ブラック企業一覧

ブラック仕事の小学校教師を辞めたい 小学生のお守り・モンスターペアレント・無限のサービス残業から脱出する

小学校の教師はブラックで有名な職業ですよね。サービス残業で部活を見たり、言うことを聞かないこども。ちょっと暴言を吐くと問題になる世の中。理不尽なクレームをつける保護者。いわゆる教師は接客業になったんですね。だからクレームを無視もできませんし、理不尽な要求も聞いたりしなければいけません。そういった状況で仕事を続けるよりも、民間のホワイト企業に勤めたほうが人生がプラスになりますよ。

ブラック仕事の設備屋がきついから辞めたい時の次の就職先 ホワイト工場など労働条件のイイ職場を選ぼう

設備屋というと空調やダクト、配管工の仕事です。これがかなりきつくてブラックな仕事をいうのはよく知られています。残業もあって当然サービス残業。人間関係も超体育会系の縦社会です。なにより激務のわりに給料があまりよくありません。その仕事が限界になって辞めたくなるのがしょうがないことです。次の仕事はホワイト工場などの定時で帰れて休みの多い仕事を選ぶべきでしょう。その理由と方法をご紹介しています。

ブラック企業のネイルサロンがイヤでネイリストを辞めたい その状況から労働環境を変えていく方法

ネイルサロンは意外と知られていないブラックな職場です。低賃金で拘束時間が長くて女性ばかりの職場で人間関係もドロドロしがちなかなりきつい場所んですね。華やかな雰囲気のイメージがあるので人気の職種ですけど勤めている人はかなりの精神的、肉体的にストレスを追って辞めたいと思っている人が多いです。その状況から労働環境を変えていく方法をご紹介しています。

ブラック企業顔負けの警察官の仕事を辞めたい 激務の実態とどうやって次に仕事を見つけるかの対策方法

警察官の仕事は組織が縦社会で、ブラック企業顔負けの拘束時間と激務や休日も呼び出しが合ったりとなかなかのきつい仕事です。当然、体育会系の組織でパワハラも多く、離職率がはなり高い仕事です。警察官を続けたいならいいですけど、辞めたいなら今からでも今後の人生での仕事を探していく行動をとっていったほうがいいです。その理由をご紹介しています。

超ブラックのプログラマーを辞めてからホワイト職場に行くべき理由 30歳までに転職すべきです

ブラックなプログラマーの職場を辞めて、待遇のいい職場に転職するには27歳から28歳くらいがいい時期です。それ以上の年齢になると未経験での転職も厳しくなりますし、そのままその職場にいてもサービス残業、休日出勤、ブラックな人間関係はそのまま永遠に続くからです。

ブラックな会社に行きたくないなら辞めるのは当たり前 いつまでグチグチ考えてるの?

ブラックな会社だと生きたくなくて、朝に吐き気とか泣いてしまったりする場合もあります。ここまでくると「うつ病」の症状が出てるのでもう早めに労働環境をかえていかないと身体を壊して社会復帰ができない状況になってしまいます。そうなる前に転職活動をすべき理由があります。

ブラック企業の象徴「自爆営業」は違法なのでその職場は辞めるべき理由

ブラック企業の営業にありがちな「自爆営業」 自社の商品を自分で買ったり親戚や友人に売りつける行動です。これをやってる時点でもうその業界に未来は無いのは薄々わかっているんでしょう。長期的には経営も傾いてくるので早めの転職活層をしるのが無難な行動です。

ダメなブラック企業を見切りをつけ会社と心中する前に転職する方法

ダメなブラック企業に見切りをつけないと人生がダメになってきます。会社だダメだと上層部の役員などが腐っているので、会社が八んすることが無いんですよね。将来的にもきついですし、そのうえ仕事が激務で低賃金で長時間サービス残業ならその会社にいる意味が無いです。見切りが遅いと後で後悔することになりますよ。

コンサル業界は超ブラックで激務でうつになる 限界が来たら転職すべき理由

コンサル業界は激務で毎日終電帰りというのは当たり前です。無理をするとうつ病になって人生を棒に振ることもあります。精神的にも肉体的にもすぐに限界が来るのはわかり切っています。そんなコンサル業界を辞めて転職したほうがイイ理由とその方法をご紹介しています。

ブラック企業は入社5年以内で転職すべき理由 転職時期を失敗すると悲惨ですよ

ブラック企業に5年も務めるだけでたいしてものですけど、さすがに入社5年目くらいで限界が見えてきます。自分の心身ともに限界もきますけど、会社自体も将来性が乏しいというのが目てくる時期です。入社5年以内に転職しないと30代になってしまい転職時期を逃してしまマス。そうすると人生が詰んでしまうので注意が必要です。

error: Content is protected !!