仕事から帰ると動けないほど疲れてる時に自分の好きな事をやる方法

仕事から帰ると動けないほど疲れてる時に自分の好きな事をやる方法

仕事から帰ってくると、マジで疲れていてホント動けないよ。

帰ってきてからやりたいこともあるのに疲れて何にもできないよ。

なんとか仕事から帰ってきてから自分の好きなことやりたいことをできるようにしたよな。

どうやってできるようになればいいのかな?

仕事をやって帰ってくるともう動けないほど疲れている・・‥といった悩みありますよね。

 

できれば、仕事方帰ってから自分の好きなこととかやりたいですよね、

でも、いまのままではついつい家に着くとダラダラしてしまう。なんとかしたいなと思っていますよね。

この記事では

仕事から帰ると動けないほど疲れてる時に自分の好きな事をやる方法

こういったことをご紹介しています。

仕事から帰ると動けないほど疲れてる時に自分の好きな事をやる方法

仕事から帰ると動けないほど疲れてる時に自分の好きな事をやる方法

仕事から帰ると動けないほど疲れてる時に自分の好きな事をやる方法は以下の通りです。

①一日のスケジュールをは把握する
②仕事を早く終わるように工夫する
③「仮眠」の時間を入れる
④ファーストフード・インスタント・レトルトの食事をなるべくやめる
⑤家でのスケジュールで削れるものを削る
⑥まずは30分」でもいいから「自分の好きなこと」をやってみる
⑦「好きなこと」を「30分」できない場合は疲れ過ぎている状態なので、仕事の量・睡眠を見直す

①一日のスケジュールをは把握する

最初に、あなたの一日のスケージュールを把握しましょう。

おおまかでいいので自分のタイムスケジュールをチェックしてみます。

7:00起床・朝飯・身じたく・出勤

8:30~19:00仕事

19:30~食事・風呂・くつろぎタイム

21:00~テレビー

23:00スマホ

24:00 就寝

こんな感じでいいので、大まかでいいので自分のスケージュールをチェックしましょう。

 

ここでスケジュールを見直してみると

私

「仕事終わるのいつも遅くね?定時で終われば17:00で帰れるのに」

私

「19:00まで仕事してるけどこれサービス残業なんだよね、この仕事意味あるのかな?」

私

「テレビとかスマホの時間て完全に無駄じゃね?」

っていうのがわかります。

 

まずは自分のスケジュールをチェックして、帰ってからどう行動するかを大まかに考えていきます。

②仕事を早く終わるように工夫する

仕事から帰ると動けないくらい疲れてる・・・・っていうのの大きな原因が

「仕事が終わるのが遅い」

というのがあります。

毎日17:00で仕事が終わる人

毎日20:00で仕事が終わる人

17:00(定時)で終わるような仕事だったら、仕事から帰って動けない・・・なんてことはまずありません。

そんな悩みすら出てこないでしょう。

 

逆に毎日20:00に帰る人だったら、そりゃ疲れがたまって、家に帰ってからは何もしたくない・・・ってなるのも無理はありません。

疲れがたまれば、休息が必要になるのは当たり前。疲れ知らずみたいなロボットみたいな都合のいい人間はいません。

 

仕事が22:00とかで終わる人は、家に帰って何をやるか・・・・よりも先に

20:00で終わる仕事→19:00 18:00で仕事が終わるように工夫する

ところから始めるべきでしょう。

 

1時間早く帰れれば、でもかなり疲れ方は軽くなってきます。

 

