浄水器の訪問販売を辞めたい 製造業のホワイト工場に勤めたほう全然美味しい理由

浄水器

浄水器の販売の営業というと、フツーに「ブラック」なイメージがありますよね。強引なトークで浄水器を契約してしまう。

歩合制で、浄水器が売れないと給料が上がらないといったあまりいいイメージがありません。

ハッキリ言うと浄水器販売の営業はピンキリです。大手の浄水器を扱って割と正統派な営業をしている会社もあれば、怪しい浄水器を強引に売っている会社もあります。

ただ、共通してるのは営業が個人や法人の客を訪問して、浄水器を売り込むという仕事の形態です。正直、体力的にも精神的にもきつい仕事ですね。

ただ、営業力に自信があるという人には天職の場合があります。最初は警戒しているお客さんを粘り強く訪問して心を開いてくれる。そして浄水器を購入してくれる。こういった達成感は営業が好きな人ならたまらないです。

そしてもちろん実力主義で成果主義な仕事なので、営業成績が良ければ若くして課長・部長になることもそれほど難しくありません。

ただ個人的には浄水器を売るってまともな仕事じゃないような気がしますね。今浄水器の販売仕事をやってどうですか?まともに売れるとは思いませんけどね。

インセンティブとかがいいからやってるだけで、精神的にはキッツいんじゃないですか?

こういう仕事をするなら、普通に製造業とか工場に勤めたほうが全然楽ですよ。

工場だったら、定時で帰れるし、有休もフルで摂れるし長期休暇もあって、ボーナスもけっこう出ます。ノルマも無いですし、人間関係も薄いですしね。

同じ営業でも浄水器の営業よりも外資系企業に勤めたほうがイイですしね。同じストレスをかかえるなら外資系企業に勤めたほうが給料が年収2000~3000万円になりますからね。

そのあたりを考えると浄水器の販売営業ってあんまり割に合わないような気がします。

関連記事:製造業のホワイト工場の仕事はいいですよ

肉体労働をするなら、大手企業の下請け当たりの製造業がおススメです。こういった製造業はたいていホワイトな工場が多く、ポイントは「部品の小さい製造業」というのがキーワードです。ついついホワイトカラーに目が行きがちなので製造業って穴場の工場が多いんですよね。残業もついて、休日もしっかりしているホワイト工場がおススメです。

関連記事:外資系企業に勤めるメリット

外資系企業のメリットは、日本的な人間関係のしがらみが無くて給料が高いということにあります。仕事ができても給料が上がらなないという矛盾が外資系企業にはありません。仕事に自信がある人なら迷わず外資系企業い転職すべきです。日本的なしがらみが無いのは想像以上に仕事がやりやすいですよ。

浄水器販売の営業は離職率が高い もしその仕事をやるなら覚悟が必要

営業職はもともとどんな業界でも激務ですが、浄水器の販売営業は特に激務です。この辺りはイメージ通りなんで覚悟が必要です。

浄水器販売営業の離職率は3年後には50%です。三年で半分は辞めていきます。ノルマはっかなりきつくて、達成できなければ

上司に圧力をかけられますし、テレアポをしてもなかなも製薬は取れません。

営業の方法も古典的で飛び込み営業で、浄水器を売っていきます。ノルマを達成できる営業はある程度の収入がもらえますが、

逆にノルマ未達の営業は自爆で浄水器をかったりする会社もめずらしくありません。

浄水器販売の営業はとにかく「買わせる」自信のある人にとっては転職ですが、それができない人にとっては地獄です。

このように自分の適性が営業に合っているかどうか、躊躇なく人に浄水器を売ることができるかといった強いマインドの面も重要になってっきます。

この手の営業って「どんな手を使ってでも売る」と割り切れる人間じゃあないとやってけないです。平たく言うと「イイ人」じゃあとても駄目です。詐欺師になれとは言いませんけど、そのくらいのレベルのマインドがないとトップ営業にはなれません。

でもねえ、浄水器の販売でトップ営業になっても長期間維持するのは無理ですし、なにより人間的ななにかが欠落した人生になってしまいそうでちょっとむなしさが漂いますけどね。

