年間休日100日以下の会社の人はうつ病や過労死する前に退職すべき 休日のある会社はりますから

時計と航海図

年間休日100日以下・・・これって相当過酷な職場なのが簡単にイメージできます。

土日を休んでも年間104日あるわけですから、土日や住んでハイ終了ということになります。連休なんて概念は無いんですよね。

祝日という概念も無いような会社です。こういった年間休日が少ない業種は飲食やサービス業・中小企業で経営者がブラックな人間にはよくありがちです。

といっても、実際「完全」週休二日制じゃないと土曜日も出勤も多いので、年間休日100日未満と言っていてもたいていそれ以下になったりします。

これって、休日が少ないって思っている以上にきついですよ。仕事の内容が相当ゆるければまだマシですけど、こういった会社は

休日が少ないうえに仕事内容もハードで人間関係もキツイというパターンがほとんどです。悪い場所はとことん悪くなるのが今の日本の職場の現状ですしね。

休みのくない会社ってのは、たいていブラック企業というのが日本の図式です。当たり前すぎて言うのもなんですけど、休みの多い会社に入ったほうがイイですよ。重要なことなんでもう一度言いますけど、「休みの多い会社に入ったほうがいい」です。

これてって休みの多い会社って割と給料がよかったり、仕事が楽だったしする傾向があります。

なぜなら、休みの多い会社のほうが

「仕事を効率的にやっている」

「仕事で人海戦術を取っていない」

ってのがあります。そりゃ従業員をサービス残業させて奴隷として働かせれば会社としては利益がでますからね。でもそれは違法行為なので、いずれボロが出て長期的に見ると会社はかたむいていきます。

だから年間休日が100日以下っていう会社はもはや、「まともな会社じゃない」と言ってもいいわけです。

関連記事:サービス残業を強要する会社はおかしいっていう認識を持ってください

サービス残業での時間外金んむを、当たり前、仕方ないとかおもってる時点で社畜度98%です。そいう会社でサービス残業を改善する方法もありますけど、そんな労力を使うよりもそんなブラック企業からはさっさと転職したほうが人生の時間の効率がイイです。改善したところでその会社はだんだんと経営が破たんしてきますよ。なぜなら効率の悪い仕事をやっているからなんですね。。

まず休みが少ないと人間どうなるかというとこうなります 普通に体が壊れてきてうつ病、過労死と言う結果になります

鬼囚人

休みが少ないって、例えば年間休日100日未満の会社と年間休日125日だと2週間以上も休日数が違うわけですね。

まず、仕事ってのは時給換算してみないと本当の待遇ってわからないです。飲食業なんかは年収は割と高く設定されていますけど休日は少ないですし、サービス残業当たり前なので時給にしてみたら800円行ってなかったみたいなことはよくあります。

そして、これも簡単にイメージできると思いますけど、休日日数が少ない会社や業界に限って仕事もきつい傾向にあります。

休日少なくて、仕事がキツイ・・・これってもう抜けれれない闇の中を手探りで歩いていると一緒なくらいストレスがたまります。

人間て一週間に2日くらい休めることで、なんとかきつい仕事でもやっていけるものです。構造上そうなっています生き物ですからね。

それを無理矢理、体と心を奮い立たせてやっているですね。当然、ストレスは蓄積されています。

もともと休みが無いとストレスを「発散」することもできませんし、体を「休める」心を「鎮める」時間も無いということです。

この意味が分かりますか?ずっとストレスが溜まっている状態で働いていて、しかも体の疲れもたまり、精神的にずっと興奮した状態で安らぐ時間がほとんどないということです。

はい、間違いなく「うつ病」になりますね。それが遅いか早いかだけです。人間てあるレベルまではストレスなどに耐えることができますが、自分のストレスの許容量を超えた瞬間こころば「ポキ」っと折れてしまって、うつ病になって体が動かなくなります。

うつ病になると、軽いうちに仕事を休めればいいのですが、たいていの人は初期のうつ病に気づかなくて無理して仕事を続けて、重い状態になってから気づきます。そうですその時はもう体が自分でコントロールできないくらい重いうつ病になってるんですね。

こうなると仕事どころか日常生活もしんどくなるので、社会拭き今で1~2年くらいかかります。下手をするとそのまま社会復帰ができなくなる人もいます。

うつ病ならまだいいですよ。回復しますからね。そもそも体が疲れてるのにろくに休息できないと普通に過労死します。

体に無理をして働いているとストレスと身体的な疲れがたまってきて、たいてい40代後半以降になると脳梗塞、心筋梗塞で倒れる人がめっちゃ多いです。何人もそういう人を見てきました。そのまま逝ってしまうか、後遺症が残って今後の人生に多大な影響を残します。そもそも、そのあと仕事などできなくなるケースも多々あります。

というわけで、年間休日が少ない会社はメリット的には「全くなし」です。

ああ、もし給料が良いならまだわかりますよ。ただそこは先ほど言った「時給換算」してみてください。自給がバイト並みだったらそれはそれでだめな会社です。

結論を言うと、年間休日が少ない会社はすぐに転職したほういいです。もちろんその仕事以外はやりたくない、私はこの仕事は給料は休日のためにやっているんじゃない・・・というケースならしょうがないです。