※余談ですけど・・・・

もし20:00までの仕事を「サービス残業」とかでやってる仕事だったら、仕事を変えることはガチ目に考えたほうがイイです。

残業代がつかないで仕事をしてる会社は、社員をないがしろにする会社なので、長期的に勤めていても、あまりいい未来はありません。

参照記事:優良な転職サイトの選び方

③「仮眠」の時間を入れる

仕事から帰ると動けないほど疲れてる場合に、ムリに何かをやろうとしても、正直きついです。

できれば仮眠を取ると、かなり頭がすっきりしてやる気も出てきます。

仮眠のポイント

・20分以内の仮眠

・何時間も寝てしまう危険があるので、目覚ましなどは「ダブル」で5分おきくらいにかけておく(一回目の目覚まし、15分、2回目20分など)

・寝れなくても、横になるだけでかなり違うので、「横になって目を閉じる」だけでもかなり疲れが回復します。

・20分以上寝てしまうと、かえってそのあと起きれなくなったり、眠たくなったりするので、軽く仮眠をとるのが効果的です。

 

仮眠をとるとかなり疲れが取れるので、もう家にか帰ってくると、クタクタ動けないみたいな場合は試してみるといいでしょう。

④ファーストフード・インスタント・レトルトの食事をなるべくやめる

仕事から帰ってくると、もうクタクタで動けないくらいにつかれている。

そういった時って、どうしてもファーストフードとかインスタントのものを食べてしまうことが多いですよね。

そういったものを食べてると、ただでさ疲れ切ってるのに、さらに疲れやすい体になります。

できればば、自炊したものを食べたいところです。

 

「でも疲れ切っててそんな自炊なんてできないよ」

っていうことも多いでしょう。

その場合は簡単な炒め物だけでも十分です。

野菜と肉などを痛めるだけでも十分

休みの日に野菜をまとめて買っておきます。

キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、ピーマン、もやし・・・・このあたりあればいいでしょう。

これに豚肉なんかをまぜて炒めるだけなら10分もかかりません。

 

あとはご飯は休みに炊いておいて、冷蔵庫に冷凍しておけばレンジで解凍するだけで食べられます。

ごはんをレンジで温める容器

出典 ワニログ

ごはんをこういった容器に冷凍しておけば、一週間分レンジでチンするだけです。

 

お金もかなりコンビニ弁当やマくドナルドなどよりもめちゃくちゃ体にいいですし、お金もかかりません。

 

炒めるのがめんどくさい場合は業務スーパーとかで冷凍野菜を買っておいてレンジで解凍するだけでも温野菜を食べられます。

 

100均とかでレンジで温野菜を作れる調理機とか売ってます。(私はこれをめっちゃつかってます笑 あったかい野菜が簡単にたべたれるんで。これにドレッシングとか調味料とかけて食べることがけっこうあります)

レンジでゆで野菜

参照 360LIEF より

 

そして、こういったファーストフー・インスタント物にある「添加物」の少ない食事をしてると、ガチで疲れにくくなってきます。

 

添加物の入った食事を少なくするだけで、わりと疲れにくい(風邪をひきにくかったり病気になりにくい)体になってきます。なにより、太りにくくなりますしね。

食生活を変えると、驚くほど疲れにくくなります。

仕事から帰ってくるとヘロヘロで動けない場合にはやってみる価値はメチャメチャ高いです。

⑤家でのスケジュールで削れるものを削る

体の疲れをとるような工夫をしてから、あなたの家に帰ってきてからのすけーじゅるを見直します。

たとえば、

テレビを見てる時間

スマホをいじってる時間

こういった時間はムダな時間なので、その時間を削っていきます。

とはいえテレビとかの娯楽の時間をいきなりゼロにするのはきついので、

 

テレビの時間
今まで2時間→1時間にする

スマホの時間
今まで1時間→30分にする

 

こういった感じで減らしていくのがいいです。

最終的にはムダな時間を無くす

もし、できればですが、こういったムダな時間は無くすのがイイでしょう。

テレビ→テレビを持たない

意外とテレビなしでも生活できます。NHKの受信料も払わなくていいので、節約にもなります。

 

スマホ→Twitterやインスタ・フェイスブックなどのSNSやめる。

Twitterとかって意外とやらなくてもまったく生活には影響ありません。インスタやフェイスブックも同じです。

 

