営業でノルマを詰められる時の対応方法【毎日上司の説教】

営業でノルマを詰められる時の対応方法【毎日上司の説教】

営業をやってると上司にノルマを詰められるんでマジでメンタルがキツイよ

毎日毎日、ノルマのことを上司にネチネチ説教されて気が狂いそうだ

どうすればノルマを詰められないようになるのかな?

どうして毎日毎日、上司はノルマを詰めてくるのかな。頭おかしいのかな?

あたなは毎日のようにノルマを上司から詰められてるんでしょう。

 

これは、営業を経験した人じゃないとなかなかわからない世界です。

「かるい軍隊みたいな理不尽なことをフツーに言われる」のがノルマの詰めです。

 

私も地方銀行でノルマを上司から詰められるのは毎日。というか朝・昼・晩と詰められるといった感じでした。

ここでは

「現実的な」「リアリティのある」営業での上司からノルマを詰められる時の対応方法
実際に営業でノルマを詰められた時に言われたこと

などをご紹介してるのでごらんください。

スポンサーリンク
  1. 営業でノルマを詰められる時の対応方法
    1. ノルマを詰められたら上司に「どうすればノルマを達成できますか?」と質問する※上司を巻き込む
    2. まともな上司ならアドバイスをしてくれる
    3. ただの嫌がらせ的な上司だったら部下にアドバイスもできない
    4. 上司がアドバイスをくれないなら毎日のようにアドバイスを求める
    5. そのうち上司がノルマを詰めてくるのがめんどくさくなってスルーされるようになる
  2. 営業では上司がノルマを詰めても部下の営業成績はたいしてかわらずノルマも達成できない理由
  3. 「ノルマを達成すれことができれば上司から詰められない」という方法は無意味な理由
  4. 営業でノルマを詰められる理由
    1. ノルマを詰める上司もノルマがいかないと自分も支店長などから詰められるから
    2. ただのうっぷん晴らし
  5. ぶっでゃけて言ってしまうと営業でノルマを詰められるのから逃げるのはムリ
  6. 営業でノルマを詰められてメンタルが限界になったら・・・
  7. 営業でノルマを詰められた時に実際に体験したこと【理不尽な言葉・行動】
    1. 今月ノルマがいかなければ辞めていいから
    2. 今月で住宅ローン4件とってこい
    3. クレジットカードをとれるまで帰ってくるな
    4. こくみん共済取ってくるまで帰ってくるな
  8. 営業でノルマと詰められても真に受けないで自分で考えて行動しよう

営業でノルマを詰められる時の対応方法

営業でノルマを詰められる時の対応方法

ノルマを詰められたら上司に「どうすればノルマを達成できますか?」と質問する※上司を巻き込む

上司からノルマを詰められたら、

上司にどうやったらノルマを達成できるかアドバイスを受けてみましょう。

 

上司
上司

「お前今月ノルマいくんだろうな」

こうやって上司にノルマを詰められてきたら・・・

私

「すいません。このままでは無理そうです。できればどうやったらノルマを達成できるかアドバイスを頂けないでしょうか」

と上司にアドバイスを求めます。

 

ここでのポイントは

「ノルマ達成に上司を巻き込む」

ということです。

 

「上司を巻き込む」

のには理由があります。その理由は

「上司もアドバイスをするとかめんどくさくなって、ノルマのことを詰めてくるのが少なくなる」

からです。

まともな上司ならアドバイスをしてくれる

実際、私が営業に出たばかりの時には

「運よくわりといい上司」にあたりました。

 

その上司は、

私

「ノルマが達成できそうもないです」

と言うと、

「ノルマを達成するために何をやればいいかをアドバイスしてくれました」

 

「この時間帯にローラーをかける」

「この時間に電話営業をしてみる」

「君は声が堅いからもうすこしくだけた感じではなせばいい」

 

こういった具体的に、

どうすれば営業成績が上がってノルマを達成できるかといったアドバイスをもらったことがあります。

 

実際に成績わりと上がりましたし、ノルマも完全ではないですが達成できたこともありました。

とはいえ、こういった上司は営業をやっている人ならわかりますが

めったにいません。(というかほとんどいない)

 

ノルマを詰めてくる上司はほとんど

「ただノルマを詰めてくるだけで、いうだけであとは放置」

なのが現実です。

ただの嫌がらせ的な上司だったら部下にアドバイスもできない

ノルマを詰めてくる上司は9割くらいは

「会社から言われてるから言ってるだけ」
「ただの嫌がらせ的でネチネチノルマを詰めてるだけ」

です。

 

