30代で不動産業界に未経験で転職するのは簡単です 営業力があるなら年収アップも見込めますよ

じっと見つめる猫

30代で不動産業界い経験でも、不動産会社には転職できますか?という質問があれば

「できますよ」

という回答をします。結局、不動産業界は営業の仕事がほとんどなので、不動産の知識に卓越しているというのよりも、いかに「営業」ができるかどうかにかかってますからね。

どんなに宅建とかの資格持っていても、マンションや土地を売らなければ結局利益上がらないんですよ不動産業界。

バブルのころじゃあ無いですから待っていてもなかなか不動産が売れない時代です。不動暖会社も実際は「営業」ができる人を求めています。

だから、不動産業界って割と人材の募集に関しては未経験でも募集しています。30代くらいまでなら

ギリギリ年齢的にも未経験で入り込むことはできるでしょう。

ただ、入ってからの仕事はそれなりに大変なので、そのあたりは覚悟しておく必要があります。やっぱりマンションや土地を売ってナンボですからね。

そういう営業力に自信がある人なら不動産業界でも頭角を現していけるはずです。

不動産業界は30代未経験でも求人はあります ただ職種「宅建」を持っていたほうがより有利です

転職がんばるぞ

不動産業界は30代で未経験でも求人はあります。そして「宅地建物取引主任者」いわゆる宅建ですね。

この資格を持っていると、不動産業界の就職には強いです。

もちろん宅建の資格は持っていたほうがイイです。特に不動産業界で「独立」を考えている人は絶対必要ですからね。

ただし、不動産会社って先ほど言いましたけど、マンションや土地を売ったり仲介したりして利益を得ます。

結局「営業」ができないと儲からないんですよね。だから不動産会社も最初の三ヶ月くらいは「試用期間」があって不動産の契約が一つも取れないと、試用期間で解雇・・・みたいになっているところが多いです。

そりゃあ、三ヶ月で一つも契約が取れないと、会社にとってはきついですしね。それに自分自身もそこで不動産の営業ができるかどうか自己判断できるのでかえっていいと思います。体育会系ですよね実際ね。

なので、宅地建物取引主任者の資格を持っていれば不動産業界に30代で未経験でも不動産業界に入ることはできます。

そこからですよね。入ってからどれだけ契約をつかんでいくことがきるか。もしくは不動産営業と仕事のノウハウを学んで自分自身が独立していくかという自分自身のビジョンをもって就職するのが大事ですよね。

基本不動産業界は「営業力」が必要なので、営業ができる人は年収アップが見込めます そのあたり見込んでおいてください

結局不動産業界は「営業力」ということなんですよね。くどいですけど、

営業力といっても飛び込み営業とかをするというより、コンタクトをとることができたお客さんをいかに話さないように契約が取れるかどうかがとっても大事です。そのたみにはやはり営業としての接客や話術がどうしても必要です。

なので、悪いことは言わないんで、「営業がどうも苦手」という人は不動産業界は辞めておいたほうがイイです。

営業どくどくの体育会系のノリにもついていけな胃と思いますしね。あのノリについてい言えないタイプの人は不動産業界向いていません。

体育会系の会社の特徴ってホント嫌なんですよね。これってブラック企業って基本体育会系なので体育会系企業はブラック企業として認定したくらいです。もし辞めたいなら、体育会系の会社に近寄らないほうがイイですよ。運悪く入ってしまったら労働環境を変えることも検討しましょう。

逆に、不動産会社でのスキルっていうのは不動産売買や不動産を仲介してその手数料を取っていくことができる人材のことをいいます。

これができると、不動産業界で出世できたり、のちに独立できる人材なので、将来性は大いにあります。

そういう意味では営業ができる人はかなり将来歳のあるのが不動産業界と言えますね。自分の適性をし係考えてから不動産業界に転職していくのがとっても大事ですね。

不動産業界に転職するなら転職エージェントを使うのが必須です ハロワとかだとブラック企業を引いてしまいますよ

転職活動はかなりやることが多いです。求人をチェックして履歴書書いたり面接対策したりとそれは不動産業界に転職する場合でもお暗示で素。

転職活動をするとそれがイヤでもわかってきますしね。仕事をしながらの転職活動をかだと空いた時間をつかってそういう作業をするわけです。

ハッキリ言って一人でこれをやろうとするとかなりキツイです。しかもハローワークとか間違って使ってしまうとブラック企業ばっかりなので、かなり悲惨なことになります。

まず不動産業界に転職するなら「転職エージェント」の利用は必須です。転職のプロであるエージェントと面談することで、あなたの希望をキチンと伝えることができます。

そうすることでエージェントがあなたに合った不動産業界の求人を持ってきてくれます。これがものすごく効率がイイです。

自分で求人を探していると、本当にきつい思いをします。そんなことに時間を使っているなら、面接対策をしたいですしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!