アラサー後半(30代前半)での転職は年収500万以上がベター 成長業界の会社に転職が必須

アラサーも後半になるとできれば年収500万円以上の会社に転職して言ところです。そのためには成長業界への転職が必須になってきます。大手企業でも衰退している会社はおススメできません。外資系企業なども選択肢に入れて転職活動をしていきましょう。

ブラック企業の象徴「自爆営業」は違法なのでその職場は辞めるべき理由

ブラック企業の営業にありがちな「自爆営業」 自社の商品を自分で買ったり親戚や友人に売りつける行動です。これをやってる時点でもうその業界に未来は無いのは薄々わかっているんでしょう。長期的には経営も傾いてくるので早めの転職活層をしるのが無難な行動です。

転職での入社後のギャップを防ぐ方法 企業への順応力を高めて応募企業をリサーチして入社後のギャップを防いでいこう

転職しても入社後に自分のイメージしていた仕事とギャップがありすぎることがあります。いわゆるミスマッチです。これがあるとまたすぐに外食することになるので、転職するときには応募会社の仕事内容を徹底リサーチして活動する必要があります。

ダメなブラック企業を見切りをつけ会社と心中する前に転職する方法

ダメなブラック企業に見切りをつけないと人生がダメになってきます。会社だダメだと上層部の役員などが腐っているので、会社が八んすることが無いんですよね。将来的にもきついですし、そのうえ仕事が激務で低賃金で長時間サービス残業ならその会社にいる意味が無いです。見切りが遅いと後で後悔することになりますよ。

会社の考え方・価値観が合わない時にどうすべきか?自分の思いを大切にして転職すべき理由

会社の経営の考え方が自分と全く違う。会社の役員、社長との価値観が全く輪ない会社。こういう場所で仕事をしているとかなりきついです。若いころはまだいいですけど30代40代になってくると本当に居心地が悪くなり、仕事のやる気も全くなくなってきます。その時に転職したいと思っても年齢的に遅いというケースは本当によくあります。そうならないようにしておきたいものです。

コンサル業界は超ブラックで激務でうつになる 限界が来たら転職すべき理由

コンサル業界は激務で毎日終電帰りというのは当たり前です。無理をするとうつ病になって人生を棒に振ることもあります。精神的にも肉体的にもすぐに限界が来るのはわかり切っています。そんなコンサル業界を辞めて転職したほうがイイ理由とその方法をご紹介しています。

入社1年目で新卒で入った仕事を退職したいときの対応方法 自分の意志で行動すべき理由

入社1年目で入った会社を退職したい。その場合は自分の意志で早めに辞めたほうが無難です。どのみち3年とか我慢していてもいずれ辞めることになります。そういう人を何人も見てきました。入社してすぐに辞めたいということはその仕事を「やりたくない」と言うことなんですよね。その自分の意志をごまかしていると一生後悔することになります。

あがり症の緊張緩和の方法 面接で「緊張を受け入れて」「落ちてもイイやというマインド」「模擬面接」で対策

あがり症だと面接でしゃべれないくらい固まってしまうケースもあります。その場合は緊張を緩和させるために、緊張感を受けいれるマインドが必要になってきます。開き直りにちょっと近いですけど落ちてもイイくらいのマインドがちょうどいいです。また、模擬面接を何度もやることで緊張が緩和されていきます。

ブラック企業は入社5年以内で転職すべき理由 転職時期を失敗すると悲惨ですよ

ブラック企業に5年も務めるだけでたいしてものですけど、さすがに入社5年目くらいで限界が見えてきます。自分の心身ともに限界もきますけど、会社自体も将来性が乏しいというのが目てくる時期です。入社5年以内に転職しないと30代になってしまい転職時期を逃してしまマス。そうすると人生が詰んでしまうので注意が必要です。

第二新卒の転職でのマインドと空白期間対策 ブラック企業捕まらない方法

第二新卒での転職でのマインドはそれほど難しく考えなくてもイイです。新卒の就活で失敗した部分を繰り返さないというくらいで充分です。空白期間の対策とブラック企業に捕まらないようにすれば第二新卒での就活はうまくいきます。うまく転職エージェントを利用して就活をするのがベターな選択になります。