上司の説教がうざい 毎日説教ってパワハラと同じ うつ病になる前に労働環境を変えよう

説教するウザい上司

上司の説教ってウザいに決まってますからね。

それに説教されるさるっていうのは、その上司を多かれ少なかれあなたのことを「嫌っている」からです。

仕事ができるとかできないとかってあんまり説教されるされないとは関係ないですよ。その説教上司にきちんと媚びているかどうかで説教されるかされないかが決まってきます。

ちゃんとその上司に媚びていれば説教されるこをはほとんどないですからね。会社でどんなに人間性が低くても「上司は上司」」ですからね。そういう人にでも媚びることができるっていうのはある意味、スキルみたいなもんです。社会を生きてい行く上でのね。

しかし、私はそういったスキルが皆無だったので、上司に媚びるっていうことは全くしませんでした。もちろん常識的な範囲では上司の言葉に笑顔で返答したりしてましたけどね。その笑顔は引きつっていたかもしれないですどね。

だから、あなたもうざいれべるの説教をされてるなら上司に媚びまくってみるといいと思います。そもそも、媚びられて満足するっていう人間はザコってのがわかりますからね。本当に自分に自信がある人間なら媚びられると逆にうんざりするものです。

上司の説教がウザくて、媚びることも苦手な場合はその上司の説教はエスカレートしていきます。だんだんと説教が少なくなっていくことはまずありません。

上司の説教って上司自身は説教と思っていない というか「お前のためにやってるんだ」と思ってるから質が悪い

意味ないことで毎日のように説教する上司ってまあ、病気です。サイコパスは言ってますからね。サイコパスは悪いことをしても罪の意識を感じない精神的疾患の人間のことを言います。ブラック企業の経営者はサイコパスが多いです。

サイコパスは頭はいいですし、トークスキルも高い場合が多いので会社社会では出世してしてしまうんですね。プライベートだったら、そんな人間は相手にもされないでしょうけどね。

→参照 精神病質(サイコパス) ウィキペディア

こういう上司は説教とは思っていません。「お前のためにやってるんだ」的でやっています。もしくは、ただ単に「こいつ説教してイジメると楽しいな」て的なルンルン気分でのいじめみたいなもんです。決してよくきれいごとで言われる「心を鬼にして説教する」とは程遠いものなんですね。

よく言われじゃないですか、「上司もあなたのためを思って説教している」から説教は素直に聞いたほうがいい・・・・とか言う理論ありますよね。

これバカじゃねえのか?とか思いますからね。ウザい説教を手あたりしだいにしてくる上司なんて部下の事を1ミリも考えていませんよ。というかただの自己満足、自分のストレス発散、自分が部下を説教することで自分が偉いんだという承認読級を満たすためだけにやってるだけです。

そういうウザい説教する上司の人間性とかって大体低いですからね。人間性が低い人間の説教を真に受けてもしょうがないです。

そもそも人間性の高い人から仕事に関して注意を受けたりする場合には、その注意が的を得ているので正直言って素直に反省する気持ちになります。これはガチですからね。

私もサラリーマンを20年近くやりましたけど、ちゃんとしている上司からの仕事への注意はホント的確で、

「ああ、たしかにこの部分は自分ができてない部分だな、これから改善して行かないとダメだな・・・」

みたいに思いましたからね。

逆にただのバカで人間性が低い上司の説教だと

「こいつ、何言ってんだ?ただ仕事の妨害してるだけだろ、っていうかただお前、自分の機嫌が悪いから俺捕まえて説教してるだけだろ」

っていうものがほとんどでしたからね。

会社で上司は選べないので、ですからね。毎日くだらない説教をするような人間が上司になるとほんと悲惨ですよ。

その説教が仕事をわざと妨害するような感じになってくるんですよね。ただ自分の憂さ晴らしみたいな感じのものになってきます。

こうなってくるともう「終わり」です。これってただのパラハラってことになります。ただ悲しいことにこういったことは会社ではよくあることなですよね。

こういうことが毎日づ続く・・・説教とかが毎日ですからね。こうなってくるとだんだんとストレスがたまって高確率でうつ病になるわけです。

関連記事:サイコパス上司は潰したほうがいいですね

パラハラ上司に対処法ってよく記事とかがありますけど、対処というよりもその上司をサクッと会社外の機関を使って排除する方法をやったほうがいいです。その前にさっさとパラハラ上司にあったら、ICレコーダーで証拠を取って心療内科で診断書をもらって休職して労働基準監督署か弁護士に相談して早めにパラハラ上司を排除しましょう。

もし上司の説教とかがウザいと超えて、そのせいで体調が悪い、吐き気、頭痛、朝起きると体が重い、会社に行きたくない、仕事の能率が下がっている

といったことになってたらうつ病になってる確率が高い それってパワハラでからね

上司の説教がたまにあるくらい(1ヶ月に1~2回くらい)だったら乗り切れるんですけど、2日に一回、ひどいと毎日とか説教を聞かされるとただ「うざい」ってレベルではなくなってきます。

