会社が潰れそうな理由に転職するときの志望理由の注意点 経営悪化の会社でも悪口はNG

座って悩む男

会社の業績が悪化してきた。これはマジでやばいもうこの会社にいても未来はない・・・

そうなると当然転職を考えますよね。退職したり仕事を探したりするのは当然の行動です。

でもその転職をするにしても、業績悪化のでの退職の場合はあまり前の会社を悪く言うことは面接でのイメージが悪くなります。

もちろん、業績悪化で転職なんてよくあるパターンですから、それをストレートに伝えてもいいんですけど、言い方を間違ったりすると、

「前の会社の会社の悪口を言っている」

という風に面接官に取られてしまう可能性もあります。そうなるとちょっと面倒ですよね。そのあたりをうまく面接で退職理由をなるべく前向きなものに変えていく必要があります。

まあ、ここまで面接って気を使ったほうがイイんですよね。そういう気遣いがある人が面接をクリアーしていくことができます。

ここでは、会社の業績悪化で転職をするときの志望理由を作るポイントをご紹介します

やっぱり今までいた会社の悪口はタブー 退職理由はうまく作ってみるのがベター

普通は、退職理由を言うときには前にいた会社の悪口はタブーです。

どんなにゴミのようなブラック企業だったり、奴隷のようにこき使われていても、

「前の会社は最悪だった」

「もう二度とあんな会社はこりごり」

「上司の人間性が最悪だった」

「業績が悪くて給料も安かったのでやめました」

「業績が悪く会社として機能していませんでした」

といったストレートに悪口に聞こえるようなことは言わないほうがいいです。事実だったとしてもこういう表現で面接官も気分がよくないですし、あなたも言っていると気分良くないでしょ?

こういう「悪口風」の表現はしないほうがイイです。特に面接では気を付けたほうがいいです。ついつい調子に乗ってしゃべってしまう人はこのあたりは気を付けておきましょう。

とはいえ退職理由は絶対聞かれますので、例えば

「今の会社が業績が悪化してきています。そのためできる仕事の幅もだんだんと狭くなってきて、今の会社では自分のやりたい仕事ができなくなってきています。

私は御社の仕事の○○のような仕事をやりたいのですが、今の会社ではそれが不可能になってきています。

そのため、厳しい選択ですが、今の会社を離れて仕事をしていこうという選択をしました。」

こういう感じで、業績悪化の部分を利用して前向きな転職理由にしていくのがベターですね。

とにかく、面接のポイントはどんなことでも「前向きな表現」をしていくのが重要です。後ろ向きな言葉が「全くない」のが理想ですね。キレイごとなんですけど、面接ってそういうもんです。

こういった「前向きな」表現をどれだけ事前にシュミレーションして準備していくかで面接がうまくいくか失敗するかが決まります。とにかくシュミレーションです。

やはり前にいた会社をフォローしながら退職理由を作り出すのがいいですね

やっぱり、業績悪化した会社をフォローしながら退職理由を表現するのがイイですよね。

例えば、

「人間関係や仕事内容はいい会社ですし私の仕事も充実していました。しかし、会社の経営が悪化してきて私周りの人間が退職していきました。このままでは私の生活も不安定なままで厳しい状況になり転職を決意しました。」

と前半にフォローを入れていますよね。とにかく前の会社のフォローを入れておかないと印象が悪くなりますしね。

先ほども言いましたが「会社の仕事は前向きにやっていて、問題はないのですが会社の業績が悪化してきたのでやむなく転職を決意した」というニュアンスをかもしだすのがキモです。

現実は、会社の業績も悪く上司もゴミで、仕事内容も超ブラックでどうしようもない会社だったとしても、こういう風に面接では前の会社のフォローは入れておいたほうがイイです。

面接官もそのあたりは、建て前というかわかっています。ただ、どれだけ前向きな気持ちで、面接の臨んでいるか。どれだけ気持ちを入れ替えて面接に臨んでいるかというところを面接官は見ています。

もう一度言いますけど面接では、前の会社のフォローを入れつつ業績悪化のことを伝える、後ろ向きな理由での退職理由はNGということは大事なポイントです。

退職理由を考えるのに悩んだら悩んだら転職エージェントに相談してみよう

退職理由を一人で考えてみても、どうしてもうまく思いつかない・・。ということもあります。

その場合は転職エージェントに登録してエージェントに退職理由についてアドバイスをもらうのがおススメです。

エージェントはその道のプロなので、あなたの状況に応じて的確なアドバイスをしてくれます。

転職というと一人で求人を集めて履歴書を書いて面接対策をするというなかなか手間のかかることが多いです。

転職エージェントを利用して、求人を集めてもらったり履歴書の書き方や面接対策の方法を教えてもらのが時間的にもかなりの効率アップにつながります。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!