こういった時間を無くすと、2時間は空き時間が増えますからね。

その時間を自分の本当にやりたいことにあてていくのがベストでしょう。

⑥まずは「30分」でもいいから「自分の好きなこと(やりたいこと)」をやってみる

あなたの生活のスケジュールを見直して、ムダな時間を削っていきます。

そして、時間がすこしでも空いたら・・・・

「好きなことを(やってみたいと思ってる事)を30分でもいいからやってみましょう」

 

読書

勉強

習い事

ジムや自宅での筋トレ

こういったことが「やってみたいこと」での多いケースだと思いますが、

いきなり長時間とかやっても続きません笑。

 

たとえば、仕事から帰ってきて「勉強(資格とかの勉強など)」なんかをいきなり
2時間とかムリゲーです。

 

まず30分とかやってみて「これならできるかな」っていう感覚をつかんでいきましょう。

30分できたら→60分

60分できたら90分

90分できたら120分

一週間ずつくらいに時間を増やしていくのコツです

 

自分の好きなこと(やりたいこと)なら、少しくらい疲れていてもできるものです。

 

それでも、やっぱりいきなり「長い時間」やるのはけなりキツいです。

人間てもともとナマケモノですしね。

そこを少しずつ慣らしていって、できるようにしていく・・・というのが3日ぼうすにならないコツです。

⑦「好きなこと(やりたいこと)」を「30分」できない場合は疲れ過ぎている状態なので、仕事の量・睡眠を見直す

「好きなこと(やりたいこと)」をやってみて「30分」もできない・・続かない・・・

 

こういった時に理由は

「疲れすぎている」

「疲れが取れていない」

「そもそも仕事がキツスぎて生活にムリがある」

「睡眠が足りていない」

こういった理由です。簡単に言うと「体が休息を求めている」といううことです。

この場合は、

 

「睡眠時間を長くする」

「休息を多くとる」

「仕事の時間を短くする」

「きつい仕事から楽な仕事に帰ることを考える(実際に仕事を変えてみる)」

といったことをする必要があります。

 

さすがに 好きなこと(やりたいこと)が1日で30分もできないような状態は、本当に心身ともに疲れ切っている状態です。

 

その状態で、ムリしてやろうとしても、どのみち長続きしません。

その場合は、まずは体が疲れないような環境を作るために、生活のリズムや仕事の内容、仕事を変えるなどの「生活の環境を整える」ことをやったほうがいいでしょう。

 

地方銀行の仕事やりながらムリヤリ資格(社労士)の勉強をしていた時の話

地方銀行の仕事やりながらムリヤリ資格(社労士)の勉強をしていた時の話

私は地方銀行にいたときにムリヤリ資格(社労士)の勉強をしていました。

理由は「資格取って会社辞めたかったから」という理由です。

 

今考えると資格取ったからって、会社辞めて何とかなるわけじゃあないってのがよーくわかりますけど。

ただ、当時は若かったのもアリ(26歳)仕事から帰ってきてから勉強していました。

その時のタイムスケジュールはこんな感じです。

平日(月~金曜日)
7:15起床
7:45出勤
8:15職場に到着・仕事開始
20:00仕事終了
20:30家に到着・食事・風呂など
21:00~25:00まで資格の勉強
25:00~睡眠

 

休日(土日)
8:30起床・朝飯など
9:00~23:00勉強(昼飯・晩飯・風呂はさむ)

※ただ、休日出勤やボランティアでお客さんお家に行ったりしていたので、土日のどちらかが
つぶれることが多かったです。

 

このタイムスケジュール見てると地獄ですよね。

 

こんな生活を9か月くらいやっていました。

気合だけです。

 

そのときは「気力」だけで平日とかも乗り切って、休日とかも1日中勉強とかしてました。

「仕事から帰ると動けない」とか考えるよりも

私

「動けないけど気合でやるんだよ」

とか根性論でやっていました。

 

