うつ病一覧

ブラックな仕事でうつ病になったから心療内科を実体験 心療内科に行くときに知っておくべきこと

ブラック企業にいれば「うつ病」になるのはいたって普通です。というかいずれそうなるので、なるべく早く脱出すべきですが、うつ病になってしまったらすぐに「心療内科」に行ってくださいね。行かないとさらに悪化して取り返しのつかないことになります。心療内科はそんなに怖いところではありませんよ。

ブラックな会社に行く前に頭痛やめまいや吐き気がする うつ病からの最初に地銀から製造業に転職した本当の理由

ブラックな会社に行っていると、たいてい「うつ」の症状が軽い重いの症状の差はありますが、出てきます。軽いならいいのですが、思いうつ病の症状が出てくると、それだけで人生が破たんする可能性もあります。自分の身体は自分で守るしかありません。労働環境を変えていく行動は「自分」しかできませんよ。

どのくらいの労働時間でうつ病になるの?長時間労働・仕事量・ストレスがこれくらいでなる実際のケーススタディ

長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

心療内科の診断書を利用して休職する方法 実際にうつ病で休職して傷病手当金をもらいつつ転職活動するのがベター

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

ブラックな仕事に行きた状態で我慢の限界を超えるとうつ病になる 我慢をどのくらいするかの判断基準をご紹介します

ブラックな仕事をしていると、サービス残業をとかをしてもそれが「普通」という感覚がマヒした状態になってきます。そして「自分が悪いんだ」みたいにネガティブになってきて最後には「死にたい」と思うようになります。そこまで我慢する必要はないんですよね。今いる状況をしっかりと判断して行動していきましょう。

どのくらい長時間残業で人は壊れてうつ病(体調不良)になるのか?実体験をもとに検証してみた そんな会社は転職しようぜ

長時間残業をしてると、実際どのくらいやると「うつ病」になったりするのでしょうか?実際私が体験した状況からそれをご紹介します。結論を言うとそこまで我慢するのは絶対にやめたほうがイイです。体を壊す前にサクッと転職したほうがイイにきまってますからね。それはホントに辞めたほうがイイです。