社内恋愛はやめとけ リスクが高い上に疲れる職場恋愛はめんどくさいですよ

社内恋愛

社内恋愛がうまくいかなかったあなた。キツイ言い方ですけもっと慎重にやるべきでしたね。

というか会社で社内恋愛をやる気力があるっていうのがすごいです。恋愛体質です、ねさすがです。でもやっぱりすごいですよ。

会社で仕事が意味不明にきつかったりすると、意外と連帯感が生まれてれないに発展しやすいというのもあります。だからブラック企業では恋愛も多いというのもうなずけます。

職場での恋愛はうまくいかないと、ただ彼女と別れたというだけでは済まない場合が多いんですよね。

職場での恋愛は、完全に付き合っているというのを秘密にしておくことはほぼ不可能です。とくに女性のほうの情報網はハンパないので、ちょっとでも情報が漏れたら、もう会社中にその噂がひろがってしまうからですよね。文春も真っ青の情報力です。

これにハマってしまうと、もう付き合ってるのを秘密にしているのは困難。職場恋愛は付き合うイコール公認の付き合いということを覚悟する必要があります。

そもそも社内恋愛ってやるのは簡単だけど、別れるのは大変ですしデメリット多いんですよね。マジでちょっと別れるときは大変ですよ。社内恋愛で破局するといいことが一つもないんですね。

「あいつ別れたんだってな。」と後ろ指指されますし、上司からもあまりいい印象をもたれません。

職場はあくまで仕事をする場所なので、仕事以外のことで印象を悪くするのはホントにもったいないです。

ここでは、社内恋愛の怖さと社内恋愛で破局した場合の対応をご紹介します。

社内恋愛をするなら結婚前提くらいでないと本当に怖い 恋愛失敗はやっぱ怖いですよね 私はやらないですけどね

 

スマホを見るおっさん

社内恋愛で、うまくいかなかった人の例ですけど、

とある地方銀行の出来事ですけど、窓口の女性と営業の男性がひそかに付き合っていました。

営業の男性はそこそこ営業成績も良くてある程度出世コースにのっていたんですね。

ただ、その窓口の女性はもともとその地区営業部長愛人だったのです。一見ドラマとかでありそうな「そんなのあるの?」というようなことなんですけど、金融業ではけっこうそういう事実があります。支店長や部長クラスは窓口の女性が大好きですからね。

そのことを知らずに、その営業の男性はその窓口の女性と付き合ってしまったんですよ。「私、営業部長の愛人なんだ」とわざわざいう女性もいないですしね。

当然、その交際は会社には内緒にしていたのですが、そのうちバレます。地方の銀行なんでプライベートで一緒にいるとこをを見られるなんでありがちなことです。

そうすると、営業部長の耳にもはいるわけです。愛人が男と付き合っているのは面白くないんですね。さて、もう大体想像できたと思います。

その付き合っている営業の男性は県外の僻地の出張所に飛ばされます。そして出張所に飛ばされてからその窓口の女性が営業部長の愛人だったことを知るわけです。

営業の男性は、左遷されたショックと、自分の彼女が営業部長の愛人だったことを知るダブルのショックを受けたわけです。

これは極端な例ですけど、こうなるともうこの営業の男性の出世の目は無いわけです。どんなに仕事頑張ってもだめでしょう。

この営業の男性の女を見る目が無かったといったらそれまでですが、これが同じ職場の女性でなかったら愛人がいようがなんだろうが、職場で左遷させられることはなかったわけですね。

それだけ、社内恋愛は仕事に不都合がある可能性はなにかしらあります。特に、その社内恋愛が破局したときに不利益は襲ってくることが多いです。

ということで、社内恋愛をするならもう「その女性と結婚前提で付き合う」くらいの覚悟がないと厳しいです

適当に社内の女性にちょっかい出していたら、それだけで大きく社内での評価は低くなります。日本の会社は保守的なので、恋愛に関してはおおらかな目では見てくれないんですね。

社内恋愛がうまくいかなかった場合で働いてる場所が同じ場合は異動願いを出す

長時間残業をする男性
社内恋愛が破局した場合でしかもその相手が職場が同じ支店や部署にいるなら、すぐに異動願いを出しましょう。

これは、もし同じスペースに破局した二人がいた場合をイメージしてもらえばわかりますね。その空気の悪さは体験したものでないとわかりません。周りも気を使って、空気が濁って仕事に支障が出るレベルです。

ここは男性のほうが、速やかに折れて上司に異動を打診しましょう。そういうことなら上司も異動を速やかに打診してくれるはずです。

ただ、同じスペースで仕事をしている同志で恋愛をして破局するというのは、相当目も当てられない状況です。とにかく一刻も早くそのスペースから離れるような処置が必要です。それが大人の対応です。

実際悲惨ですよ。別れて同じ部署にいるカップルって痛々しくて見てられません。というかこっちも気を使って仕事がメンドクサイことになります。いいかげんにしてほしいです(^O^)/

といってもブラック企業だったらこれを機会に辞めてしまうのの手です。だってブラック企業ですし、ずっと長く務めるわけじゃあないでしょう?

