将来性のないDTPオペレーターを辞めたい時の転職方法 薄給で長時間残業のしくみ

飛躍する営業マン

DTIオペレーターになったはいいけど、実際このままずっとこの長時間労働の仕事をずっと続けていくの?そりゃ無理だろう・・・

と思っていますよねあなた。DTPオペの仕事って普通に夜中までありますからね。残業は長時間で、締め切りが近い時は休日出勤も増えます。

そういった長時間な仕事を黙々とやっていくのがDTPオペですからね。DTPオペはクリエイティブな仕事ではなくて、試行錯誤するというよりも黙々とパソコンの前に座って作業を淡々と進める仕事です。とにかく地味な仕事で「根気力」が必要です。新しい言葉ですよ「根気力」って( ;´Д`)

もちろん、仕事の早さも求められますし、作業量の多さもあいまって、なかなか若いうちじゃないとやっていけない、とても仕事を回すことができないっていう仕事です。

こういう系の仕事って、きついんですよ。若いうちしかできない仕事っていうのはホントにやるもんじゃないです。でも、若い時って仕事を選ぶときに「その時が良ければいい」と言う感じで職業を選んでしまうんですよね。だから、自分のする仕事の将来のイメージまでを考えて仕事を選ぶべきなんですよね。

DTPオペレーターは年俸制が主流で、突然解雇されることもあるちょっと理不尽な業界でもあります

会社にもよりますけど、意外と年俸制の会社も多いです。そういう場合は、裏を返せば「この給料で何時間でも24時間働いてね」と言うことの裏返しです。

毎日、深夜まで働かされて14~16時間働かされます。DTPオペレーターあるあるですね。

これって時給に換算すると800円とか700円ということがザラになってきます。高校生の100円ショップの時給よりも低いということになります。

100円ショップというとダイソー、セリアなんかがありますけど、バイトはかなりブラックな仕事です。レジ、接客、品出し、商品管理、清掃、発注といったことを安い時給でバイトがやらされて、人間関係もおばちゃんがいて陰口叩きますし、正直時間の無駄のバイトです。それならまともな会社の正社員になったほうが100倍マシですよ。

やっぱりこのサイトでも何度も何度も言っていますけど、仕事は時給換算してみないといけません。ただ長時間働いていて給料が上がらないというのは長期的にやっていく仕事としてはもうダメなんですね。

DTPオペレーターってほんとにやることが多いんですよ。パソコンのバージョンアップから、DTPソフトのバージョンアップのたびに仕様が変わって仕事もまた覚えなければいけないですし、デザインも日々変わっていくので、なるべく早く最新のデザインを使っていかなければなりせん。

かといってDTPオペはグラフィックデザイナーから言われたこと仕事をする等い仕事なので、どちらかと言うと雑用的な仕事と認識されています。

平たく言うと「仕事としての地位が低く見られている」と言うことなんですね。ちょっとプライドの高い人ならこういった待遇には耐えることがきませんよ( ;´Д`)

DTPオペレーターは30歳で頭打ちと言われている 1~2年DTPオペをやってデザイナーになるケースが多い

DTPオペレーターの仕事は30歳くらいで頭打ちと言われています。

その理由は、体力的に若いうちでじゃないと無理と言うのもありますし、それ以上に「給料が安い上に長時間の労働」というのがあります。

30代を超えてこの仕事をやっていても「将来が全く見えない」状況になってきます。体力的にもきついのでいつまでもできる仕事ではないというのが、身をもってわかってきますしね。

あと、この給料じゃ結婚も出いないよ・・・という現実的なこともあります。30歳になってDTPオペをやってる人は本当にごく一部です。

たいていは、数年DTPオペレーターをやって、そのあとはデザイナーなどになっていくパターンが多いです。

できれば、DTPの仕事を一通り覚えたらあとはデザイン系の仕事にシフトしていくのがベターです。そうでないと必ず「行き詰まり」が襲ってきます。

20代の後半くらいまでにはデザイン系の仕事にシフトしていたいですね。それならDTIオペレーターをしていた時にスキルもある程度生かせますからね。

あとは普通に異業種に転職している人も多いです DTIオペレーターは若いうちしかできない激務な仕事ですからね

DTPオペレーターの他の進路としては、やはり異業種に転職するというケースもあります。現実的いはコチラのケースのほう仕事で失敗する確率は格段に低くなります。

私の勤めていた製造業(ホワイト工場)ではDTPオペをやっていたという人がけっこう転職してきました。DTPオペのスキルは全く関係ない職種ですけどやっぱり30代前半とかで転職してくる人が多かったですね。そういう人と話す機械があるんですけど、たいていの人は

「もう少し早く転職しておけばよかった」

と言っています。DTPオペの仕事をズルズルと続けてしまったけど、かといって転職する行動もなかなか踏ん切りがつかなかったと言っていますね。

異業種と言っても、DTPオペレーターの激務をこなしていたなら、そうとうなブラック企業でなければどんな仕事でも普通にやっていけるはずです。

営業職や事務員や店の店員とかになっている人が多かったですね。DTPオペレーターの仕事に比べると待遇も良くなりますし、拘束時間も短くなりますからね。

もう一度言いいますけど、仕事を時給換算するとのは大事です。とにかく普通の会社に入れば残業代はつくし、休出手当はつきますからね。

この時代にサービス残業をやっているか会社ってあまり関わらないほうがイイですからね。それならまだ、派遣で工場の仕事して時給を1500円くらいもらってたほうが全然いいです。

余談ですけど、工場の派遣の仕事でも時給1300円~1500円くらいもらえます。だから、仕事はちょっと冷静に探せばある程度、仕事量と給料がバランスが取れている仕事は普通にありますからね。

人生を長い目で見ていくとそ言った仕事を選んでいくのはとても大事なことです。仕事選びってテキトーにやならいほがいいですよ。本当にね。

DTPオペレーターから転職するということに不安がある ブラック企業に引っかかるのが怖いという場合は

DTPオペレーターの仕事を辞めてデザイン系の仕事をしたい、また別の職種に転職をしたい。

でもなあ転職って初めてだからちょっと不安だなあ・・・・ブラック企業に捕まったらいやだなあ・・・・

そう思ってる場合には、一度、優良な求人を紹介してもらって一度自分の眼で見てみるといいと思います。そうすれば、今のDTPオペの仕事よりも労働環境がいい仕事が実際にあるということが時間できますし、転職への不安も半減します。

実際には、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバスをもらいながら履歴書を書いて面接対策をしていけば不安になるほど難しいものではありません。

普通に準備と対策をすれば内定は取れます。

ただ、ハローワークとか普通の求人誌とかだとブラック企業の求人がてんこ盛りです。どうしてかと言うと、ハロワとかは掲載する求人を審査していないからです。

転職エージェントでは掲載企業を厳しい基準で審査しているために、ブラック企業はほとんどなしです。またプロのエージェントが転職についてアドバイスしてくれます。

転職するのが不安と言う場合は、一度、優良な求人を見てみると、視野が広がって転職するかどうかの判断材料になります。それからでも転職するか堂かを決めてもイイかと思いますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!