トップ営業になれば歩合制(インセンティブ)のため給料はかなり上がる

浄水器販売のメリットは、トップ営業になればかなり給料が上がります。歩合制の企業も多く売れば売るほど給料は上がっていくシステムなところも多いです。そのため、営業に向いている人にとっては天職になるケースもあります。いわゆるモーレツ営業の人にとっては最高でしょう。

また、トップ営業になれば年齢関係なく出世できるのも魅力です。30歳くらいで課長部長というのも普通です。

こういったメリットがある反面、強烈な体育会系の会社がほとんどです。その空気に染まることができてかつ営業成績が良ければいうことないですね。

たまにいるんですよね。こういう業界だからこそ頭角を表す人って。モノを売ることができる能力が異常に突出した人種っていうのはたしかにいます。そういう人にとってはかなり美味しい業界です。なぜならやりたがる人が少ない分競争はあまり激しくないからです。

でも逆にこういった営業が苦手と言うか、精神的に厳戒になった人にとっては地獄です。ノルマってきついですよ。歩合制とか聞こえはいいですけど、意見も売れなかったら給料とかゼロのケースもありあすからね。

生活のためを考えるともっと割のいい仕事ってあるんじゃね?とか思いますけどね。それにどうせインセンティブ的なものを求めるなら、やっぱ外資企業ですよ。全然収入の桁が違いますからねマジで。

関連:外資系企業のメリット・デメリット

日本企業はいくら成果を出しても給料が上がりません。その点、外資系企業では完全成果主義で成果を出せが給料はうなぎのぼりです。ただ、成果をさせなければすぐに解雇されやすいというデメリットもあります。外資系企業のメリットデメリットを見ていきましょう。

浄水器販売でも大手のメーカーを扱う企業に就職しないとキツイ

浄水器販売でもできれば大手の浄水器メーカーを取り扱っている会社でないとキツイデス。クリンスイ・INAX・アクアクララなど大手の浄水器などはネームバリューもあるので売りやすいですしね。

最近ではこういった浄水器販売にもメーカーが広告費をかけている状態なので、浄水器販売会社にとっては追い風です。

営業力があってインセンティブが一台売るたびに数万円入ってくる。営業スキルに自信がある。そして売るモノが大手の浄水器だったら、かなり有利になりましね。

そういったア伝っている浄水器がきちんとしたものであるのはとても大事です。あやしい浄水器はさすがにこのご時世では売ることはむつかしいですからね。

しかし、こういった大手メーカーでも、すでに営業に浄水器を売らせようっていうのは時代遅れなんですよね。

ネットでも買えるし、そもそも浄水器って過当競争で水にお金かける人とか企業ってそんなにいるか?って感じです。それでも浄水器の営業をずっとやりたい・・・と言う硬い意志があるならいいですけど、

浄水器販売営業を辞めたいなら、優良な求人を探すために転職エージェントを利用しよう

浄水器販売の営業の仕事はもうこりごりだ・・・このままやってたら精神的にどうかななってしまう。限界だよマジで・・・そういう場合は早めに労働環境を変えるのが得策なんですよね。

転職エージェントは「転職活動を効率化する」支援ツールです。

これのいいところは、

「アドバイザーと相談できる」

「紹介してもらう求人がしっかり審査されている」

ということです。

転職活動って実際に初めての人がほとんどです。転職を何回もする人もまだ少数派ですからね。

なにからやっていいのか、わからないのが本音ですよね。その場合、アドバイザー相談してアドバイスを受けることができます。転職のやり方から細かい困りごとまで相談することができます。

アドバイザーは転職のプロなので、その人に応じた的確なアドバイスをもらうことができます。転職に不安がある場合でもその不安を相談してみるのがおススメです。

また、転職エージェントでは紹介しれくれる求人はアドバイザーが審査していので、ブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークとか普通の求人誌だと求人掲載に審査が無いので、ブラック企業のオンパレードです。

これだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。求人の質はブラック企業を避けるためには必須条件ですからね。

転職エージェントの登録・利用は無料なので安心して使うことができます。求人依頼の企業から紹介料をもらって運営しているので登録者にお金がかかることはありません。

今の会社を出たい、転職に迷っている…という場合は一度転職エージェントに相談して求人を紹介してもらうのをおススメします。

いかに世の中には「まともで従業員にやさしい会社がたくさんある」というのがわかるだけでも視野がグッと広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!