仕事が虚しいから辞めたい 労働環境を見直して2択の行動を選択すべきき理由

考える人

仕事が虚しいってのはけっこうぜいたくな悩みかもしれませんね。

私なんて仕事が激務すぎて虚しいというか「死にそう」でしたからね笑。でもまあ、そのブラックな職場で働く虚しは感じていました。

仕事に虚しさを感じ始めるとそれがどんどん大きくなってきますからね。なんで虚しいの?とかってなると

「仕事をやっていても面白くない」

「というかそもそもこの仕事自体、自分がやりたいものじゃあなかった」

「こんな低い給料でやってても、意味ないよこんな仕事」

「っていうかこんなゴミみたいな上司の下で働くのは虚しすぎる」

「この仕事やってる自分てかっこ悪いから虚しい」

「激務すぎてなんで俺こんな仕事やってるんだ?虚しすぎる」

的なもんですね。なんか虚しいとか思っても理由は人によってめっちゃ違います。

ただ、共通してるのは

「一度、仕事に虚しさを感じるともうどの虚しさがどんどんデカくなっていく」

ってことですね。虚しさが小さく成ってくことってめったにありません。虚しい仕事がいきなり充実したものになってくってことはかなり考えにくいですからね。

こうなってくると、もう、仕事で毎日虚しさを感じるようになって

「もうこの仕事辞めたい、もういやだ」

ってことになってきます。虚しいってのはけっこうきつい心情ですからね。この虚しい心情が出てくると冷静な感じで「この仕事ありえないわ・・・」とか思うようになってきます。

こうなってくると、もうそのむなしさを感じたら、もうその仕事へのやる気なんてぶっちゃけ出ないですうよ。けっこうそうなると仕事に行くのも嫌になって悲惨な状況になってきますからね。

でもまあ、仕事が虚しいとかきれいごと言ってますけど、仕事なんて「やりがい」とかでごまかされてますけど、本来虚しいもんなんですよ。それを我慢してみんなやってます。

どのみち虚しい仕事なんですから、せめて少しは自分に合った仕事とか、ある程度ユルイ仕事やったほうがいいに決まってます。

関連記事:仕事を辞めたいときは思考停止しないで行動すべきり理由

仕事を辞めたい新卒入社が半年で転職を決意すべき理由 思考停止を避けるべき
新卒で入った仕事を半年で辞めたい・・・っていう直感を大事にしたほうがいいです。3年は頑張ろうとかいう思考停止に陥ったり、自分の状況を変えていくことをしないと年齢だけが上がって転職がやりずらくなって、メンドクサイことになりますからね。

仕事なんて虚しいものですよ「やりがい」とか「好きなことを仕事に」とかは妄想ですからね しかも労働環境がブラックだったら虚しいどころのさわぎじゃありません

仕事が楽しいとか言ってる人て、私から言わせるとただ社畜洗脳されてるだけなんですよね。

そりゃあ、スポーツ選手とか芸術家とか完全に自分がやりたいことをやってるなら楽しいって気持ちもあるかもしれないですけどね。といってもスポーツ選手だって芸術家とか音楽家とかだって、成績を出したり売れなければまったく仕事として成り立ちません。その点サラリーマンは会社に行けば金もらえるのでかなり気楽ですね。

だから、サラリーマンの仕事なんて楽しい仕事なんてあります?事務作業したり、営業でお客さんに頭下げたり、クレームとか処理したりって・・・まあそれが楽しいっていうならわかりますけど、私にしみれば虚しい作業ですよ。お金を稼ぐためにやってると思えば虚しさも減るんじゃないですかね?

といっても仕事が虚しいってのは、誰でも思うことなんですけど、その度合いが大きいか小さいかなんですよね。その虚しさの度合いが大きくなってくると

「この仕事もう辞めてえ」

とかになってきます。

でも、その仕事が虚しいとしても、ある程度仕事が楽だったりしたら単純に耐えられますよね?だってユルく仕事してお金がもらえるんだったら、ある程度、仕事自体が虚しても会社辞めないですよね。

仕事が虚してくて会社辞めたいと思ってる人は、まあ仕事が虚しいのも当然ですけど、仕事自体もけっこうブラックで激務ってパターンですよね。そうなると虚しさがさらに大きくなってきます。

結論言うと、仕事なんて多かれ少なかれ虚しいもんです。でもそのむなしさが我慢できなくらいになるとけっこうやっかいだってことなんですよね。虚しくても仕事がある程度ユルければ我慢もできますけど、虚しいうえに仕事が激務だったらマジで最悪ですからね。たいてい仕事が虚しくて辞めたいってパターンは虚しいうえに仕事がけっこうキツイ、そのうえ給料が安い的なパターンが多いんですよね。

仕事で承認欲求(仕事で認められたいとか思うこと)を求めるのは危険ですよ 仕事で認められてもぶっちゃけその仕事を辞めたら「終わり」ですからね 定年後とかつらいです

仕事でいわゆる承認欲求(認められたいとか、仕事ができる人とか思われたい)って欲求って、けっこうそれ自体が虚しいものなんですよね。

確かに仕事ができる人はモテたりしますけど、それって仕事ができるとかじゃなくて、人間性に魅力があってかつ仕事ができる人がモテるだけですしね。

だって、実際、上司とかでたしかに仕事に関してはできるけど普通にパワハラやったりするひととかけっこういるでしょ?いわゆる

「ただ、仕事ができる人」

ってタイプもけっこう多いですしね。まあこういった仕事「だけ」ができる人って承認欲求がメッチャ高いんですよね。

なぜなら「仕事しかできない」からです。

だって、プライベートとかでは誰にも相手にされないから、まあ仕事くらいでしか認められないからんですね。というか仕事で認められても、別にそれが出世に直結とかしないんで仕事でみとめられてもそれこそ虚しいだけですよ?

