退職での上司や会社からの引き止めがしつこい時のマインドと対応 

女囚人

退職の時に会社を辞めると言ったら「辞めないでくれ、君が辞めると困るんだ」と引き止められるといったことはよくある話です。

会社を「辞める」と言った時点でもう相当な決断というか大きな重い理由があるのでしょう。

「今すぐにでも別の仕事がしたい。この会社ではキャリアアップはできない」
「すでに転職先が決まっている、引き止められても困るなあ…」
「上司のあんたのパワハラが原因だよ、何引き止めてんだよお前」
「自分がいなくても絶対に仕事なんて回るのに社交辞令か?」
「もうこの会社でこの仕事をするなら死んだほうがマシだ。ストレスでおかしくなりそうだ」

理由は様々でしょうが、「辞める」という時点で理由はもう固まっているのでしょう。そうでないとこういったご時世に会社を辞めるってのは相当な覚悟が必要だからです。

だから引き止められようがなんだろうが、もうその時点で辞めたほうがいいのは本人もわかっています。でもここで

ズルズルと続けて務めてしまうと、いいことは一つもないというのが想像できます。なぜなら引きをめられる理由は会社側があなたを利用したいだけだからです。

まず引き止められるのは想定内ということ ブラックな会社ほど引き止めが入ります

まず、ブラックな会社になればなるほど、辞めると言ったら引き留めに入ります。なぜなら、少しでも長く奴隷としてあなたを使っていたいからです。

「君が辞めるとプロジェクトが立ち上がらなくなる」などもっともらしい引き止め方もありますし

「辞めるなんて責任感が無いんじゃないか」「そんなことで社会が渡っていけるのか?」と逆切れしするような引き留めもあります。

どちらにしろ、「あなたのことなど1ミリも考えていない」わけです。上司と会社の都合だけ言ってるんですね。

ブラック企業になればなるほどこの傾向は強くなります。わかりやすいですね。ブラックでなくても普通の会社でも大きくは変わりません。

ただ、「上司の引き留めは辞めると言ったら必ず入る」ということです。これは想定内ですよね。まさか「そうか辞めるんだいいよ」とあっさり話が終わることはめったにありません。なぜななら上司が自分の部署から退職者が出るということは少なからず自分の評価も下がる可能性もあるからです。

そのため、形だけでもの場合もありますし、本気の場合もありますが「辞めるのを引き留める」ことはほとんどあります。

なのでマインド度しては「引き止められても淡々と決意を伝える」ということだけに徹するべきです。

会社を辞める時のマインド 決意がぶれると会社の都合でいいように言いくくるめられますよ

会社を辞めると決めて上司に報告する時点で「どんな説得を受けてもやめる」ということを決意しておくべきです。

そうでないと、そのあとズルズル務めてもあなたの人生の現状は良くなる可能性はほとんどありまんし、いいように使われるだけです。

また、一度辞めるといった人は出世の可能性も低くなります。そりゃそうですよね。「辞めるといったやつ」というイメージで上司から見られるわけですから。

とびぬけて仕事ができるとか、ヘッドハンティングされるレベルの人なら話は違いますが、普通のひとなら出世の可能性もかなり低くなってしまいます。日本の企業はそういった保守的な面がいまだに残っていますからね。

どのみち「辞める」と行ってしまったら「どんな引き止めがあっても辞める」という断固とした決意で臨むべきです。

その決意が無いうちは「辞める」とは言わないほうが良いです。そのくらいの決意なら転職した時に自分で後悔するかもしれないからです。

引き止められた時の対応は敬語ベースだけどもうこの会社に未練が無いことを伝える

あなたが上司から引き止められたら、もちろん穏便に済ます方向で対応します。

「3か月後に辞めます。その手続きをお願いします」→三か月後なら常識的に時間にも猶予があり言い切ることが大事です。

「申し訳ないですが、この会社にいることはできません。何を言われようと意志は変わりません。」→断固とした意思表示をしないとそのあとメンドクサイことになります。

「ご迷惑をおかげしますが、私にも自分の人生がありますので、会社を辞めるという決断を曲げることはありません。」→これも断固とした意思を丁寧に示すことで、後々メンドクサイことになるのを防ぎます。

と言い方はいくらでもあるのですが、「会社を辞める堅い意志を丁寧な言葉で伝える」ということです。もちろん感情的になるのが一番いけません。

冷静に淡々と自分の辞めうという意思はどんなことがあっても変わらない、ということを的確に上司に伝えるべきです。

そうしないと、余分な引き止めがまたはいりメンドクサイことが多くなります。ただでさえ退職するのはパワーを使うので、こういった辞めるという意思表示は、まったく曲げずに言い切ることがベターです。

会社を辞めようと辞めるという前に転職先を決めておくのがベターです決まってないのなら転職エージェントへの登録がおススメです

時計と航海図

会社を辞める前に転職先が決まっているのがベターです。ただ、なかなか在職中に転職活動を一人でするの難しいです。

仕事をしながら求人情報を探して、履歴書を書き面接対策をする。こういった作業はかなりの手間がかかります。

そういうケースでは転職エージェントへの登録がおススメです。転職エージェントはあなたと面談をして、希望の求人を当たの適性に合わせてピックアップしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!