして、自分より強い物 いは低姿勢で接するのでけっこう出世するんですよね。パラハラやる人間も厳選して自分よりも圧倒的に立場の弱い、小心者的な人を選んでパワハラします。

そう、こう書いててわかるようにパラハラ上司とかってのは人間的には

「ゴミクズ」

なんですよね。キレイな言葉とかで言ってもしょうがないので、人間としては「ゴミクズ」です。そりゃあまあパワハラっていうかイジメやるくらいですからね。

でも、今の時代こういったパラハラをやると自分の首を絞めることになるって言う時代になってきたんですよ。

関連記事:嫌いな上司を潰す方法

クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。

パラハラ上司ってのは出世するか、途中で挫折するかの二択を迫られています 昔はみんな黙ってパラハラを受けていましたた今時ではかなりパラハラするのは状況が厳しくなってきています

パワハラ上司ってのは

「出世するか、途中で倒れるか」

の二択ですね。極端な人生です。それこそ昔はパワハラ上司ってけっこう出世しました。パラハラしてもみんな我慢してましたし、社会的にもとやかく言われないっていう時代背景もありましたからね。

今では、パワハラするのって諸刃の剣なんですよね。

パラハラってそもそもイジメですし、やってる本人はパワハラやってる自覚のないサイコパスの人間が多いので、結局、会社を出れば誰からも相手になれないって人がほとんどです。

→参照 精神病質(サイコパス) ウィキペディアより

そういう人でも、会社にいればパラハラできるし、一応社会的地位もあるし、やりたい放題できた時代でした。

でも今では、かなりパラハラが表ざたになっていてちょっと労働基準監督署に相談したり、弁護士に相談すれば簡単にパワハラ上司は潰すことができる時代になったんですね。

会社がパワハラ上司にを放任してるというか、イジメを黙認してるのは

「会社にメリットがある」

からです。パラハラ上司は部下をとことんこき使って、成績を上げたりするので管理職としては会社にとっては都合がいいんですね。会社の指示はなんでも聞いて全部部下にとことんやらせるので、会社にとっては非常に使いやす駒です。

だから、ある程度はパワハラ上司は出世するんですよね。パラハラをやってる・・・・というか普通にいじめをやっていても会社にとってはそんなことはどうでもいいことです。

人間性とか優しさとか人としてどうとかそういうのは会社にとってどうでもよくて、会社にとって利益を上げてくれればそれでいいわけです。

だから、そりゃあパラハラとかいじめやってても会社は黙認します。極論言うと表ざたにならない限り会社はパワハラとかイジメとかは黙認するわけですね。

そうこの

「表ざたにならなければ」

ってのがポイントです。逆に言うと、こういったパワハラが「表ざた」になってしまうと、会社もあっさりとこういったパワハラ上司を切り捨てます。

会社は会社にとってメリットがあればそれを保護しますけど、デメリットになるとわかった瞬間あっさりそれ(その人間)を切り捨てます。

パラハラとかが表ざたになると会社のイメージが悪くなりますからね。そういうのが表ざたになるとそのパラハラ上司は簡単に左遷させられたり、降格したりします。

だから、パワハラ上司って会社にとってメリットがあるから、パワハラしても会社が「守ってくれてる」みたいな状態なんですよ。

だから、パラハラ上司ってパラハラやりまくっても当然処分とかされずに、それどころかもっとやれ的なことを会社から言われたりしますからね。

「パラハラをやれ」とかって指示はないですけど、どんな手を使ってでも部下こき使って利益を上げろ的な指示はありますからね。平たく言うとパワハラ上司ってのは 会社に守られているので、どう考えても人間的におかしい行動でも

「会社内では認められてしまう」

ってことです。

でもまあ、パワハラが表ざたになればその上司は会社のお荷物に代わるので、パワハラ上司を潰したいならパワハラを「表ざた」にすればいいだけです。けっこう簡単です。

だから、結局、パワハラ上司ってこれからだんだん生きていくのがつらくなってきますよ。そりゃ単純に恨みも買いますし、そもそもパラハラなんてやってるくらいですから 人間的も嫌な人間なので友達もいないでしょうしね。こういう人でも結婚して家庭をもって、子供がいたりするのにも驚きです。子供に「イジメはダメよ」とか言ってるんですかね?