これ、私、地銀に勤めているときに実際経験しましたからね。毎日説教ですよ。営業で外回りに行く前に軽く説教があって、営業から帰ってくると説教されてヘタすると仕事終わって帰宅しようとするタイミングを見て説教されるとか日常茶飯事でした。特に帰宅しようとするタイミングはわざとそのタイミングを狙ってい他としか思えませんでしたからね。

いやこの人(上司)って家庭で相手にされてないのか?とか思いましたからね。というかこいつと結婚する女とかもいるんだ・・・・的に素朴に思いましたよ。

それは置いといて、こういう説教とかって毎日あれば普通にパワハラですからね。うざいと思えるくらいだったらまだマシなんですよ(;´Д`)

この説教がずっとつづくと、だんだんとストレスが溜まってきて、仕事自体にやる気が無くなってきます。当たり前なんですけどね。

そして、夜眠れなくなってきたり、会社に行く前に吐き気とか腹痛、頭痛とかが起こるよう担います。ひどくなってくると朝、起きたときに体が鉛のように重くなってきたりして布団から起き上がれなくなってきます。

こうなると「うつ病」がもうすでのかなり重症位なっています。このまま仕事を続けるとヘタすると1~3年くらい社会復帰できなくなる可能性があるので、心療内科に行って、診断書もらって会社を休職して休んだほうがイイです。その間に転職活動とかすればいいですからね。

関連記事:心療内科で診断書もらって休職する方法

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

毎日説教食らうような環境って冷静に考えてみるとかなり「異常」ですよ。そんな環境にいるだでも、もうあなたの人生はかなり損失しています。

ちょっと環境を変えるだけで、気分良く仕事ができる場所っていくらでもあるんですからね。

そして、こういった上司のめぐり逢いってただの運の要素が大きいので、自分から環境を変えていく行動をしないと、どんどん悪い方向になっていきますからね。

上司の説教はエスカレートして、阿多のストレスはたまりまくって、最悪衝動的に自殺する可能性もあります。自殺って衝動的なんですよ。あなたの意志とか

あんまり関係ないところで、ストレスとか将来の希望が絶望的になると、あなたの意志と関係ないところで衝動的にやってしまう可能性も高いわけです。

そうなる前に、休職して会社を休んだり転職したほうがイイですよ。そのままそこにいても1ミリもイイことは無いと断言できますからね。

関連記事:とりあえず3年とか我慢すると高確率で自殺に追い込まれますよ

「とりあえず3年」理論て辞めてほしいですよ。言ってる方は当人がどれだけつらい状況にあるかってわかってないですからね。そんなこととをまじめにブラック企業とかで実際にやったら余裕で過労死、うつ病、自殺、思考停止、完全社畜状態いjなってしまいますからね。さっさと我慢しないで辞めて環境のイイ職場に転職しないと年齢ばかり上がってしまいますよ。

転職するにしてもブラック企業に捕まらないってのはとても大事です 焦らず転職活動していきましょう

転職するにしても転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいと言われますし、転職が初めてだと何からやっていいんだ?ってことになりがちです。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作成して面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですよ。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるといいですよ。ブラック企業じゃない求人があるってのを確認できますし、これからやる仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア (公式)

 

JAC Recruitment(公式)

 

説教してくる上司って、98%くらいが「自分のウザ晴らしのため」の説教なので、そりゃウザいです。

そういう労働環境になってしまうのって、あなたが仕事ができるとかできないとかは関係ないですし、選んだ仕事とかもあまり関係ないです。

そう、人間関係が悪くなるって「運だけ」なんですよね。説教するゴミ上司が直属の上司になるって運だけですよね。異動とかでそのゴミ上司がきたり、あなたが異動してゴミ上司がいる部署に行ったりするのって、コントロールできない部分ですからね。

だから、そういう説教ゴミ上司にめぐり合うってのは正直あなたの運が悪いだけです。運のイイ人は、定年まで人間関係がイイ可能性もまります。

運が悪いときは、そのままその状態を放置すると、人間関係の運はガンガン悪くなりますよ。良くなるってことはあまり私も経験してないです。

私も、転職をしてみたら、一気に人間関係も良くなりましたし、そもそも定時で帰れる仕事になったので仕事量も激減しました。

長時間労働とかサービス残業、ノルマがあったり接客の仕事だったりいわゆるブラック企業はやっぱりそういったゴミ上司がいる確率がかなり高いです。

だから、説教上司がいるっていう環境ってブラック企業な確率も高いですしね。だからその環境を変えないと、説教上司に捕まる可能性は下がっていかないことになります。

実際、そのことに気づいていない人が多すぎます。労働環境は積極的に変えていったほうがあたなの人生は上向いてい行くはずですよ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!