資格なしの女性でも的確な求人選びと自己分析で転職はむつかしくない理由

バツを作る女性

資格を取ると就職に有利に働く・・・これはよく言われる言ことですよね。たしかに完全に間違いではありません。

ただ、資格って転職に役立つものって現実にはかなり少ないです。

具体的には、弁護士・会計士・税理士・医師・薬剤師・司法書士・社労士などいわゆる士業と言われる資格ならその事務所や専門の職場にはいるには直結の資格になります。

看護師や保育士などの資格があれば、そのものずばりの職業にはそれほど苦労なく就職することができます。

ただ、いわゆるこういう資格は「何年か勉強したりして取得する価値の高い資格」なわけです。

良くちまたにある「パソコンの資格」「簿記3級」とかは簡単に取れる資格ですが、現実ほとんど転職には役に立ちません。

資格マニアになると、こういう簡単な資格をたくさんとってしまうパターンが多いですよね。

ハッキリ言うと「軽い資格」はいくらとっても就職の役に立つことはありません。実際面接官はそれほど「資格」の欄は見ていません。

そんなところではなく、面接時の受け答えや今までやってきたことがどういったことだったかを見ています。

良く資格取得すれば就職に有利になるというのはテキトーな資格を作ってそれを受けてもらって受験料を設けたり提携している専門学校の入学者を増やしたりするための、金儲けの手段です。資格商法という分野ですね。

そんな資格を取るより、転職活動では待遇のいい会社の求人を探したり、自分を見つめて履歴書をしっかり作成するほうが全然大事な要素です。そこに時間をかけるべきなんですよね。

ここでは、転職活動で資格以外に力を入れれるべき理由をご紹介していきます。

資格は必要があったら取得すればいい

呆れる女性

資格は先ほど言った、弁護士や会計士、医師などの「この職業に就きたい」というときに絶対に必要な資格は取得する意味があります。

それ以外の、会っても無くてもその仕事ができる。資格が無くてもその仕事ができる・・・というケースで無理に資格を取る必要はありません。その時間がもったいないですからね。

会社に入ればもし資格が必要なら、「会社のお金で受験料を出してくれて」この資格取ってちょうだいみたいに要求されます。

私は総務課に配属になったときに必要だからと「第一種衛生管理者」「危険物乙4種取り扱い者(乙四)」を取らされました。

簡単な資格ですけど、受験料とか必要な講習代とかも会社が出してくれました。

何が言いたいかというと、資格は会社にはいってから会社で言われたものだけ取ればいいです。

会社に入る前に資格取得に時間をかけるのはナンセンスなんですね。その時間をじっくり転職活動「自体」に時間をかけたほうが全然いい会社に就職できる可能性は跳ね上がります。

資格取得に時間を割くよりも普通に求人情報を探す時間に使ったほうが良い

資格取得は先ほど言ったように会社に入ってから会社のお金で取得すればいいです。

それに時間を割くより、求人情報を探して自分が入りたい職業で待遇いいものをとことん探していくのが大事です。

これには理由があって、待遇や労働佳境って会社によって全く別物なんですよね。同じ業種でもAの会社は定時に終わって人間関係もいいというケースもあれば、Bの会社はサービス残業ばかりでというケースもあります。

求人情報を見ると今ではほとんど待遇のいい会社というのは少ないというのがわかってきます。

その中でも待遇のいい会社というのは存在します。そういう会社の求人を見つけるのはいわゆる「宝探し」的なイメージです。

そこに時間を費やすのが転職活動をするうえでかなり重要な要素の一つなんですね。そういう求人を見つけるか見つけられないかで

あなたの人生が大きく変化する可能性があるのです。仕事は人生でかなりお影響を持つものですよね。

その待遇のいい求人を見つけるということに労力を使うべきです。転職するのにどこに力を入れるかを間違えてしまうと、結局資格を取ってもブラック企業に入ってしまったなんて言う悲しいエピソードが生まれてしまいます。

自己分析をして自分のアピールポイントを探す 素の自分でも表現方法をしっかりすれば大丈夫です

もう一つ大事なことが、自分のアピールポイントをしっかりと履歴書に書ききるということです。

よくいままで自分のやってきた仕事のことを履歴に書けといわれても、そんなに立派な仕事をしているばかりの人ではないですし、バリバリと女性でも営業をうやっていたりする人もいれば、パートでおそうざいを売っている人だっています。

仕事の内容ってそれほど関係ないんですよ。どんな人だって、「仕事でがんばったなあ・・・」という思いで的なことはあるはずです。

それを多少大げさでもいいので、書いていくのが王道ですね。自分の素のことを履歴書に表現すればいいわけです。

パートでお惣菜を売っていたなら。「一日で50個のお惣菜を売ってきた。」ということ履歴書で書けばいいわけです。

面接官て立派な今までの武勇伝的なエピソードより、こういった庶民的なエピソードのほうが好きですよ。

それくらい、面接官てそこまでスキルとかいままでの職歴とかは重視していません。もう一度言いますけど、面接ではその人の話し方や、面接官の受け答え。もしくは面接官をいかに気分よくさせたかが重視されます。

面接の主役はあなたではなくて、面接官というイメージで面接に臨むとうまくいきます。

話がそれましたが、いくら資格をとって履歴書に羅列してもあまり面接官の印象は変わらないということです。

そんなことより、履歴書には自分のいままで仕事でやってきたがんばったことを素直に書いて、面接出は面接官が気持ちよくなるような受け答えをするように徹底すべきです。

そういった面接の対応方法は転職エージェントでアドバイスを受けることでより面接対策をしていくことができます。

転職についてアドバイスを受けながら活動を進めるのが転職をうまくやっていくためのポイントです

転職では「良い待遇の求人を探していく」「自分を分析して履歴書を作って面接対策をする」というのが最優先課題です。

資格を取るのはくどいですけど、会社に入ってから充分です。こういう転職活動自体に時間をかけることが大事なんですね。

求人探しや面接対策は自分一人ではなかなか骨が折れます。転職エージェントでエージェントにアドバイスをもらいながら進めていくと、転職のプロの意見がもらえるので、転職エージェントを利用するのがおススメです。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!