精神科や心療内科の通院歴が転職で言う必要とか無い理由 バレることなないし暴露する意味もない

口をふさぐ女性

精神疾患をやったことがあるわけですね、あなたは。ちなみの私もうつ病をやって会社を退職したそのあと転職したクチです。

精神疾患と言ってもうつ病から、適応障害、統合失調症とかありますけど、私の場合はうつ病になって8ヶ月くらいで症状もだいぶ良くなり、仕事ができるかな・・・

くらいになりました。うつ病なんかは、ブラック企業とかからの激務の環境やパワハラ上司とかからのイジメとかからの環境から脱出して給料すると普通に回復しますからね。

それで肝心の転職するときに通院歴とかそういうのは、言う必要なないです。

そんなことを履歴書とかに書いたり、面接でわざわざ言ったりすればそりゃ普通の会社じゃあ内定なんてとれませんよ。だって、私が経営者だったらうつ病とかでしょっちゅう会社とかを休むような人をわざわざ中途採用とかで採用しませんからね。会社も慈善事業じゃないので、転職の時に通院歴とかいう必要は全くありません。

ただ、これって、うつ病とかの精神疾患が一定レベルまで治っているのが前提ですからね。せめて8割以上は回復してる状態じゃあないと、意味ないです。

回復してないのに仮にうまく転職しても、たしかにうつ病とかが回復する可能性って結構高いので、まずは精神疾患を回復させておくのが前提です。

ちなみに精神疾患って「完治」することってないんですよね。「寛解」って言葉が浸からわれます。100%治ることは無いってことですね。

だから、自分である程度「働けるな」と思ったら、普通に通院履歴なんて転職の時にわざわざばらす必要って全くないですよ。

通院歴とかがばれる可能性はほとんどないですしね 私のケースですけど普通に転職して普通に8年ほど働いていますよ

精神疾患とかで通院歴があるとか、わざわざ調べる会社とか無いですしね。前の会社からの空白期間が半年から2年以内くらいだったら

「資格の勉強をしていて、あきらめて就活をやっていました バイトなんかをしてつないでいました」

くらいの理由を言っておけば言い訳です。バイトはテキトーにコンビニのバイトとか言えばいいわけですしね。そういう理由をつけておいてわざわざ

「この空白期間に通院してたんじゃねえか?よりいっちょう調べてやろう」

なんて行動する会社なんてないですよ。そもそも、病院には守秘義務もありますし、患者の情報なんか洩れる音が無いので、会社も調べようがありません。

会社に入ってから通院すればそりゃ、健康保険の履歴とかでバレますけど、会社に正社員とかで入ったら、心療内科に通ってることで解雇されることなんてありえませんからね。だって心療内科に通ってる人なんて、死ぬほど多いですしね今も時代。私の知人とかでもかなり多いですしね。

ということで、精神疾患で心療内科に通院歴があっても、わざわざそんなことカミングアウトする必要は全くありません。それってバカ正直っていうよりもバカですよただの、要領が悪いっていうより、ただのバカ正直れべるになってしまうので、これからの人生そんなふうにまじめにやってると、またうつ病になってしまいますよマジで。

あと、もう一度言いますけど、うつ病とか仕事ができるレベルまで治ってるのが前提ですけどね。個人的にはまだうつ病とか精神疾患が8割以上回復してない状態で普通の会社で働くってのはあんまりお勧めできません。しっかりと休養を取って治したほうがイイですしね。

どうしてもお金が無いとか、生活が苦しいって場合は、単純作業で人間関係が薄い工場の派遣やバイトとかでつなぐのも手です。普通のコンビニとか飲食の

バイトとかダメですよ。お客さん相手とか、上司とかの人間関係が濃い仕事はストレスたまりまくりますからね。なるべく単調で人間関係が薄い仕事のほうがイイです

参照:工場の派遣バイトなどの求人紹介

工場求人ナビ(公式)求人情報

もし、精神疾患が治り層が無い倍には一度や市役所など行政に相談してみるのがいいですね。

もう精神疾患が治る見込みが無ければ、普通に診断書をもらって役場とかに相談したほうがイイですね 障害認定を受けたり職業紹介をしてくれます

精神疾患が重い場合には、まずはその症状を回復させるのが大前提ですけど、うつ病などの精神疾患って最悪の場合、一生治らないケースもあります。

それじゃあ働けない・・・・と言う風になってしまうので、精神疾患が回復する見込みが無い場合には行政に相談したほうがいです。その場合は転職どころの話じゃあないですからね。

ちょっとこの記事の趣旨から外れますけど、精神疾患が治らない場合は市役所や役場にそう出して症状が重い場合には障害認定を受けて障害年金を受けることができるかもしれませんしね。