 

関連記事:ブラック企業ってのは即時辞めるのが鉄則です

新卒カードで就職失敗でブラック企業に入社したら即退職すべき理由
新卒カードを使って入社した会社がブラック企業だったら目も当てられませんよね。その場合はすぐに会社を辞めてホワイト企業への転職活動をするべきです。限られた20代の時期をブラック企業で潰してしまうと、スキルも身につかずに心を体を病んで捨てられるだけの結果になります。怖いですね。

職場は一緒だが支店が違ったり働いている場所が違う場合

職場は一緒でも働いている場所が違う場合は、社内恋愛で破局したという事実があるだけでとりあえず仕事には支障はありません。

ただ、仕事の評価はどうなるかは正直わかりません。運が悪いと、女性陣に悪評を立てられて不利な状況になる場合もあります。

社内恋愛での破局のうわさはもうすべての職場流れるものなので、そこは割り切って仕事に精を出すのが得策です。

そういうときこそ仕事にまい進することで、「ああ、こいつは恋愛でうまくいかなかったのが仕事への情熱にプラスになっている」みたいに周りの印象がかわってくれば大丈夫です。

恋愛もいいですけど、人生で一定の期間仕事に没頭することで自分のできることや能力が見えてくることもあります。

恋愛の破局を逆にパワーに変えれるだけのバイタリティーあふれる人間になっていくことが大事ですね。

まあ個人的には、会社って仕事をする場所で恋愛する場所ではないですからね。職場恋愛って結局始めるのは簡単ですけど、もし失敗するとそのあと大きなツケを払うことになるわけですよ。怖いですねえ。

もうその職場にいたくない場合もある そりゃそうですよね気まずくていられたもんじゃありません

社内恋愛

 

ただ、その社内恋愛の破局によっては

「この職場にもういたくない」

「この仕事にどうしてもやる気が出ない」

「いやもう人生どうでもいいやフラれちまったしな」

 

自暴自棄になったりして仕事へのやる気や職場への愛着が無くなってしまう場合もあります。

そういう場合は転職を考えてみるのも一つの手です。

「社内恋愛で破局したくらいで転職なんて」と思いがちですが、今の世の中転職をすること自体がそれほど敷居の高いものではンあくなってきています。

キッカケは恋愛の破局であっても、そこで人生を見つめなおして自分のキャリアがこのままでいいのか?をマジメに考えてみるのにはとてもいい機会です。

恋愛の破局を機会にステップアップするっいうのが、男の生き方をしてはカッコイイじゃないですか。そういう泥臭い人生もいいものです。

男にとって仕事は女性よりある意味大事な部分もあります。仕事でステップアップできるからこそ恋愛も充実していくんですよね。人生ってうまくいかないですけど上手くいくように進めていくのはやっぱり大切なことです。

結論を言うと社内恋愛で失敗してグチグチ考えているなら、スパッと転職したほうがイイってことですよ実際。

いっそのこと社内恋愛禁止にでもすればいいじゃんとか思いますよ。

 

関連記事:社内恋愛禁止の会社の行動方法

就業規則で社内恋愛禁止の会社はバレたらアウト 転職するしか方法が無い理由
社内恋愛(職場恋愛)禁止の会社で恋愛してバレるとそのあとの出世とかが厳しくなります。まして就業規則で禁止が決められている会社で社内恋愛ばバレたら出世は望めないでしょう。リスクも高いですし、面倒な結果になります。バレてしまったら転職したほうが無難です。あなたの職場での「価値」はかなり下がってしまっているので挽回はむつかしいからです。

 

転職を考えるなら転職エージェントを利用しよう

考える女性
転職をする場合一人でやみくもに活動をするのはあまりお勧めできません。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

 

個人的には社内恋愛ってめんどくさいですし、しっぱ視した時のことを考えると本当にやっかいです。

会社は仕事をする場所ってことにしたほうがいいですよ。

今では、出会いのアプリとかスマホでいくらでもありますし、クラブとか合コン、街コンとかそういう系のイベントって昔に比べるといくらでもありますからね。

よく、男が草食化してるとか言われていますけど、これって一部の男が女を総取りしてるんですよマジで。

10人中1人くらいが女を食いまくってあとの9人は非モテみたいになっています。悲しい現実です。

社内なんかに目を向けるよりも、今では上述したようにいくらでも出会いとかのアプリもあるし、街コンとかもいくらでもありますからね。そういうのっていくら失敗してもリスクは無いですし、社内恋愛でいざこざがあるよりよっぽどいいですよ。

そのあたりの視野が広くなると、仕事の面でも洋右が出てきて人生が好転していきますよ。