ブラックで激務な商社を辞めたいけど給料はイイので迷っている人への記事

スマホを見るおっさん

商社ですね、総合商社ってやつです。まさにエリートの代名詞という就職先です。大概の文系の学生は商社に入ろうとしますよね。

そのくらい人気もあって、実際給料も高いですし、大手商社に勤めていると男性だったら女性が普通に寄ってきます。

そのくらいのステイタスがあるのが商社という就職先です。三菱少女、三井物産、伊藤忠商事、住友商事といった勝ち組専用の職場です。

とはいえ、商社に勤めた人が幸せかというそそれは人それぞ手です。商社は20代で年収700万、30代になれば1000万を普通に狙える職場ですが、当然激務です。仕事ができる人が集まっていて、なおかつ全力で仕事をして何とか務まるほど仕事はシビアです。

総合商社であれば顧客の対応に飛び回り海外出張海外転勤は当たり前、終電まで仕事もかなりあって、精神的にも肉体的にもタフでないとこなしていけません。

当然、昔ながらの風習でお客さんとの接待もあり、酒が飲めないとかなりキツイ状況になってきます。先輩も大学のラグビー部だったりと体育会系のパターンが多く、とにかく体力がものをいう職場でもあります。

ただ、やっぱり給料とステイタスはかなり高いのが商社の特徴ですね。だから正直激務には見合った待遇はあると思います。

でも、そういものだけじゃないんですよね人生って。いくらお金をもらえても、仕事ばかりしているとどうしても心の隙間ができたりしますし、

「あれ?俺の人生て仕事しかしてないような・・・」

「家族と一か月くらいまともに会話してない」

なんてことになります。

ここでは商社を辞めたい、商社が向いていないというケースはどうして起こるのか、転職はどうやってすればいいかをご紹介します。

商社は「給料が良い」のを引き換えになんでもこなす激務大好き人間じゃないときついですね

商社は給料が良いしステイタスも高いので、その分激務です。これは商社の人は納得してやっているので、ブラック企業よりはかなりマシでしょう。

ただ、これって仕事がかなり好きな人じゃないとやっていけないレベルです。ワーカーホリックの人なら「商社最高」という環境になりますよね。とにかく「仕事が好き」「男は働いてナンボ」というタイプの人にとっては最高の環境が商社という職場で素。

逆にプライベート重視したライフスタイルをしたい人にとっては、商社はあまりむいていません。仕事ばかりでプライベートな時間はほとんどとれませんし、海外転勤が多いので、家族を持ってもあまり家族との時間をたくさん持てることは困難です。

もともと商社に入った以上、「人生は仕事」というくらいのスタンスでないと商社で生き残っていくことはできません。

そういう人生でもいいよという人は今後商社でやっていけば、出世も擦るでしょうし、高い待遇うを得ていくことも可能です。

考え方ですよね。仕事への取り組み方が中途半端だと商社に勤めていていも後で興起するかもしれません。

「子供ができたけど、ほとんど遊んでやる時間が無い」

「家族と話す時間もない」

「自分の趣味をやる時間もない」

こういった悩みがある人は、正直商社にはむいていません。こんなことおかま内無しで、

「男は仕事をやってナンボだよ人生は仕事だよ」くらいのスタンスの人が商社向きの人間です。

もしそういうスタンスになれないのなら、商社から転職したほうがベターですよ。

商社を辞めるなら年収ダウンが覚悟しておきましょう ただ、生活・プライベートを重視するならそれもアリ

商社を辞めて転職するなら、年収ダウンするケースはほとんどでしょう。それこそ大手外資系企業などへの転職でないと待遇は下がるケースがほとんどです。

ただ、そういった待遇が同じレベルの会社は商社と同じくらい激務なのがデフォルトです。商社を辞めたい、商社が向いていない

という不満を持つ人の具体的な理由は

「激務すぎて仕事がキツイ給料は下がってもゆとりのある生活をしたい」

「家族と過ごす時間が欲しい、待遇はそこそこでいい」

「もっとプライベートな時間が欲しい生活は普通で言い」

こういったケースが多いです。そのため、商社からの転職は、激務の仕事から生活重視の仕事へのライフスタイルの変化が目的ということが主なんですね。

そうでなかったら、商社にを辞めずに勤めていたほうが良いです。ステイタスも高く待遇も最高ですからね。

ただ、ライフスタイルをプライベート重視にシフトしていきたいなら、待遇は多少下がって定時で帰れる仕事。

転勤の素少ない仕事などを視野に入れて転職活動をするべきです。自分の価値観を考えたときに、仕事を最優先するか。

自分の時間もしくは家族との時間を最優先するかで選択肢は自然と決まってくるでしょう。

生活を重視するなら定時で帰れる仕事につくのがポイントです

ライフスタイルの重視するなら定時で帰れる仕事に就くのも選択肢の一つです。

製造業はカレンダー通りで、基本は定時で帰れます。製造業といっても現場から事務所、営業、総務と幅は広いですが、

労働組合が強いために長時間労働はほとんどありません。定時に帰れる仕事をいうとまず製造業です。

他には、公務員、事務職、総務、経理などの仕事が定時帰りの主な仕事ですよね。もちろん決算月は月末月初は残業もありますが、基本は定時で帰れます。

こういう仕事に就くには求人情報をしっかり集めて、商社勤めで得たスキルを面接でアピールしていく戦略が必要になってきます。

そのため、一人で転職活動するのはかなりキツイです。考えてもみてください。商社の激務をやりながら求人を地道にチェックしていくってかなりきついですよ。

そういう場合は転職エージェントを利用して、求人情報を集めてもらうのがおススメです。

転職エージェントを利用して非公開求人を選んでもらおう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

求人誌に載っていない非公開求人も多く抱えていて競争率も少ない質のたかい求人があるのが特徴です。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!