さて・・・・何が言いたいのかというと

 

ぶっちゃけ「意志の力だけでも、どんなに疲れていても、その気になればなんとかなる」ということです笑。ただの根性論でもうしわけありません笑。

 

とはいえ、これ、体を壊す危険性もあります。

私は強い目的意識があったのでこういう生活をやった時期がありましたが・・・

正直あまりおすすめできません。

そもそも楽な仕事をやればいいという考えにならなかった

今考えると

「楽な仕事に仕事を変える」→

「時間に余裕ができる」→

「時間に余裕があるので、休息・睡眠がじっくりとれる」→

「疲れが少ない」→

「仕事から帰ると動けないっていうことはあまりなくなる」

こういった、イイ感じのサイクルになるんですよね。

 

仕事から帰ると動けない・・・・・っていうと、どうしてもムリに睡眠時間を削ったりして、プライベートのことをやろうとしますけど、

そもそも、忙しくてキッツい仕事を→ある程度は楽で時間の余裕がある仕事に帰る

事をすれば、あっさりと解決することが意外と多いです。

 

実際に私も、地方銀行から製造メーカーに仕事を変えてからは、かなり時間の世湯ができました。

製造メーカーだとほぼ定時で終わります(17:00に仕事終了)

 

そうなると、ジムに行って筋トレしてから家に帰っても19:00頃には家について、そこから、自分の好きなこともできる。

睡眠もしっかりとれるので、疲れもたまりたまらない・・・・当然こうなります。

 

仕事から帰ると動けないのは、「仕事がきつすぎる」からです。

 

そこを無視して、あれこれやろうとしても、かえって体にムリをするだけなので、体を怖る可能性もあります。

疲れて何もできないときには、体が悲鳴を上げてるじょうたいなので、ホントは休んだほうがイイに決まってますしね。

 

根性と忍耐でムリヤリ自分の好きなことをやっても楽しめないでじゃないですか。

疲れがたまってどうしようもないときには休んだほうがイイのが本音です。

仕事から帰ると動けないう状態が続くってことは、仕事を変えるかどうかを考えるいい機会じゃないんですかね。

参照記事:優良な転職サイトの選び方

使いやすい転職サイト

ここでは外しのない定番の転職サイトをピックアップしてます。

転職サイトでも大手で、アドバイザーがしっかりしてる優良な求人情報があるところです。

転職サイトをつかいながら求人誌を見たり友人・知人から情報集めたりするのが効率的な良い求人の探し方かと。

ハタラクティブ

「20代をメインとした若年層の就職・転職」の支援サービス。

「フリーター」「既卒」の方など、「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っています

・若年層の未経験の方でも、足切りなし
・ハタラクティブでしかご紹介できない非公開求人が多数
・コンサルタントが実際に足を運んだことのある職場で、適切な求人をご紹介
・未経験者だけでなく、これまでキャリアのある方にも、キャリアに見合った求人をご紹介

ハタラクティブの公式サイトはコチラ
↓↓

ハタラクティブ

就職Shop

コチラは

20代の向けの求人に特化した求人サイトです。

新卒でブラックに入ってしまった20代の方に
ニーズが特別マッチしてます。

企業は100%取材 をうたってるんで
ブラックな求人の危険は低いです。

ブラックにいる20代
ブラックをすでに辞めてしまった20代

このあたりに特化した転職サイトです。

就職Shopの公式サイトはコチラから
↓↓

就職Shop

リクナビネクスト

圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
転職した人の約8割にご利用いただいており、ここにしかない求人が非常に多いです。

<こんな人にオススメ>
・自分のスキルを活かせる職場に行きたい
・良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい
・いろいろな仕事を知って視野を広げたい