アドバイスを求めても

上司
上司

「めんどくせえな」

とか思うだけです。

こういった上司にも、

ノルマを詰められるたびに「アドバイスしてください」と言ってればだんだんとその上司もめんどくさくなってきます。

上司がアドバイスをくれないなら毎日のようにアドバイスを求める

ノルマを詰めてくる上司には、そのたびに

私

「どうすればいいでしょうか?」

私

「ノルマ行きそうにないんで、何かアドバイスをください」

と毎回言います。

たぶん、ほとんどの上司は「ただ言うだけのクソ上司」なので

上司
上司

「そんなの自分で考えろ」

上司
上司

「自分で工夫しろ」

とか言ってあなたを突き放してくるでしょう。

 

こうしていると、上司にとってはあなたはメンドクサイ部下という印象になってきます。

とはいえ、上司にアドバイスを求めるのは、当たり前のことなので、

上司も部下からアドバイスを求められて強くキレたり怒ったりすることはできません。(アドバイス求められてキレたら本当に頭のおかしい人間ですからね・・・)

 

これをくりかえしていると、上司も

上司
上司

「こいつになんか言うのめんどくせえな・・・・」

と思うようになります。

そのうち上司がノルマを詰めてくるのがめんどくさくなってスルーされるようになる

上司がノルマを詰めてくる
↓↓
そのたびにアドバイスを上司に求める
↓↓
上司がノルマを詰めるのをめんどくさくなってくる
↓↓
上司がノルマを詰めてくることが減る(なくなってくる)

こういった流れです。

これは実際私がためしたやりかたなので、再現性は高いです。

 

ただこれをやっても営業の辛さがなくなるわけではいので、根本的な解決にはなりません。

営業では上司がノルマを詰めても部下の営業成績はたいしてかわらずノルマも達成できない理由

営業では上司がノルマを詰めても部下の営業成績はたいしてかわらずノルマも達成できない理由

営業ではノルマを詰められる・・・・ってのは実際あまり意味がありません。

ノルマを詰めてムリヤリ、営業をがんばらせて営業成績を上げようとしても

 

「営業で成績がいい人はノルマを詰められなくても成績は良い」

「営業で成績が悪い人はノルマを詰められても成績は悪いまま」

これは事実です。

 

というか、営業でノルマを詰められれば、部下のメンタルが追い詰められて、逆にパフォーマンスが落ちます。

 

そりゃそうですよね。

毎日上司からネチネチとノルマのことで説教されれば、だんだんと「仕事することがいやになって」きます。

 

最初のうちは「ノルマを何とかしよう」と思って多少がはんばります。

 

でも、毎日ノルマを詰められてると

「もうこの仕事イヤだ、やる気もない」

というふうな考えに変わってきて、仕事をイヤイヤやるようになります

 

こうなると長い目で見ると仕事のパフォーマンスが落ちて、営業成績は下がります。

私は地方銀行で営業をやっていましたが、

ノルマを詰めてくれば詰めてくる上司が多い支店
↓↓
営業の成績はなかずとばす

意外と自由にやらせてくれて、営業のやり方をしっかりとアドバイスしてくれる上司がいる支店

↓↓

営業成績がいい

というのが実際のところでした。

 

ちょっと考えればわかりますが

 

頭ごなしにノルマをやれとか、成績を上げろと言う
↓↓
それにたいして具体的なアドバイスもロクにない

 

こんなやりかたで、営業の成績が伸びるわけがありません。

いまだにそういったやり方をやってる営業の業界には未来はないような気がします。

「ノルマを達成すれことができれば上司から詰められない」という方法は無意味な理由

「ノルマを達成すれことができれば上司から詰められない」という方法は無意味な理由

がんばってノルマを達成すれば上司からノルマを詰められないんじゃないのか?

と思うかもしれません。

 

ただ、これは無意味です。

 

ノルマをかりにその年に達成したとしても・・・・

来年のノルマはさらに厳しいノルマになります。

 

ノルマは「死ぬほど工夫して頑張って、運がよければ達成できる数字」というものが設定されます。

しかも、

 

ノルマを達成してしまうと「来年からはさらにもっと厳しいノルマに設定される」という、無限にノルマは厳しく高く設定されていきます。

 

