どのくらい長時間残業で人は壊れてうつ病(体調不良)になるのか?実体験をもとに検証してみた そんな会社は転職しようぜ

長時間残業をすると、疲れがたまりますよね。疲れがたまるくらいの残業だったらまだいいです。

長時間残業を継続的に続けていくと、体調不良になります。元気な人はすごいですよね。尊敬しちゃいます。

しかも長時間残業するような会社って得てしてサービス残業だったりするんですよね。どうしてそんな会社に勤めているのかふと不思議になりませんか?

「辞めると生活ができない」

「辞めたら家族に言い訳ができない」

「辞めるのが怖い」

「転職はリスクがある」

「会社は辞めたら終わり」

もしそんな風に考えているなら、一生長時間残業をして体調を崩してください。そうすれば悲惨な目に合いますから。

いや、意外と会社辞めても何とかなりますよ。今の日本で餓死することはありません。生活保護でのらりくらりと生きてる人いるじゃないですか。

それは極論ですけど、体調が崩れるレベルの長時間残業をしている環境って明日は無いと思うんですよね。そういう仕事のやり方で長く続けることができるとは思いません。

まあ、将来そこで我慢すれば出世が確実、もしくは収入がよくてそれをやってれば年収1000万余裕とかいうなら耐えられるかもしれません。

もし、ただ長時間労働で体調崩して、しかも給料も安いとかいう悲惨な状況でそこにい続けるってどういう洗脳なんですかね?怖いです。日本の教育怖いです。

長時間労働ってどんのくらいで体調が悪くなって、よくあるパターンの「うつ病」になったりすすんですかね。実体験を交えて検証してみました。

大体毎日4時間残業してると確実にヤバかった それが2か月で「あぼーん」しました

私はけっこう我慢強い方だと思います。体力も普通より少しあるくらいですね。運動部とかでしごきに耐えた経験とかもあるので、普通の人より長時間労働に耐性があります。

ただ、最初に行って大きますが、この「我慢強い」っていうのはあんまりいいことばかりではありません。仕事だと我慢強いのがなんか「美徳」みたいになってます。

あしたのジョーみたいに、死ぬまでやりきるみたいのが「美しい」ってのが美徳になってます。こわいですよ。しんでしまうんですよ?

これを仕事に置き換えると、「死ぬまで仕事をするのが美しい」みたいになります。けっこうこういう風な人って多いかもしれません。

我慢強い人に多いです。私も昔は仕事を死ぬまでやるつもりはなかったですけど、割と「我慢して仕事して体調とか悪くても会社に無理にでてきてやるのがかっこいいわ」みたいな考えだったかもしれません。よくある風邪ひいて熱あるのに、会社にくるってパターンです。今考えるとほんと最悪です。

こいうタイプって長時間労働してもがんばってやっちうんですよね。体調不良になってても無理してやってしまいます。

ただ、体調不良になっている時点でかなり「うつ病」って進行しています。夜眠れなかったりするのがちらほら出ていました。だいたい毎日4時間残業をするようになったらこういう症状が出てきましたね。2時間残業くらいなら割と平気でした。

4時間残業を毎日やって、二週間に一回土曜日出勤をしてました。土曜日はさすがに定時でしたけどね。こんな生活を2か月してたら、なんか普通に眠れなくなったり急に涙がでてきたりと、まあいわゆる典型的な「うつ症状」ってのになってきましたね。

この辺で気づいて病院行って、診断書もらって休職すればいいんですけど、当時は「がんばって仕事するのが当たり前だ」みたいな意味不明な洗脳に犯されていました。

たいていの人はこの洗脳におかされていますけど、最近の若い人(20代くらいなら)あたりは変わってきてるんですかね。

そして3か月たったくらいで「あぼーん」しましたね「あぼんあぼん」です。体動かなくなりましたイエーイです。

「あぼーん」するとどうなるか知ってます?2年くらい何もできないですよガチで 甘く考えてるととんでもないことになります

でもってうつ病で「あぼーん」するとどうなると思います?身体が動かなくなって、日常生活もしんどくなります。

とにかく家の階段とか上がれなくなったりします。普通に寝てるだけでもう生きる気力とか無くなるんですね。いやあ天井をずっと見ながら寝てるだけです。

こんな状態なので、車の運転とか危険なので、バストかで病院に行くんですけど、これがまたキツイ。というか病院言いたくないですけど行くしかないんでね・・・

そして「抗うつ剤」を飲むとすこし体が動くようになります。薬で無理矢理動くようにする感じです。そうすればなんとか動けるんですけど、全然仕事とかはできるレベルではないです。