こんなオールラウンドな転職サイトです。

リクナビネクストの公式ページはコチラ
↓↓

リクナビNEXT会員登録

製造系の仕事・無料の社員寮があり貯金できる

製造系の仕事は定時で終わりやすく
時給換算するとヘタなブラック企業よりも高いケースが多いです。

体を使う仕事が好きな方なら、手堅く稼げるのが魅力です。

「工場」というだけで敬遠されがちですが
ぶっちゃけやってみると、人間関係が薄く
ムダなストレスが少ないのが特徴です。
接客業とか絶対にイヤな方が向いてます笑。

無料の社員寮がある案件も多く
住む場所も同時に確保できるため「お金を貯める」には
もってこいの働き方です。

ランドスタット

世界最大級の総合人材サービス企業だからこその豊富な求人情報数。
担当コンサルタントによる充実のサポート体制・未経験から高時給案件まで
あなたにピッタリのお仕事をスピーディーにご紹介

世界最大級の総合人材サービス/ランスタッド

ココカラ・ワーク

1.無料で充実したサービス
登録するだけで、自分にピッタリの仕事を無料で紹介します

2.スピーディーな対応
登録してから希望の条件に合った仕事ですぐ働けます

3.経験豊富なアドバイザー
仕事の紹介だけでなく、キャリアや面接対策の相談ができます。

【コカラ・ワーク】

会社を「辞める」と言えない方・上司が怖い方は「退職代行」を使えばOK(使いやすい退職代行をご紹介)

・会社を辞めたいけど、上司が怖くて「辞めると」言えない

・会社は辞めたいけど、辞めると言ったらもう会社行きたくない

そんな方は「退職代行」を使うと便利です。

「退職代行」はあなの代わりに、会社に「辞める」と言ってくれる他

退職までの手続きをあなたの代わりにやってくれます。
メンドクサイ書類とかも会社に送ってくれますし
会社からの書類も、郵送で送られてくる。

「退職代行」を使えば、会社に行かなくてもそのまま辞めることができる・・・
会社を辞めるのが怖い・めんどくさいあなたの味方になってくれます。

退職代行「ニコイチ」

「ニコイチ」は退職代行の元祖で14年以上の実績があります。

業界最安値で30000円以下で依頼でき
スピード感のある退職対応に定評があります。

退職代行「ニコイチ」の公式ページはこちらから
↓↓

退職代行ニコイチ

リーガルジャパン

仕事を辞めたいとなかなか言えない方へ
退職代行サービス リーガルジャパン
明日から出勤したくない..。
そんな時はリーガルジャパンの退職代行サービスで、即日退職!
新しいキャリアの第一歩をサポートします。

リーガルジャパンの公式サイトはコチラから
↓↓

リーガルジャパン

トリケシ

・業界最安値クラスの25,000円でクレジットカード対応
・即日退社可能/24時間365日対応/LINEで完結
・労働組合運営なので、退職後のトラブル一切なし/退職成功率100%
・嬉しい有給消化サポート・転職サポート付き。

退職代行トリケシの公式サイトはコチラから
↓↓

【TORIKESHI(トリケシ)】

使いやすい転職サイト

ここでは外しのない定番の転職サイトをピックアップしてます。

転職サイトでも大手で、アドバイザーがしっかりしてる優良な求人情報があるところです。

転職サイトをつかいながら求人誌を見たり友人・知人から情報集めたりするのが効率的な良い求人の探し方かと。

ハタラクティブ

「20代をメインとした若年層の就職・転職」の支援サービス。

「フリーター」「既卒」の方など、「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っています

・若年層の未経験の方でも、足切りなし
・ハタラクティブでしかご紹介できない非公開求人が多数
・コンサルタントが実際に足を運んだことのある職場で、適切な求人をご紹介
・未経験者だけでなく、これまでキャリアのある方にも、キャリアに見合った求人をご紹介