こういった理由から、

「ノルマを達成するのはほとんど不可能」です。

実際にノルマを達成してる店舗や営業のほうが少数派・・・・といったことがほとんどでした。

そのため

ノルマは達成できないのことのほうが多いので、営業でノルマを詰められることは永遠に続く

ことになります。

営業でノルマを詰められる理由

営業でノルマを詰められる理由

ノルマを詰める上司もノルマがいかないと自分も支店長などから詰められるから

ノルマを詰めてくる上司も、とにかく部下に詰めないと

「自分も支店長や会社に詰められる」

からでです。

そのため、とにかく詰めて詰めて、部下を働かせてなんとかノルマを達成させようとします。

とはいえ、

ノルマを詰めれば詰めるほど、部下もやる気がなくなり、

私

「こんな仕事やってられない」

と思うようになり、仕事にやる気もなくなり・・・逆にノルマは未達成・・・・

こんなふうになります。

ノルマを詰める時間があったら、

「どうやったら、ノルマを達成できるか部下に指示できるように考える」

のが普通です。

そういったことができる上司はごくわずかです。

ただのうっぷん晴らし

いちばんよくいるのが

「ただのうっぷんばらし(イジメ)で部下にノルマを詰める」

上司がほとんどというの現実です。

営業をやってるあなたなら、ものすごくわかるとおもうのですが

「営業の上司はただ何も考えずに、ただ部下にノルマを詰めてるだけ」

の人が9割くらいです。

ぶっでゃけて言ってしまうと営業でノルマを詰められるのから逃げるのはムリ

ぶっでゃけて言ってしまうと営業でノルマを詰められるのから逃げるのはムリ

一応はノルマを詰められるのを少なくする方法を上で書いてますけど・・・・

本音を言ってしまうと、

営業をやっていて上司からノルマを詰められるのを完全に逃げるのはムリ

ということです。

9割の上司がただやみくもに「部下に戦略もなくノルマを詰めてるだけ」「嫌がらせでノルマを詰めてるだけ」なので、そこから逃げるのはムリです。

逃げるのはムリなので、営業という仕事をやめない限りはノルマを詰められることになってしまいます。

これって厳しいですけど現実なので、しょうがないことなんです。

営業でノルマを詰められてメンタルが限界になったら・・・

営業をやっていてノルマを詰められる

これをやられると確実にメンタルを病みます。

上司
上司

「お前ノルマ達成してないのによく給料もらえるよな」

上司
上司

「今月ノルマ行かなかったら会社来なくていいよ」

上司
上司

「今日中に定期預金1000万円取ってくるまで帰ってくるな」

こういったことを毎日言われていればそりゃメンタルも病んできて「うつ」になってきますよね。

もう営業って仕事をムリにやる必要はないんじゃないですか?

 

「いや、でもこの仕事を辞めるのはちょっと」

「仕事はがんばって続けたほうがいいよ」

「新卒で入った会社は絶対に辞めないほうがいい」

 

と思ってませんか?

 

そこまでがんばって自分を追い詰める必要はないんですよ。

もっと自分のメンタルや体をいたわってやってください。もっと楽に生きてもいいんですよ・・・・

 

営業の仕事じゃなくても仕事は世の中にはたくさんあります。

毎日ノルマを詰められて説教されてると、そのあたりの感覚がマヒしてしまって、説教されるのが普通になってませんか?

そこまでガマンしたり、自分を追い詰めたりするのはやめたほうがいいです。

もっと楽な仕事を選んでいいんですよ。

 

仕事を変えても誰にも迷惑はかかりませんし、毎日ノルマを詰められる仕事ってのは

「かなり異常な環境だ」

ってのを確認したほうがいいです。

 

世の中の求人とかを見てみると、仕事の種類はかなりたくさんあります。

営業でノルマを詰められるような仕事はごく一部だってことがわかります。

転職サイトあたりで、求人を見てみる視野が広がります。

いきなり転職活動をするのはきついかもしれないので、まずは求人を見てみて

私

「こういった仕事があるんだ、今の仕事だけを続ける必要はないんだ」

ってことがわかれば、かなり精神的に楽になります。

営業って仕事は特殊なので、メンタルを病んでしまったら、求人を見てみるのがいいでしょう。

営業でノルマを詰められた時に実際に体験したこと【理不尽な言葉・行動】

営業でノルマを詰められた時に実際に体験したこと【理不尽な言葉・行動】

今月ノルマがいかなければ辞めていいから

ノルマ行かなかったら辞めろ

これは営業をやっていて一番言われた言葉ですね。

2~3日に一回くらい言われたような気がします。

 

冷静に考えると、すごいですよね。パワハラもいいところです。

たぶん、これを録音して出るところに出れば余裕でパワハラ裁判に勝てるでしょう。

 

とはいえ、最終的には私は地銀をやめたので、この言葉通りになったわけです。

「会社を辞めろ」

みたいなことを上司が平気で言うような職場は「異常」だってことをわかったほうがいいです。

 