ただ、仕事は生活のため生きていくためというスタンスの人は、年間休日が少ない会社だったら転職しましょう。そこまでドMじゃないですよね。

関連記事:長時間労働を強要してサービス残業をさせるのはおかしいですよ

サービス残業が当たり前。そういう会社をブラック企業と言います。サービス残業は無くなることは無いですよ。サービス残業前提の経済が成り立っているからです。それがいやならサービス残業がない会社に転職するしか方法はありません。団塊の世代の価値観の支配されている会社に居続けるよりも、効率的に仕事をする会社に転職しましょう。

まず休みが欲しい人はサービス業(対人)は絶対やめときましょう ストレスも多いです

ます、仕事で休みがきちんと欲しい人が就職してはいけないのはサービス業関係です。

特に飲食業やレジャー関係などは最悪ですね。ファミレスなどは典型的な休めない仕事で仕事もきついといういいとこ無しの業界です。

また、ホテル業や旅館業も休みは取りにくいです。

平たく言えば、「人が休んでいるときに働いている業界」はキツイです。基本接客業でお客さんを相手にするのはかなりきついですし、しかも休みが少ないというダブルパンチで仕事としては、「どうしてこういうところで働くの?」という言う気持ちです。

完全に選択しが無いならわかりますが、休日が少なくてしかも仕事がいキツイところを選ぶ意味が分かりません。

やっぱり仕事って、「対人間」の仕事が一番きついですよ。もちろんどんな仕事で人と接することはありますが、結局ストレスのほとんどが「人間関係」に集約されます。

そういう意味でもサービス業関係は辞めたほうがいいです。

「人と接するのが好き」とかいうユルイ理由でサービス業界に入ったりする若者もいますが、ハッキリ言ってバカじゃないの?って思います。

人と接するのが好きだったら、休みの日にその辺で見知らぬ人と話せばいいだけですしね。なにも無理して人と接する

ストレスをためて、しかも低賃金で働くことに全く意味を見出せません。洗脳されているんでしょうねたぶん。

休みが多いのは、メーカーや製造業です。カレンダー通りで正月・GW・お盆と長期休暇があります

休みが多いのはメーカーや製造業です。なぜなら「カレンダー」があるからです。

「カレンダーって何??」というと工場などの製造予定のカレンダーです。

メーカーはほとんど工場を持っているのでこういう工場系のカレンダーを一年分出しています。たいてい年間休日が

115日から125日くらいあります。正月・GW・お盆といった連休があります。

ただ、これだけではなくてメーカーは有給休暇も取得しやすいんですね。たいていメーカーの工場では「有休要員」という人が休んだ時にその人の代わりにラインに入る要員がいます。ベテランで仕事ができる人ですね。

そのため、有給を取るにもグチグチいう人はいません。というか有休をきちんと取得するように率先されます。

これはメーカーでは労働組合が強いので、サービス残業や休日日数が少ないと組合が黙ってないからですね。特に美味ししい事はホワイト工場系の仕事ですね。それこそ定時で帰れて残業代も出て人間関係も薄くて、仕事も慣れてくるとけっこう楽です。こういう仕事をする場所が違うだけで、人生が変わってくるわけです。仕事ができるとか仕事ができないとか関係ないわけですよ。

関連記事:ホワイト工場の仕事はオイシイ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

結局、サービス業とかだと、年間休日も少なくて有休をとるにも取りにくいですよね。休みにくいですし。

そういうことまで考えると休日が欲しい人は「絶対に」サービス業に入ってはいけないんですよねそれが解っていてもついついサービス系の仕事を始めてしまう人もいます。

なぜなら、サービス系の仕事のほうが求人誌とかにいくらでも乗っているからですね。いくらでも掲載しているということはそれだけ「辞めていく人」も多いわけです。

逆にメーカーなどの求人は比較的少なめです。

休日日数の多い会社を自分で探して応募していくという作業はかなりしんどいです。宝探しみたいなものですからね。

そこは転職エージェントで転職のプロであるエージェントに「休日日数の多い求人」を探してもらうのがひじょーにおススメです。

転職エージェントで休みの多い業界についての求人を探してもらおう

ビックリする考える人
転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

特に最初の希望で「休日日数が多いのが第一希望です」ということを伝えればその希望に沿った求人を選んでくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

リクルートエージェント(←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア 公式

 

JAC Recruitment(公式)

 

個人的には、なんで飲食とか介護職とか販売業やノルマのある仕事に就くのかな?と思います。だって、個人が対象のビジネスは仕事の時間が増えるに決まってますからね。

クレームも多いですし、人間を直接相手にするビジネスは正直効率が悪すぎます。今ではそいう言う役目はネットでやればいいわけです。ネット銀行やネット証券などがそういった役目を、店舗型の銀行から奪っている傾向と一緒です。

できれば 会社は取引先が会社同士間の「BtoB」企業を選んだほうがイイです。

その方が個人を相手にする接客系の仕事はホント割りが悪いですからね。

たしかに接客系の仕事は世の中にとっては必要な仕事ですけど、自分がやる仕事としては絶対に選択したくありません。だってストレスがたまるに決まってますし労働時間も長くなるに決まってますからね。そのあたりに気づいておいてほしいものです。

関連記事:会社を選ぶなら「BtoB」企業を選ぼう

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!