仕事ができるからって、上司に媚び売らないと出世できないですし、それに仕事ができると思われると、仕事をどんどん増やされて盛られていきますからね。仕事が中途半端に

出来たりすると、仕事量が増えるだけなんですよ。これってけっこうデメリットの方が多いような気ばします。

これ、仮に好きな仕事だったりしても、あんまり仕事量とか多くなってくるとそれこそ「仕事が虚しく」なってきますからね。仕事なんてきつければ虚しがが倍増します、そんなもんです。仕事なんてね。

仕事に過度な期待をしすぎなんですよ。仕事で自分の承認欲求を満たそうとするのはけっこうヤバいですよ。だって、給料をもらう利害関係があるんですから、上司には逆らえないし、逆を言うと人間性がゴミの上司だって仕事だけできれば生きていけるのが「会社」ってやつですからね。会社から一歩出れば誰にも相手にされないって人けっこう多いでしょ?そういう人をいくらでも見てます。

そういうところなんですからそりゃあ仕事もむなしくなりますよ。だったら、なるべく虚しさを押さえて生きていくためには、仕事が激務じゃないところで虚しさに耐えるかそれか転職するしか行動パターンはないんですよね。それしなないってのもありますしね。実際、仕事に虚しさを感じたら、もう一度言いますけど、そのむなしさはどんどん膨れ上がって行きますからね。

関連記事:嫌いな上司に合われる必要はない理由

「上司と合わない」の退職理由はよくある パラハラ・イジメ野郎に付き合う必要は無い
上司とウマが合わないなんてことはよくあることです。そんなので会社辞めたりしたらキリがないですけど、やっかいなのは合わない上司からパラハラ・イジメとか受けることです。これもアリがちですけど、あまり我慢することはお勧めできません。我慢したところで何も解決しないからです。

仕事が虚しいと感じたら、その仕事を異動で部署変えてもらうか転職するしかないですからね 同じ仕事やってても虚しさは永遠に消えることはございません

仕事が虚しいと感じて我慢できないんなら、行動は

仕事を異動で変えてもらう

転職する

しかないわけですよ。それができないなら虚しい仕事を我慢して一生続けていくしかないですね。その場所で仕事の虚しさが消えることはまず、永遠にありません。

そうなってくるとまあ、けっこう悲惨ですよね。

現実的、仕事が虚しいと思ったら最後、同じ仕事をしていて虚しさが消えることはありません。虚しさの度合いはずっと同じくらいかこれからどんどんと膨れ上がっていきます。

根本的には仕事なんて虚しいもんですよ。もともと人間って拘束されて仕事するなんてことは嫌いな生き物ですからね。虚しいのは当たり前です。

でも、その虚しがが小さい場合は、仕事をやってるとあまり気付かないんですよね。仕事の忙しさとか日々の生活で小さいむなしさは感じることは少ないです。

しかし、仕事に対する虚しがが大きくなるともう、止まらないんですよね。とうか

「何やってんだ俺」

的に思うようになって本当に止まらなくなってきます。そして毎日のように

「辞めたい辞めたい」

とか思ってしまうんですね。こうなったら、その職場というかその仕事やっててもどのみち長続きしません。30代後半以降とか中途半端な時期に転職したいとか思っても遅いってパターンが転職あるあるですからね。

けっこうちょっと迷っているうちに5年とか10年とか簡単に年月は経ってしまいます。これってかなり怖いことですからね。

だから仕事が「虚しくてしょうがない」とか思ったら、まずは自分の今いる労働環境を冷静に見つめたほうがいいです。

仕事が虚しくても、けっこう仕事がユルいんだったら、我慢して仕事やってくっていう方向性もありますし、そもそも仕事が虚しい上に仕事が激務でキッツいなら、その場合はすぐにでも労働環境は変えていったほうがいいですからね。

結局、今いる場所にいても仕事に対する虚しさは大きくなっていくだけなので、そのあたりは覚悟しておいたほうがいいですね。なんだかんだ言っても環境ってのは大事で、それが変わると180度人生観とかが変わることも多いです。実際私は転職して虚しががなくなった(完全には無くなりませんけどね、少なくなった)ってことを経験しているんであながち労働環境を変えていくのは重要なことだってことは認識しておいたほうが無難です。

転職するにしても、一人でやってるとけっこう求人探すのもめんどくさいですし、ブラック企業に捕まる可能性もあるので転職ツールは使ったほうがベターです

転職するにしても一人でやったりするとけっこう求人探しも時間かかってめんどくさくて効率も悪いです。しかも独りよがりになるケースもあってブラック企業の求人に捕まったりすることもあるので、転職ツールは使ったほうがベターですね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

また、転職のプロであるエージェントが転職活動について性格で的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいイメージもありますし、初めてだったりすると、場合何からやっていいのかわかりにくいってのもあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は順調に取れるものです。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがベターなんですね。 ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、これからやっていく仕事を選んでいくためのいい判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから