仕事の勝ち組・負け組は意識はくだらない ブラック企業にさえかかわらなければOK

勝ち組・負け組という言葉ができてだいぶたちましたね。もう誰でも知るワードになりました。

たしかに、日本ではかなり格差が広がってきています。といってもずっと20年くらい不況で本当に収入のある人はごく一部になってきましたね。

だいたい年収1000万円以上って人はあまり見かけなくなりました。やっぱり誰でも勝ち組になりたいのは当然ですね。年収1000万円て都市伝説?ていう負け組の人の気持ちもわからないでもないです。いやもうお金持ち嫌いだーというのが、負け組の素直な気持ちですよ実際。

でも、勝ち組ってなんでしょうね?収入が1000万以上あれば勝ち組ですかね?逆に聞きたいくらいです。

最近では「プア充」みたいな言葉も流行っています。今の時代は収入は少ないですがインフラの充実やスマホの普及やデフレの影響で、収入が少なくてもそれなりに楽しめる時代になってきました。

だってユーチューブ見てれば下手なテレビ番組見てるより楽しですし、ファーストフードも200円くらいで食べられます。無理してお金を使うより、精神的な充実を求める方向になってきていますね。収入が少ないならそうするしかないのかもしれません。

結局、お金が合っても健康が無ければ全く意味が無いですし、実際、ハードに働いて高収入を得ている人は。それ以上に出費が激しい場合が多いでしょ?結局たくさん稼いで、その分、おお金を使っちゃってるので、なんだか意味が無いような気がします。まあお金持ちからは負け犬の遠吠えと言われそうですけどね(^O^)/

勝ち組の価値観は「幸せ」がを感じるほうに動いている

勝ち組=収入が高いという意識は、最近では精神的な「幸せ」度が高いほうが勝ち組みたいな風潮になってきています。

自分自身が幸せ、お金を持っていても不幸な人はいる
日々の生活で、達成感を得ている
人生を謳歌している。お金が無くても充実している
自分の思い描いた人生を進んでいる
自分のやりかいことをやり通して、そのために努力をしている
やりがいをもって生き生きとしている
自分に自信をもって周りと比較していない
自分に自信があって、周りの人に余裕をもって接している

と心の充実がある人を「勝ち組」と考える傾向が強くなってきています。これが良いのか悪いのかはわかりませんが、これから収入の増加が見込めない世の中は続いていくと思うので、こういった考えが強くなっていくでしょう。

なんか最近てお金を書けなくても安くていいものがいっぱいありますしね。いい時代になりました。服とか筋トレグッツとか安いですしね。本当にいい時代ですよマジで。

ただ、そもそも幸福度は入った会社で決まってしまう場合もある 入った会社がブラックだったら一生不幸だよんw

収入が低くても、お金が無くても充実した人生を送ることができるでしょう。

しかし、それはたとえばある程度収入が低くくても仕事がゆるい会社に入って人に言えるのだと思います。たとえばブラック企業にハマってしまって人は、収入が低いうえに悲惨な境遇で長時間労働を強いられたりします。

そういった状態で、

「自分自身の幸せ」

「思い通りの人生」

「自分に自信をもって周りに人に余裕をもって設定ている」

なんてことができるでしょうか?心の中の幸せ・・・・・いわゆる精神的な「勝ち組」になるのでもやはり会社選びで大きく違ってきてしまいます。ブラック企業に入ったら毎日地獄で幸福なんか一ミリも感じないでしょうし、そもそもブラック企業は給料が安いですしね。

まあ、こんなもんです世の中。入った会社で人生きまっちゃうんですよ。だったらそういう会社はさっさと転職すべきなんですよね。そのあたりに気づいてほしいです。本当に気づいてほしいです。

ブラック企業を辞めたい人は「転職するリスク」が高いと思ています。いやいやそれって、「ブラック企業にいて体を壊して退職したり過労死したりするリスク」よりも全然低いですよ。リスクのうちに入らなっ暗いです。普通に自分の悲惨な労働環境を変えていく当のは自分で自分の身を守るための最低限の行動なんですすよ。

ただ現実は給料の良いほうが満足度は高くなります

収入が伸び悩む社会になってだいぶたちますが、やはりある程度収入があったほうが人生の満足度は高くなります。収入が無いとずっと働きまくっても貯金もできず、結婚もできない結婚したらしたで家庭を維持するために働きまくる。

こういった負の無限ループにハマっていきます。

収入が多ければ貯金もできますし、万が一転職をしたいおもっても、たくわえがあれば精神的にも余裕があります。

たしかにお金を持っていれば精神的に余裕があるのか?といえばそうでない部分もありますが、たいがいのことはお金で解決することができる世の中です。

現実は収入が低いのと高いのでは、精神的な余裕は圧倒的に収入が高い方があるはずです。

「金持ち喧嘩せず」という諺もあるように、収入が無いとどうしてもカツカツの状態での生活を余儀なくされます。これがとても精神的にいい状態とは思えません。

「勝ち組」の議論は永遠に続くと思いますが、収入があったほうが良いに決まっています。キレイごとだけでは世の中はわたっていけません。

収入を見直す時期に来ているのかもしれません

この記事を読んでいるあなたは「勝ち組」「負け組」に興味があるのででしょう。

そして勝ち組になりたいと思っているのでしょう。

そして、このままではとても「勝ち組」になれるとは思っていないのでしょう。勝ち組になることがすべてじゃないとかいう議論は置いておきます。

今の会社で仕事内容は収入に不満があるなら、一度転職を考えてみてもいい時期です。

転職をリスクと考えるかチャンスと考えるかはあなたしだいです。ただ、やみくもに転職活動をしても失敗するでしょう。

一人で求人情報をさがしたり、業界の動向をチェックしたり給料の相場をチェックしたり・・・・

履歴書の書き方も面接のしかたも自分で考えるのは効率が悪すぎます。そこで効率を考え「転職エージェント」を使うのは必須になってきます。じゃないと効率が悪すぎて転職活動挫折しますよ。

一度転職エージェントに登録してみて自分業界の動向を知るのもアリです

転職エージェントでは、転職のプロのエージェントがあなたと面談して、あたなのキャリアや希望を聞いたうえでよりよい求人情報を選択してくれます。

また、面接のアドバイスや履歴書の書き方などを教えてくれるので一人で転職活動をするよりもとても効率が良く動くことができます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!