最近では、けっこうパワハラを「表ざた」にするのは簡単なので、パワハラやってる上司は簡単に悲惨な末路を歩んでいきます。

まあそりゃあ、パワハラやってる人間が出世していい思いばっかりする世の中ってのもなんか違うな・・・とは思いますしね。そういう会社とかってどのみち長期的に みれば傾いていきますよマジで。

意外と知らないんですよね サクッと労働基準監督署に訴えればパラハラ上司は高確率で潰すことができるってことがね

あと、上述した

「パワハラが表ざたになる」

っていうのは、たとえば会社の外にパワハラしてるという事実が漏れるということですね。これってたとえば労働基準監督署とかにパワハラがあるってことを相談すれば簡単にパワハラが表ざたになります。無料ですし、高確率でパワハラ上司は左遷とかさせられるので、とりあえずパワハラ上司がいて、さすがに人道的にヤバい状況だったらサクッと労働基準監督署の相談しましょう。

できれば、パワハラ上司とのやりとりとかをボイスレコーダーとかで録音して、労働基準監督署に相談しましょう。無くても大丈夫ですけどね、今後のためにパワハラの録音はやっておいたほうがイイです。どんな場所に出てもその録音音声があれば、ほぼあなたに有利に進みますからね。

労基に相談すると、労基から会社に「勧告」が出ます。勧告ってのは

「お前の会社パワハラやってるだろ、いい加減にしないと会社名。公表するかもしれないぞ」

っていうような勧告です。

こういった勧告が出れば会社はスグに動きます。そりゃあ、パワハラがある会社なんてことが世間に知れたら、会社のイメージが落ちて大損害ですからね。

そんな超デメリットになる要因を会社がほっておくわけがありません。ソッコーでそのパワハラ上司はさせさせらてるわけです。

これって、実際私が前に勤めてた製造系のメーカーでありましたしね。労基に相談したら、そのパワハラ上司はあっさり左遷させられました。そりゃそうですよね。会社って 会社にメリットのあるうちはパワハラ上司を保護しますが、会社にデメリットがあるとわかった瞬間、すぐに抹消しますからね。

皮肉なもんですね、パワハラやって会社から保護されいたのが、一転して抹消されるわけですからね。

調子に乗ってパワハラをやってるのって会社からのあ保護があるからなんで、その保護がなくなったら誰も助けてくれません。それどころか、恨みも多く買ってるので、 けっこうその後は悲惨ですよ。露骨にゴミ扱いされたり、だれも相手にしてくれなかったりとけっこうみじめな院生を送ることになります。

パラハラ上司が一度潰れるとけっこう悲惨です そりゃうらみを買ってますし、誰からも相手にされませんしそもそもそういった人間は家庭とかでもうまくいってないでしょうからね

パワハラやってるんですかから、そりゃあそういう上司は恨みも買ってますし、そもそも家庭とかでもうまく言ってるとはとても思えません。人をイジメるような人間が

まともに家庭とかでうまくいくと思いますか?いや・・・・むりでしょ。私も自分の奥さんがいじめをするみたいな人間だったら離婚しますし、そもそもそういう人間とはかかわりたくないですからね。

それでもって、会社で左遷とかくらえばもう誰も相手にしてくれないでしょうしね。いやだって、パワハラとかやる人間と関わりたいと思う人っています?