また、うつ病でも働ける職場を紹介してもらうこともできるかもしれません。もう精神疾患などの回復を見込めない場合には行政をたよるしかないいでしょう。

障碍者枠で働ける可能性もあるので、精神疾患がもう今後治る可能性が低い場合には行政に相談するのがベターですね。

参照:独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構

経営者の立場になってみればわかりますけど、休んだりつぶれたりする可能性のある人間を雇いたくは無いです でも治っていればわざわざ転職で

明らかに不利になることを言う必要は全然ないですよ

あと、個人的な考えというかたぶん、当たり前なのかもしれませんけど、転職とかって受ける会社の経営者の立場になってみればいいんですよね。

あなたが会社の経営者だったら「うつ病やって通院してたんですけど」と言われた人を採用はしないですよね。私ならしないです。私自身がうつ病をやったことがあるので、余計に採用しないですね( ;´Д`) そりゃ普通の人よりも精神的に弱くて、それが原因で休んだり辞める可能性がある人をわざわざ

中途採用で採用して、教育して人件費かけるなんてことはしません。会社もボランティアじゃあないですしね。

そういう世の中の現実というか、厳しさとかキレイごととか言ってる場合じゃないってことが自分でわかっていれば、わざわざ自分が不利になることなんていう必要とか全くないのってわかりますよ。

そもそも、サラリーマンとかがうつ病とか適応障害になる理由って、たいがいブラック企業で会社が激務でもう限界まで長時間残業やらされて睡眠時間が4時間くらいで働かされたり、パワハラ・モラハラ上司とかに毎日イジメられて精神的に追い詰められた理と言った理由がほとんどですよね。

そんなことをで精神疾患になって会社とかそういったものに、バカ正直に誠意をもってとか、労働力をささげる的なまじめな考えで対処しているのって

「バカじゃねねの?」

とか思いますからね。

会社って特に激務の会社って経営者とかは

「奴隷をこきつかって会社成長させよう。こいつらが死んでもまあどうでもいいわなww」

とか思ってますからね。当然絶対に口には出しませんけどね。

あんまり、会社とかに依存しないほうがイイですよ。あくまでお金をもらうためのツールです。

そういった生活のためのツールなんですから、転職でわざわざ自分が不利になるようなことって言わないほうがイイですうよ。そのくらい図太く生きていかないと

また、会社にいいように利用されてうつ病なんかになってしまいますからね。

不真面目に生きろって言ってるわけじゃあありません。もっと現実を見て強く生きてほしいということを言いたいんですよね。幸い、今の日本では餓死することなんてまずありえませんから、転職活動とかも気楽にやっていきましょうよ。ブラック企業とかにつかまって、また精神疾患になるのってコリゴリでしょう?

だから、今度はまともな会社に入って普通に仕事をしていきたいですよね。

うつ病が治ったら人間関係の負担の少ない製造業なんかにつくのがベターですね 人間関係が悪いのが一番うつ病などになわるいですからね

そういことで、うつ病なんかの精神疾患が治った、先ほど言った人間関係が薄くて、定時で帰れるような仕事を探すのがいいわけです。

このサイトではやっぱ製造業などのメーカーの工場なんかを推しています。というか私が地銀から製造業に転職して精神亭なストレスが激減したって

ことがあるからなんですけどね。

地銀時代はホントノルマとかあって長時間労働でしかもサービス残業がほとんど。パワハラ上司率が8割以上で、わけのわからないことで罵声とか上司から

浴びるのは日常茶飯事でしたからね。それでもって、うつ病になって休職して→退職ですよ。

ぶっちゃけ言うと休職してるときから転職活動してましたけどね。うつ病で通院してるとか1ミリも言ったことないですよ。会社なんて組織はこういった

ことがあったので、もう全く信用していいないというか、金を稼ぐ手段としか思ってなかったからですね。

そして、地元の特許を持っている中堅の製造業に転職しました。3年くらいは現場でやってました。とにかく定時で帰るし残業があっても

残業代はつくし、変な上司も少ないですし、作業してればあんまりしゃべることも無いですしね。工場内は建て前は私語は禁止ですけど、まあ普通には

しゃべりますしね。ノルマもないですし、ボーナスも普通に会って地銀と年収とかあんまり変わらないわけです。

いや、会社の選択を変えるだけでこれだけストレスも減って拘束時間も減って・・・・この会社ではうつ病とかになるわけねえなと思いました。

製造業とかはイイですよ。精神疾患をやったことがある場合はとにかく「人間関係が薄い仕事」のほうが無難です。変な上司とかバカな同僚とかいるといやでしょ?

だからなるべく「仕事」では人間関係薄いほうがイイと思います。プライベートは人間関係は濃い方がいいですけどね。メリハリですよメリハリ。

関連記事;工場勤務は美味しいですよ

肉体労働をするなら、大手企業の下請け当たりの製造業がおススメです。こういった製造業はたいていホワイトな工場が多く、ポイントは「部品の小さい製造業」というのがキーワードです。ついついホワイトカラーに目が行きがちなので製造業って穴場の工場が多いんですよね。残業もついて、休日もしっかりしているホワイト工場がおススメです。

ただ、転職すると言ってもハローワークとかちまたにある求人誌を使うとブラック企業がてんこ盛りですから気を付けてくださいね。ハロワとかは掲載企業を審査

していないのでブラック企業がたくさん掲載されています。ブラック企業の奴隷の採掘場になっているわけです。怖いわマジで。

転職エージェントでは基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいイメージもありますし、初めての場合って何からやっていいかわからないってのもありますしね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を書いて面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですよね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!