ハタラクティブの公式サイトはコチラ
↓↓

ハタラクティブ

就職Shop

コチラは

20代の向けの求人に特化した求人サイトです。

新卒でブラックに入ってしまった20代の方に
ニーズが特別マッチしてます。

企業は100%取材 をうたってるんで
ブラックな求人の危険は低いです。

ブラックにいる20代
ブラックをすでに辞めてしまった20代

このあたりに特化した転職サイトです。

就職Shopの公式サイトはコチラから
↓↓

就職Shop

リクナビネクスト

圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
転職した人の約8割にご利用いただいており、ここにしかない求人が非常に多いです。

<こんな人にオススメ>
・自分のスキルを活かせる職場に行きたい
・良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい
・いろいろな仕事を知って視野を広げたい

こんなオールラウンドな転職サイトです。

リクナビネクストの公式ページはコチラ
↓↓

リクナビNEXT会員登録

製造系の仕事・無料の社員寮があり貯金できる

製造系の仕事は定時で終わりやすく
時給換算するとヘタなブラック企業よりも高いケースが多いです。

体を使う仕事が好きな方なら、手堅く稼げるのが魅力です。

「工場」というだけで敬遠されがちですが
ぶっちゃけやってみると、人間関係が薄く
ムダなストレスが少ないのが特徴です。
接客業とか絶対にイヤな方が向いてます笑。

無料の社員寮がある案件も多く
住む場所も同時に確保できるため「お金を貯める」には
もってこいの働き方です。

ランドスタット

世界最大級の総合人材サービス企業だからこその豊富な求人情報数。
担当コンサルタントによる充実のサポート体制・未経験から高時給案件まで
あなたにピッタリのお仕事をスピーディーにご紹介

世界最大級の総合人材サービス/ランスタッド

ココカラ・ワーク

1.無料で充実したサービス
登録するだけで、自分にピッタリの仕事を無料で紹介します

2.スピーディーな対応
登録してから希望の条件に合った仕事ですぐ働けます

3.経験豊富なアドバイザー
仕事の紹介だけでなく、キャリアや面接対策の相談ができます。

【コカラ・ワーク】

会社を「辞める」と言えない方・上司が怖い方は「退職代行」を使えばOK(使いやすい退職代行をご紹介)

・会社を辞めたいけど、上司が怖くて「辞めると」言えない

・会社は辞めたいけど、辞めると言ったらもう会社行きたくない

そんな方は「退職代行」を使うと便利です。

「退職代行」はあなの代わりに、会社に「辞める」と言ってくれる他

退職までの手続きをあなたの代わりにやってくれます。
メンドクサイ書類とかも会社に送ってくれますし
会社からの書類も、郵送で送られてくる。

「退職代行」を使えば、会社に行かなくてもそのまま辞めることができる・・・
会社を辞めるのが怖い・めんどくさいあなたの味方になってくれます。

退職代行「ニコイチ」

「ニコイチ」は退職代行の元祖で14年以上の実績があります。

業界最安値で30000円以下で依頼でき
スピード感のある退職対応に定評があります。

退職代行「ニコイチ」の公式ページはこちらから
↓↓

退職代行ニコイチ

リーガルジャパン

仕事を辞めたいとなかなか言えない方へ
退職代行サービス リーガルジャパン
明日から出勤したくない..。
そんな時はリーガルジャパンの退職代行サービスで、即日退職!
新しいキャリアの第一歩をサポートします。

リーガルジャパンの公式サイトはコチラから
↓↓

リーガルジャパン

トリケシ

・業界最安値クラスの25,000円でクレジットカード対応
・即日退社可能/24時間365日対応/LINEで完結
・労働組合運営なので、退職後のトラブル一切なし/退職成功率100%
・嬉しい有給消化サポート・転職サポート付き。

退職代行トリケシの公式サイトはコチラから
↓↓

【TORIKESHI(トリケシ)】

営業の仕事は苦行仕事お役立ち・雑記