異常な環境にわざわざ自分が身を置いている・・・・というのが営業をやっているとマヒしやすいので、

普通の仕事をしてる友人などと、たまに話してみると

「俺お職場はちょっとおかしくないか?」

ってことに気づくことができます。

今月で住宅ローン4件とってこい

住宅ローンは銀行にとって

「一番おいしい商品」

なんです。

 

・30年にわかって自動で金利のお金が入ってくる

・バカ高い保証料とかも取れる

・土地と建物を担保に取るので、客が払えなくなっても家を売ればいい(銀行にとってリスクも低い)

 

ので、住宅ローンをとにかくとってこいと言われました。

 

ただ、住宅ローンなんてそんなにたくさんあるものじゃないんですけどね。

それをムリヤリ取ってこいとか言うもんだから、

私

「この人返済ヤバいかもな、焦げ付く可能性もあるよな」

って人にもけっこうお金貸してました。

ノルマを詰められるとそういった

「お客さんが不幸になるかもしれない」

とか言う感覚は完全になくなります。

ノルマのためにけっこう無理なこともしていました。

ノルマを詰められると、人間性もだんだんと悪くなってくるので(自分中心になる)、イイことは1ミリもありません。

 

苦しいだけで人間的にも成長するどころか、器の小さい人間になるので、ホントにメリットはありません。

 

クレジットカードをとれるまで帰ってくるな

銀行の営業(というか営業をやってる人なら必ずある)クレジットカードを取ってこいです。

年間で30~40枚くらいのノルマがありました。

ノルマが苦しくい時に、上司が

上司
上司

「クレジットカード今日取ってこなかったら帰ってくるな」

と言われたことがありました。

「○○を取るまで今日は帰ってくるな」

とか言われる事ってけっこうあります。

 

といって、銀行ではお金の締めがあるので、一度は帰ってきてお金を計算しなくちゃいけません。

 

その日は、一度帰ってきて、お金を締めた後に、また外回りに行きました。クレジットカードを取るために。

そうはいっても、ないものな無いので、

喫茶店で時間をつぶしていました笑。

 

夜の10時ころになって、店に帰ると、誰もいなかったです(というか店も閉まっていました、だから入れない)

次の日に上司に

私

「クレジットカード取れませんでした」

というと

上司
上司

「ああそうだったっけ?」

とか言われました。

 

ノルマを詰める上司も、自分が言ったことを忘れているくらいです。

部下を追い詰めるのはいいくらでもやってますが、そんなことイチイチおぼえてなってことです。

このことがあってから、上司の言うことを真に受けないように流すようになりました。

こくみん共済取ってくるまで帰ってくるな

「こくみん共済」「県民共済」とかなぜか共済系ノルマもありました。

クレジットカードと同じで

「○○取ってくるまで帰ってくるな」

営業でノルマを詰められる時の鉄板中の鉄板でした。

当時は

 

「こくみん共済ってこんなものまでノルマ付けるなよ」

「それを取るまで帰ってくるなって、なんかの冗談か?」

 

とか思いました。

 

この時は、私だけじゃなくて、営業の3人に上司が「こくみん共済取ってくるまで帰ってくるな」とか言いました。

しょうがないので、夜、外に出て喫茶店で3人で時間をつぶしてました笑。

 

そして頃合いを見て、店に帰るとまた店が閉まってました。

「○○取るまで帰ってくるな」

とか言っても、ノルマを詰めてオドすだけの上司のハッタリなんでよすよね。

 

それから、ホントに上司の言うことを真に受けなくなりました。

このことがあってからもう、営業にやる気は1ミリも無くなっていたので、毎日のように求人を眺めていました。(結果、製造メーカーに転職したんですけど、その選択は間違ってなかったです)

こういった営業のやりかとぉしてる会社についていけないな・・・・と感じたからですね。(参照:会社の方針についていけない時の正しい行動方法【会社を見きわめる】

営業でノルマと詰められても真に受けないで自分で考えて行動しよう

営業でノルマを詰められるときには

上司の言うことを真に受けてもいいことはありません。

 

・ノルマを達成できるように自分で考える

・上司はただ言ってるだけで何の役にも立たないことを理解する

・営業の仕事に嫌気がさしていたら、別の環境に行くことを考える

・そもそもこの仕事を続けるかどうかを考える

・営業以外の部署に移動できるかを考える

 

自分で考えて行動しないと、ずっとただノルマを詰められて、メンタルをやられてつぶれるだけです。

あまりにひどい営業の仕事環境なら、これから自分がどうしたいのかを考えて行動してくと、道が開けてきますよ。