こんな状態で、半年くらいのらりくらりと生きてると、少し回復してきます。ただ、この少し回復すると体が動くので、衝動的に自殺したりする人が多いです。

うつ病は少し回復してくると気が一番危ないです。自殺する「気力」が出てきますからね。なぜか人生に絶望しています。「生きててすいません」みたいに毎日考えてしまうわけです。

私はチキンなんで自殺衝動はありましたけど、さすがに死ねませんでしたね。でもって、仕事に復帰できるのは1年くらいたってからでした。

仕事に復帰しても前のように仕事ができるはずもなく、簡単のな仕事をさせられてのらりくらりと生きていくわけです。この時気づいたんですね。

「あれ?仕事ってこんなテキトーにやっても給料変わんねーじゃん」といことに。ふと気づくと、仕事ができ無い人はわりと楽な仕事をしています。

仕事ができる人2割の人が全体の8割の仕事をしているという「2:8」の法則に気づいていしまたんです。仕事ってテキトーでよかったんですね。

それ以来仕事はテキトーです。当然風邪ひいたら休みますし、残業は断ります。断っても首にはできません。白い目で見られても全く気になりません。

ただ、こういう行動ができるのは労働組合が強い、クビになりにくい会社でのことですね。

会社によってはこういう態度をとると、クビにされる会社もあります。金融関係なんて余裕でクビになります。

ということで、長時間労働で「あぼーん」となり「うつ病」になると人生悲惨なことになるということです。人によっては自殺します。こんなことで命を落とすのはちょっとね・・・割に合わないよね。

毎日4時間以上残業がある会社は危ないです。もしその残業がサービス残業だったら労働環境を変えることを県そうしたほうが無難です

ということで、検証結果は毎日4時間以上の残業をしてると高確率で「うつ病」になります。

まあこれは私のケースなので、個人差がありますが、毎日終電で働いている人とかはすごいうというか「バカじゃねーの?」と思います。

人生でそれやって、得るものってなにもないですよ?ちょっと出世するんですかね?まあ頑張ってください。私は無理なので。

そいうわけで、残業が4時間以上ある会社はとっとと去ったほうが良いです。転職しましょう。転職がリスク高い?うつ病になるほうが人生破たんのリスクは

激高いです。経験住みなので間違いないです。結局転職しましたけどね。今のほうが全然いいです。給料は多少下がりましたけど、やっぱり残業が少ないというのは

生きていくうえでの最低限の条件です。だって普通に働いても一日8時間ですよ?それでも長いです。私は転職してよかったと思っています。

ただ、うつ病になる可能性が高いと言っても転職をするとなるとやっぱり怖さというものもあります。

転職してまたブラック企業だったら・・・そもそも転職活動してちゃんと収書できるのか・・・という風に思います。

私もそう思ったことが何度かあります。ただ、ブラックな職場でうつ病になって体を壊すリスクよりも、普通に転職活動をするリスクのほうが正直低いです。

転職は優良な求人を紹介してもらうのが大事なところです。求人だダメだとまずどうしようもないですからね。

求人の質が良ければあとはアドバイスをもらいながら履歴書対策をして面接対策をしていけば普通に内定は取ることができます。

求人の質はハローワークや求人誌だとブラック企業ばかりです。これは掲載企業を審査していいからなんですね。

転職エージェントでは求人を厳しい基準で審査しているので求人の質が高いです。

優良な求人を紹介してもらうと、視野が広がって自分がどういう仕事をしたいかというのもわかってきます。

転職をするかは一度優良な求人を紹介してもらってから判断しても遅くないので、求人を紹介してもらってはいかがでしょうか?

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

関連記事

保育士の仕事がブラックすぎてうつ病になるっていうのはよくあることです。どのみち「仕事が激務」か「人間関係の悪化」が原因に主なものになります。これは自分で改善するのは無知なので、職場を変えて労働環境を変えていくしかないんですね。その理由をごしょうかししています。

怖い先輩とか上司ってどんな会社にもいますよね。そういう場合の怖い人たちへの対処方法を具体的にご紹介しています。心療内科や労働基準監督署などをうまく使うこともポイントなんですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!