手柄を横取りする上司や先輩への対応方法とその会社を辞めるべき理由

しかめつらする上司

手柄を横取りする上司や先輩・・:よくドラマや漫画でもいますよね。ベタな感じで部下の成果をあたかも自分が指示して自分が指導したように報告する上司。こんなの冗談かと思ってましたけど、実際サラリーマンになるといましたマジで。

そういう上司や先輩は基本何もできないので、あなたが上司や先輩の尻拭いをしたりします。しかもそういう人はゴマすりの技術はすごいので、意外と出世したりします。

こういう上司や先輩って仕事をしていて異動とかがあると3~5年に一回はぶち当たってしまうイメージですね。「そんなに多いの?」と思うかもしれませんが、少なくとも私の場合はそんな感じでした。

まあそういう上司や先輩は結局ずっとそのままでは行かないんですけどね。いつか仕事ができないのが完全にバレて降格されたりとばされたりしてました。

ただ、ゴマすりだけで仕事がなにもできないでも「ある程度」は出世できるのも事実。だからそういう輩はいなくなりません。

そんな人間どうでもいいですけど、直属の上司になったら迷惑でしかないですよね。そういう上司に当たった場合の行動方法をここで考えてみましょう。

自分手柄を横取りしつつ何もできない上司や先輩・・・いますよ現実にそれに当たったら場合の行動方法です

超現実的な話をすると、そういう上司に当たったら「その上司がどれくらいで異動するか」を冷静に計算します。

上司や先輩のほうがその部署に先にいてあなたが異動してきたなら、その上司や先輩のほうが先に異動する可能性が高いです。

それがだいたい1年くらいなら何とか我慢するのがいいです。限界になる前にどこかに行ってくれます。

ただ、やっかいなのがその上司と2年以上下手をすると4~5年付き合うかもしれない(実際このくらい我慢したことがありました)

そういう場合はとにかく異動願いを出すこと。それと同時に転職を検討すること。これは同時進行のほうが良いです。

私も結局数年我慢してから転職したのですが、今考えるとその上司や先輩当たってからすぐに転職活動を始めればよかった・・・と思っています。

実際に転職できるかどうかは別にして、その上司や先輩の下でやっていても全くせ自分も成長できないでしょうし、なによりストレスで体を壊してしまうことも多々あります。

サラリーマンでの3~5年てとてつもなく長いですよ。その間に自分の評価は上がりませんし(上司にぜんぶとられますからね)年だけ取って何も残らないっていうのはけっこうな致命傷です。

そうなるまえに異動するようにその上司より権限のある上司や先輩にうまく打診するか、現状いよりいい転職先を探していくかの2択です。

とにかく早い行動が大事です。一年二年なんてすぐにたってしまいます。その間ただそのゴミ上司の世話をするだけになってしまうので、それだけは避けたいところです。

でも根本を考えるとそういう上司や先輩がいる会社にはいないほうが良いです

でもそういう上司や先輩が今時の社会でまだいるってのがおどろきですよね。まだまだ余裕があるじゃないですか日本企業。

仕事ができないでも上がっていけるってのは外資系企業では考えれれないですしね。だから簡単に中国や東南アジアに抜かれてしまうわけですし実際10年後は日本の企業もダメでしょう。

そいう上司や先輩がいる会社ってのがかなり危ないです。それだけ肩書を持つ人間を厳しく選定していないということですからね。

それが重なっていくと大企業でも簡単につぶれてしまうケースと同じ道をたどります。

まずそんな会社に見切りをつけるのが大事ですね。そして、自分を成長させてくれるような上司のいる会社というのも実際あります。

これって、かなり会社によってばらつきがあります。特に大企業でもう成長段階が終わって成熟期から衰退期に入っている会社はこの手の「部下の手柄横取り上司や先輩」が多いです。

逆に成長期にある企業やベンチャー企業には「できる上司」が多いです。なぜなら企業自体が仕事ができないゴミ上司&ゴミ先輩を置いておく余裕が無かったり、やる気のない上司や媚びを売るだけの上司の居場所がないからです。

組織が大きくなりすぎると、どうしても媚びを売るだけでも生き残れる人材ってのが入り込む隙間が生まれるんですよね。

それが社会にとってはイイことか悪いことかはわかりませんが、少なくともそういうゴミ上司の下についてしまった部下にとっては最悪なのには変わりません。

そこ環境から自分を開放するには歳ほど行った異動するか転職するかの二択でです。そのまま4~5年同じ状況で居続けるのは人生で取り返しがつかなくなりますよ。

転職をするなた転職エージェントを利用して効率よく行動しよう

見上げるサラリーマン
上司や先輩にあまりに恵まれないケースでは転職する人が多いです。なぜなら転職理由のダントツが「人間関係の悪化」です。

もともとそこまで思い入れのある会社でない上に、上司がゴミなら迷うことは無いんですよね。

ただ、転職はリスキーだと思われがちですが、それはやり方がまずいだけ。転職エージェントでは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正に合わせてピックアップしてくれます。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!