コンサル業界は超ブラックで激務でうつになる 限界が来たら転職すべき理由

ブラック企業イメージ

コンサルティング(経営コンサル)などの業種は、仕事の内容のレベルが高く、キャリアアップを目指している人達ばかりです。

その分仕事内容もハードですが、給料が高いという特徴があります。

給料が高く、周りは有能な人材ばかりで常にプレッシャーを与えられる業種ですね。まあ、そういうハードワークはわかって就職している人がほとんどです。

でもなぜか「コンサルを辞めたい」「もう耐えられない」という人が後を絶ちません。

ここではコンサルティングを辞めたくなる理由と転職方法についてご紹介します。

コンサルティングは激務とはわかっていたとはこれほどまでとは・・・がコンサルティングを辞めたい理由の大半

コンサルティング業界に就職する人は、コンサルがハードワークだということは覚悟して就職しています。

その分給料が抜群にいいからですね。また、成果主義で成果を出せない人はかなり厳しい思いをします。

そういった背景がある中で、「ハードワークだと思っていたけど、まさかこれほどまでとは・・・・」というパターンがコンサルをや得たい理由のトップです。

終電に帰る?は?当たり前 午前3時とか当たり前

周りがうつ病のひとがめちゃくちゃ多い

そのうつ病の人にさらに仕事を持っていく容赦ない上司

パワハラ上司は当たり前、そういう業界だからね

全ての人が忙しいので、人間関係は常にピリピリしている

完全成果主義なので、成果が出ていない人は人間扱いされない

こういった過酷とも言える労働状況に普通の人間なら耐えられないのは目に見えています。

ハードワークを覚悟したコンサルティングの仕事を始めたはいいけど、「まさかこんなにすさまじいとは、もう体力的にも精神的にも持たないわマジで」ということになってきます。

給料が良いとはいえ、体調を崩したり、うつ病になったりしたら元も子もないですからね。限界を知ってい待った以上「辞めたい」と思うのはしょうがないことです。

ブラック企業にいれば「うつ病」になるのはいたって普通です。というかいずれそうなるので、なるべく早く脱出すべきですが、うつ病になってしまったらすぐに「心療内科」に行ってくださいね。行かないとさらに悪化して取り返しのつかないことになります。心療内科はそんなに怖いところではありませんよ。

転職をするには今すぐやめるべきか 単純ですけどわかりやすい選択肢です

こういった状況になって「辞めたい」と感じたら、もう選択肢はとてもシンプルです。

「耐えられそうなら数年我慢してノウハウを得てから転職する」

「耐えられそうになければすぐにでも辞めて転職する」

の2択になります。

耐えられそうなら数年我慢して転職する

コンサルティングのハードワークに耐えられないなら、入ってすぐにもう「こりゃ辞めたい」と思ったことでしょう。

それでも、まだ耐えられそう(精神的、肉体的に)なら数年勤めたから転職するのが転職は関してはプラスになります。

ただ、これは印象の問題で「入ってすぐに職場を辞めた」というより転職の時のイメージがいいというのにほかなりません。

前提は「数年なら耐えられそうだ、でも転職するのはもう心の中で決まっている」というきちんとしたイメージがあることが大事です。

ヘタに数年、限界を超えて我慢すると高確率でうつ病になってしまうので、そうなってしまっては転職に対して有利も不利もあったもんじゃありません。

「まだ、数年ならこの仕事ハードだけどいけそうだ」と思うなら数年勤めてみましょう。

そうすれば、次に転職するときに「ハードなコンサル業界で数年勤めた」という大きな武器ができるので、転職にはかなり有利に働いてきます。

耐えられそうになければすぐにでも辞めて転職する

「もうだめだ、耐えられない精神的に限界だ」

そう思う場合は、すぐにコンサルを辞めるべきです。コンサルの仕事内容が合わないというのではなく「精神的にもうダメだ」と思っているなら、かなり消耗している証拠です。

もともとコンサルティングの仕事は、体力的にも精神的にも相当タフでないと続かない仕事です。体を壊して辞める人もものすごく多い業界です。

コンサルの仕事を短期で辞めてしまってもそれほど、ダメージにはなりません。

そこでズルズル仕事を続けて体にダメージをおって、転職どころか仕事がしばらくできないようになっては元も子もありません。

もともとコンサルティングの仕事をしている人は、普通に転職を何度もしてくので、すぐにやめて今うことも珍しくありません。

その仕事が合わなければさっさと転職していきます。この辺は外資系企業の考え方といっでょです。

もう一度言います、体を壊してしまったら元も子もないので、精神的に限界ならすぐにでも転職を検討しましょう。

コンサルティングを辞めた後 転職はどうなる??

ではコンサルティングの仕事を辞めた後はどういう転職先があるのかということですけど

ほかのコンサルティングの会社

コンサルティングに会社はハードワークですが、その中でも仕事が比較的いゆるい会社もあります。

仕事量の差が大きい業界です。もちろん普通の会社よりはハードワークですが、それでも毎日終電とかいう会社もあれば、比較的8時に帰れて、普通に休日も休める会社もあります。

一度コンサル会社を経験しているので、こういった仕事量をある手程度抑えているコンサル会社なら転職する価値はあります。

会社の経営企画室・事務管理の仕事

普通の会社の経営企画・事務管理などの仕事にも転職しやすいです。コンサルでの経験を生かすことができます。

仕事はコンサルよりも緩い仕事になりますが、内容のレベルが低いというわけではないので、やりがいのある仕事です。

ただ、給料は当然コンサルよりも低くなります。プライベートなどの時間が欲しい場合はこういう転職先がマッチします。

異業種への転職

コンサル業務が関係ない異業種に転職するケースもあります。とはいえ、コンサル業務を一度経験しているとこのパターンが一番多いのでは?と思います。

まだ20代~30代前半なら、コンサル業務で培ったコミュニケーションの力や対人関係のスキルで、たいていの業界への転職はできるでしょう。

30代後半からはある程度の経験年素がものをいうので、異業種への転職は厳しくなりますが、そういったケースでも

「転職エージェント」を利用すれば、転職活動もかなり効率よく行っていくことができます。

コンサルティングからの転職は転職エージェントを利用しましょう

サクセスロード
コンサルの仕事からの転職するには、一人で求人を探して利するのは相当大変です。

そういう場合、転職エージェントを利用するのをおススメします。

転職エージェントは「転職活動を効率化する」支援ツールです。

これのいいところは、

「アドバイザーと相談できる」

「紹介してもらう求人がしっかり審査されている」

ということです。

転職活動って実際に初めての人がほとんどです。転職を何回もする人もまだ少数派ですからね。

なにからやっていいのか、わからないのが本音ですよね。その場合、アドバイザー相談してアドバイスを受けることができます。転職のやり方から細かい困りごとまで相談することができます。

アドバイザーは転職のプロなので、その人に応じた的確なアドバイスをもらうことができます。転職に不安がある場合でもその不安を相談してみるのがおススメです。

また、転職エージェントでは紹介しれくれる求人はアドバイザーが審査していので、ブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークとか普通の求人誌だと求人掲載に審査が無いので、ブラック企業のオンパレードです。

これだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。求人の質はブラック企業を避けるためには必須条件ですからね。

転職エージェントの登録・利用は無料なので安心して使うことができます。求人依頼の企業から紹介料をもらって運営しているので登録者にお金がかかることはありません。

今の会社を出たい、転職に迷っている…という場合は一度転職エージェントに相談して求人を紹介してもらうのをおススメします。

いかに世の中には「まともで従業員にやさしい会社がたくさんある」というのがわかるだけでも視野がグッと広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!