絶対に嫌ですすよマジで。会社の中でしかそういう行動が出ない人間と一緒に居たいって思う人間はいませんからね。

だから、パワハラ上司はパワハラができなくなったら、会社に必要ないわけです。っていうか会社にとって必要だったのがその「パワハラ」であってその人間はどうでもいいわけです。

そのことがわかってないんですよね。パワハラ上司って人生をトータルで見ると、どれだけ自分が人生でヤバいことをやってるかってわかってないんですね。ほんと

「誰にも相手にされない」

状態になりますよ。だってパワハラやってイジメとかやってそれをやってる人間性なんてそう簡単には治らないですしね。そういう人間は会社以外でのニーズはまったくありませんからね。

だから、パワハラ上司って結構末路は悲惨です。定年までもったとしても、だれもそのあと相手にされないでしょうし、地域のつながりとかもまあ難しいでしょうね。

そういう人間性ってのはどんなに隠そうとしても出ますからね。哀れなもんですよ。誰も友達がいない、というか知り合いにも煙たがられるっていうのは 結構きつい人生です。

まあ、人から好かれる必要もないとは思いますけど、嫌われている人のほうが多いってていうのはちょっとかなりきついですからね。といってもパワハラ上司は完全に自業自得なんで1ミリも同情できないわけですね

余談ですけど、こういった上司って状況が変わると、手のひら返したように弱気な態度に出ます。しかも「イイ人ぶる」感じのキャラになります。

もともと気が弱いくせに会社の保護でいい気になってパワハラやってるだけですから、まあゴミなんですよね。そうなってからはオオカミ少年じゃないですけど誰も相手にしてくれません。なんか悲惨ですよねパワハラ上司ってね。

私的にはパラハラ上司がいる職場なんてさっさと転職すべきだと思います そこまでして我慢して給料もらうくらいなら餓死したほうがいいともっますからね

私個人的にはパワハラ上司がいる職場(会社)なんてさっさと転職すべきだと思ってます。

これには理由があって、上述したようにパワハラ上司がけっこう極端に多い会社とかって実際あるんでよね。これって会社がこうやってパワハラやるような 人間を出世させて、ガンガン部下をこきつかって利益を上げるような経営方針の会社が多いんですよね。だからブラック企業とかってパワハラ上司が多いってのは簡単にイメージできますよね。

本来、上司ってのはこれじゃあいけないわけです。でもまあ、無理やりパワハラしてこき使ったほうが会社としては利益は上がりますからね。

でもまあこれって、長期的にみるとやばいんですよね。こういう会社って、仕事ができる人とかまともな人は嫌気がさして辞めていきます。そして残るのはその会社じゃないと生きていけないような人です。平たく言うと仕事できない人が残ります。

そりゃ、パラハラされたらまともな人は転職しますからね。バカバカしくてやってられませんから。

仕事やるだけのことで、必要以上にいじめられたりするのって全く意味不明です。そんなことやってるから会社が伸びないというかどうしようもない人間が増えていくんですね。

そういう会社はサクッと環境を変えたほうが無難です。そりゃ家庭を持ってて40代とかになっててどうしても身動着取れないとかなら、サクッとは行きませんけど(私なら

家庭が有ろうが40代だろうが転職しますし、転職できないなら即、労働基準監督署に相談します)20代30代前半とかならホントサクッと転職すべき状況なんですよね。

転職するにしてもブラック企業につかまってしまっては意味がないので、転職のツールはしっかりと選びましょう

転職するにしても、ブラック企業とかに捕まったらしょうがないですし、だいたいブラック企業ってパワハラ上司とかも多いですからね。転職ではブラック企業に捕まらないのが最優先事項ってことですね。転職ツールは効率のいいものを使うべきなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確いアドバイスをしてくれます。

転職って難しいと思われがちですし、なにより初めての場合何からやっていいのかわからないってのがありますからね。

しかし、転職は優良な求人を消化しいてもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は取れるもんなんですね。準備と対策をすれば内定は取れるわけでです。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるってい確認もできますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶうえでの判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア (公式)

 

JAC Recruitment(公式)

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!